今回は Hulu で見たお薦め作品について、記事を書こうと思います。

1. レヴェリー 仮想世界の交渉人


まず最初に紹介する作品は『レヴェリー 仮想世界の交渉人』。ユーザーが思い描いた仮想世界(ヴァーチャル空間、VR)で、ユーザーが望む体験ができる仮想世界体験システム「レヴェリー」。しかしシステム側がユーザーを仮想世界から現実世界に連れ戻すことはできず、ユーザーが自分の意思で仮想世界から戻らないと言けないと言う飛んでも仕様のため、仮想世界に留まり続ける人が次々と現れ、問題となります。そこで主人公の悲しい過去を背負った元・交渉人の女性が、仮想世界からユーザーを現実世界に連れて帰ると言うストーリー。

「主人公が仮想世界(ヴァーチャル空間)に留まり続ける人たちを現実世界に連れ戻す」と言うコンセプト自体は悪くないと思うのですが、上記の「ユーザーが自分の意思で戻らない限り戻れない」と言う飛んでも仕様や、このシステムを体験するには謎の生物みたいなチップ(?)を血管に注射し、それが脳に到達して寄生するかのように脳に取り付く必要があるなど、このドラマのタイトルともなってる「レヴェリー」と言うシステムがあまりにリアリティのない非現実的システムで無理があるため、「SF」としてはかなりイマイチな作品だと思います。(^^;

しかし私個人としては割りと好きな作品でした。と言うのも、主人公がユーザーが仮想世界に留まり続ける理由を仮想世界に入ってユーザーと直接話したり、現実世界で調査したりして、最終的にはユーザーを説得して現実世界に連れ戻す(事件を解決する)と言う個々のストーリーは、私の好きな「一話完結ミステリー」と同じ。なので、ちょっと変わった「一話完結ミステリー」として見るなら、それなりに楽しめる作品だと思います。

ただやはり「レヴェリー」のあまりにリアリティのない非現実的システムなところが良くなかったのか、人気はあまりなかったようで、最終話は続きがありそうな感じで終わっていますが、ドラマ自体はシーズン1で終了とあいなりました。

【悲報】サラ・シャヒ主演『レヴェリー 仮想世界の交渉人』が打ち切りへ・・・:海外ドラマboard

ちなみにこのドラマ、1話は約43分で日本語吹き替えありです。

最後にもう一言。上記本文を書き終わってふっと思ったのですが、システム側でユーザーを現実に連れ戻す事ができない「レヴェリー」の設定、考えてみたらこれができるのであればそもそも交渉人なんて必要ない訳で…。そう考えるとこの無理がある設定も、ある意味しょうがないかなのかなと。いずれにせよ「痛し痒し」ですが。(^^;



【関連リンク】
ドラマ『レヴェリー』公式 Twitter
ドラマ『レヴェリー』公式 Facebook
Reverie (TV series):Wikipedia
Reverie (TV Series 2018– ):IMDb


2. TIMELESS タイムレス


次に紹介する作品は『TIMELESS タイムレス』。いわゆるタイムマシーンもの(タイムトラベルもの)で、大企業とアメリカ政府が密かに開発していたタイムマシーンが完成したものの、元スパイをしていた男性のグループに開発者ごと盗まれ、過去に逃げられてしまいます。そんな彼らを追うため、そして彼らに歴史を変えさせないため、タイムマシーン開発者の1人と軍人、そして女性歴史学者の3人が、予備のタイムマシーンを使ってタイムトラベルを繰り返します。さらに物語の途中から謎の組織の存在が浮上してきて…と言うストーリーです。

上記の『レヴェリー』ほどではないですが、この作品もリアリティと言う点で言えば「CPUで通信」と言った謎の言葉が登場するなど、違和感を覚える点がチラホラありました。しかしそう言うこと言い出すとタイムマシーン自体がそもそも謎技術によって作られた謎製品なので、その辺はフィクションとして気に留めないようにして見ていました。(^^;

ドラマとしての出来は悪くないと思います。よくあるタイムマシーンものだと悪いやつが歴史を書き換えようとするも主人公らによって食い止められると言う展開ですが、このドラマだと主人公らが食い止めようとするも食い止めきれず、歴史が次々と部分的に書き換えられていきます。時に全然違う人が実行した事になっていたり、現代にいたはずの人物がいなくなってしまったり等々。こう言う展開は結構個性的だなと思いました。

またタイムトラベルする先がアメリカ近現代史の有名な事件や人物が登場する日時場所なので、アメリカ近現代史に興味のある方にもお薦めです。私が一番面白いと感じた人物は『老人と海』などで知られるアメリカ文学の巨匠、アーネスト・ヘミングウェイ。かなりお茶目な人物として描かれていますが、実際こんな人物だったのかなと。あと『脱出王』の異名を持つマジシャン、ハリー・フーディーニ。彼もなかなか印象的な人物でした。(*^^*)

ちなみにこのドラマ、『レヴェリー』と違ってシーズン2も制作さられましたが、残念ながらシーズン2で打ち切られたそうです。ただしその後2部構成のファイナルエピソードがの制作が決定。英語版Wikipedia によると昨年(2018年)12月放送されたようです。

またまたカムバック! 2度打ち切られた『タイムレス』、2部構成のファイナルエピソードで終了へ!:海外ドラマNAVI
Timeless (TV series):Wikipedia

なお2019年7月現在、Hulu で配信されてるのはシーズン1(全16話)のみ。1話は約43分で、日本語吹き替えありです。



【関連リンク】
Timeless:NBC.com・・・制作局の公式ページ(※.英語)。
TIMELESS タイムレス:ソニー・ピクチャーズ・・・DVD販売用の番組公式ページ。
タイムレス:メ~テレ(名古屋テレビ)・・・地上波局の番組公式ページ。各話ごとの内容は、このページが一番分かりやすいと思います。
ドラマ『Timeless』公式Twitter
ドラマ『Timeless』公式Instagram
ドラマ『Timeless』公式Facebook
タイムレス (ドラマ):Wikipedia
Timeless (TV Series 2016–2018):IMDb