Macのお薦めユーティリティアプリ5選

今回は、私が Mac で使用してるお薦めユーティリティ・アプリを 5つ紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

1. BetterTouchTool


最初に紹介するアプリはBetterTouchTool。マウスやトラックパッド、Touch Bar などに様々なジェスチャーや機能を追加したり、通常の設定では用意されてない細かな調整をしたり、あと通常では Mac では使用できない Apple TV のリモコン「Siri Remote」を Mac でも使えるようにするなど、Mac の操作性を向上させるアプリです。

私はここのところ Apple 製品に大きく失望しており、特に Mac は全然魅力的な製品が出ず、何度か Windows にスイッチしようと試みましたが、結局 Windows にスイッチできずにいます。その理由の1つが、この「BetterTouchTool」です。

そう言うと、ものすごくこのアプリを使いこなし、色んな設定をしているように思われるかもしれませんが、実際使用してる設定・機能は以下の 3つだけです。しかしこれだけでもかなり操作性が良くなって、これができないとダメだと感じています。

  1. トラックパッドジェスチャーに『4本指ダブルタップ』で「LaunchPad を起動」を設定。
  2. トラックパッドジェスチャーに『TipTap 左』で「右クリックメニュー」を設定。
  3. ウィンドウスナップ機能。
「1」「2」の設定↓
BetterTouchTool 3.206 No - 7:設定項目(トラックパッド)
BetterTouchTool 3.206 No - 7:設定項目(トラックパッド) posted by (C)kyu3

「1」に関してですが、LaunchPad の起動は Mac のファンクションキーに専用キーが設けられてますが、私はどうもこの位置のキーが押しづらく…。また結構頻繁に LaunchPad を起動することから、このジェスチャーを設定しました。

「2」の『TipTap 左』と言うのは、使用する指はどの指でも構わないのですが、私がよくやるやり方で説明すると、トラックパッドを右手の薬指でタップホールド(触った状態で指を留める)した後、右手の中指で軽くタップすると言うやり方です。要するに最初にタップホールドした指の左側をタップすることで、アクション(私の場合は「右クリックメニューを表示」)を実行すると言うものです。

「3」のウィンドウスナップ機能は、これは確か Windows にも同様の機能が OS に備わってたと思いますが、アプリのウィンドウの端をクリックした状態で、マウスカーソルをデスクトップ画面の端に持って行くと、そのウィンドウを持って行った側だけでウィンドウを開くと言う機能です。例えばウィンドウの端をクリックした状態でデスクトップの左端に持って行くと、画面の左半分だけでウィンドウを開いた状態にすると言う機能です。

BTT のウィンドウスナップ機能↓
BetterTouchTool 3.206 No - 11:ウィンドウスナップ機能
BetterTouchTool 3.206 No - 11:ウィンドウスナップ機能 posted by (C)kyu3

左右分割だけだったら Mac も OS の機能を使ってできますが、BetterTouchTool の方が操作が直感的で簡単です。またあまり使用しませんが、左上4分の1とか右下4分の1と言った感じでデスクトップの 4分の1 だけウィンドウを開く機能もあるので、そう言うことがしたい方も重宝するかと。(*^^*)

ちなみにこの BetterTouchTool は、有料アプリです。2年間の使用が「7.5ドル(約820円)」、永久ライセンスが「21ドル(約2300円)」となっています。ただし 45日間は、無料トライアル版が試せます

folivora.ai・・・BetterTouchTool 開発者の公式サイト。
ライセンス料金のページ(※英語)


2. Tinkertool


次に紹介するアプリはTinkerTool。Mac の定番ユーティリティーアプリの1つで、通常の設定画面には用意されていないけれど、ターミナルなどを使えば操作できる設定項目を、簡単に使えるようにしているアプリです。

このアプリで設定を変更してるのは、私がよく使う「Launchpad」。通常だと私の Macbook Pro 13インチだと Launchpad に表示されるアイコンは、縦が5列・横が7列となっていますが、もっと沢山表示したいため、Tinkertool で縦が6列・横が8列に設定しています。

当該設定項目↓
Tinkertool 7.42:Launchpadの設定項目 - 3
Tinkertool 7.42:Launchpadの設定項目 - 3 posted by (C)kyu3

デフォルト状態の Launchpad↓
デフォルト状態のLaunchpad(macOS Catalina)
デフォルト状態のLaunchpad(macOS Catalina) posted by (C)kyu3

縦6列・横8列に設定変更した Lauchpad↓
Tinkertoolを使ってLaunchpadを縦6x横8列に設定
Tinkertoolを使ってLaunchpadを縦6x横8列に設定 posted by (C)kyu3

あとたまに使用するのが、Finder の再起動。先日も macOS Catalina のアップデートをしてから、ずっとスクリーンショット撮影時などで、ファイル保存が異常に遅くなる現象が発生していました。この時 Finder を TinkerTool でアップデートしたら、また瞬時に保存されるようになりました。(*^^*)

ちなみにこのアプリは無料で利用できます。

なお利用の際の注意点としては、このアプリは OS 等で予め用意されてる設定を使えるようにするアプリなので、その設定自体が無くなってしまった場合は、項目も削除されます。項目の見直しが行われるのはたいてい OS のメジャーアップデート後なので、だいたい OS のメジャーアップデートが行われてしばらくしたら、このアプリの最新版が公開されます。ちなみにさっき調べてたら自動でアップデートがあるかチェックする機能もあるようなので、こちらを有効にしておいたら、アップデートを忘れないで済むと思います。

TinkerTool のオートアップデートチェックの設定↓
TinkerTool 7.42:オートアップデートチェックの設定
TinkerTool 7.42:オートアップデートチェックの設定 posted by (C)kyu3

それと設定変更すると不具合が発生することもあるようです。私は体験したことはないのですが。もし不具合が発生した場合は、設定変更をリセットする機能もあるので、そちらを利用してみてはいかがでしょう?

TinkerTool: Description・・・TinkerTool の公式ページ。


3. Pop Clip


次に紹介するアプリはPopClip。テキストを選択すると iOS の様にポップアップが表示され、様々な操作が実行できると言うアプリです。「コピー」や「ペースト」と言った操作だけでなく、選択したテキストで特定の検索サービスを使って検索を実行したり、アプリや WEBサービスと連携した処理を実行したりすることができます。

PopClipのポップアップ↓
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 3
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 3 posted by (C)kyu3

しかも表示したい項目は自分で選択できるうえ、公式サイトから必要な機能ダウンロードすることもできます。自分の使いやすいようにカスタマイズできるので、その点もすごく良いなと思います。(*^^*)

PopClip の機能ダウンロードページ

表示する機能のオンオフ↓
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 1:機能を選択
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 1:機能を選択 posted by (C)kyu3

私自身は Mac もいずれタッチディスプレイを採用し「PopClip」みたいな機能が OS の機能として搭載され、このアプリも消えていくのでは… なんて以前は思っていたのですが、そう言った機能は、先日発表された Macbook Pro 16 インチにも搭載されず。「PopClip」がなくならずに済んで良かったと言う気持ちもあるにはありますが、望んでいたハードの進化や利便性向上がなくて、残念な気持ちでいっぱいです。(^^;

話を「PopClip」に戻すと、このアプリの使用時に1つ注意点があります。このアプリはあくまでテキスト選択時に使用する前提なので、画像や動画の編集アプリ等だと、逆に操作の邪魔になってしまうことがあります。その際はメニューバーのポップアップで以下のように使用しないアプリを選択すると、表示されなくなります。

禁止アプリの設定↓
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 4:使用しないアプリを選択
選択テキストに様々な処理が実行できる「PopClip」- 4:使用しないアプリを選択 posted by (C)kyu3

なおこのアプリは有料です。Mac App Store で 1600円(※. 2019年11月19日時点)で購入できます。しかし公式サイトには無料トライアル版が用意されてるので、もし興味のある方いたら、まずは無料トライアル版を試してみてはいかがでしょう?

PopClip for Mac・・・公式サイト。
‎PopClip:Mac App Store


4. Candlelight


次に紹介するアプリは残念ながら既に開発が終了してしまったようで、公式サイトが見つけられませんでしたが、たぶん似たようなアプリは探せば見つかるのではと思うので、一応紹介します。

この「Candlelight」と言うアプリは、ひと言で言えば「メニューバーからナイトシフトが使えるアプリ」です。ナイトシフトと言う機能自体は macOS に備わっていて、時間によるオン・オフや色の調整もできるのですが、どうも使いづらい。私自身は手動でオン・オフしたいのですが、そうなるとわざわざシステム環境設定を開くか、通知センターを開いてオン・オフする必要があります。それよりもこのアプリみたいに、メニューバーからオン・オフできた方が使いやすいなと。

Candlelight のポップアップ↓
(※.『Turn Candlelight on』のメニューをクリックするとナイトシフトモードに切り替わります。)
メニューバーからナイトシフトできるMacアプリ「Candlelight」- 1
メニューバーからナイトシフトできるMacアプリ「Candlelight」- 1 posted by (C)kyu3

ちなみに余談ですが、macOS 標準のナイトシフトモードをメニューバーでオン・オフできるようにするアプリも、確かあったと思います。また Touchbar 搭載の Macbook Pro の場合、Touchbar でナイトシフトのオン・オフができます。

話を Candlelight に戻すと、OS 標準のナイトシフトのもう1つの不満は、切り替わった時の色が気に入らないこと。もう少し濃いオレンジ色の方が良い。それで色んなナイトシフトモードアプリを試した結果、Candlelight の色が好みだったのもあって、このアプリを使い始めました。

ちなみにこのアプリも OS 標準のナイトシフトと同じ様に、色の調整ができます。上の画像の『Preference』メニューをクリックすると表示される画面で、彩度とコントラストが調整できます。

彩度とコントラストの調整画面↓
メニューバーからナイトシフトできるMacアプリ「Candlelight」- 2:設定
メニューバーからナイトシフトできるMacアプリ「Candlelight」- 2:設定 posted by (C)kyu3


5. Focus


最後に紹介するアプリは‎FocusApple 関連のニュースサイト「Apple ちゃんねる」の記事で知ったのですが、その記事によると、何と先日 16年ぶりにアップデートされたとのこと!

現在アクティブなアプリのアイコンに時計機能を付けてMacのデスクトップ上に表示してくれる「Focus」が16年ぶりにアップデートしmacOS Catalinaに対応:Apple ちゃんねる

Apple ちゃんねる公式 Twitter のツイート↓

昔の Mac OS はアクティブになってるアプリのアイコンがメニューバーの右端に表示されたので、どのアプリが今アクティブなのか迷うことは、ほとんどありませんでした。しかしいつ頃からか(Mac OS Xから?)この機能がなくなってしまい、デスクトップで作業してる時たまにどのアプリがアクティブになってるのか分からず、困ることがありました。このアプリはその問題を解消してくれました!

具体的に機能を言うと、このアプリを使用してると、アクティブになってるアプリのアイコンが表示されるようになります。アイコンの表示位置は変更可能。その他にアイコンの大きさや透明度なども変更できます。ちなみに私はこんな風に、右上に少し透明にして表示するようにしています。

ステッキーズがアクティブなところ↓
アクティブなアプリのアイコンを表示するアプリ「Focus」- 5
アクティブなアプリのアイコンを表示するアプリ「Focus」- 5 posted by (C)kyu3

さらに上の Apple ちゃんねるのツイートの添付画像の様に、アイコンの上にアナログ時計やデジタル時計などを表示することもできるので、現在時刻のチェックにも使えます。

他にもいろいろ細かな設定が用意されてるので、使ってて「ここ、こうなれば良いのに…」と思ったら、まずは設定を見てみてはいかがでしょう?

‎Focus:Mac App Store


【関連リンク】
Mac で Night Shift を使う方法:Apple サポート
現在アクティブなアプリのアイコンに時計機能を付けてMacのデスクトップ上に表示してくれる「Focus」が16年ぶりにアップデートしmacOS Catalinaに対応:Apple ちゃんねる

【関連記事】
最近試したMac用マイナーブラウザ(Yandex Browser、Min、Brave、Kinza) : Kyu3’s Blog
MacBook ProでもMagic Trackpadが良い感じ♪ : Kyu3’s Blog
Mac OSX「Quik Look」のお気に入りカスタマイズ3選 : Kyu3’s Blog

Vivaldiが関西弁版をリリース!?日本語公式ページのキャッチコピーも募集中!

リリース初期からずっとユーザー数で日本が国別1位となってる Vivaldi。さらにユーザーを増やすべく(?)、何と"関西弁版"をリリースするそうです。Vivaldi 日本語公式ブログで、関西弁ネイティブの翻訳者ボランティアを募集していました!(*^^*)w

関西弁のネイティブスピーカー・ボランティア翻訳者、大募集!:Vivaldi日本語公式ブログ


実際どう言う風になるのか分かりませんが、例えば編集の「やり直し」が「あかん!やり直しや!!」となったり、「クイックコマンド」の機能名が「はよぉ!やりまっせ!」とかになるのでしょうか?(*^^*)ww

いずれにせよ、私自身はずっと名古屋近郊に住んでる人間なので「世界初(?)の名古屋弁版も出るのかなぁ?」なんて期待しつつ、興味のある方は応募してみてはいかがでしょう?

ちなみに現在日本語公式ページで使うキャッチコピーも募集しています。こちらも興味のある方は、応募してみてはいかがでしょう?

Vivaldi 日本語公式サイトで使うキャッチコピーを考えよう!コンテストのお知らせ:Vivaldi日本語公式ブログ


【関連リンク】
関西弁のネイティブスピーカー・ボランティア翻訳者、大募集!:Vivaldi日本語公式ブログ
Vivaldi 日本語公式 Twitter
Vivaldi 日本語公式 Instagram
Vivaldi 日本語公式サイトで使うキャッチコピーを考えよう!コンテストのお知らせ:Vivaldi日本語公式ブログ
「#Vivaldiコピーコンペ」で Twitter 検索・・・日本語公式サイトキャッチコピーコンテンストのハッシュタグ。

【関連記事】
Vivaldi、国別ユーザー数で現在日本が1位!?(追記あり) : Kyu3’s Blog
Vivaldi社の日本人スタッフが日本に一時帰国で全国ツアー!? : Kyu3’s Blog
Vivaldiユーザー交流会(オフ会)が東京と大阪で開催! : Kyu3’s Blog

Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想

先日 名古屋栄の Apple ストアに寄ったところ、最近発売され話題の左右独立型イヤホン「AirPods Pro」を体験することができました。と言う事で、今回は AirPods Pro の感想について、簡単にレビュー記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

夜のアップルストア名古屋栄 No - 4
夜のアップルストア名古屋栄 No - 4 posted by (C)kyu3

ちなみに私が行った時は、お店の 2階に上がって左側に移動し、3列あるうちの真ん中のテーブルで、店員さんが AirPods Pro を複数テーブルの上に置いて待っていました。そして頼むと体験できました。なので、もし興味のある方は、お近くの Apple ストアに行ってみてはいかがでしょう?

1. ノイキャンにはちょっと感動!外音取り込みも期待できそう。


まずデザインについて。AirPods の方は「耳からうどん」などと揶揄され、正直私もあまり好きではありませんでした。また AirPods Pro も「ドライヤーみたい」などと揶揄されていますが、実際見た感じでは大きさがドライヤーと全然違うので、そう言う印象は感じられませんでした。

そして実際耳に入れて音楽や機能などを体験した感想ですが、まずノイズキャンセリング機能は、耳に入れるカナル型としては、ちょっと驚くぐらいの効き目(周りの雑音が聞こえなくなる)がありました。以前購入したソニーのカナル型のイヤホン「WI-SP600N」にもこの機能が付いていたのですが、正直ほとんどノイズキャンセリング機能の効果がなく、「耳を覆うオーバーイヤー型のヘッドホンでないとノイキャンって効果ないんだなぁ〜」なんて思ってましたが、ソニーのオーバーイヤー型のヘッドホンと比べると少し効き目は落ちるかもしれませんが、AirPods Pro もかなりの効き目で驚きました。

次に外音取り込み機能についてですが、これもかなりクリアに外の音が聞こえました。ただこれも以前持ってたソニーの「WI-SP600N」にも搭載されていて、そちらだとちょっとした風でも風切り音がして使い物にならなかったので、その点がちょっと気になりますが…。ただ元・テック系ポッドキャスト「BackspaceFM」のパーソナリティーで、現在は YouTuberインスタグラマーとしても活躍してる Yuka さんに Twitter 経由で質問したところ、その点はきちんと対策されてるようで「風切り音は気にならなかった」とのこと。


ちなみに Yuka さんの AirPods Pro レビュー動画はこちらです。



他の方のレビューもいくつか見たり聞いたりしましたが、外音取り込み機能の風切り音問題について触れてるレビューは見かけなかったので、実際何らかの対策がとられており、風切り音は気にならないかもしれません。

もしそうなら、外音取り込み機能はかなり有用だと思います!例えば外を歩いてる時、車の音や自転車のベルなどをちゃんと聞こえる事ができれば、安全に歩けるでしょうし、女性の場合痴漢対策にもなると思います。また電車の中だと駅名を聞き逃して乗り過ごす危険性を減らすこともできるでしょうから。あと音楽聴きながら仕事できる人は、例えば同僚に話しかけられても、それを聞き逃す可能性を減らせる効果もあるのではと。(*^^*)

話を AirPods Pro に戻すと、音質については結構良いと思いました。ただ他の同様の製品と比べるとそちらの方が良いと言う意見もあるようで、私の場合聴き比べた訳ではありませんし、試せたのも短時間だったので、正直そんなに音については語れませんが、もし興味がある方いたら BackspaceFM 最新回でちょうどその点が触れられてたので、興味のある方は聞いてみてはいかがでしょう?

#315:大激論!君はAirPods Proを選ぶか、それともWF-1000XM3で生きていくか:backspace.fm

次に操作性についてですが、正直これはあまり良くないなと思いました。AirPods Pro は本体を触ってできる操作が限られており、できるのは飛び出してる柄の部分を1回つまんで「再生 or 停止」(もしくは「電話に応答」)、2回つまんで「次の曲にスキップ」、3回つまんで「前の曲にスキップ」、長押しでノイキャンや外音取り込みなどの「モード切り替え」の4種類のみ。音量の上げ下げはできません。

AirPods Pro の仕様:Apple・・・操作法については、こちらに記載があります。

もちろん Siri や iPhone 本体を使って音量上げ下げはできます。それに街で AirPods を装着してる人をよく見かけますが、触って操作してる人を見たことがないので、実際使ってる人は Siri や iPhone 本体などで操作するのかもしれませんが。それなら特にこの点は問題にならないかもしれませんが。


2. 体験後に感じた違和感と AiPods から買い換えるべきか?


店での AirPods Pro の体験を終え外に出ると、以前体験した違和感を再体験しました。AirPods Pro の体験は約5・6分くらいだったのですが、まるで1・2時間も音楽を聞き続けたようにすごく耳が疲れたなと感じました。以前 WI-SP600N でも同様の体験をしてるのですが、どうやら私の耳にはカナル型イヤホンのノイキャンや外音取り込み機能は合わないようで、例え短い時間でも、耳がすごく疲れてしまいます。ネットで検索したところ、ノイキャンが合わないと言う人はたまにいるようなので、私もその手の人間なのかなと思いますが。(^_^;

あと AirPods も AirPods Pro も持ってない私が言うのも何なんですが、最後に「AirPods を持ってる人が AirPods Pro に買い換えるべきか?」と質問されたらどう答えるかについて、書こうと思います。

自分なりの結論としては、よっぽどの理由がないのであれば、特に買い換える必要はないんじゃないかと思います。再生時間等の性能はそんなに変わりませんし、操作性も Siri や iPhone 本体で操作するなら、特に違いはないでしょう。外音取り込み機能に関しては、AirPods 自体が耳の奥に入れると言うのではなく少し浮いた状態になると言う話を聞いてるので、それだと外の音も多少入ってくるでしょうから、その点もそんなにこだわらなくても良いのではと。

ただノイキャンはかなり優秀で AirPods には搭載されてないので、唯一買い替えの理由になるとすれば、この点なのではと思います。しかし値段が税込み約3万円なので、もしノイキャンを非常に重視するのであれば、3万円出せばソニーや BOSE などの結構良いオーバーイヤー型のヘッドホンを購入できるので、その点ちょっと悩ましいところですが。ヘッドホンはかさばるので、ノイキャン付きのイヤホンが欲しいと言うのであれば、AirPods Pro を購入したら良いと思います。


【関連リンク】
AirPods Pro 公式ページ
Danbo-side #048:Appleから呼び出しをくらったユカさんとAirPods Proを語る:backspace.fm・・・上記の Yuka さんが Apple 本社で AirPods Pro の説明を受けたとのことで、それについて語ってる BackspaceFM の回。
#315:大激論!君はAirPods Proを選ぶか、それともWF-1000XM3で生きていくか:backspace.fm

【関連記事】
ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー:数ヶ月使わなかったので売ってしまいました! : Kyu3’s Blog
ソニーのノイキャン&外音取り込み機能付きワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー(追記あり) : Kyu3’s Blog
iPhoneのPodcastアプリで聴けるお薦め番組15選 : Kyu3’s Blog

200g未満のトイドローンにも適用される法律やルール、飛行禁止エリア等について

先日ドロンメーカーの「DJI」が、日本の改正航空法の対象外となる専用モデル(200g未満の 199g)のあるトイドローン「Mavic Mini」を発表しました。

DJIの超小型ドローン「Mavic Mini」、日本特別モデルは199g。46,200円:AV Watch
DJI「Mavic Mini」、ドローン専門家も驚く常識破りの性能:マイナビニュース

それを受けて DJI の公式 Twitter が、200g未満のトイドローンにも適用される法律やルール、飛行禁止エリア等について解説した画像をツイートしてました。



ちなみに上の画像は、ツイートに含まれる以下のリンク先(※Google Drive)で、高解像度版が公開されています。

上の画像の高解像度版

簡単に上記の画像に書かれてる内容をまとめると、以下の通りです。ちなみにトイドローンが対象外となってる項目に関しては、打ち消し線が引いてあります。

<飛行禁止エリア>
  • 空港などの周辺の上空
  • 150m以上の高さの空域
  • 国の重要施設(国会議事堂等)
  • 防衛施設(自衛隊の施設等)
  • 外国公館等
  • 原子力事業所(原子力発電所等)
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会会場
  • 人口集中地区の上空

<禁止飛行行為>
  • 人または建物との距離が 30m未満
  • イベント上空の飛行
  • 物の投下
  • 危険物の輸送
  • 目視外の飛行
  • 夜間の飛行

<守るべきルール>
  • 飲酒時の飛行の禁止
  • 危険な飛行の禁止
  • 飛行前点検
  • (飛行機やヘリコプターなどに対しての)衝突予防

こうやってみると、改正航空法の対象となる 200g以上のドローンと比べると、かなり自由に飛ばせるように感じますが、実際はそう簡単ではないでしょう。例えば「飛行禁止エリア」に関して言えば、人工集中地区(※以下のリンク先で確認可能)で飛ばせるとは言え、公園なども各自治体が規制してる場合がありますし、道路の上空を飛ばす場合は、警察の許可を得る必要があるようです

【地理院地図】人口集中地区 平成27年(総務省統計局):国土地理院・・・こちらは平成27年(2015年)のものなので、今後データが書き換わる可能性があります。

また当然他人の敷地の上を飛ばせば文句を言われるでしょうし、イベントでも「飛ばして良いんだ」と勝手に飛ばしてたら、当然イベント関係者は怪我人等が出ては困るので「やめてくれ」と言われるかと。

それに法律で対象外となってるからと言って、上記の項目の飛行(例えば「飲酒飛行」や「危険な飛行」)が倫理的に許されるかと言えば、そうとは言えないでしょう。なので、DJI 公式 Twitter もツイートしてますが、対象外の項目も「あくまでルール上ですので、対物、対人向けの安全対策や安全意識は常に心がけて」飛ばす必要があると思います。

ちなみに DJI は、購入したドローンに1年間無償の賠償責任保険が付いてる(※要登録)そうなので、もし飛ばしてて何か壊したり誰かを怪我させてしまった場合は、一度 DJI に問い合わせてみてはいかがでしょう。


最後に以前トイドローンについて興味があった時に検索した時は、トイドローンに関係する法律やルールについてまとめられてるページを、なかなか見つけられませんでした。しかし今回この記事を書くにあたって検索してみたところ、いくつかよくまとめられてるページを見つけたので、以下の『関連リンク』にそれらのページのリンクを設置しておきます。興味があれば、こちらも見てみてはいかがでしょう?


【関連リンク】
【初心者向け】200g以下のホビードローンにも適用される法規制まとめ:DroneAgent
ドローン規制の落とし穴!200g以下のトイドローンにも適用される法規制とは:Viva! Drone
200g以下のドローンは規制がないわけではない!知っておきたい最低限の知識:ドローンスクールナビ
無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について:国土交通省

【関連記事】
春日井市内(県営名古屋空港南)にドローンスクールがオープン!(追記あり) : Kyu3’s Blog

NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」

今回は Netflix と Hulu で観たお薦めドラマについて、記事を書こうと思います。

1. マインドハンター


最初に紹介する作品は、Netflix オリジナル・ドラママインドハンター。映画レビュー系ポッドキャスト「映画の話をしているのに必ず脱線して違う話になるポッドキャスト」で紹介されてたので、観始めました。

vol.359 「マインドハンター」: 映画の話をしているのに必ず脱線して違う話になるポッドキャスト

現在シーズン2(全19話)まで製作されており、全部見終わったのですが、監督があのデヴィッド・フィンチャーと言うだけあって、映像も登場人物も魅力的。ショッキングなシーンや展開で煽って来ないのも良い点だと思いました。

原作は同名のノンフィクション作品。ドラマ『クリミナル・マインド』などでお馴染みの、犯行の特徴や犯人の行動パターンなどから犯人がどう言う人物かを推測するプロファイリング手法。これを実際確立した FBI に所属していた人物が、自身の体験を書いものです。

原作のノンフィクション作品↓↓


Amazon のこの作品の内容紹介を読むと、実際ドラマと同じ様に異常な連続殺人犯(エドモンド・ケンパーチャールズ・マンソンなど)と直接話をしたりして彼らの事を研究し、プロファイリング手法を確立したようです。また実際起きた事件もドラマでは登場します。しかし完全に原作通り・事実の通りと言う訳ではなく、多少脚色はされてるようですが。

実話を基にしたNetflix『マインドハンター』の“連続殺人鬼”に関する事実&フィクション6つ:海外ドラマboard

なお上記の通り、この作品は現在シーズン2 まで製作されていますが、シーズン3 の製作はまだ決まっていないそうです。また監督のデヴィッド・フィンチャーが現在映画製作に取り組んでいるそうで、その関係で「仮に製作が決まっても3年後くらいになるのでは?」と言う予測が、『海外ドラマ Navi』の記事に書かれていました。

『マインドハンター』製作には3年以上かかる⁉︎:海外ドラマNAVI

実際どうなるかは分かりませんが、シーズン2 の配信が今年(2019年)の 8月だったそうなので、仮に今から製作に取り掛かったとしても、1年以上は待たねばならないのではと思います。




2. 僕と生きる人生


次に紹介する作品は、こちらも Netfilx オリジナル・ドラマ僕と生きる人生です。最初このドラマを観始めて、主人公役の俳優ポール・ラッドを「どこかで観たことあるなぁ〜?」とすごく気になりました。その後調べてみてびっくり!!『フレンズ』の後半から登場するフィービーの恋人「マイク」を演じていた俳優さんでした!最近だと映画『アントマン』で主役を演じていて、こちらの方がよく知られているかもしれません。

ポール・ラッド:Wikipedia

話を『僕と生きる人生』に戻すと、このドラマ、端的に言うと"SFコメディー"です。ポール・ラッド演じる主人公マイルズは人生絶不調。仕事も夫婦関係もうまく行かず、思い悩んでいます。そんな中、同僚から「生まれ変わる様な体験ができる」と言う怪しげなスパを紹介され、大金払って施術を受けることに。しかし気がつくと地中にオムツした状態で埋められていて、何とか脱出して家に帰ると、そこにはもう1人の自分(クローン)が!?驚く2人は、仕方なく入れ替わりながら、1人の人生を生きていくことに…と言うストーリーです。

このドラマ、興味深かったのはやはり「クローン」と言う存在。たまに「肉体を離れ、コンピューターの中に自分の心を移して、そこで生きていきたい」なんてことを言う人がいますが、仮にそうできたとしても、果たしてそれは自分と言えるのか?私達の「心」と言うものは、肉体によって構成されてるものです(少なくとも現代科学で理解されてる範囲では)。そこから全ての経験や知識をデータとしてコンピューターに写せたとしても、肉体が滅べば、肉体の中に存在する「自分」は消えてしまいます。この時点で「自分」と言う連続体が一度途切れてしまうことになります。そしてコンピューターの中の存在が仮に自分の知識や経験を持っていて、他人からするとあたかもそれが私のように感じられたとしても、それは他者から見た「自分」と言う存在でしかなく、本当の自分とは言えないのではないでしょうか。そしてそれはクローンについても言えることで、仮に自分と瓜二つで、自分がこれまで得ている知識や経験を全て持っていたとしても、自分の肉体とは離れた別の存在である以上、それは他者から見たら「自分」かもしれませんが、私からすれば「自分」ではないでしょう。あと私が好きな漫画『銃夢』の世界では、一部の人たちが「ザレム」と言う空中都市で暮らしています。そこでは治安や平和を維持する目的で、「イニシエーション」と呼ばれる儀式がある年齢に達すると行われます。その儀式とは、実は人間の頭を割って脳を取り出し、脳内の知識や経験などを入れたチップに置き換えると言うものでした。これもまさに同じで、一見すると他者からすれば自分と同じ肉体でそれまでの知識や経験を持っているのですから、同じ存在に感じられるかもしれませんが、脳を取り出されたことで「自分」と言う連続体が途切れてしまいます。果たしてそれは本当に「自分」と言えるのでしょうか。…なんてことを、この『僕と生きる人生』を見ながら考えました。(^^;

話をまたこの『僕と生きる人生』に戻すと、最終的にこのドラマ、ハッピーエンドで終わりますし、上記のような小難しい内容を考えなくても普通にコメディーとしても楽しめる作品なので、観て損はないと思います。

ちなみにこのドラマ、予告編の欄に主演のポール・ラッドが撮影裏話を語ってるのですが、それによるとほとんど代役を立てず、最初に片方を演じた後、もう1人のマイルズを演じていたとのこと。あまり詳しく説明されないので、実際どうやってたのかはよく分かりませんが、撮影のメイキングをもっと詳しく教えて欲しいなと思いました。(*^^*)




3. ミディアム 霊能者アリソン・デュボア


最後に紹介する作品は、現在 Hulu で全シーズン(シーズン7まで)観られます。ミディアム 霊能者アリソン・デュボア。夢に見た内容などを警察に伝えることで事件解決に協力していると言う実在の女性霊能者(アリソン・デュボア)をモデルにしたドラマです。そう聞くと「いかがわしい」と思う人もいるかもしれません。実際私もまったくその手の人たちを信じていませんが、ドラマとしては結構面白いです。

どこまでが実際あった出来事で、どこからがフィクションなのかは分かりません。アリソン・デュボア本人曰く「ほとんどが真実」とのことですが、実際こう言う能力があったら本当大変だろうなと思います。未来が見えたり死者と話ができると言っても、自分で意図して見れる・話せる訳ではありませんし。日常生活の中でふいに幻覚が見えると言うのは、実際かなり不安でしょうし、精神錯乱を起こしかねないでしょうから。

全米のカリスマ霊能者、アリソン・デュボア独占インタビュー!:シネマトゥデイ

…とは言え、ドラマとしては本当面白いです。一話完結方式で、たいていアリソンの夢の中から話が始まり、ほとんど毎回事件解決できちんと終わります。なので「この後どうなるんだろ?」と悩むことは、ほとんどありません。また最近だと一話完結方式ドラマでも、シーズンごとに大きな1つのストーリーがあるのがほとんどですが、このドラマにはありません。なので、基本どこから見ても楽しめますし、しばらく観るのをやめても、すぐに楽しめると思います。その点も良い点だなと思います。

あと個人的に興味深いなと思うのは、アリソンの夫ジョー。航空宇宙技術者をしている彼は、とても献身的に彼女(アリソン)に尽くします。家事も子育ても協力的で、本当素晴らしいなと思います。ただその一方で、現実的で皮肉屋の面もあり、その結果シーズン1では結構な頻度喧嘩をします。ちょっとした口喧嘩だけでなく、かなり激しい喧嘩もします。それが毎回ハラハラして、事件よりもそっちの方が印象に残りました。(^^;

それでもまぁ、何やかんや言って夫婦関係が続いてますし、彼らの場合は「喧嘩するほど、仲が良い」と言うの典型なんだと思います。途中で子供も増えますし、何やかんや言っても、2人はとても性格が合ってるんだと思います。(^^;

ちなみにこのドラマのタイトルにある「ミディアム(Medium)」ですが、かなり昔からこのドラマを知っていましたが、どう言う意味なのかは先日まで知りませんでした。「ミディアム」と言うとステーキの焼き加減しか思い浮かばず、どう言う意味なんだろう?とずっと思ってましたが、先日シーズン2 の第5話を観てようやく分かりました!

ミディアム 霊能者アリソン・デュボア シーズン2 第5話「旅立ちの日」(吹き替え):Hulu

英語で「Medium」は、確かにステーキの焼き加減(「中くらい」)の意味もありますが、「霊媒」とか「巫女」と言う意味もあるそうです。実際上記の回では「ウィジャボード」と呼ばれる日本のコックリさんに似たもの(※こちらのリンク先の解説によると、このウィジャボードが「こっくりさん」の元になったものだそうです)が登場するのですが、その時に霊を呼ぶ役の人を「ミディアム」と呼んでいました。なので、このタイトルになってるのだと思います。

Mediumの意味:Weblio英和辞書
ウィジャボード:Wikipedia



【関連記事】
iPhoneのPodcastアプリで聴けるお薦め番組15選 : Kyu3’s Blog

カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年10月):「ファミリーマン」「シェイクスピア&ハサウェイの事件簿」
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)