先日(2017年7月10日)、春日井市民病院裏にあるパナソニック・エコシステムズ」の工場敷地内で、南米原産の強い毒を持つアリヒアリ」が、数匹(※7月14日現在、正式に確認されたのは1匹のみ)見つかったそうです。

全国初、内陸部でヒアリ=愛知・春日井市の倉庫-新潟・長岡市でも疑い:時事ドットコム
愛知・春日井市で「ヒアリ」発見、内陸部で初:TBS NEWS

ヒアリの写真↓
(※パナソニック・エコシステムズの工場敷地内で撮影されたものではありません。)
Red Imported Fire Ant (Solenopsis invicta)

ヒアリの働きアリ↓
Solenopsis invicta casent0005804 profile 1
Solenopsis invicta:Wikimedia Commons by AntWebCC BY-SA 3.0

パナソニック・エコシステムズ(※2009年撮影)↓
パナソニック・エコシステムズ
パナソニック・エコシステムズ posted by (C)KKPCW

パナソニック・エコシステムズの場所↓


なお上記で紹介した記事もそうですが、当初『内陸部で初』とメディア等で報じられましたが、兵庫県尼崎市ですでに見つかっているため、実際は“2例目”だそうです。ちなみに尼崎市では女王アリも見つかっています。

尼崎に女王ヒアリ2匹 環境省が確認:神戸新聞NEXT
兵庫・尼崎のヒアリは500匹以上 女王アリも2匹:朝日新聞デジタル

ヒアリが見つかった経緯については、愛知県公式HPに非常に分かりやすくまとめられていたので、以下に掲載。

1 経緯

6月下旬
・中国南沙港にて貨物をコンテナに荷詰めし、香港へ送付。

6月25日
・香港の国際港を出港。

6月30日
・名古屋港(愛知県海部郡飛島村:飛島ふ頭)に到着、コンテナヤードに陸揚げ。

7月5日
・コンテナヤードからコンテナを搬送。

7月6日
・愛知県春日井市にコンテナを搬送、コンテナから荷出しし、荷物を倉庫に搬入。
・倉庫内に搬入された荷物に、アリ(1個体)が付着しているのを荷主が確認し、捕獲。愛知県自然環境課に通報。その後、愛知県自然環境課より中部地方環境事務所に通報。
・空のコンテナが飛島村の飛島ふ頭に戻され、コンテナ事業者が当コンテナ内を確認したところ、アリ8匹を確認し、速やかに殺虫処分を行った。

7月7日
・春日井市の倉庫を、中部地方環境事務所、愛知県、春日井市にて調査。新たにアリの死亡個体(5個体程度)が当該貨物に付着しているのを確認し回収。
・飛島村の飛島ふ頭に留置されている当該コンテナを、中部地方環境事務所にて確認。当該コンテナ内でアリ(3個体)を確認し、回収。
・両地点ともに、目視調査を行い、周辺に捕獲トラップと殺虫餌(ベイト剤)を設置。

7月10日
・専門機関により、春日井市で見つかったアリ(1匹)がヒアリ(Solenpsis invicta)であることを確認。

(7月7日回収分は現在確認中であり、結果が出次第公表します。)

 ※貨物については、荷主により燻蒸後すべて廃棄処分。

引用元:『愛知県内におけるヒアリの確認について

なおヒアリと確認されたのは、現時点(7月11日時点)で"1匹のみ"。加えて、尼崎のように女王アリが見つかった訳ではないこと、見つかったアリはそれらしいものを含め全て駆除されたことなどを踏まえると、敷地内および敷地の外で繁殖してる可能性は、極めて低いと思われます。また上記の愛知県のページにも書かれていますが、『周辺に捕獲トラップと殺虫餌(ベイト剤)も設置している』とのこと。なので、過剰に心配や反応する必要はないと思います。

…とは言え、見つかったことは事実ですし、ヒアリの特徴について知っていることはマイナスではないと思うので、詳しく知りたい方は以下のページやPDFファイルが、参考になると思います。

特定外来生物「ヒアリ」について:春日井市
ストップ・ザ・ヒアリ(※PDF)・・・環境省が作成したと見られるヒアリの特徴や対処法に関してまとめたファイル。
ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)(※PDF)・・・同じく環境省が作成したと見られるファイル。『ヒアリかどうかは、専門家が顕微鏡を使って観察しなければ、判断できませんが…』と言う注意書き有り!

なおもしヒアリを見つけた場合は、直接触ったりしようとせず上記の『ストップ・ザ・ヒアリ(※PDF)』に書かれてる駆除方法などを参考に駆除し、『発見日時、発見者、発見場所及び発見時の状況について、できる限り写真の画像を添付』したうえで、春日井市の場合は市の環境保全課、または愛知県の環境部自然環境課野生生物・鳥獣グループに連絡して欲しいとのこと。

個体は、市販のアリ用殺虫剤で駆除は可能ですが、刺激せず、発見日時、発見者、発見場所及び発見時の状況について、できる限り写真の画像を添付のうえ、環境保全課または下記問い合わせ先に連絡してください。

〈問い合わせ先〉
  春日井市環境保全課
   電話番号 0568-85-6279
   ファクス 0568-84-8731
   E-mail  hozen■city.kasugai.lg.jp


  愛知県環境部自然環境課野生生物・鳥獣グループ
   電話番号 052-954-6230(ダイヤルイン)
   ファクス 052-963-3526
   E-mail  shizen■pref.aichi.lg.jp

※.メール送信時は、■を@に置き換えてください。

引用元:『特定外来生物「ヒアリ」について

あとネットで「在来種のアリがヒアリと戦ってくれるので、ヒアリと間違えて在来種のアリを殺さないように」と言う噂が出回ってましたが、それは誤りである(在来のアリだとヒアリに勝てない)とのこと…(^^;

“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ”ネット上にウワサ広がる → アリの研究者は「在来種では勝負にならない」:ねとらぼ

【関連リンク】
特定外来生物「ヒアリ」について:春日井市
ストップ・ザ・ヒアリ(※PDF):春日井市
ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)(※PDF):春日井市
愛知県内におけるヒアリの確認について:愛知県
全国初、内陸部でヒアリ=愛知・春日井市の倉庫-新潟・長岡市でも疑い:時事ドットコム
愛知・春日井市で「ヒアリ」発見、内陸部で初:TBS NEWS

【関連記事】
セアカゴケグモが見つかる!!(春日井市柏原町) : 桃花台新聞


【追記(2017年7月23日)】


愛知県と春日井市が一昨日(7月21日)、ヒアリが見つかったパナソニック・エコシステムズの工場内を、合同で調査したそうです。また工場内26カ所に捕獲用のワナを新たに設置し、明後日(7月25日)それを回収するそうです。

愛知県と春日井市が「ヒアリ」パトロール:NNNニュース

なお愛知県の担当者曰く「見慣れないアリを見かけた場合、絶対に触らずに市販の殺虫剤で殺した後、県や市に連絡してほしい」とのこと。なので、パナソニック・エコシステムズの近くにお住まいの方で、普段見慣れないアリ(※ヒアリの特徴に関しては、こちらのPDFファイルに詳しい情報あり)を見つけた場合は、触らずに市販の殺虫剤で殺した後、県や市に連絡して下さい(※連絡先に関しては、上記に記載有り)。


【追記(2017年7月27日)】


7月21日に県と春日井市がパナソニック・エコシステムズ工場内に設置したヒアリ捕獲用のワナが、回収されたそうです。ワナは持ち帰って中を確認し『ヒアリなどの特定外来生物の疑いがあるアリがいれば、環境省を通じて鑑定を依頼する』とのこと。

ヒアリ発見の工場で設置したワナ回収 中身確認へ 愛知・春日井市:東海テレビ(Yahoo!ニュース)

またヒアリ発見当時に工場関係者によって設置されたワナからはヒアリは見つかっておらず、環境省は「付近で繁殖している可能性は低い」とのこと。


【追記(2017年8月2日)】


春日井市公式サイトのヒアリ関連のページが更新されていたので、追記。それによると、8月2日現在まで計3回(7/14・21・28)、県と共同でパナソニック・エコシステムズの工場敷地内に捕獲用のトラップを設置したそうですが、28日分はまだ結果が出てないようですが、14日と21日に設置したものからは、ヒアリは見つからなかったそうです。

特定外来生物「ヒアリ」について:春日井市

また市民から「ヒアリでは?」と問い合わせがあった生物(38件)も、いずれもヒアリではなかったとのこと。なお同工場で見つかったヒアリは、現時点では"1匹のみ"です。これらのことから、ヒアリがパナソニック・エコシステムズの工場およびその周辺に生息・繁殖してる可能性は、ほぼないと思われます。(*^o^*) ホッ!


【追記(2017年8月16日)】


国内でヒアリの発見が相次いでることから、環境省は調査範囲を発見場所だけでなくその周辺にも広げることにし、先日 名古屋港でも半径2km圏内に捕獲用のワナが設置されましたが、春日井のパナソニック・エコシステムズの工場周辺でも、一昨日(81/4)半径2km圏内にある公園や小学校などで、捕獲用ワナの設置やアリの採取が行われたそうです。

春日井市の工場周辺で環境省がヒアリ調査:CBCニュース
環境省が春日井のヒアリ発見周辺を初調査:日テレニュース24

【関連リンク】
ヒアリ確認地点の周辺2km程度の調査の実施状況報告(第1報):環境省


【追記(2017年8月23日)】


環境省が、作成したヒアリ啓発のポスターに関してツイートしていたので、以下に掲載しておきます。なおこのポスターは、こちらのページからダウンロードできます。


【関連リンク】
ヒアリに関する啓発ポスターについて:環境省・・・啓発ポスターが公開されてるページ
『ヒアリかな?と思っても、あわてずに』(※PDF):環境省・・・啓発ポスター