macOS High Sierraが、32bitアプリをサポートする最後のmacOSになる」とのことで、アクティビティモニタの『種類』欄で32bitアプリがあるか確認したところ、以前から気になっていたアプリが…。それは『SonyAutoLauncher』と言う謎の(?)32bitアプリ。

常駐してて終了できない「SonyAutoLauncher」- 2
常駐してて終了できない「SonyAutoLauncher」- 2 posted by (C)kyu3

以前Sonyの『PlayMemories Home』と言う画像編集・管理アプリをインストールした時にインストールされたものと思われるのですが、アクテビティモニタで強制終了してもすぐに再起動されて終了できず…( ˘ω˘ ;)

それでネットで調べたところ、[Library >Application Support >Sony Application Launcher] に本体があるらしいことが分かりました!

【Sony Cyber-shot Talk Forum】Playmemories Home starting automatically:Digital Photography Review

…ただ最初、Finderで『ライブラリ』フォルダの『Application Support』フォルダを見てみても、その様なアプリやそれらしいフォルダは見つからず…。また検索しても見つからないので「何だろう??」と思ったら、何て事はない!たいていのアプリがユーザー直下のライブラリファイル下の『Application Support』フォルダ下([/Users/ユーザー名/Library/Application Support])にあるので、てっきりここのことかと思ったら、別のライブラリフォルダ([Macintosh HD >Library >Application Support])の方でした…(^^;

こちらの『Sony Application Launcher』フォルダを削除(※削除の際、確認の意味でパスワード入力を求められます)したところ、無事アクティビティモニタからも『SonyAutoLauncher』アプリが消えました。

macOS Sierra:アクティビティモニタに残る3つの32bitアプリ
macOS Sierra:アクティビティモニタに残る3つの32bitアプリ posted by (C)kyu3


【関連リンク】
Apple、macOS High Sierraを32bitアプリをフルサポートする最後のOSにし、2018年1月よりMacAppStoreで公開するアプリは64bitサポートを必須に:Appleちゃんねる


【追記(2019年8月7日)】


コメント欄の書き込みで知ったのですが、HAZI さんによると単に「Sony Application Launcher フォルダだけを削除すると、バックグラウンドで何度もアプリの起動を試みて、失敗しエラーになっている」とのこと。なので、もしエラーのログが貯まってるのは嫌だなと思われる方は、HAZI さんがコメント欄に書いてくれたやり方を試してみてはいかがでしょう?(*^^*)/ HAZI さんに感謝!!

なお「ターミナルの使い方がよく分からない」と言う方は、とりあえず LaunchPad 等から「ターミナル」と言うアプリを起動し、HAZI さんが書いてくれた以下の部分をそのままコピペし、最後に「Enter」キーを押せば実行可能だと思います。

launchctl unload -w
/Library/LaunchAgents/com.sony.SonyAutoLauncher.agent.plist


【関連リンク】
Macユーザー必見!ターミナルの使い方を基礎から徹底解説:CodeCampus
今さら聞けない!ターミナルの使い方【初心者向け】:TechAcademyマガジン