幼稚で悪質!"二枚舌"の『小牧の詐欺市長』こと山下史守朗(以下『史守朗』を『しずお』と表記)が、また公約(マニュフェスト)違反!小牧市立図書館と同じく「市民の意見をよく聞いて検討する」としていた『小牧市農業公園』の整備予定地の土地の一部を、市民の意見を一度も聞くこと無く、勝手に企業に売却しようとしています!

小牧野口地内新規工場用地売払い土地利用制限付一般競争入札を実施します:小牧市

今回売ろうとしている土地は、小牧市農業公園整備予定地のうち『地域交流の場』(※下の画像のオレンジ色の部分)で、レストランや駐車場などが整備される予定とされてる土地です。

(仮称)小牧市農業公園の土地利用計画↓
(『(仮称)小牧市農業公園整備基本計画 第1章 計画の前提(※PDF)』より)
農業公園:概要

ちなみに、市のHPにこの情報が公表される一ヶ月前に『建通新聞』のニュースサイトに記事がアップされていたのは、おそらく山下しずお の"いつもの手"でしょう。

小牧市 農業公園用地を一部売却:建通新聞社
小牧市 農業公園用地一部売却をきょう公告:建通新聞社

山下しずお は自分が発表したい内容をメディアにFAXしてるそうで、それによってメディアは取材をせず楽に記事が書けます。その代わり、山下しずお の都合の良い文章を書き、山下しずお のやりたい事を既成事実化していきます。一方 山下しずお は自分の都合の良い文章をあたかも既成事実のように報じさせる事で、自分のやりたい事をやりやすくする一方で、都合の悪い事が起これば「メディアが勝手に報じた」と言い逃れができます!実際 小牧市立図書館建設問題でも、中日新聞が「CCCに運営決まった!」と、山下しずお のために露骨な捏造記事を書き、問題となりました。

小牧にTSUTAYA図書館:中日新聞女性向けサイト「オピ・リーナ」・・・同記事は普通の中日新聞の紙面にも掲載されています。
中日新聞朝刊にて「小牧市にもツタヤ図書館!ユニーク運営で注目」と掲載:谷田貝将典ブログ・・・山下しずお と癒着する民主党の市議会議員・谷田貝将典のブログ記事。あからさまな中日新聞の捏造記事にも関わらず、山下しずお のために「CCCに決まった!」と宣伝しています。


1. 小牧市農業公園は、市民の意見を聞いた後、速やかに中止すべき!

話を小牧市農業公園の問題に戻しますが…

土地を工場地として売る事自体は反対ではないものの、売るのであれば、ちゃんとマニュフェストで約束した通り、市民の意見をパブリックコメント等々でよく聞いた後、計画自体をちゃんと中止させてから売れば良い話です!実際、山下しずお の就任以前に2度ほど(2008年と2009年)、パブリックコメントが行われていますが、いずれも計画に反対する意見が多数だったと記憶しています。

過去のパブリックコメント実施状況一覧:小牧市・・・平成19年度と20年度の欄。

また計画の内容自体は、いくつか興味深い点があるものの、予想利用者数が過大に見積もられてる点(年間利用者数が当初は"約50万人"としていましたが、最新の基本計画では"約40万人")や、有料部分の入場料が高過ぎる点(体験込みで子供2000円、大人1000円)、更に立地の悪さなどを考えると、とてもまともな運営ができるとは思えません!

(仮称)小牧市農業公園整備基本計画:小牧市・・・詳細な計画はこちらのページを参照。

更にほぼ同様の民間の施設(『くりの木ランチ』)が整備予定地のすぐ近くにありますが、決して流行ってるとは言えず…。その事から考えても、まともな運営ができるとは思えません!

小牧市農業公園整備予定地 と くりの木ランチ の場所↓
(※左側の赤い目印が『小牧市農業公園整備予定地』で、右側が『くりの木ランチ」です。)


また小牧市で『農業』や『牧畜』が主たる産業とは言えず、『牧畜』に関しては、上記の『くりの木ランチ』で豚や牛などの飼育が行われていたと思いますが、それ以外ではほとんど行われていないでしょう。なので"産業育成"と言う観点からも、このような施設を作るのは疑問ですし、更に『食育』に関しても、わざわざ巨額の費用を投じて施設を作って行うよりは、実際 農業 や牧畜が行われてる場所(上記の『くりの木ランチ』や、小牧市東部の大草地区や野口大山地区などで農業を営んでる方の畑や田んぼ)に行って体験させてもらった方が、実際の現場を見れて良いと思いますし。

なので、小牧市農業公園整備計画は、パブリックコメント等をやって市民の意見を聞いたうえで、速やかに中止すべきだと思います!そしてそのうえで、土地を売るのか、あるいは別の何かを整備するか(※この件に関しては、下記に意見を書いています)を決めるべきだと思います!!

ちなみに山下しずお はこの件に関して何をやっているかと言うと、マニュフェストで「市民の意見を聞いて検討する」と約束したにも関わらず、就任から"5年"もの間 一度も市民の意見を聞くこと無く、何か対案を提示する訳でもなく、ただただ問題を先送りし、挙句、去年(2015年)の8月の市議会で「当分の間、凍結する」と発言し、更にまた先送りしたとの事。

(仮称)小牧市農業公園整備事業???:こまき無答塾ブログ

この先送り理由は、"箱物大好き"で、自分の利得のために市有地まで売却する山下しずお の事ですから、おそらく自分にとって利得のある計画を作ろうとしているが、それがまだ作れていないと言う事なのでしょう。


2. 『モリゾーの家』をどうするか?

あとこの小牧市農業公園の土地売却に関しては、もう1つ問題があります。それは、愛知万博の時に作られ、2005年にこの土地に移設された建物『モリゾーの家』をどうするのか?と言う問題です。

モリゾーの家が「小牧市農業公園(仮称)」に移設(小牧市野口) : 桃花台新聞

『モリゾーの家』↓
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 8:モリゾーの家(売却予定地)
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 8:モリゾーの家(売却予定地) posted by (C)kyu3

現在もこの土地にあり、フィールドワーク『野外料理体験』などの催し物が行われたりしていましたが、この建物について上記の土地売却のページには、何の記載もありません。なので、ひょっとしたら売却後の土地の整地工事で、壊される可能性があるのではないかと。

この建物をどうするのか?と言う点に関しては、私はすぐ近く(上の地図で言うと、小牧市農業公園整備予定地の北東側に位置する"緑色"の部分)にある『市民四季の森』に移設するのが一番良いと思いますが… この問題の解決方法も決まっていないのであれば、その点でも、土地を売却するのは不適切だと言わざるを得ません!


3. 小牧市農業公園整備予定地に『ドッグラン』!

それと小牧市農業公園の整備を止めたとして、この場所をどうしたら良いのか?と言う点に関してですが、私は『ドッグラン』を整備するのが良いと思います。特に一番上の地図で言うところの『農園学習エリア』(整備予定地の南西部)に。

…と言うのも、この場所は桃花台ニュータウン(以下『桃花台』)にほぼ隣接しており、桃花台の街づくりに活かす事ができるでしょう。

小牧市農業公園予定地の検討範囲↓
(『(仮称)小牧市農業公園整備基本計画 計画の前提(※PDF)』より)
農業公園と桃花台
桃花台は2005年をピークに人口減少が続いており、おそらく今後も減り続けていくでしょう。どこまで減り続けて行くかは分かりませんが、将来的に人口減少によって"大型商業施設(具体的には『アピタ桃花台店』)の撤退"や"バス路線の縮小"等々が懸念されます。そうならないようにするのはかなり難しいかもしれませんが… それを遅らせるためにも、ある程度人口を維持していく必要があります。そのためには、この街に移り住んでくれる人を増やす必要がありますし、街から出て行く人を減らす必要があります。それには、街の特徴を伸ばし、世間にその特徴をPRしてく事が重要だと思います。

以前、桃花台で犬を飼ってる人が多い事に着目し、その事を活かした街づくりに関する記事を書きました。

コラム・まちづくり:桃花台ニュータウンの将来像「犬を飼いやすい街」 : 桃花台新聞 2.0

桃花台では沢山の犬が飼われています。その理由は「庭付き一戸建て住宅が多い事」と「大小様々な大きさの公園が街の中に沢山ある事」、そして「車道とは完全に区別された歩行者専用道が、縦横無尽に整備されてる事」だと思います。これらの特徴は、『桃花台は犬を飼いやすい街』と言えるのではないでしょうか?

更に街から歩いて行ける距離に市営の『ドッグラン』があったらどうでしょう?犬を飼いたい人・飼い続けたい人には、魅力が増すと言えるのではないでしょうか?

Dangouzaka sa 01
談合坂サービスエリアのドッグラン By AsacyanCC BY-SA 3.0

それにこの場所は「ドッグランを作るのに適してる」と言えると思います。特に『農園学習エリア』の部分は、直に隣接してるのは工場だけで、他にはちょっと離れてる所に、住宅が1軒あるのみです。更に北側の住宅地と南側の桃花台との間には、それぞれ雑木林があるので、犬が多少吠えても、騒音が問題になる事はほとんどないでしょうから。

農園学習エリア(※画面中央)の衛星写真↓


小牧市農業公園予定地(農園学習エリア)↓
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 2
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 2 posted by (C)kyu3


【関連リンク】
小牧市の市有地売却について思うこと: こまき無答塾ブログ

【関連記事】
コラム・まちづくり:桃花台ニュータウンの将来像「大学と連携した街」 : 桃花台新聞 2.0
Kyu3's LOG : 桃花台ニュータウンの将来像「ブラジル人が住んでいる事をプラスにする街」


【追記(2016/1/12)】

『小牧市 農業公園』でTwitter検索してみたところ、今はあまり使われていませんが、当時(2009年)日本で最も使われていたSNS『mixi』で、問題となっていたそうです。



[mixi]農業公園計画ってどうなの? - 愛知県小牧市民集まれ~:mixiコミュニティ

実際、市民の方の「小牧市農業公園に賛成」・「農業公園を作るべき」と言う意見は、これまで一度も見た事も聞いた事もありません。一方で、批判する声や「中止すべき」と言う声は、山ほど目にしています。この事からも小牧市農業公園計画は、パブリックコメント等で市民の意見を聞いたうえで、速やかに中止すれば良いだけだと思います。山下しずお がそれをしないのは、やはり自らの利得のある計画を作ろうとしてるとしか、思えません!


【追記(2016/01/25)】

小牧市HPの小牧市農業公園の一部土地売却のページが、削除されていました。

小牧野口地内新規工場用地売払い土地利用制限付一般競争入札を実施します:小牧市・・・現在は削除されています。

このページの内容を転載したと思われるページを見つけたので、それを見てみたのですが、募集締め切りが『1月15日』となっているので、どうやら募集締め切りしたので、削除されたと思われます。

【小牧市役所】市有地を工業用地として売却します:マチパブ

ちなみにこの件に関して、市に公約違反なので、土地の売却を中止するよう求めるメールを今月(2016年1月)始めに送りましたが、未だに返信がありません。本当、山下しずお は悪質ですねぇ〜。


【追記(2016/1/30)】

ブログ『こまき無答塾』で知ったのですが、市のHPでこの土地を落札した企業が公表されていました。管理者の堀さんの予想通り、小牧市農業公園予定地に隣接する『中村鉄工所』が落札していました。

やはり、出来レースだったね!: こまき無答塾ブログ
小牧野口地内新規工場用地売払い土地利用制限付一般競争入札の結果:小牧市

落札された農業公園予定地の一部と、この土地に隣接する中村鉄工所(※写真奥)↓
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 14:敷地に隣接する落札企業 中村鉄工所
山下しずおが公約違反して勝手に土地の一部を売却しようとしてる、小牧市農業公園予定地 - 14:敷地に隣接する落札企業 中村鉄工所 posted by (C)kyu3

もしこの落札が、堀さんの指摘するように"出来レース"(最初から中村鉄工所に落札させる狙い)で、入札資格を『航空宇宙関連製品の製造又は開発に携わる企業』と限定していたのであれば、中村鉄工所と市長や市職員の間に、何らかの"裏取引"があるのではいかと言う疑念を、感じずにいられません!

ちなみに上記の追記で書いた市に送ったメール(公約違反なので、土地の売却を中止するよう求めたメール)の件ですが、ようやく市から回答がありましたが、その回答は「システムの不具合でメールが担当課(企業立地推進課)に転送されてなかった!更にメール本文が見れなくなってる」でした。本当かよぉ!!💢 ちなみに市の公式HPには、サイトの不具合報告は、今現在(2016/1/30 22:22)もなされていません。なので、答えに困った山下しずお(小牧の詐欺市長)や職員が、とりあえず当初の目的通り中村鉄工所に落札させるため、時間稼ぎとして嘘を付いたのではないかと疑っています。

なお上記の『こまき無答塾』の記事のコメント欄での堀さんのコメントによると、「売却には議会の議決が必要」との事。また「3月議会に関連議案の審議が上程される」そうです。この明らかな"公約違反"による売却を小牧市議会議員たちがどう審議するのか、見ものです。…と言っても、おそらく「農業関係者(極々一部の市民)から意見は聞いたのだから、公約違反ではない!」などと山下しずお が主張し、それを癒着する市議会議員が「その通りだ!」と言って認めることで、強引に中村鉄工所への売却を正当化するのではないかと…思われます。


【追記(2016/2/3)】

小牧市農業公園予定地の写真を撮影したきたので写真を追加し、これまで掲載していた写真(『モリゾーの家』の写真)を新しいものに置き換えました。