先日家電量販店で、ソニーのデジカメ「Cyber-shot DSC-HX1」を触ってきました。今回はそのレビュー記事を書こうと思います。

まずこの機種の目玉機能の1つ、パノラマ撮影機能を試しました。いくつかのレビュー記事では「少し撮影するのにコツがいる」と書かれていましたが、非常に簡単に撮影する事ができました。
撮影は本当に簡単です。パノラマモードにして、カメラをゆっくりと一方向に振るだけ。本体に出っ張っているグリップ部分があるのでしっかりと持つ事ができ、安定してスイングする事ができるので、私でも綺麗なパノラマ写真を簡単に撮影する事ができました。

その他に「良いな」と思ったのが、以前このタイプの前モデルのレビュー記事でも書きましたが、上下方向180度に動く「マルチアングル液晶」です。この液晶は本当に秀逸♪高い所や低い所など、様々なアングルがとてもスムーズに撮影できるので、「他のメーカーでももっと採用していくれないかなぁ・・・」と思います。

ただ気になる点もいくつか。

この機種からハイビジョン画質の動画も撮影できるようになり、動画機能も目玉の1つ・・・なのですが、何だかとても中途半端でした。メモリーカードが入っているかどうかで撮影可能画質や撮影時間に制限があるのはまぁ分からんでもないのですが、入っていてもハイビジョンで撮影できる時間が"最大29分"(ファイルサイズにして"約2GB")となっているのが解せないなと思いました。
この事からも、「一応流行りのHD撮影機能は付けましたよ・・・」と言った感じ。
あと静止画の方はモードがやたら沢山ある(全部で"10種類"。あともう1つ動画専用モードがあります。)のが、切り替えるのが不便だなと思いました。しかもこれだけモードがあるのに、リコーのコンパクトデジカメのように、予め設定した状態を保存できないのもちょっと・・・。(^^;

結論ですが、パノラマ撮影機能のように簡単にとても楽しく写真が撮影できる機能がある半面、非常にこだわって写真を撮影できる機能(モード)が沢山あるのは、何だかアンバランスだなと思いました。もっとモードを少なく(少なくとも撮影モードの切り替えモードを少なく)すれば、使いやすくなるなと思いました。
あと動画撮影機能についてですが、中途半端な制限を設けるよりも、カシオのデジカメのようにハイスピードムービー撮影機能を搭載するなど、より機能を増やした方が良いのではと思いました。

Cyber-shot DSC-HX1(ソニー)
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX1/