iOS 11の目玉機能の1つ「ARKit」(※iPhoneやiPad用の"AR"を使ったアプリを作れる仕組み)。この仕組みを使って作った無料のお薦めARアプリに関して、先日記事を書きましたが、今回はその2回目。ARKitを使って作られた無料のゲームアプリに関して、記事を書こうと思います!( ´ ▽ ` )ノ


アプリ使用前・使用時の注意点


前回も書きましたが、今回も本題に入る前にまず注意点。ARKitに対応してる端末は、Macお宝鑑定団によると、以下の通りです。

iPhoneは『6s・6s Plus以降』
iPadは『iPad Pro以降(A9チップ以上が必要、9.7インチiPadも対応)』
iPod Touchは"非対応"(※2017年10月時点で、最新モデルはA8チップを使ってるので)

なので、これ以外の端末では、以下で紹介するアプリを使用しない方が良いと思います。実際試した訳ではないのですが、以下の記事によると画面が結構な明るさで点滅する(※リンク先記事に試したと言う方の動画付きツイートあり)みたいなので、特に"癲癇(てんかん)"の方は、しない方が良いと思われます。

【悲報】ARKit非対応のiOS 11搭載端末で「ARアプリ」を開くとやばいことに…:カミアプ

なお単にARが使えるアプリ自体は、iOS 11以前からリリースされてるので、ARKitをサポートしてない端末でも、使えるアプリが結構あります。例えば「IKEAカタログ」と言うIKEAのカタログ・アプリはサポート端末が『iOS 9.0 以降のiPhone・iPad・iPod Touch』となってますし、「Night Sky」は『iOS 9.3 以降のiPhone・iPad・iPod Touch』となってるので、それぞれのアプリのAR機能は使えると思います。自分の端末で使えるかどうかは、App Storeのそれぞれのアプリの『互換性』の欄を見れば分かるので、そちらをご確認下さい。

次に使用時の注意ですが、ARKitを使ったARアプリは、とにかくバッテリーの消費量が多いです!まぁ〜これは私の使用端末が、ARKitサポート端末の中で一番スペックが低いiPhone 6sだからと言うのもあるかもしれませんが、実際計測した訳ではないですが、だいたい1・2分使用してると10%くらい減る事があるので、外出先で試す場合は、モバイルバッテリーが必須だと思います!

あとこれも私の使用端末が6sだからかもしれませんが、結構iPhone本体が熱を持ちます。特にそれでどうと言うことはないのですが、気になる方は気になると思います。

最後に使用する際は、ある程度の空間的余裕が必要です。どらくらいの空間的余裕が必要かはアプリによって違うと思いますが、地面に何かを表示するアプリの場合は、畳(たたみ)で言うと少なくとも2〜3畳くらいの何も置いてない空間があったら、それなりに楽しめるのではないかと… 思います。

またどのアプリもカメラで平面(床面)測定するので、ある程度明るい場所でないと測定できないので、出来るだけ明るい場所で使用して下さい。(*^^*)


1. テーブルの上でも街角でも、どこでもバスケットボールが楽しめる「AR Sports Basketball」


まずはミニゲームを1つ紹介!テーブルの上でも街角でも、どこでもバスケットボール・ゴールをARで表示し、シュート・ゲームが楽しめるアプリ「AR Sports Basketball」。似た様なアプリは複数出ていますが、これが一番楽しめました!(*^^*)

AR Sports Basketball:App Store



公式PR動画↓


このアプリ以外もそうですが、ARを使ったゲームは基本的にそうでないゲーム(ARでなく普通のゲーム)と比べると、ゲーム性は低いかもしれませんが、私はゲームを普段まったくやらないのですが、むしろそう言う人の方が、こう言ったゲームは楽しめるんじゃないかと。(*^^*)


2. VR空間も楽しめる、『不思議の国のアリス』をモチーフにしたゲーム「不思議の国のアリス」


不思議の国のアリス』をモチーフにしたゲーム。私が試した最新のバージョン(1.6)では、まだステージが1つしかなく、その中で3つくらいしかクエストがないのですが、個々のクエストもよくできてると思いますし、よく考えて作り込まれた世界観のあるゲームだと思うので、お薦めです!(*^^*)

不思議の国のアリス. 拡張現実 (AR). アドベンチャー:App Store

ちなみに後半はVR空間(※下の動画)も楽しめるので、その点もお薦め理由の1つです。

ちなみにVRに関して言えば、iOS 11のマップアプリの「Flyover」機能(バードアイ目線で観光名所が見られる機能)が使える都市では、以下の動画のようにVRモードが使えます。こちらも結構楽しめるかと。(*^^*)



3. ゾンビを倒しながら英単語を覚える(?)「ゾンビ単AR」


ゾンビを倒しながら英単語クイズに答えていくゲーム「ゾンビ単AR」。英単語クイズに回答しながら、ゾンビが投げてくるものを破壊して当たるのを防いだり、コインをゲットしたりしていくので、結構忙しないです。これで英単語を覚えられる…かどうかは分かりませんが、ゲーム自体はそれなりに面白いので、興味のある方はやってみてはいかがでしょう?(*^^*)

ゾンビ単AR -英単語ゲーム-AR版:App Store



リリース前に公開された公式告知動画↓



4. 計算ゲームが楽しめる「算数忍者AR」


最後に紹介するのは、計算ゲームが楽しめる「算数忍者AR」。以前のバージョンではステージの大きさが変更できず、どちらかと言うとiPadなどの画面の大きい端末向きの様に感じられましたが、最新のバージョン(1.1)ではステージの大きさが変更できるようになったので、iPhoneでも楽しめるようになりました。(*^^*)

算数忍者AR:App Store

また問題のレベルも3段階から選べるようになり、『むずかしい』を選択すると、大人でもそれなり楽しめるくらいの問題となってました。


ちなみに同じ会社が作ったARを使用してない同名タイトルのゲームも、複数あります。

算数忍者〜たし算ひき算〜ゲームで足し引きが好きになる!:App Store
算数忍者〜九九の巻〜ゲームで九九が好きになる!:App Store
算数忍者〜10まで数えよう〜:App Store


関連リンク


最後にこの記事に関連するリンクを以下にまとめたので、こちらも興味があれば、見てみて下さい。(*^^*)


【関連リンク】
iOS11ですぐに試せるARKitアプリ6選:TechCrunch Japan
バーチャル感が楽しい! iPhoneで試したくなるARアプリ5選:&GP
「iOS 11」ですぐに試せる、「ARKit」対応おすすめアプリ23選:CNET Japan
iOS11で遊びたいARおすすめゲーム10選。ARKitでARブームがくるか?:Appliv
iPhoneで使えるおすすめARアプリ10選。ものさしも、お絵かきも、人体模型も:Appliv
AR始まった! iPhoneやiPadで今すぐ試せるオススメARアプリ11選:VR Watch
iOS11からの新機能ARのすごさがわかるオススメのARゲーム5選:ファミ通App

【関連記事】
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その1:実用的事例 : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その2:ゲーム編 : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その3:ゲーム以外のエンターテイメント : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その4:VR編 : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」対応のお薦め無料ARアプリ その1 : Kyu3’s Blog

【参照リンク】
Apple、iOS 11やmacOS High Sierraの詳細技術を公開(制限事項含む):Macお宝鑑定団 blog
【悲報】ARKit非対応のiOS 11搭載端末で「ARアプリ」を開くとやばいことに…:カミアプ
「iOS 11」の「マップ」アプリはVRモードを搭載 ー 歩くことで都市の上空を動き回れるように:気になる、記になる…


【追記(2017年10月24日)】


ARKitサポート端末の情報に「iPod Touch」の状況を追記しました。


【追記(2017年10月28日)】


本文にいくつか修正&追記しました。