Sony DSC-H50 front with lens hood
By WikiD71 (投稿者自身による作品) [CC-BY-3.0 or GFDL ]

先日ソニーのデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-H50」を触ってきました。今回は、そのレビュー記事を書こうと思います。

この製品の一番の特徴は、何と言っても上下方向180度に動く「マルチアングル液晶」でしょう。これは触ってみて、"秀逸"だと思いました。他社製で動く液晶を採用している製品はいくつかありますが、これらはいずれも「液晶を横に移動させて、360度動く」と言うもの。確かにこの方が様々なアングルで撮影できるのですが、正直ここまで動く必要はないかなと。あと液晶と本体の接合部分が衝撃などで壊れやすい印象もあります。

次に操作性についてですが、ちょっとボタン配置がイマイチかなぁ・・・と。ただこれは慣れれば気にならないと思いますが。あと動作がちょっと遅いような・・・。

他に"気になる部分"と言うと、やはりメディアが「メモリースティック デュオ」か「メモリースティック PRO デュオ」、「メモリースティック PRO-HG デュオ」と言うのが少し難点かなぁ・・・と思います。 (^^;
値段的にも普及度で見ても、圧倒的にSDカードが使い勝手が良いのは間違いないと思います。容量的には差がないのですが、・・・う~ん、(~~; できたらSDカードにも対応してくれたらなぁ・・・と。
(ソニーの社員の方、もし見ていたら是非♪)

値段的にもかなり安い(さっきYahoo!ショッピングで検索してみたら、"3万円台後半"で売っていました。)ですし、性能的にも「光学15倍」・「910万画素」・「ISO 3200」と申し分ないと思います。
なので「一眼レフデジカメが欲しいけど、ちょっと高いかなぁ・・・」と言う人にはお薦めだと思います。



Cyber-shot DSC-H50(ソニー)
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-H50/index.html