東山動植物園の様々な動物たち - 1
東山動植物園の様々な動物たち - 1 posted by (C)kyu3

先日(4月7日)、久しぶりに「東山動植物園」に行ってきました!そこで感じた色んなことや、気になったことをあれこれ書こうと思います。今回は、様々な動物の「変化」などについて。(*^^*)


1. 灰色のインドサイが全身"茶色"に!?

東山動植物園:なぜかいつもより茶色がかっていた、インドサイ - 2
東山動植物園:なぜかいつもより茶色がかっていた、インドサイ - 2 posted by (C)kyu3

インドサイは"泥浴び"するので、それで体の一部が茶色になってるところは、何度か見かけた事はあるのですが、こんなに体全体が茶色になってるところは、初めて見ました!別の種類のサイになってしまったような感じがしました。(^^;


2. 換羽中のオウサマペンギン

東山動植物園:換羽時とそうでない時のオウサマペンギン - 3
東山動植物園:換羽時とそうでない時のオウサマペンギン - 3 posted by (C)kyu3

オウサマペンギンは、この日はちょうど、羽毛が生え替わる「換羽」の時期だったので、普段黒い部分は薄い茶色になっており、鮮やかな黄色い部分はほとんど見られませんでした。

ちなみに東山動植物園の公式ブログによると、換羽中のオウサマペンギンは「プールに入ることは殆どなく、餌もほぼ食べず、移動することもあまりありません」とのこと。…ただこれはオウサマペンギン全部に言えることなのか、それともこの個体に限ったことなのかは、分かりませんが…。

王様の衣替え:東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe~話」


3. 愛らしいコツメカワウソの子供♪

春の東山動植物園 No - 021:とっても可愛らしかった、コツメカワウソの子供
春の東山動植物園 No - 021:とっても可愛らしかった、コツメカワウソの子供 posted by (C)kyu3

春の東山動植物園 No - 020:とっても可愛らしかった、コツメカワウソの子供
春の東山動植物園 No - 020:とっても可愛らしかった、コツメカワウソの子供 posted by (C)kyu3

今まで、あまり見えない位置にしかいなかった(…でしか、見ることができなかった)コツメカワウソが、この日は4匹がよく見える位置で固まって、愛らしさを振りまいてました♪(*^^*)

ちなみに東山動植物園の公式ブログによると、昨年(20014年)末に生まれたコツメカワウソは"3匹"とのことなので、このうちの何匹か(あるいは、4匹中3匹)は、子供のコツメカワウソだと思われます。

コツメカワウソの三つ子ちゃん:東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe~話」
コツメカワウソ親子、ゾージアムに現れる!!:東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe~話」


4. 1962年生まれ!?"53歳"のトキイロコンドル

春の東山動植物園 No - 145:53歳(1962年生まれ)!?の、トキイロコンドル
春の東山動植物園 No - 145:53歳(1962年生まれ)!?の、トキイロコンドル posted by (C)kyu3

コンドル…と言うか、鳥類がこんなに長生きするなんて、初めて知りました!『1962年生まれ』と言うことは、今年(2015年)53歳!?動物園の説明書きによると「寿命は50年以上」…と言うことは、これくらいの年齢(53歳)は、トキイロコンドルとしてはそんなに珍しいことではない…のかも。(^^;

春の東山動植物園 No - 140:53歳(1962年生まれ)!?の、トキイロコンドル
春の東山動植物園 No - 140:53歳(1962年生まれ)!?の、トキイロコンドル posted by (C)kyu3


5. 活き活きとしてたアメリカビーバー


東山動植物園:水槽の端を楽しそうに引っ掻くアメ... 投稿者 kyu3_2

以前の記事でも書いたとおり、昨年(2014年)4月にアメリカビーバーの獣舎が、リニューアルしました。それ以前はカラスの遊び場のようになっていて、ちょっと可哀想でしたが、一緒の獣舎に住むハクトウワシのおかげか、カラスは全くおらず。とても活き活きとしているように見えました。

上の動画は、アメリカビーバーが水槽のガラス等を、何度も引っ掻いてる様子を撮影したものです。水槽を引っ掻くと滑るのが楽しいのか、繰り返し引っ掻いて遊んでました♪(*^^*)


6. 絶望してるように見えたブラジルバク

春の東山動植物園 No - 168:奥さんが最近死んだので打ちひしがれて見えた、ブラジルバク
春の東山動植物園 No - 168:奥さんが最近死んだので打ちひしがれて見えた、ブラジルバク posted by (C)kyu3

東山動植物園の公式ブログによると、今年(2015年)の3月に、長年連れ添ったメスのブラジルバクが、病気で亡くなったそうです。

ブラジルバクのモコが死亡しました:東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe~話」

彼らの間に生まれた子供たちも、既に別の動物園に引き取られており、ただ1匹、佇んでる様は、悲しみに打ちひしがれているようでした。


7. 立派に成長したカピバラの子供たち

春の東山動植物園:なぜか一直線に並んで座ってた、カピバラの親子 - 1
春の東山動植物園:なぜか一直線に並んで座ってた、カピバラの親子 - 1 posted by (C)kyu3

数年前に生まれたカピバラの子供たち、すっかり大きくなっていました!…そしてなぜか一直線に並んで座ってました。まるで写真が撮りやすいように、並んでくれてるようでした。(*^^*)

2012年に撮影したカピバラの親子↓
東山動植物園:生まれたばかりのカピバラの赤ちゃんとその両親 - 4
東山動植物園:生まれたばかりのカピバラの赤ちゃんとその両親 - 4 posted by (C)kyu3

ちなみに東山動植物園の公式ブログによると、2013年にも6頭生まれたそうなので、上の現在(2015年)のカピバラの子供たちの中にこの個体(2012年に撮影した写真に映ってる個体)がいるかどうかは、分かりませんが… 。

カピバラの家族が増えました - 東山動植物園公式ブログ「ひがしやまちょっとe~話」


【関連リンク】

【関連記事】