先日 Opera ウィジェットページを見てみたら、「 Tweet Safe 」と言うウィジェットが公開されていました。今回はこのウィジェットのレビュー記事です。

「 Tweet Safe 」は、「 Twitter Opera widget」にとても良く似た Twitter クライアント・ウィジェットです。大きな特徴としては、ID認証に「 OAuth 」(オース)と言う技術を使っている事でしょう。

OAuth(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/OAuth

そのためウィジェットには ID とパスワードを入力せず、認証作業(ログイン)が行えます。
(※その代わり、Operaで Twitter ホームページにログインしている必要があります。)

その他に Twitter Opera widget にない特徴としては、以下の機能があります。
  • お気に入りの登録・表示
  • 新しい自分宛ての"つぶやき"があった時にポップアップ通知
  • ウィジェット本体を折り畳む機能
以下の画像は、このウィジェットのスクリーンショットです。

Operaウィジェット:Tweet Safe
Operaウィジェット:Tweet Safe posted by (C)kyu3

Operaウィジェット:Tweet Safe
Operaウィジェット:Tweet Safe posted by (C)kyu3

Operaウィジェット:Tweet Safe
Operaウィジェット:Tweet Safe posted by (C)kyu3

ちなみに"つぶやき"投稿用のテキストエリアは、Twitter Opera widget と同じで、投稿ボタン(一番上の画像の左上にある"水色の吹き出し"アイコン)をクリックしたり、他人の"つぶやき"欄にある「Reply」や「Retweet」ボタンを押す事で、上部に表示されます。

Operaウィジェット:Tweet Safe
Operaウィジェット:Tweet Safe posted by (C)kyu3

最後に感想を少し。

完成度は割と高く、機能も豊富で使い勝手も良く考えられてるので、とても良いウィジェットだと思いました。
タイムラインの更新もとてもスムーズですし、初めて使った時には「Twitter Opera widget より使いやすいな♪」と思いました。
ただ不満に思う点も2つありました。たぶんこれらは"不具合"なのではないかと思うのですが、・・・
  1. 投稿用のテキストエリアの入力内容が、"つぶやき"投稿後も消えずに残る。
  2. "つぶやき"内のリンクをクリックしても、Operaでそのページが表示されない。

まず「1」についてですが、これはしばらく使っているうちに、ほとんど気にならなくなりました。しかし「2」は、さすがにちょっとなぁ・・・と。この機能が使えないと、結局別の Twitter クライアントを立ち上げねばならず、・・・(^^;

それでも結構気にいったので、今は削除せず、他の Twitter クライアントと併用しています。しかし「2」の問題が解決されれば、このウィジェットだけを使うようになるかも。

Tweet Safe(Opera ウィジェット)
http://widgets.opera.com/ja/widget/13691/