Mac OSX Mavericks:プレビューとQuickTime
Mac OSX Mavericks:プレビューとQuickTime posted by (C)kyu3

Mac OSX を Mavericks にアップデートしてから、「プレビュー」と「QuickTime」で、デフォルトで"復元"機能が有効になりましたが… それを無効にする方法が『ライフハッカー』に掲載されていました!(・ิω・ิ)

やり方は『ライフハッカー』に掲載されていますが、こちらにも記載しておくと、「ターミナル」に以下のコマンドを入力(コピペ + Enter)するだけ!

プレビューの場合↓↓
defaults write com.apple.Preview NSQuitAlwaysKeepsWindows -bool false

QuickTimeの場合↓↓
defaults write com.apple.QuickTimePlayerX NSQuitAlwaysKeepsWindows -bool false

ちなみに、元に戻す(復元機能を有効にする)方法は、上記のコマンドの最後の『false』を『true』に置換えたコマンドを入力するだけです。

この復元機能、便利な機能ではあると思うのですが、「プレビュー」や「QuickTime」では、あまり意味がないだけでなく、むしろ有効にしたら邪魔だと思います。(^^;
と言うのも、これらのアプリでするのは、ほとんどファイルの中身の確認だけですし、また編集するにしても、ちょっとした編集(例えば「プレビュー」なら"画像の一部切り出し"、「QuickTime」なら"トリム")くらいしかしないかと。その場合、手早く編集して保存してそれで終わりなので、ウィンドウを復元する必要性は、ほとんどないからです。

なので、できたらデフォルトで"無効"にしてもらいたいなぁ〜と…思います。あとアプリごとの有効・無効の切り替えを、ターミナルを使うことなく、簡単に切り替えれる仕組みを用意して欲しいです。
(アップル社の方、もしこの記事を読んだら、是非検討してみて下さい。m(_ _)m )

ちなみに、この『ライフハッカー』の記事には、他にもターミナルを使った Mac OSX の便利な設定変更の仕方が、複数書かれています。興味のある方は、読んでみてはいかがでしょう?(*^^*)

【参照】Mac OS Xの隠し設定をこじあけるターミナルコマンド19:ライフハッカー


追記(2013/12/18):
下の記事によると、やはり復元機能(正式には「再開」機能?)を無効にするターミナル・コマンドの「com.apple.〇〇」の「〇〇」の部分に、無効にしたいアプリ名を入れると、それぞれのアプリで無効にできるそうです。

10.7 Lion で特定のアプリの「再開」を完全に無効にする方法:Macとかの雑記帳

あと全てのアプリで復元機能を無効にする場合は、[環境設定 >一般]の『アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる』にチェックを入れることで、できるようです。

Mac OSX Mavericks:システム環境設定で全てのアプリの復元を無効
Mac OSX Mavericks:システム環境設定で全てのアプリの復元を無効 posted by (C)kyu3