"タブをクリックすると最小化"の設定を有効化

Opera Wikiの「opera-config設定項目一覧」(設定ファイルエディタに関するページ)の中から"タブ"に関する設定項目を見ていたら、その中に「タブをクリックすると最小化」(Click To Minimize)と言う項目がありました。

opera-config設定項目一覧(Opera Wiki)
http://opera-wiki.com/opera-config設定項目一覧

「最小化?」・・・と、最初その意味も分からず、設定ファイルエディタの同項目にチェックを入れてタブをクリックしてみたら、ようやくその意味が分かりました。

この機能、ちょうどWindowsのウインドウに備わっている機能と同じです。ウインドウの場合右上にある「 _ 」ボタンをクリックすると、ウインドウ自体が消え、"タスクバーにしまわれる"(タスクバーにウインドウのタイトルだけが表示される)形になりますが、タブの場合、WEB表示内容が消え、タブだけがちょうどタスクバーに残るウインドウの痕跡のように残される形となります。

以下の画像は、1つのタブだけを表示させいた時にタブをクリックしてページ表示部分を最小化させたところを撮影した、スクリーンショットです。なお表示されているページは、Opera公式サイトです。

シングルタブでページを最小化
シングルタブでページを最小化 posted by (C)kyu3

Opera公式サイト
http://jp.opera.com/

ちなみにこの機能、[ツール > 設定 > 詳細設定 > タブ > 追加のタブオプション]で、設定する事もできます。

この機能、正直何の為に搭載されたのかよく分からない(使う場面が想像できない)のですが・・・(^^;
私は"タブからタブへの移動機能"として使っています。これがなかなか良い感じ♪と言うのも、タブを複数表示している時、離れたタブ間の表示の切り替えがとてもスムーズだからです。

例えば同時に4つのタブを表示させていたとします。左から順にそれぞれのタブのページ名を、「A」・「B」・「C」・「D」とします。以下のスクリーンショットで言うと、現在表示されているOpera公式サイトが「A」、その右隣りのタブが「B」。以下「C」・「D」と続きます。

Operaスキン「c00」(アイコンサイズ70%)
Operaスキン「c00」(アイコンサイズ70%) posted by (C)kyu3

"最初「A」(一番左端のタブのページ)を表示している状態で「D」(一番右端)を表示させ、また「A」に戻る"と言った手順を踏みたい場合、この設定を有効にしていないと、以下のようになります。
  1. 「D」のタブまでマウス・カーソルを移動
  2. 「D」のタブをクリック
  3. 「A」のタブまでマウス・カーソルを移動
  4. 「A」のタブをクリック
しかしこの設定(タブをクリックで最小化)を有効にしていると、以下のようにないます。
  1. 「D」のタブまでマウス・カーソルを移動
  2. 「D」のタブをクリック
  3. 「D」のタブを再度クリック
つまりこの設定を有効にしていると、1つ少ない手順で済みます。

私はブログを書く際など、複数のページを同時に表示させて作業する事が多いです。そのためタブの切り替えを頻繁に行ないます。なので、ちょっとした事ですが、この機能は手間を減らす事になるので、重宝しています。

カスタム・フルスクリーン表示に切り替えるボタンを設置

できるだけWEB表示領域を広げようとステータスバーを消したりアイコンサイズを縮小したり等々しているのですが、最近「これは良いな」と思ったものがあります。それは「Opera Browser Wiki」と言うサイトに置かれている、「カスタム・フルスクリーン表示」と言う表現がもっとも適切だと思いますが、単なるフルスクリーン表示に切り替えるのではなく、アドレスバーとタブバーなど、一部のツールバーだけ表示するフルスクリーン表示に切り替える"ボタン"です。

ドラッグアンドドロップで追加できるカスタムボタン集 > 全画面表示(Opera Browser Wiki)
http://operawiki.info/CustomButtonsJA#fullscreen

以前"F11"ボタンを押して使えるフルスクリーン表示で全てのツールバーを消した状態で作業していた事があるのですが、確かにWEB表示領域が広くなるのですが、どうも使いづらかったです。と言うのも、私はアドレスバーに沢山オリジナルボタンを追加しており、どうしてもそれを使う必要があったからです。
また一度フルスクリーン表示で1つのタブのみページを表示した後、このページを閉じると、なぜかアドレスバーだけが表示されます。「これは良いかも・・・」と思い、この状態で作業した事もあるのですが、タブがないとどうしても落ち着いて作業できませんでした。

そんな時見つけたのが、上記ページにあるボタンです。ちなみに私が使っているのは、『全画面表示 + scrollbars, address bar and page bar (top)』と言うボタンです。「page bar」と言うのは、Opera日本語版で言う「タブバー」に当たります。

以下のスクリーンショットは、現在の私の普通にパネルを消した状態のOperaを撮影したものです。

Opera公式サイトスクリーンショット
Opera公式サイトスクリーンショット posted by (C)kyu3

デフォルトのOpera(初めてインストールしたOpera)に比べるとメインメニュー(ウインドウの一番上に表示される「ファイル」、「編集」などのメニューがある部分)を消していますし、ステータスバーも非表示にしているので、それなりに広い事は広いのですが。ただもう少し広くしたいと言う思いがあります。(ちなみに解像度は"1280x800"です)
そこで上記のカスタムボタンでカスタムスクリーン表示に切り替えると、以下のようになります。

Opera公式サイトフルスクリーン表示:アドレスバーとタブバーあり
Opera公式サイトフルスクリーン表示:アドレスバーとタブバーあり posted by (C)kyu3

「単にWEB表示領域が広くなった」と言うだけでなく、Windowsのタスクバーと、ウインドウ最上部に通常ある閉じるボタンや現在表示しているページのタイトルが表示される部分が消えた事で、余計なものがなくなった感じがして、かなり作業に集中できるようになったと思います。
ちなみにこのページではスクロールバーが表示されていませんが、ページによってはスクールバーが表示される場合もあります。(ページに「スクロールバーを表示する」旨の指定がないと、表示されないのかも。)

このカスタム・フルスクリーン表示は、特に「ネットブック」や「UMPC」と呼ばれるような、最近流行りの小型ノートパソコンを使っている人にお薦めです。

PS:
先日「ネットブック(UMPC)向け」を謳う"広画面表示"モードを搭載した、国産ブラウザ「Lunascape」の新しいバージョンが公開されました。

「Lunascape 5.0 rc3」公開、ネットブック向け広画面モード搭載(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/03/22642.html

これは非常にうまいやり方だと思います。Operaも今回紹介したボタンを「"ネットブック・モード"の切り替えボタン」と称して、標準のOperaに搭載してみてはいかがでしょう?

ステータスバーを非表示化

最近Operaの表示領域を広げようと、色々試行錯誤していたのですが、どうも馴染めず・・・。例えばフルスクリーン表示にしてみたり、"表示 > ズーム"で「90%表示」(つまり"10%"小さく表示)にしてみたりしたのですが、最初は「良い感じだ♪」と思っても、しばらくすると結局元に戻してしまいました。なぜならどちらも表示が大きくなる代わりに、マイナス面があったからです。
フルスクリーン表示の場合は、確かに表示領域が大きいのですが、ツールバーやタブが表示されず、その点で操作がしづらくなります。「90%表示」の場合は、サイトによってかなり文字が小さくなってしまい、読みづらくなってしまう事も。
あとこれは両方に言える事なのですが、どちらも設定を保存しておく事ができず、毎回起動直後にそれぞれのモードに切り替えなければなりません。・・・と言ってもフルスクリーン表示の場合は「F11」、「90%表示」の場合は「-」(マイナスキー)を押すだけなのですが、毎回となると、少し面倒に感じます。 (^^;

そこでステータスバーを非表示にする事にしました。これが結構良い感じ♪以下がそのスクリーンショットです。

Operaスキン「c00」:スタートバー表示
Operaスキン「c00」:スタートバー表示 posted by (C)kyu3

Operaスキン「c00」:パネルあり
Operaスキン「c00」:パネルあり posted by (C)kyu3

以前の状態に比べて、更にすっきりとしたと思います。

もちろん表示領域もステータスバーの分、縦が広くなりました。:flirt:
また各パネルに切り替えるボタンをパネルの上に移動させた事で、パネルの幅も狭くする事ができたので、パネル表示時も表示領域の横幅にゆとりもできました。

PS:
実はこう言う風に変更したのは、以下のLunascapeの記事を見たからです。

「Lunascape 5.0 rc3」公開、ネットブック向け広画面モード搭載(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/03/22642.html

この記事のスクリーンショットを見て「結構良いなぁ・・・」と思い、ステータスバーを非表示にしようと考えました。

Operaも私が日本語フォーラムで提示したもののような独自のスキンを作るまではしないにせよ、Lunascapeのように「ネットブック向け」に表示領域を大きくしたバージョンをリリースしたら良いのではないかと・・・と思います。


追記:
今回のカスタマイズについて書き忘れた事があったので、追記します。それは各パネルに切り替えるボタンの事なのですが、以前パネルの左端に設置していた頃は、表示中のパネルの切り替えボタンを押す(例えばブックマークパネルを表示中に、ブックマークパネルの切り替えボタンを押す)と、切り替えボタン部分のツールバーを残して、それ以外は見えなくなってしまっっていました。これが結構煩わしかったです。
しかし切り替えボタンを上に設置した事でこの動作が機能しなくなり、表示中の切り替えボタンを押しても、そのままになるようになりました。ちょっとした事ですが、結構嬉しいです。

ボタンのアイコンサイズを70%に縮小

私はWindows Vistaと98でOperaを使っているのですが、Vistaの方はデイスプレイが横長で、解像度が"1280 x 800"。それに対し、98の方は"1024 x 768"で、少し画面が小さいです。Vistaを使うまでは特に98の方も解像度に不満はなかったのですが、最近は少し不満に感じるようになりました。その事もあって、メインメニューを消したり等々、なるべく表示領域を広げようと試みてきたのですが、いつ頃からあるのか分からないのですが、先日たまたまスキンを変更していて気づいたのが、「外観の設定」のスキン変更画面の右下にある『アイコンサイズ』と言う部分。これを変更する事でツールバーやパネルのボタンの大きさを変更する事ができるのですが、・・・それだけでなく、ボタンが小さくなった分、ツールバーの幅も狭くなります。つまりアイコンサイズを小さくする事で、Web表示部分を、わずかですが広くする事ができます。そこで98の方のOperaのアイコンサイズを、"70%"に設定してみました。以下はそのスクリーンショットです。

Operaアドレスバー部分表示
Operaアドレスバー部分表示(アイコンサイズ:100%) posted by (C)kyu3

Operaアドレスバー部分表示(アイコンサイズ70%)
Operaアドレスバー部分表示(アイコンサイズ:70%) posted by (C)kyu3

Operaスキン「c00」
Operaスキン「c00」(アイコンサイズ:100%) posted by (C)kyu3

Operaスキン「c00」(アイコンサイズ70%)
Operaスキン「c00」(アイコンサイズ:70%) posted by (C)kyu3

ちなみに、上2つの「アドレスバーの部分表示」のスクリーンショットは、"実寸"です。

まぁ「表示部分が広くなった」とは言え、おそらく数ピクセル程度。下2つのスクリーンショットは実際の大きさより縮小されているので、これで見ると本当によく見ないと分からないくらいですが、・・・(^^;
実際は、結構広くなった感じがしました。「少しでも表示領域を広くしたい」と言う方は、やってみてはいかがでしょう?

PS:
Operaのスキンには、ボタンがかなり小さいものもあります。その中で「Netbook Vertical Tab Var」くらい小さいものの場合は、アイコンサイズを変更しても、ボタンの大きさは変わらないようです。いくつか試してみましたが、変わりませんでした。

Netbook Vertical Tab Var(Opera スキン)
http://my.opera.com/community/customize/skins/info/?id=8543

Operaのボタンの大きさに制限があるのか、それともスキンごとにボタンの大きさの下限が決められているのか、理由は分かりませんが・・・。

ドコモのLG電子製端末「L-01A」レビュー



近所のドコモショップで、LG電子のドコモ端末「L-01A」を触ってきました。今回はそのレビュー記事を書こうと思います。

<本体について>
・持ちやすいが、「ちょっと薄いかなぁ・・・」と言う印象。
・スライド部分はスムーズだが、「ちょっと軽快過ぎるかなぁ・・・」と言う印象。

<ディスプレイについて>
・傷つきにくい・・・らしい。

触った感触では、iPhoneと特に違いがあるようには感じられなかったのですが、『強化プラスチックを使用している』との事なので、iPhoneよりも傷つきにくい(?)のかも。

<タッチ操作について>
・反応が少し遅い。
・押すと反応がある(振動する)のは良いかも。
・決まった機能しか使えない。

「タッチ操作専用のメニューがあって、そのメニュー画面にある機能しか使えなかったのが残念」と言った印象。iモードなどでも使えれば、すごく便利だと思うのだけど・・・。
ちなみにタッチ操作が使える機能は、主にマルチメディア系。ワンセグ、ミュージック、写真(※閲覧のみ)、ドキュメント(※閲覧のみ)、ゲーム、路線図の計6つ。ミュージックとドキュメントはサンプルが保存されていなかったので使えませんでしたが、それ以外の機能は試してみました。

<ワンセグについて>
・受信映像は、アンテナを出せば良好。
・音声は最大にしても良く聞こえない。

映像は比較的綺麗だったと思います。ただ上にも書きましたが、音声を最大にしても良く聞こえず・・・。イヤホンだとよく聞こえるのかもしれませんが、もう少し大きい音が出ても良かったのではないかと。

<写真について>
・一覧から選ぶ時2度画像を触らなければならないのが、少し面倒。(?_?) ナゼ2回??
・画像をフル画面で表示した時に、次の画像を表示させようとすると、たまにものすごく遅い時がある。

<ゲームについて>
試しに"脳トレ"ゲームをやってみたのですが、動作はキビキビ。

<路線図について>
・表示が遅過ぎる。
・最新のデータと更新できないと、あまり意味がない。

主要都市の路線図が画像で保存されており、それを閲覧する仕組みみたいなのですが、画像のデータが大き過ぎるようで、拡大表示に非常に時間がかかり、正直まったく実用のレベルではないと思いました。

あと路線図はそんなに頻繁に変わるものではないので、これでも2・3年は使えると思いますが、できたら新しい路線図に簡単に更新でいると良いかなぁ・・・と思いました。
ただ考えてみたら、一般的に1つの携帯端末の利用期間は約2・3年だと思うので、「最新の路線図に更新できなくても、新しい端末に変えれば良い」と言う風に考えられなくもないので、更新できなくても良いと言えば良いのですが・・・。 (^^;

<メールについて>
・文字が見やすい。
・予測変換が秀逸♪

メール機能は、結構素晴らしいなと思いました。まず文字の"見やすさ"ですが、小さい方だけしか見ていませんが、それでも見にくくはありませんでした。また予測変換機能が秀逸♪精度が高いだけでなく、変換候補の並び順などもよく考えられているなと思いました。あと候補の数が多いのも、良い点だなと。

結論:
最後に結論ですが、特に操作がしにくかったとか、あるいは使いにくかった部分はほとんどなかったのですが、それぞれの機能にちょっとずつ不満な点があって、・・・全体的に見て、少し物足りない感じでした。

L-01A(NTTドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/l01a/

L-01A(LG電子)
http://jp.lge.com/prodmodeldetail.do?actType=search&page=1&modelCategoryId=0501&categoryId=0501&parentId=05&modelCodeDisplay=L-01A&model=NOTHING
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)
  • 「アートアクアリウム展 2018」に行ってきましたぁ〜!(追記あり)