最近知って良いなと思った曲を紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

1. AmPm の「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」と「3AM」


最初に紹介するのは、謎の覆面日本人アーティストAmPm」(アムパム)の曲。彼ら自体は「2018年に Spotify で最も再生回数が多かった日本人アーティスト」として話題になった時に知り、以後定期的に聞いていたのですが、ふとまた聞きたくなって調べて知ったのが今回の2曲more feat. DedachiKenta & FUNTYME3AM。この曲に限らず、AmPm の曲はどれも心地よい曲ばかりですが、それに加えて PV も個性的!






【関連リンク】
AmPm(アムパム)公式ページ・・・各種 SNS へはこちらのページにリンクがあります。
AmPm 公式 YouTube チャンネル
AmPm の Spotify 公式ページ
AmPm の Apple Music 公式ページ


2. Superfruit の「Everything」


次に紹介する曲はSuperfruit」(スーパーフルーツ)Everything。この曲はたまたま入ったお店の BGM でかかっていて良い曲だなと思ったので、Shazam を起動し、ゲットしました。男性2人の声のハモりがとても心地良い楽曲です。





ちなみに今回調べたところ、YouTube の彼らの公式チャンネルのトップページには、2年前に日本を訪れた時に作られたと見られる動画が、掲載されていました。以下の動画がそれなのですが、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?(*^^*)



【関連リンク】
Superfruit Official Site
スーパーフルーツ:ソニーミュージック オフィシャルサイト
SUPERFRUIT の YouTube 公式チャンネル


3. Edwin Starr の「Twenty Five Miles」


最後に紹介するのはEdwin Starr」(エドウィン・スター)Twenty Five Miles。この曲は Netflix のオリジナルドラマ「セックス・エデュケーション」のシーズン2で知りました。

セックス・エデュケーション:Netflix

このドラマ、内容は私的にはまぁまぁと言ったところですが、BGM の選曲がすごく良いです。以前ブログ記事でも曲を紹介しましたが、最新のシーズン2でも数曲良いなと思える曲に出会えました。その中で一番良かったのが、この「Twenty Five Miles」。すごくノリが良いですし、何よりこの曲がかかる場面にすごくマッチしていました。





ちなみに Edwin Starr は1960〜70年代に活躍したアメリカのソウル・シンガー。彼の一番有名な曲は、ベトナム戦争の反戦歌としても知られる「War」(邦題は『黒い戦争』)です。たぶんこの曲は曲名は知らなくても、多くの人がテレビや映画等で聞いたことがあると思います。





【関連リンク】
エドウィン・スター:ソウル&ファンク大辞典
エドウィン・スター:Wikipedia

【関連記事】
Netflixオリジナルドラマで知って良いなと思った曲 5選 : Kyu3’s Blog
昨年(2017年)知って良いなと思った曲『Classic』『Down』『Fell It Still』ほか : Kyu3’s Blog