昨日(2016年12月10日)アップルストア名古屋栄で、「iPhone 6s のバッテリー無償交換プログラム」で、バッテリーを交換して来ました!今回はこの件に関して、ブログの記事を書こうと思います。

Apple iPhone 6S
Photo by Kārlis DambrānsCC BY 2.0


1. 交換対象の機種は、公式HPで確認可能!


まず対象になる機種ですが、この件に関するアップル公式サポートページによると「2015年9月〜10月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある」ものとのこと。実際対象機種かどうかは、以下のリンク先ページにシリアル番号を入力して、確認できます。なお『Macお宝鑑定団』によると、シリアル番号の4番目と5番目が『Q4•Q5•Q6•Q7•Q8•Q9 QC•QD•QF•QG•QH』のものとのこと。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム:Apple サポート・・・こちらのページにシリアル番号を入力して、対象機種かどうか確認できます。
Apple「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」を提供開始:Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ちなみにシリアル番号は、iPhone の設定アプリの[一般 >情報]の欄で、知ることができます。


2. 交換修理はアップルストアやアップル正規サポートプロバイダ、または郵送でも可能!


次に交換方法ですが、「アップルストア」(※アップルの直営店)や「アップル正規サポートプロバイダ」(※アップル製品の修理交換などが可能なお店、大手家電量販店などの中にある)に直接 iPhone を持っていくか、またはアップル・サポート・ページなどから、郵送交換を依頼することもできます。

修理:Apple サポート 公式サイト

なお郵送交換する場合は、携帯会社によっては、代替機を借りられるようです(※詳しくは下記)。


3. 直接お店に持って行く(現状2度来店必要、リセット不要、バックアップ必須)


まずは直接お店に持って行く方法ですが、「アップルストア」ならびに「アップル正規サポートプロバイダ」の場所は、以下のページで調べることができます。今回は交換修理が目的なので、『サービス』の欄をクリック(またはタップ)し、自宅や勤務先等々の住所を入力。製品名を選択すると、最寄りのお店が表示されます。

場所を検索:Apple 公式HP

「アップル正規サポートプロバイダ」に関しては分からないですが、「アップルストア」は特に土日祝日はどの店舗も非常に混み合うと思うので、一応「ジーニアスバー」(※アップルストア内にある顧客相談窓口)の予約を取っておいた方が良いと思います。

Genius Barの予約とAppleサポートのオプション:Apple 公式HP

なお小見出しにも書きましたが、2016年11・12月時点では、おそらくほとんどの店舗で"2度来店"する必要があると思われます。…と言うのも、修理に訪れる人が多いのでお店の在庫が不足してるそうで、私が訪れたアップルストア名古屋栄では、最初に訪れた11月26日時点で『40人待ち』、その後12月4日に「バッテリーがお店に届いたので、交換に来て下さい」と言う電話がお店からあったのですが、その時聞いたのが『100人待ち』とのことだったので。

もちろんお店によってバッテリーの在庫量は違うと思うので、一概には言えないかもしれませんが、一応「2度来店する必要がある」(可能性がある)ことを、頭に入れて置いた方が良いと思います。

ちなみにお店に持って行くのは、本体のみです(※1度お店に訪れて交換予約した場合は、その時もらった紙も)。あと公式サポートページには「リセットして、データと設定全て削除してから持ってきて」と書かれています(※以下のリンク先ページの『バッテリー交換サービスに出す前に、あらかじめ下記の準備を…』の欄の3番目)が、アップルストア名古屋栄の店員さんによると「バッテリー交換するだけなら、リセットする必要はありません」とのこと。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム:Apple サポート

ただし交換時に問題が発生したりした時、データが消えてしまう可能性もあるとのことなので、バックアップは必ずして行った方が良いと思います。

それと私は12月10日にアップルストア名古屋栄に交換修理に行ったのですが、店員さんに「(交換修理に)3時間かかる」と言われました。この日は土曜日と言うこともあって店内に人も多く、修理に訪れた人も多かったので、「3時間」と言われたのだと思われます。なので、平日だったらひょっとしたら、もう少し待ち時間は少ないかも…しれません。あと空いてるお店に行った方が、待ち時間が少ないかもしれません。なので、おそらく「アップルストア」よりも「アップル正規サポートプロバイダ」の方が修理に訪れる人が少ないのではと思うので、アップル正規サポートプロバイダの方が早く交換修理が終わるのかも…しれません。(^^;


4. 郵送交換と代替機について


最後に郵送交換修理に関してですが、アップル公式のこの問題に関するサポートページ「Apple テクニカルサポート - こちらからお問い合わせください」の『こちら』のリンクをクリック(またはタップ)するか、あるいは以下のリンク先ページから、依頼できると思います。

修理:Apple サポート 公式サイト・・・ページ最下部の『修理を申し込み』をクリック(またはタップ)

依頼すると、運送会社の方が iPhone を取りに来てくれて、修理センターに送ってくれるそうです。私がアップルのサポートセンターから聞いた話だと、確か「5日間くらいかかる」だったかと。ちなみにこの時 運送会社の方からもらえる紙(?)を持って契約してる携帯会社のお店(ドコモショップやau ショップなど)に行くと、代替機が借りられるそうです。ただし代替機として借りられるのは iPhone ではなく、別の機種(Android)の場合もあるようですが…。

iPhoneを修理に出してauで代替機を借りた話:じょぬログ



なお郵送交換に関しては、以下の『GIGAZINE』の記事が詳しく書かれていて分かりやすいので、参考になると思います。

無償でiPhone 6sのバッテリーを交換してもらえる「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム」で実際にバッテリー交換するとこんな感じ:GIGAZINE

あとこれは余談ですが、アップルストア名古屋栄の店員さんによると「リペアセンター(修理センター)に送った場合は、バッテリー交換ではなく新品交換になる場合が多い」とのこと。なので、やはりこちらも事前バックアップは必須だと思います。バックアップしてないと、新品交換になった場合は、データが戻って来ないので。…と言うか、おそらく郵送交換の場合はリセット必須だと思うので、どっちにしろバックアップは必要になると思いますが…(^^;


【関連リンク】
iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム:Apple サポート


【追記(2016年12月11日)】:原因とソフトウェアアップデート、私個人の体験について


この問題の原因等について、追記します。アップルの中国語版のサポートページによると、この問題の原因は「製造工程で通常より長い間、外気にさらされていたから」なのだそうです。

有关 iPhone 及意外关机的信息:Apple サポートページ
Apple「iPhone6sのバッテリー問題は製造時の空気露出のせい」:iPhone Mania・・・この件に関するニュース記事。
Apple「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題」の原因を公表:ギズモード・ジャパン・・・この件に関するニュース記事。

また対象機種以外でもこの問題が発生してるそうで、近々リリースされる iOS 10 のアップデートには、同問題の診断機能が含まれるとのこと。

「iPhone 6s」が予期せずシャットダウンする問題、調査の為にソフトウェアアップデートで診断機能を追加:気になる、記になる…

あと私個人のこの問題の体験について書いてなかったので、この点も追記します。

私が iPhone 6s を購入したのが、ちょうど1年前の「2015年12月」。なので、約1年間使ってきたことになります。その間、使用中に1・2度、ふいに電源が落ちる現象を体験しましたが、その後起動しても不安定になったり動作が遅くなったりする等々の問題が発生しなかったので、特に「困ってる」と言う訳ではありませんでした。

…ただそうは言っても「バッテリーの問題」と言えば、今年の夏に複数の爆発問題が発生しリコールとなったサムスンの「Galaxy Note 7」の事例もあるので、アップルが問題発表後、早めに対応しましたが…(^_^;

サムスンのGalaxyNote7が爆発してジープが炎上、FAAが飛行機内への持ち込み時には電源オフを勧告:GIGAZINE
Samsungのフラッグシップ端末「Galaxy Note 7」で爆発が相次ぎ出荷延期に:GIGAZINE
Galaxy Note 7の爆発は「攻めすぎたデザイン」が原因?:ギズモード・ジャパン


【追記(2016年12月12日)】


『4』の「郵送交換と代替機について」の欄に、『GIGAZINE』の記事の紹介リンクを追加しました。

無償でiPhone 6sのバッテリーを交換してもらえる「iPhone 6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム」で実際にバッテリー交換するとこんな感じ:GIGAZINE