マニュフェストで「市民の意見をよく聞いて、検討する」と約束していたにも関わらず、市民に一度も意見を聞くことなく、勝手に『CCC』と小牧市立図書館建設を押し進める山下史守朗(以下『史守朗』を「しずお」と表記)が Facebook を更新していたのですが、その内容が相変わらず"自己正当化"に終始したひどい内容だったので、反論を書こうと思います!

山下 しずおのFacebook(8月27日 8:23 公開)


1. 新・小牧市立図書館は"マニュフェスト(公約)違反"!「議会の理解を得ながら…」も、癒着してる議員が大勢いる以上、市民には何の価値もない!

まず冒頭『これまで市議会の理解を得ながら進めてきた小牧駅前の新図書館建設推進』とあって、さも自分が正しいやり方を経ているような印象を与えようとしていますが、上記でも書いた通り、山下しずお は2011年の小牧市長選挙に立候補した際のマニュフェストで、「図書館の建て替え…などの大型プロジェクトについては、"市民の意見をよく聞き"、長期的視点に立って、ゼロから再検討します」と宣言していました。

山下しずおの 小牧市政マニフェスト(1):インターネット・アーカイブ・・・公式HPのリンクはこちらですが、内容が消されていたので、インターネット・アーカイブに保存されてるデータへのリンクを記載。なお当該部分は、ページ下段の『大型プロジェクト・まちづくりの見直し』の欄です。

しかしこの5年間、市民に対し一度も意見を聞くこと無く、ここまで来ています。なので、『CCC』への業務委託も含め、山下しずお が強引に建設を進めている新・小牧市立図書館は、明らかに"マニュフェスト(公約)違反"!正しいやり方を経ていたとは言えません!

更に市議会の多くの議員とも、"露骨"に癒着しています。山下しずお は2011年に行われた小牧市議会議員選挙の際、自身の応援の見返りに、自分の政策を支持することを確約するよう求める文書を、立候補者に送っています。

懲りない市長: こまき無答塾ブログ

市議会議員の仕事は、市長や役所の監視や、市長や役所が出す政策のチェックです。つまり山下しずお は市議会議員に対し「自分の政策をチェックするな!」と言った訳です。しかもこんな市議会そのものを根本的に否定する"密約文書"に署名した議員がいると言うのですから、本当呆れるとしか言い様がありません!このような議員と話し合いながら進めてきた過程が、正しいやり方とはとても言えません!!

ちなみにこの"密約文書"に署名したと見られるのが、山下しずお を擁立し、露骨なヤラセ質問等々を行っている市議会会派『牧政会』に所属する議員と、牧政会に所属する議員の多くが老人で、インターネットやSNS等が全く使えないようで、その代わりにインターネットやSNS等で情報隠蔽工作や現実を歪曲する活動をしている民主党を中心とする市議会会派『小牧市民連合』の議員たちです。

予想通りの「やらせ質問」: こまき無答塾ブログ
新図書館建設、自治基本条例制定に関する「やらせ質問」: こまき無答塾ブログ
玉井宰小牧市議は議員バッチを外すべきだ!: こまき無答塾ブログ
小牧市立図書館は誰のためのものか: こまき無答塾ブログ・・・コメント欄で小牧市民連合(民主党)の議員が、露骨に情報隠蔽工作を行っています。
谷田貝 将典のFacebook(2014年8月26日 公開)・・・元リンクのページが都合が悪かったようで消されてしまったので、こちらのページはいわゆる"魚拓"。
中日新聞朝刊にて「小牧市にもツタヤ図書館!ユニーク運営で注目」と掲載:谷田貝将典のブログ

上記の『小牧市民連合』所属の民主党議員・谷田貝将典のFacebookとブログの記事に関して補足しておくと、この記事で引用されている中日新聞の記事は"捏造"です!まだこの時点では『CCC』への委託も含め、小牧市立図書館に関する事は何も決まっていませんでした(ちなみに事実は、小牧市と『CCC』との間で、アドバイザリー契約(図書館に関して助言をする契約)が結ばれたに過ぎません)。しかしさも中日新聞の内容が正しいことであるように、「『CCC』が委託決定」、「スタバができる!」等々、市民に対し嘘を吹聴しています。

このような過程を経ているのですから、市民から『白紙撤回』を求められるのは、当然でしょう!


2. 市民に一度も意見聞かずに推し進めておいて、「代替案なき…」は片腹痛い!!しかも代替案を潰したのは、おまえ(山下しずお)だ!!

次に「代替案なき計画白紙は単なる問題解決の先送り」と言っていますが、そもそも代替案(現在の建設予定地に新しい建物を建設する以外の案)としてあった『小牧市立図書館のラピオ移転』を潰したのは、山下しずお自身です!結託する小牧商工会議所の速水昭典(長年工場で勤務)を市営ビル『ラピオ』の社長に据え、小牧市立図書館の移転候補地だった『ラピオ』3〜4階部分に『ファニチャードーム』を誘致したのですから!

ラピオのテナント決まる: こまき無答塾ブログ

しかしその当時から多くの市民が指摘していたように、あんな家具屋として立地の悪い場所に家具屋を誘致したのですから、当然売り上げは上がらず…。売り場縮小に陥っています。

小牧駅前再開発ビル 4階にテナント募集:建通新聞社

閉店する可能性も、かなり高いと思われます。ちなみに『ラピオ』に関しては、1〜2階にスーパーの『平和堂』が入店していますが、それも『ラピオ』の目の前に『マックスバリュ』がオープンしたので、閉店する可能性は高いでしょう。

…であれば、『ファニチャードーム』との契約更新を延長せず、『ファニチャードーム』が入っていた『ラピオ』の3〜4階部分に、図書館を移転すれば良いと思います!そうすれば、新たに建物を建てる必要がないので、費用は相当安く抑えられるでしょう。また、そもそも山下しずお 就任以前は『ラピオ』移転でほぼ決定していた(それを強引に山下しずお が止めさせた、しかもその理由が「商業施設に図書館が入ると、子供たちに悪影響がある!」と言うもの。…にも関わらず、自分は商業施設を図書館内に作ろうとしています)訳ですから、当然既に見積もり等も、ある程度できているでしょうから。

ちなみに上記でも少し書きましたが、山下しずお が小牧市立図書館の『ラピオ』移転を中止の理由として唯一挙げた事は「商業施設が子供たちに悪影響を及ぼす!」でしたが、『CCC』と作ろうとしてる新・小牧市立図書館内に商業施設(カフェや書店、レンタルショップ)をオープンさせようとしているのですから、当然上記のような反対理由は言えないでしょう。もし言ったら「『CCC』と作ろうとしている新・小牧市立図書館は、子供たちに悪影響を及ぼす施設だ」と認める事になるのですから。

それともう1つ、代案としては、現行の小牧市立図書館の建物の再利用すると言う方法もあります。現行の小牧市立図書館の建物は、『象設計集団』と言う建設家集団によって建てられた建物で、建物としては非常に評価が高いです。
小牧市立図書館
小牧市立図書館 posted by (C)KKPCW

Works:小牧市図書館:象設計集団
小牧市立図書館-象設計集団 KOMAKI Municipal Library-atelier Zo

なので、それを耐震補強し、雨漏り等の問題ある箇所を使うと言う手もあるでしょう。

ただし現行の小牧市立図書館の建物は、建物としての評価は高いものの、正直使い勝手が良いとは思えません。2階から上が実際の施設(書架等のあるフロア)だったと思いますが、そこに上がるにはエレベーターの他には、急な階段を登らねばなりません。また2階のフロア内にも大きな段差があり、館内の移動は必ずしも楽とは言えない感じでしたから。

あともう1つの代案としては、小牧山の麓にある旧・小牧市役所 本庁舎(北庁舎)跡地に建設すると言うのも良いのではないかと思っています。

小牧市役所・北庁舎
旧・小牧市役所・北庁舎 posted by (C)KKPCW



Googleストリートビューで確認した限りですが、現在建物は取り壊され、更地となっているようです。



この場所のメリットとしては、『小牧山』の環境と一体となった図書館が作れるのではと言うことです。周囲は小牧山の森があるので、静かでとても居心地が良いでしょう。本を読む(あるいは勉強をする)のに疲れたら「小牧山で散策する」なんてのも、良いかもしれません。また小牧山や昔 織田信長が作った「小牧山城」に関する資料等々を展示する施設も一緒に作れば、"観光地"としての小牧山の価値を上げる事にも繋がるのではないかと。また更地になっているのであれば、工事に取り掛かるのが楽と言うのも、メリットの1つになると思いますし。

私が挙げる代替案は、今のところ上記の3つです。しかし市民に意見を求めれば、もっと沢山の代替案が出てくることでしょう。しかし一度も市民の意見を聞かず(しかもマニュフェストで「市民の意見をよく聞いて検討する」と公約したにも関わらず)、「代替案なき計画白紙」云々と反対する人を批判するのは、全くもっておかしいと言わざるを得ません!



3. 説明責任を全く果たしてこず、今も果たそうとしない山下しずお は、CCCから何らの見返りを得ている可能性が濃厚!

「小牧のこれからのまちづくりのために、"今ここで"前に進めなければ、図書館も駅前も10年先、20年先も変わらないことになりかねない」と言って煽って、『CCC』と建設しようとしている新・小牧市立図書館の建設を正当化しようとしていますが、そもそも図書館建設は市民生活に直接影響を及ぼす問題ではありません!なぜならほとんどの市民は、図書館を全く利用していないのですから。なので、性急に推し進めなければならない理由が特にありません。例えば電気・水道等のような"インフラ"の問題の場合、それがないと市民生活に直接影響をおよぼす(まともに生活できない)ので、急がなければなりませんが、図書館はインフラではありません。

あと"駅前開発"と言う観点から見ても、今すぐに実行すべきではないでしょう。なぜなら2006年に廃止になり、その後 放置されていた桃花台線の施設の撤去が、ようやく行われる事が決定したからです。

県建設部 桃花台線全線撤去へ:建通新聞社

なので駅前開発の計画も、桃花台線の施設(駅や高架等)の撤去も考慮したうえで、行った方が良いでしょう。ちなみに小牧駅周辺の整備事業が今までなかなか進まなかった理由の1つが、この桃花台線の廃止後の施設問題です。

それと「建設費用を減らした!」と言ってるけど、それにしたってそもそも"約30億円"だった建設費用から"10億円以上"増えているうえ、その見積りでさえ疑わしいと言う指摘も出ています。

小牧市議会議員 竹内里美さんのツイート↓

小牧市立図書館は誰のためのものか: こまき無答塾ブログ

また問題は建設費だけではありません!そもそも『CCC』が委託事業者として選ばれた事自体が不適切(『CCC』が案作ってそれに『CCC』が応募したら、『CCC』が選ばれるに決まってる!他の会社にはあまりに不公平!)であるだけでなく、『CCC』は自社が運営する佐賀県武雄市の『武雄市図書館』で、様々な問題を引き起こし、今 武雄市民から訴えられてもいます!

10年以上前のExcel本や「公認会計士受験本」・・・ 武雄市図書館はTSUTAYAの「在庫処分」なのか:J-CASTニュース
大批判の渦中、ツタヤ図書館が身内の中古書店から“無用の100円本”を大量購入:週プレNEWS
武雄市図書館が開館前にDVDを大量除籍 「館内併設のTSUTAYAに配慮?」との疑問の声に武雄市は否定:ハフィントン・ポスト
武雄市図書館の問題について意見をまとめてみました:さまよう金の髭
武雄市図書館 >カルチュア・コンビニエンス・クラブによる運営:Wikipedia
武雄市図書館の業務委託は違法 市民が提訴:佐賀新聞LiVE

更に武雄市図書館で図書館の書籍として相応しくない時代遅れの本や占い、自己啓発などの本を多数、自社系列の古本業者から購入させていた問題が大きく報道されているさなかにも関わらず、10月1日からオープン予定の『CCC』が委託運営する神奈川県海老名市の『海老名市立図書館』でも、10年以上前の雑誌等や、今度は本とは全く関係ない『メガネ拭き』、そして図書館で購入するには全く相応しくない『おろし金』や『タジン鍋』(※一応方法やこれらを使った料理本が付いてはいるようですが、このような物を図書館に購入させるのが相応しいとは、とても思えません!)を購入し、問題になっています!

眼鏡ふき・おろし金・シリコン鍋……武雄市に続き来月新装開館予定の海老名市立中央図書館でも「疑惑の選書」が発覚か:ガジェット通信
海老名市立ツタヤ図書館、驚愕の実態:ナムラーのブログ
海老名市立図書館、選書やり直しへ 武雄市図書館問題が「飛び火」:ハフィントン・ポスト

このような企業に図書館運営を任せるのが"適任"と言えるでしょうか?しかもこの『CCC』委託に関して、何が適正なのか、山下しずお はまったく説明していません!

更に山下しずお と『CCC』が建設しようとしている新・小牧市立図書館内には、図書館の設備としてはまったく必要がないどころか、明らかに利用者にとって使い勝手が悪いだけでなく、管理上の問題がある(また地震等でも問題が起きるであろう)"ピラミッド状の書架"や"巨大な書架の壁"を作ろうとしていますが、これがなぜ必要なのか、まったく説明していません!

スパイケニッセ公立図書館の"書架のピラミッド"・・・1階部分にこれと同じような書架が、作られようとしています。

Boekenberg DSCF1911.JPG
Boekenberg DSCF1911" by G.Lanting - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via Wikimedia Commons

デルフト工科大学図書館の"書架の壁"・・・1〜3階にかけて、これと同じような書架が作られようとしています。
Delft University Library (5)

武雄図書館の"壁面書架"と"キャットウォーク"・・・2階部分にこれと同じような書架とキャットウォークが、作られようとしています。
Takeo city library + Tsutaya book store + Starbucks store, 武雄市図書館・蔦屋書店, Japan

更にそもそも図書館には必要ない『カフェ』や『書店』、『レンタルショップ』をなぜ館内の一等地で営業させるのかに関しても、何の説明もしていません!(しかもこれらの店舗は、図書館の雰囲気を害するだけでなく、一部が有料席となると見られるので図書館の利用者を制限することになるうえ、図書館周辺の商業施設(喫茶店や書店、レンタルショップ)に、悪影響を及ぼすでしょう。

なぜ山下しずお は、これほどまでに、市民に対する"説明を避ける"のか?1つは山下しずお の"独善的性格"にあるでしょう。市議会議員に密約文書を送り自身の政策をチェックしないよう市議会議員たちに求めたり、更に市議会議員の数を3分の2に減らそうとしていたことも、山下しずお の"独善性"を裏付けています。しかし一番疑われるのは、『CCC』との癒着です!武雄市図書館の『CCC』委託を強引に決めた元・武雄市市長 樋渡啓祐は、『CCC』の作った会社の社長に就任しています。山下しずお も、同じように『CCC』の会社の役職(天下り)を得ようとしているのかもしれません!

「天下り」「露骨」との声続出! 樋渡啓祐・前武雄市長がCCC子会社ふるさとスマホ社長就任:ガジェット通信
樋渡啓祐・前武雄市長、CCC子会社の社長に就任:J-CASTニュース

市民に意見を聞くと、当然様々な問題を起こしている『CCC』の委託に反対する市民も多く、また今まで一度も意見を聞かずに強引に進める山下しずお に対して不信感を持ってる市民も多いので、建設中止になる恐れがあります。そうすると『CCC』からの見返りが得られないので、市民に対し一切意見を求めず、説明もしてこなかった可能性は、十分ありえると思います。

また借金が多いらしいと言うのがもっぱらの噂で、そのためか、自分の母親が経営し自身も役員を務める『メリー美容室』が借金をしている『東春信用金庫』に対し、市有地を格安で売って問題になっています。

市有地売却に係わる山下市長の不公正な行為: こまき無答塾ブログ
住民訴訟:市有地売却 「市長に小牧市損害の請求を」 /愛知:毎日新聞

そのため『CCC』からの見返りは、お金の可能性もあります。

更に『CCC』から見返りの可能性があるのは、山下しずお だけではありません!山下しずお とともに新・小牧市立図書館 建設を強引に進めている小牧市議会会派『牧政会』や『小牧市民連合』の議員たち、図書館協議会の委員たちにも、『CCC』から"見返り"(金銭授受やポストの約束等)を得ている可能性が、強く疑われまれます!


4. 「市民に意見を聞いて進めた!」と嘘をつく、山下しずお!その行動には"異常性"も…

昨日(9月1日)小牧市議会に、山下しずお と『CCC』が強引に押し進める新・小牧市立図書館の計画の白紙撤回の賛否を問う住民投票を行うか否か決める条例案が、提出されました。その際に市側が(…と言うか、山下しずお が)「計画は"市民の意見を聞いて進めてきた"もので条例は制定すべきでない」と、あからさまに嘘を言ったそうです!

図書館建設住民投票条例案提出:NEWS WEB

山下しずお は、本当に嘘つきの"詐欺師"ですねぇ〜!またその数日前の山下しずお(と結託している市議会議員数名)の行動について、小牧市議会議員の竹内里美さんがツイートしているのですが、正直"異常性"すら感じました。



こう言った彼らの行動は、市民の理解を得ようとしている行動ではなく、自らの利得(『CCC』からの見返り等々)を求めた行動としか、思えません!

あと余談ですが、小牧市と同じように、『CCC』による図書館建設が強引に進められている宮城県多賀城市では、教育委員会の情報隠蔽工作が発覚!問題となっています。

多賀城市の図書館移転計画で市教委、協議隠ぺい:河北新報・・・元記事が削除されてしまったので、「archive.is」に保存されているページのリンクにしてあります。
多賀城市教育委員会「新図書館について検討した。だが何をどう検討したかは記録に残していない。」:Togetterまとめ

このように『CCC』が委託運営している図書館や委託運営を進めている自治体では、軒並み問題が起きています。このような企業に、図書館運営を任せるべきではないと思います!


【関連リンク】
新小牧市立図書館建設基本設計(案)に係る意見募集:小牧市・・・9月15日まで、パブリック・コメントの募集が行われています。
 ・新小牧市立図書館建設基本設計(案) (※PDF)・・・計画の概要をまとめたPDFファイル

小牧市に市民のための図書館を・・・小牧市立図書館問題について分かりやすくまとめられているページ。スマホやタブレットで、非常に見やすいです♪ 作ってくれたのは、CCC図書館問題に取り組んでいる @keikuma さん(感謝!!)

小牧の図書館を考える会・・・小牧市の図書館建設に関して活動している市民団体。

【関連記事】
Kyu3's LOG : 山下しずお とCCCが進める新・小牧市立図書館建設に反対!!・・・『CCC』の問題や館内に作られようとしている巨大な書架について、あと館内に作られようとしてるカフェや書店の問題について書いてあります。
Kyu3's LOG : 山下しずお とCCCが進める新・小牧市立図書館建設に反対!! - その2・・・新・小牧市立図書館を"商業施設"として見た場合の分析とその影響について、書いてあります。
Kyu3's LOG : 山下しずお とCCCが進める新・小牧市立図書館建設に反対!! - その3・・・巨大な書架の問題点についての最初の記事の補足が、書いてあります。