小牧市長選挙に立候補を表明してる弁護士の上禰幹也(じょうね みきや)さんのInstagramを見ていると、市民が自ら進んで上禰さんを応援しよう後援会を作っていると感じられます。上禰さんの地元の上末地区に続き、北外山地区など各地域で後援会が作られてるとのこと。本当に"草の根レベル"で、市民の支援の輪が広がってるのを感じます。

じょうね 幹也さん:Instagram

View this post on Instagram

じょうね幹也です。  さて、私の地元陶地区において、じょうね幹也後援会の陶支部をご結成いただき、陶支部の顧問をお引き受けいただいた鈴木明さん、陶支部の支部長の落合勝之さんをはじめ、世話人のお引き受けいただいた皆さまのご参加をいただいて、本日、じょうね幹也陶支部の世話人の初回顔合わせ会を開催いたしました。地元陶地区から応援の声をあげていただけるのは本当にありがたく心強い話です。 今日で、11月も終わりです。政治活動に専念させていただいた1か月でしたが、振り返ってみると、多くの人との出会いに恵まれ、応援の声に励まされた日々でした。明日から12月ということで、さらにギアを入れ替えてあと2か月頑張って行きたいと思います。

じょうね 幹也さん(@jyoune_mikiya)がシェアした投稿 -


View this post on Instagram

じょうね幹也です。 さて、FACEBOOK・インスタグラムの投稿は1日空いてしまいましたが、朝活動は、継続して行っております。 昨日の朝は、小牧駅であいさつ活動をさせていただき、本日は、朝7時より、小牧市内の企業の朝礼の場に呼んでいただき、あいさつをさせていただきました。 こうした朝礼の場に呼んでいただけるのは、本当にありがたいことです。喜んでお伺いさせていただきますので、ぜひお気軽にお声がけください!  また、じょうね幹也後援会の北外山支部をご結成いただくこととなり、世話人のお引き受けいただいた皆さまのご参加をいただいて、本日、じょうね幹也北外山支部の世話人の顔合わせ会を開催し、世話人の皆さまに私の決意をお伝えするとともに、座談会をさせていただきました。 先日投稿させていただいた陶支部をはじめ、現在、各地域でじょうね幹也後援会の支部を作っていただいております。各地域ごとに、私を支えていただける方がいらっしゃるのは本当に心強いですし、地域ごとに色々お話を伺わせていただくことで、地域ごとの特質や課題に対する理解が日々深くなっていくのを実感しております。こうした輪をどんどん広げていけたらと思います。

じょうね 幹也さん(@jyoune_mikiya)がシェアした投稿 -


それに対し小牧市長 山下史守朗(以下『史守朗』を『しずお』と表記)は、権力を悪用し「後援会を作らないなら、陳情に応じない」と言うやり方で、市民に後援会を作らせているとのこと。

元・市議会議員 竹内さとみさんのツイート↓

本当悪質ですね。今問題となってる公職選挙法違反の違法ビラも、こう言った人たちに無理やり配らせてるのかもしれません。

山下しずおが小牧市長選挙公示前に違法な選挙活動!?(追記あり) : Kyu3’s Blog
山下しずおが小牧市長選挙公示前に違法な選挙活動!? - Togetter


また市議会議員に対しても、同じ様に圧力をかけているそうです。予算に反対したり政策に反対したら、その議員の地元の要望(陳情)を却下してるとのこと。


ちなみに「パブコメ完全無視」「不正な巨額見積もり」「3件の予定価格漏えい(官製談合)」「市長自らの指示による漏えい隠ぺい」「市職員による公文書偽造」等々、数多くの問題が指摘されてる小牧市こども未来館建設問題で、以前市の弁解文書を事前に配布したことが発覚し問題となりましたが、その際も当然予算に賛成しなかった議員には配布しなかったとのこと。


小牧市長 山下しずお が怪文書で癒着市議たちに指示!?【小牧市立図書館・こども未来館・子育て包括支援センター問題】(追記あり) : Kyu3’s Blog
小牧市こども未来館問題弁解文書で公然と嘘!【山下しずおとアール・アイ・エー問題】(追記あり) : Kyu3’s Blog

また最新の市の広報誌『広報こまき 1月15日号』では、私物化も甚だしい自身の宣伝活動を行ってるようですし。それに昨年(2018年)の『広報こまき 11月15日号』では、小牧市こども未来館の問題が大きくなってきたので、突然「市の財政は健全!」などと、これまたウソ(※こちらの記事にも書きましたが、わざと数字をいじったり等々されてますし、それにそもそも小牧市民病院の建設だけでも約216億円住民投票で否決されたにも関わらず進める小牧駅前A街区図書館が43億円こども未来館が22億円なので、仮に100億借金減らしたとしても、181億円以上借金が増えるのは明らかです)が、書かれた特集記事を載せさせていますし。



さらに2015年の住民投票の時も、ツタヤ図書館建設の都合良い内容を載せた内容を『広報こまき』に繰り返し載せましたし、選挙公報にも同じ内容を載せて問題となりました。また説明会も一方的にツタヤ図書館の良いところを説明すると言う露骨に偏ったものでしたし。

ツタヤ図書館の建設に都合の良い内容だけを載せて問題となった『広報こまき 2015年9月1日号』(※PDF)
ツタヤ図書館の建設に都合の良い内容だけを載せて問題となった『広報こまき 2015年10月1日号』(※PDF)

山下市長なりふり構わず 市広報10/1号にも掲載:小牧の図書館を考える会
公費を使って建設すすめる「公報」全戸配布:小牧の図書館を考える会
小牧市新図書館:広報紙「中立性欠く」住民監査請求、経費返還求める:毎日新聞
小牧新図書館:「市説明、中立保てぬ」説明会初日150人:毎日新聞・・・この記事自体はすでに削除されてるので、リンク先は魚拓サイトです。

こんなに露骨に権力を悪用する人物に、市長を続けさせて良いのでしょうか?小牧市民の皆さん、本当よく考えるべきだと思います。


【関連記事】
山下史守朗(しずお)に小牧市長を続けさせて良いのでしょうか? : 桃花台新聞 2.0・・・前回(2015年)の市長選の時に書いた記事。
山下しずおが小牧市長選挙公示前に違法な選挙活動!?(追記あり) : Kyu3’s Blog
反省ゼロ!小牧市長山下しずおが新聞やラジオを作って厚顔無恥な宣伝実施!!第三者委員会も茶番化の可能性大!!! : Kyu3’s Blog
小牧市こども未来館問題弁解文書で公然と嘘!【山下しずおとアール・アイ・エー問題】(追記あり) : Kyu3’s Blog
小牧市こども未来館パブコメ結果を市民に知られないために、広報誌に詳細掲載せず!!【山下しずお悪政問題】 : Kyu3’s Blog
繰り返される情報隠蔽!2年前と変わらない山下しずおと小牧市教育委員会の悪質性(小牧図書館戦争) : Kyu3’s Blog


【追記(2019年1月28日)】


ここに書かれてる内容が事実であることがまた裏付けられる出来事がありました。山下しずお小牧市長が今度は市職員に対し「市長選の推薦をもらえなければ、市職員の手当を減らす!」と脅し、名古屋地方検察庁に公職選挙法違反で訴えられたとのこと!

山下しずお小牧市長が「推薦しなければ手当減らす!」と市職員を脅迫!?地方検察に訴えられる!(追記あり) : Kyu3’s Blog

元・市議会議員 竹内さとみさんのツイート↓


権力を悪用して自分の都合の良いように人を動かそうとする山下しずお、本当悪質だなぁ〜と!小牧市民の皆さん、本当にこんな人物にまた4年も市長を続けさせるべきだと思いますか?

ちなみに「小牧市政をかえる会」にも、市職員の方と見られるFAXが届いたそうで、その内容もかなり興味深いです!市役所内のひどい現状や山下市長がどの様にして票を集めてるのか、権力を得ているのかが、なまなましく描かれてます。小牧市民の皆さん、是非読んでみて下さい。なお添付画像の文字がFAXの印字の関係で(?)非常に見づらくなっていたので、ツイートの下にテキスト化したものを掲載しています。

「小牧市政をかえる会」玉置さんのツイート↓

小牧市政をかえる会 様

拝啓

現在の山下市長の強権的かつ独断的な市政運営に対して、市民に日常では知りえない情報を提供していただくとともに、その歪んた市政の是正に勤める活動に感謝申し上げます。

小牧市の発展と市民生活の向上のためなどと詭弁を用いながら、実態は自らの選挙対策を目的とし、民意を軽視した政策の強硬と税金の無駄遣い、またこれらに関わる様々な疑惑に対しての開き直り、今小牧市は市制施行以来最大の危機に瀕していると言っても過言ではありません。これらを正しい市民本位の市政に取り戻そうとする貴団体の活動を強く支持します。

山下市政のこの2期8年の間に小牧市は様々な弊害が生じています。多くは貴団体により明らかにされていますが、一つに山下市長の感化を受けた一部の市職員のモラルハザードの問題があります。

もちろん多くの職員は市と市民のために課せられた職務を真摯に取り組む有能で真面目な職員です。しかし現市長の強引な市政市長に感化され、それを見習うべきリーダーシップの在り方とご開始、強権的で独善的な態度をとる一部の幹部職員が存在し、善良で立場の弱い職員に鞭を打ち苦しめ、職場の雰囲気似を悪化させ、職務効率を低下させるという実情があるように見受けられます。

昨年発生した、市職員の自殺はその職務態様、人間関係の因果関係については調査中であるため、現時点では明確には断定することはできませんが、市役所内においては、一部の幹部職員によるパワハラまがいの激しい言動や職務の押しつけ、責任の放置や転嫁で精神的苦痛を受ける職員がいるようです。

また、昨年度山下市長の肝いりで発足させた、ある外部団体においては、市から派遣された現役幹部職員が市長との繋がりと威光をを背景に独善的な組織運営を行っているようです。学校が休みである土日にこの幹部は自分の子供を自ら勤務する事務所(託児所ではなく)に連れて来て放置し、そこで働いてる職員のパソコンに悪戯したり、事務室を走り回ったりして、多くの職員が困惑していたこともありました、。他の職員はその幹部に直接物言いをすることもできなかったようです。現在でもその幹部の子どもが学校で書いた習字等の作品を、大勢の職員が勤務する事務室の壁に自慢げに貼っています。組織の私物化の最たるものと言わざるを得ません。

この外部団体は文化事業を主る組織ではありますが、実態は現市長の有力な後援団体であり集票マシンでもある。文化関連団体に対する利益還元組織であり、市の予算を使った様々な文化事業予算をこれらの団体に配分することで見返りとして現市長の選挙においては強力に行動します。私達の税金である市の予算を使った選挙対策にほかなりません。(これは現市長の出身地域であり自らの選挙基盤である小牧駅西を中心とした市街地域の過剰とも言えるハコ物等の設備投資に共通するものがあります。その幹部も職務上の立場と繋がりを利用し、これら文化団体に現市長に対する支援の働きかけを行っているようでうす。これは現市長の感化を受けた少数の幹部職員のモラルハザードの典型例ではありますが、そうした幹部を重用し、増長させている市長に最大の責任があります。本来であるならば、市長は市職員に対して常に市民の模範となるよう、公務員としての道義、道徳の維持または向上を、重要施策にならぶ大きな目標に掲げ、幹部を始めとする多くの職員を指導監督し、直接多くの市民に成果至上主義で手法や過程等の適正を意にかいさない現市長は、そうした責務を放棄しているばかりか逆に評価し重用しているため、現市長の強権的かつ独善的な手法に幹部職員が徐々に増加し、その結果として、職員のモラルハザードが蔓延し、それが善良な職員に拡散されていく。そして立場の弱い職員がますます苦しみ、職場の規律と職員の優れた能力を蝕んでいく、そして小牧市と市民生活にすぐには回復できないほどの悪影響を与えるのではないかと大変懸念しています。これらの悪弊を招いた山下市長の交代を強く望んでいます。

山下市長の退陣を望む市民より。

敬具

※.改行を一部調整しています


【関連記事】
連合愛知と小牧市職員組合、山下市長推薦せず!職員脅迫問題が影響か!? : Kyu3’s Blog