twitterfeedを使ったTwitter botの作り方

Twitterfeed:トップページのスクリーンショット
Twitterfeed:トップページのスクリーンショット posted by (C)kyu3

RSSフィードを Twitter などに投稿できるWEBサービス「twitterfeed」。このサービスを使った Twitter bot の作り方を、今回書こうと思います。なお予め bot として利用する Twitter アカウントを取得し、ログインしておいて下さい。
(※Twitterfeed は、2016年10月にサービスを終了しました。)

<目次>
1.アカウント取得と"Open ID"によるサインイン
2.フィードの登録と設定
3.Twitter アカウントの登録と認証作業
4.フィード配信方法の編集や配信停止、フィードの削除
5.Tips


1.アカウント取得と"Open ID"によるサインイン

twittereed の新規アカウントの取得方法は、普通のWEBサービスと同じで"ユーザーネーム"や"個人情報"などを登録する方法と、「Open ID」を使った方法の2種類あります。前者は先の記述にもありますが、他の普通のWEBサービスと同じなので説明を省略し、後者(Open ID)を使った方法について記述しようと思います。

その前に、日本人の利用者が多い Open ID に対応したサービスを挙げると、「Google アカウント」(Gmail や Google カレンダーなど)や「Flickr」、「Blogger」などが挙げられます。これらのアカウントを持っていれば、twitterfeed のアカウントをすぐに取得できます。
一方「Yahoo! Japan」や「livedoor」も Open ID に対応していますが、これらの場合は予め、専用の Open ID を取得する必要があります。詳しくは以下のページをご覧下さい。
OpenIDとは? - Yahoo! JAPAN
http://openid.yahoo.co.jp/

livedoor Auth OpenID
http://auth.livedoor.com/openid/

それでは本題に戻して、twitterfeed のアカウント取得方法について、記述します。
twitterfeed のトップ画面↓
twitterfeed

Open ID を使ってアカウントを取得するには、トップページ左下の「ログイン」ボタンの下にある『Sign In with Open ID』をクリックします。すると、以下のようなポップアップが表示されるので、Google アカウントを用いる場合は「Google」ボタンを、Flickr アカウントを用いる場合は「Flickr」ボタンを、Yahoo! Japan および livedoor の Open ID を用いる場合は、右下の「Open ID」ボタンをクリックします。

『Sign In with Open ID』クリックで表示されるポップアップ↓
twitterfeed(Open ID)

すると Google アカウントなら Google の認証ページが表示されるので、そこで認証作業(パスワードの入力等)を行います。これは Flickr や Blogger でも同じだと思います。
一方 Yahoo! Japan と livedoor の場合は、新たに Open ID を入力する画面がポップアップ内に表示されるので、そこに Open ID を入力し、「Sign In」ボタンをクリックします。すると、それぞれのWEBサービス(Yahoo! Japan なら Yahoo! Japan)の認証ページに移動するので、そこで認証作業を行います。

以下の画像は、Google アカウントでアカウントを取得した場合に表示される画面です。

Google アカウントでアカウントを取得しようとした時に表示される画面↓
twitterfeed(Open ID、Google)

なお認証作業がうまく行き、アカウントが取得できると、すぐに配信するフィードの登録ページが表示されます。

あと上記のアカウント取得手順と、2回目以降に twitterfeed にログイン(サインイン)する方法は、まったく同じです。


2.フィードの登録と設定

フィード登録画面↓
twitterfeed(Edit Feed)

アカウントを取得すると、まずフィード登録画面(上の画像)が表示されます。ここでは、フィード名(『Feed Name』)とRSSなどのフィード(『RSS Feed URL』)を登録します。なおフィード名はあくまで"管理用"なので、ここに書き込んだ内容が、Twitter bot に投稿される訳ではありません。また文字数に制限があります。
あとフィードURLを入力した状態で入力欄右側にある『test rss feed』ボタンをクリックすると、そのフィードが受信可能かどうかチェックできます。また『Active』のチェックを外すと、bot への配信が行われなくなります。

ここで一旦話をフィードの登録から、"配信しているフィードの管理"に変更しますが・・・twitterfeed では、フィードの管理画面の事を「Dashboard」と呼んでいます。上記のフィード名とは、この画面の時に表示されるものです。以下は Dashboard のスクリーンショットです。

フィード管理画面「Dashboar」↓
twitterfeed(Dashboard)

ちなみに2回目以降にログイン(サインイン)した時に表示されるのも、この Dashboard です。

また話をフィード登録画面に戻します。フィード名とフィードURLを登録して、ページ下部の『Continue to Step 2』をクリックすると、配信する Twitter bot アカウントの登録・認証作業へと移ります。

ただし実際 Twitter bot に投稿される数やその内容は、以下のようになります。

  1. フィードのチェック(更新確認)は、1時間に1回行われる。
  2. Twitter に投稿されるのは、「1」のチェックで確認したものの中で、最新のもの1つのみである。※a
  3. Twitter への投稿内容は、『タイトル + 本文のうちの最初の数行 + ページURL』。
  4. 「3」の投稿内容のうち、「ページURL」は Bit.ly で短縮される。

※a.例えばブログ記事を登録し、更新フィードに"3つの記事"があった場合、もっとも最新の記事(時間的にもっとも後に書かれた記事)だけが投稿されます。

上記の内容で構わない場合は、そのまま『Continue to Step 2』をクリックして下さい。しかしそうでない場合は、ページ下部の『Advanced Settings』をクリックして下さい。すると詳細設定画面が表示されるので、そこで上記の配信条件等々が変更できます。

詳細設定画面「Advanced Settings」↓
twitterfeed(Edit Feed、Advanced Setting)

詳細設定画面では、以下の項目が変更・設定できます。

  1. Check for new posts:更新確認頻度。頻度は30分~24時間おきまで。
  2. post up to ~ new update(s) at a time:投稿される記事数。1回の更新確認につき1~5個。
  3. Post Content Include:投稿内容。選択できるのは、「記事タイトルのみ」・「記事タイトルと本文数行」・「本文数行」の3つ。
  4. Post Link:投稿内容にリンクを含めるかどうか。
  5. Shorten link through:「4」にチェックを入れていると、投稿される記事のリンクを短縮するURL短縮サービスが選択できる。Bit.ly のアカウントを持っていると、更に細かな設定が可能。
  6. Post Sorting:更新確認の仕方(?)。「pubDate」と「GUID」の2種類から選択可能。※b
  7. Post Prefix:投稿内容の文頭に付ける文字列の設定。例えばブログの記事を配信する時この欄に「ブログの更新です:」と言う文字列を入力・設定しておくと、Twitter bot に「ブログの更新です:"記事タイトル" + "本文の一部" + "記事URL"」と言った具合に投稿されます。上限は20文字まで。※c
  8. Post Suffix:投稿内容の文末に付ける文字列の設定。上限は20文字まで。※c
  9. Keyword Filter:フィードのタイトルや本文内に特定のキーワードが含まれた時のみ、投稿するように設定できます。なお複数のキーワードを設定する場合は、半角スペースで区切って下さい。

※b.「pubDate」は、日付けや時間などのデータから更新確認を行う方式のようです。初期設定は「pubDate」になっています。よく分からない人は、この設定は変更しない方が良いです。
※c.ただし全角の文字数が多いと、文字化けする事があるようです。(以下 Tips 参照)


3.Twitter アカウントの登録と認証作業

フィード登録後、ページ下部の『Continue to Step 2』をクリックすると、どのサービスに配信するか設定する画面が表示されます。設定できるサービスは、Twitter の他に「Facebook」や「Laconica」などがあります。今回は Twitter に配信するので、ここでは「Twitter」を選択して下さい。すると、以下の画面が表示されます。

配信先 Twitter アカウントの登録・認証画面↓
twitterfeed(New Twitter Service)

初めて登録する場合は、「Authenticate Twitter」ボタンを押します(※このボタンを押す前に、予め配信先となる Twitter アカウントにログインしておいて下さい)。すると Twitter の認証ページ(下の画像)へと移動するので、ここで「許可する」ボタンを押すと、Twitter側の登録サービス認証が完了し、配信可能となります。

Twitter 認証画面↓
Twitter(oAuth)

あとは twitterfeed の画面案内に従い、配信先 Twitter アカウントの登録・認証画面下部の「Create Service」ボタン → 確認画面下部の「All Done!」ボタンを押すと登録が完了。登録したフィードが Twitter アカウントに配信されるようになります。

なお、初めてでなく2個目以降のフィードの登録や、一度登録したフィードを再設定し直した時は、配信先 Twitter アカウントの登録・認証画面の『Authenticated Twitter Account』のプルダウンメニューの中から、配信する Twitter アカウントを選択(以後は1回目と同じ)する事で、配信先を登録する事ができます。


4.フィード配信方法の編集や配信停止、フィードの削除

2回目以降に twitterfeed にログインした場合は、「Dashboard」が表示されます。Dashboard では、新しいフィードの登録や既存のフィードの編集および配信停止、またはフィードの削除が実行できます。それぞれの方法は、以下の通りです。

4-a. 新規登録
フィードを新規登録するには、Dashboard 右上に表示される「Create New Feed」ボタンを押します。(※以後は上記の初めて登録した時と同じです。)

4-b. 配信方法の編集
既存の配信方法や配信先の Twitter アカウントを変更するには、それぞれのフィードの『edit』メニューをクリックします。(※以後は上記の初めて設定を編集した時と同じです。)

4-c. 配信の停止
登録したフィードの配信を停止するには、まずそれぞれのフィードの『edit』メニューをクリックします。次に表示されるフィード登録画面のフィードURL欄の下にある、「Active」のチェックを外します。そして「Continue to Step 2」ボタンをクリックし、以後はフィードを登録した時と同じように進んでいきます。

4-d.フィードの削除
登録したフィードを削除するには、まずそれぞれのフィードの『edit』メニューをクリックします。次に表示されるフィード登録画面の右下にある「Delete Feed」ボタンをクリックすると、削除する事ができます。


5.Tips

上記の内容以外で twitterfeed で Twitter bot をやる際に知いた方が良いと思う事を、以下にまとめました。なお下記の内容は、全て私の"経験則"です。そのため、必ずしも正しいとは言えないかもしれません。

  1. 時々配信されないフィードがある。
  2. 配信されるフィードの数は、少ない方が安定して配信される。
  3. 接頭語(Post Prefix)と接尾語(Post Suffix)の文字数制限の上限は、必ずしも正しくはない。

まず「1」についてですが、なぜか時々、特定のフィードが配信されない事があります。これは twitterfeed に問題があるのか、それとも登録しているサイトのフィードに問題があるのか、あるいは Twitter に問題があるのかは分かりません。そのため確実に配信しているかどうか、時々チェックした方が良いと思います。

次に「2」についてですが、現在私は twitterfeed を使った bot を、6つ運営しています。それらを比較すると、配信登録しているフィードの数が少ない方が、きちんと配信されているように思われます。つまり配信登録しているフィードが少ない方が、「1」のような事態が起きにくいようです。そこでもし登録しているフィードのうち、長い間更新されないものがあったら、その配信を停止(または登録を削除)した方が良いと思われます。
(ただどうしてもそのフィードを配信したいのであれば、例えば RSS リーダーに登録しておき、更新があった時だけ Twitter にログインし、手入力で投稿(配信)するのが良いのではないかと思います。)

最後に「3」についてですが、以下のスクリーンショットは、私が twitterfeed で配信している Twitter bot「名古屋市非公式bot」のツイートです。見て分かる通り、文頭の「名古屋開府400」の後が文字化けしています。

twitterfeedの接頭語で文字化け(拡大)


このツイートは「名古屋開府400年祭 公式ブログ」のフィードを配信したものなのですが、接頭語(Post Prefix)に『名古屋開府400年祭公式ブログ』、接尾語(Post Suffix)に『#nagoya400』と設定しました。いずれも上限の20文字を超えていないのですが、なぜか接頭語の後半部分が一部消えたうえ、一部文字化けしました。

色々原因を考えてみたのですが、・・・・・例えば「"20文字"と言うのは"半角20文字"なのではないか?」あるいは「接頭語と接尾語を足して20文字なのではないか?」あるいは「ブログの記事のタイトルと本文の一部が含まれており、それがかなりの文字数を占めてしまったのでこうなった」など・・・・・。しかしどれが正しいのか、あるいは他に原因があるのかは分かりませんでした。
しかしこの事から推測すると、接頭語および接尾語の文字数制限は、必ずしも上限20文字ではないようです。そのため、あまり長い文字数の接頭語(または接尾語)を設定しない方が良いと思われます。
※調べてみたところ、接頭語は日本語(全角)だと「6文字」までのようです。それ以上入力すると、文字化けするようです。ちなみに7文字目が半角だと、入力できるようです。

PS:
配信したいフィードが自分のブログであるならば、「twitbackr」と言うサービスもあります。こちらはブログの更新pingを使って更新を Twitter に投稿する方式です。


追記:
twitterfeed にフィードを登録しているところを撮影したデスクトップ・キャプチャー動画を、YouTube で見つけました。言葉は"英語"ですが、参考になると思います。




追記:
接頭語(Post Prefix)に関する記述を追記しました。


追記:
私が運営しているTwitter bot一覧ページを作りました。良かったら見てみて下さい。

Twitter botアカウント一覧
http://www.geocities.jp/iic_penguin/twitter_bot.html(※削除済み)


追記(2013/11/27):
私が運営していた Twitter bot の一覧ページを移動させたので、以下にリンクを掲載しておきます。なお現在は、全ての bot の更新・運営を、終了しています。

Kyu3's Twitter bot ポータル : Twitter bot一覧ページ

スピードダイヤルの背景画像を変更

Operaスピードダイヤル:荒野に花火
Operaスピードダイヤル:荒野に花火 posted by (C)kyu3

先日気分転換に、Operaのスピードダイヤルの背景画像を変更しました。上の画像がそのスクリーンショットです。どうでしょう?

ちなみに背景画像に使用したのは、先日Gizmodo Japanの記事で紹介されていた、壁紙サイトの以下のリンク先の画像です。

New Year by *nuaHs(deviantART)
http://nuahs.deviantart.com/art/New-Year-73459383

Opera 10.5 pre-alphaレビュー

去年(2009年)の年末クリスマス直前の12月22日、Opera 10.5 pre-alpha がリリースされました。

Opera 10.5 pre-alpha をリリースしました。(Choose Opera 日本支部)
http://my.opera.com/chooseopera-Japan/blog/2009/12/22/opera-10-5-pre-alpha

Opera 10.5 pre-alpha for Labs(Opera Labs)・・・ダウンロードページ
http://labs.opera.com/news/2009/12/22/

今回はそのレビュー記事を書こうと思います♪ :D

なお「10.5 pre-alpha」は、本来なら一般公開される前の段階のものです。なので、バグや不具合が結構ありますし、インストール・起動した際様々な問題が起こる可能性があります。そのためOperaもそうですが、他のソフトウェアやOSなどで問題が発生した場合、ある程度自分で対処できる方のみ、インストールして下さい。:wizard:

今回は「早さにこだわった!」と言うだけあって、起動も表示も動作も、とても高速です♪:yes:
私は、表示速度に定評がある「Chrome 4 beta」も使っているのですが、それと比べてもまったく遜色がありません。サイトによっては「10.5 pre-alpha」の方が、表示が早い事もあります。

その他に良かった点としては、以下の通りです。
  1. アドレスバーの入力時の表示が分かりやすい(ブックマークや履歴、ニックネームなどが区別されて表示される):yes:
  2. タブバーがChrome風で、表示領域が広い。
  3. 履歴が残らない「プライベート・ブラウジング機能」搭載。
  4. タブの移動やタブサムネイルがスムーズ。
  5. Flash動画の再生がスムーズ。
  6. ダイアログやアラート、プロンプトの表示がスムーズ!
  7. ダイアログやアラート、プロンプト、ページ内検索モードが格好良い♪:yes:
  8. pbtweetの表示がより作者の意図した通りになっていて、かつ高速。

ただ通常だったらまだ一般公開されない「pre-alpha」と言う事で、不具合もかなりありました。特にウィジェットはまったく機能しませんでしたし、スキンの変更でも問題が起きました。:wizard:

以下は今回体験した不具合の一覧です。
  1. ウィジェットがまったく使えない。
  2. スキンを「Windows Native」に変更してまた「Standard」に戻そうとすると、落ちる。
  3. 新規スキンをダウンロードすると、途中で落ちる。
  4. 一部機能しないUser JSがある。
  5. サイトごとの設定がダメっぽい。(~~;
  6. スピードダイヤルで一部サムネイルが取得できないサイトがある。
  7. テキストボックスで下矢印ボタンを押しメニューを表示させると、テキストエリア下ではなく左上にメニューが表示される。
  8. YouTubeの自分のチャンネル・ホームページで動画の映像だけが表示されない事がある(スクロールすると表示される事も)
  9. 検索バーで検索エンジンを切り替えても、検索バーのメニューが表示されたままで閉じない。
「1」のウィジェットについては、具体的にはインストールはできますが、その他には何もできません。本体の位置を動かす事もできませんし、閉じるボタンも機能しません。右クリックのメニューも表示されません。
なお起動してしまったウィジェットを終了させるには、Windowsの場合はタスクバー・右クリックで、終了させる事ができました。

「2」の User JS ですが、具体的には「GyaoYahoo_Douga.js」が機能しませんでした。逆に機能したのは、以下の User JS です。

その他に不具合ではないのですが、気になった点としては、以下の3つが気になりました。
  • 最初から Windows のメニューバーが表示されないようになっているが、初心者は少し戸惑うかも・・・。
  • 閉じたタブを開くボタンが"タブ状"のボタンになっているので、新規タブを開くボタンと間違えるのでは・・・。
  • 検索バーの検索エンジンの切り替えボタンが"虫めがね状"になっている点が、今までの"逆三角"ボタン(「▼」)と違うので、分かり難いかも・・・。

以下はこのブログ記事を書くにあたって作成した、「10.5 pre-alpha」のスクリーンショットです。

10.5 pre-alpha(パネルあり)
Opera 10.5 pre-alpha:パネルあり

アラート表示
Opera 10.5 pre-alpha:アラート(Twitter)

プライベート・ブラウジング機能
Opera 10.5 pre-alpha:Private Browsingウインドウ

ページ内検索モード
Opera 10.5 pre-alpha:ページ内検索

アドレスバー入力時
Opera 10.5 pre-alpha:アドレスバー入力(拡大)

最後に今回のまとめです。

正直つい最近まで、ブラウザの表示速度や動作スピードには、あまり関心がありませんでした。と言うのも、昨今ブラウザの表示速度がとてもフォーカスされていますが、それが10年くらい前の PC の "CPU 処理速度競争"みたいだったからです。本来スピードだけでなく使い勝手や様々な要素がその製品の良し悪しを決めるにも関わらず、速度だけに単純化して、本質を分かりにくくしていると感じていたからです。
しかし Chrome 4 beta を使うようになって、その考えは変わりました。確かに表示速度だけがブラウザの良し悪しではありませんが、「早いに越したことはない」と思うようになりました。

そんな中、今回の「10.5 pre-alpha」がリリースされました。なので表示や動作が早くなった事は、とても素晴らしい事だと思います。:wizard:
それに加え、かなり前ですが公式日本語フォーラムで要望した「プライベートブラウジング機能」などの新しい機能が搭載されたり、タブバーが Chrome 風になったりと、色々と良くなっている所がありました。またメインメニューを表示するボタンが Opera の「O」になっているのは、「私のブログを見て参考にしたのかなぁ・・・?」なんて。:D

PS:
「10.5 pre-alpha」について書かれたレビュー記事を見つけたので、下記に掲載しておきます。

Opera、Chromeを抜いて世界最速のブラウザへ(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/25/025/index.html

『Opera10.5(プレα版)』がJavaScript最速のブラウザに!(ライフハッカー)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/091225opera105javascript.html

Google Chrome 4 betaのエクステンション機能レビュー:その他

Twitter関連翻訳と検索関連天気予報とGmail関連マウスジェスチャー関連に続き、今回もGoogle Chrome 4 beta版のエクステンション機能について、書こうと思います。ちなみに今回は、先の枠組みに含まれなかった様々なエクステンションについてのレビュー記事です。

なおエクステンション機能そのものの簡単な説明を読みたい方は、Twitter関連の記事の最初の部分をご覧下さい。

AdBlock - 公式配布ページ
広告をブロックする(表示しないようにする)エクステンション。事前に登録されているものもあるので、何も設定しなくてもいくつか(例えばTwitter日本語版のホームページ右上に表示される画像)の広告はブロックされます。またブラックリスト方式で広告画像を登録したり、ホワイトリスト方式で特定のサイトでブロックが機能しないようにする事もできます。
ちなみにブラックリストに追加した広告画像は、他の人のブロック対象リストにも反映されるようです。

AutoCopy - 公式配布ページ
テキストを選択しただけでコピーできるようにするエクステンション。なおこのエクステンションは、エクステンション公式配布サイトおよびオプション設定画面では機能しません。

Chromepad - 公式配布ページ
ボタンをクリックすると表示されるテキストエリアに一時的にテキストを保管しておけるエクステンション。保管するには、テキストエリアに自分でコピー&ペーストします。

Chromeエクステンション:Chromepad(拡大)

設定できるのは"アイコンカラー"のみ。なお保管したテキストは、エクステンションを無効にしても Chrome を終了させても、テキストエリア内に保存されます。

使ってみた感想としては、Opera のメモ機能を使いこなしている私からすると「何とも中途半端なエクステンションだなぁ~」と思いました。と言うのも、Opera のような使い勝手が実現されていないからです。

例えばOperaのメモ機能だと、選択したテキストを"右クリック"や"キーボードショートカット"で、使いたいテキストエリアに追加(ペースト)する事ができますが、このエクステンションだとそれができません。使うには毎回コピーした後ボタンを押してテキストエリアを開いて、わざわざペーストしなければなりません。
また保管したテキストを使おうと思っても、Opera のように"右クリック"などでテキストエリアに追加する事もできず、その時も一度ボタンを押してテキストエリアを表示して、そこで必要な部分のテキストをコピーした後また使いたいテキストエリアにペーストしなければなりません。
更にフォルダを使った階層による管理もできません。
(ちなみに Opera だと、他の環境にインストールした Opera と、メモを同期する事もできます。)

Color Picker - 公式配布ページ
カラーピッカーエクステンション。画像編集ソフトなどでおなじみの"RGB"および"HGB"、またはパレット上で色を選択して16進数のカラーコードを抽出する事ができますし、その逆もできます。

Chromeエクステンション:Color Picker(拡大)

gPDF - 公式配布ページ
PDFファイルを Google ドキュメントビューアで開くようにするエクステンション。

Hatena Bookmark - 公式配布ページ
はてなブックマークの公式エクステンション。はてなブックマークに表示してるページを、コメント付きで登録したり、自身の登録したブックマークを検索したりできるそうです。

・・・なぜ「できるそうです」かと言うと、私ははてなブックマークは使ってないので、この機能を直に確認した訳ではないからです。悪しからず。(^^;> テヘッ

Chromeエクステンション:Hatena Bookmark(拡大)

ちなみに公式配布ページや下記の公式ブログには、このエクステンションの機能がキチンと記載されています。

はてなブックマーク Google Chrome 拡張のベータテストを開始します(はてなブックマーク日記)
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20091209/1260314705

上記の機能ははてなブックマークのアカウントを持っていないと使えませんが、以下の機能は持っていなくても使えます。
  • ブックマークされている数をボタンに表示
  • ブックマークした人のコメントを表示
  • 自分のブックマーク全体からの検索
  • Google の検索結果に表示されている各ページの右横に、そのWEBページがはてなブックマークに登録されていれば、登録されている数を表示。
Googleの検索結果↓
Chromeエクステンション:Hatena Bookmark(Google)

はてなブックマークを使っている人はもちろんですが、使ってなくても、「表示したページをブックマークした人のコメントが読みたい」と言う人には良いエクステンションだと思います。

IE Tab - 公式配布ページ
Internet Explorer(以下「IE」)の描画エンジンを使ってWEBサイトを表示する事ができるエクステンション。そのため Chorme に対応してない、Chrome では使えないWEBサービスでも、利用する事ができるようになります。
IE Tab を使ってページを開く方法は、開きたいページを表示してる時にツールバーのボタンを押すだけです。またIE Tab 表示中は、WEB表示領域の最上部に、専用のツールーバーが表示されます。

以下の画像は、IE Tab でGyao!のページを表示したところです。通常このページは Chrome では「対応ブラウザではない」として動画は再生されませんが、IE Tab を使って開くと再生されます。

Chromeエクステンション:IE Tab

ツールバーに搭載されている主な機能は、次の通りです。
  1. IE のインターネットオプション(設定画面)を呼び出す。※a
  2. 自動的に IE Tab で開くURLを指定。※b
  3. IE Tab で表示してるWEBページを開くブックマークボタンを、ブックマークバーに追加。
  4. 開発者(?)のこのエクステンションの解説ページを IE Tab で表示する。※c
※a.この設定は当然 IE の方にも反映されます。
※b.現在のバージョン(1.0.11208.1)では、うまく動作しないようです。
※c.表示されるWEBページの表記は"英語"です。

ちなみに「3」でブックマークバーに追加される際、「IE Tab」と言うフォルダに入った状態で追加されますが、このフォルダ以外にも移動する事ができます。

このエクステンション(IE Tab)は必ずしも必要なエクステンションではありませんが、インストールしておいて絶対損はないものだと思います。:wizard:
と言うのも、たいていのWEBサービスは、主要ブラウザである"IE"、もしくは"IEとFirefox(以下「FF」と表記)"にしか、対応をうたっていないものが多いです。ただその場合でもIE・FF以外ブラウザでも問題なく使える事がほとんどですが、しかし上記で紹介した「Gyao!」など、そもそもIE・FF以外のブラウザではサービスを利用できないようにしているWEBサービスも、いくつかあるので。

MeasureIt! - 公式配布ページ
マウスのドラック&ドロップで、指定した範囲の縦横の長さをピクセル単位で表示するエクステンション。なお測定する前に、ツールバーのボタンを押す必要があります。

Chromeエクステンション:MeasureIt!(拡大)

Mini Google Maps - 公式配布ページ
名前の通り、Google マップをポップアップに表示するエクステンション。地名検索で検索した場所を表示します。地図の大きさは、右下に表示される3種類の大きさを表すメニューの中から選択できます。左下の「Set my default location」をクリックすると、表示してる場所をデフォルト(最初に表示する位置)に設定する事ができます。

Chromeエクステンション:Mini Google Maps(拡大)

その他の機能は下記の通りです。
  • 経路検索※1
  • 航空写真および地形モードで地図を表示
※1.右上の「Get Directions」を押す事で切り替わります。

なお現行バージョン(1.0.2)では、「経路検索」がうまく動作しないようです。また Google ストリートビューには非対応です(表示できません)。

Chromeエクステンション:Mini Google Maps(航空写真、拡大)

Quick Extensions - 公式配布ページ
エクステンションの管理画面を表示するには、通常ツールバーの右側に位置する"レンチ"風のアイコンをクリックし、「拡張機能」を選択する必要があります。それをボタン・ワンクリックで新規タブに表示するエクステンション。機能はそれだけです。
ちなみに管理画面は、ブックマークバーに登録する事もできます。その場合はボタン・ワンクリックで、同じタブ内に表示されます。

Quick Tab - 公式配布ページ
タブ切り替え用のエクステンション。開いているWEBページのページタイトルをポップアップにリスト形式で表示し、タイトルを選択すると、そのページが表示されます。また左端のファビコン部分にマウスオーバーすると閉じるボタン(「x」)が表示され、クリックするとタブを閉じる事ができます。

Chromeエクステンション:Quick Tab(拡大)

公式配布サイトには、他にも同じ機能を持つエクステンションが複数公開されています。多少付帯機能に違いはあるものの、基本的にはまったく同じです。ボタンをクリックするとポップアップが表示され、ページタイトルを選択するとそのページを表示する事ができます。
その中でこのエクステンションを気に入った理由は、閉じるボタンが左端にある事です。他のエクステンション(私が試したのは「Tab Menu」と「Tab Switch Plus」と「VerticalTabs」の3つ)は、いずれも右端(上の画像で言うと、マウスカーソルのある場所のすぐ右横辺り)にありました。

Chromeエクステンション:Quick Tab(拡大、閉じる)

右端にあると邪魔なのは、ボタンをクリックしてポップアップを表示し、最短距離でマウスカーソルを移動させようとすると、右端にマウスカーソルを持ってくる事になります。しかしそこには「閉じる」ボタンがあるので、それがいつも邪魔だなと感じたからです。:(

RSS Subscription Extension - 公式配布ページ
表示しているページがRSSなどのフィードに対応していると、アドレスバーの右端にRSSマークが表示されるするようにエクステンション。RSSマークをクリックすると、そのサイトに設定されているフィードの一覧が表示されます。フィードを選択すると、そのフィードの内容が新規タブに表示されます。

Chromeエクステンション:RSS Subscription Extension(拡大)

フィードの内容が表示されるページには、そのフィードをWEB型フィードリーダーに登録する機能が、設置されています。選択できるサービスは、デフォルトでは「Google Reader」と「iGoogle」、「Bloglines」、「My Yahoo!」の4つ。なお登録できるサービスは、このページで追加や編集、削除する事もできます。

フィード内容の表示↓
Chromeエクステンション:RSS Subscription Extension(フィード)


Shortcut Manager - 公式配布ページ
Chrome のキーボードショートカットをカスタマイズできるエクステンション。作者が日本人のようで、公式配布ページには日本語の説明が書かれています。それがとても分かりやすいので下記に引用すると、

ブラウザのショートカットを自由に変更したり、Bookmarklet や Javascript にキーを割り当て実行することができます。ブラウザデフォルトの機能に加え「署名を挿入」「スクリーンキャプチャ」なども可能です。日本語のメニューに変更できます。

との事。

オプション設定画面↓
Chromeエクステンション:Shortcut Manager


選択できる動作の数も多く、使いこなせばかなり使い勝手を向上できると思いますが、インストールしてみたものの特に追加(あるいは変更)したいショートカットがなく、まだ使っていません。

Speed Dial - 公式配布ページ
Operaのスピードダイヤルと同じ機能を実現するエクステンション。このエクステンションを有効にすると、新規タブを開いた時表示されるのが、スピードダイヤルになります。

Chromeエクステンション:Speed Dial

スピードダイヤルに追加する方法は、追加したいページを表示した状態で、アドレスバー右端に表示されるこのエクステンションのボタンをクリック。表示されるメニューの中から「Add Current Page」を選択します。
ちなみにもう1つ表示されるメニュー(「Open」)を選択すると、スピードダイヤルが新規タブで表示されます。

最大で、"縦6 x 横8"の計"48個"のスピードダイヤルを追加する事ができます。また本家 Opera ではバージョン10からできるようになった背景画像の設定や、背景色の設定もできます。
ただし背景画像として選択できるのは、現在のバージョン(1.0.5)では、ネット上で公開されている画像に限ります。つまりローカルに保存されている画像は選択できません。
(ちなみにオプション設定画面の記載によると、「将来的にはローカルの画像も選択できるようにする」との事。)

その他の設定項目は、下記の通りです。
  • 検索ボックスの表示の有無
  • ブックマークバーに設置しているリンク等々の表示の有無
  • 最近閉じたページの表示の有無
  • 追加したスピードダイヤルの上にページタイトルを表示するか否か
  • オプションボタンの表示の有無
  • アドレスバーにボタンを表示するか否か
Chromeの新規タブは、よく使うページがサムネイルボタンとして表示されます。しかしユーザーとしては、必ずしもよく使うページを表示させたい訳ではないでしょう。また表示されるサムネイルボタンの数も、全部で"8個"しかありません。
そう言った点に不満がある方には、このエクステンションはお薦めです。:wizard: このエクステンションでは意図しないページは表示されませんし、ボタンの数も最大"48個"まで表示する事ができるからです。

Status-bar Calculator - 公式配布ページ
Chromeエクステンション:Status-bar Calculator(拡大)

ポップアップに計算機を表示するエクステンション。色々な計算機能を表示する事ができ、ポップアップ左下の「more」をクリックすると複雑で専門的な計算もできるようです。一応色々試してみましたが、設定の仕方や専門的な計算が、私にはよく分かりませんでした。:faint:


「more」を押した時の状態
Chromeエクステンション:Status-bar Calculator(more、拡大)


Wikipedia Adblock - 公式配布ページ
Wikipediaの最上部に表示される寄付を求める大きな広告をブロックする(表示しないようにする)エクステンション。

PS:
Google のエクステンション公式配布サイトでは、エクステンション(拡張機能)の他に、様々な外観テーマも配布されています。その中で先日良いなと思ったものを1つ紹介。それは「Google Chrome Dust Theme」です。非常に落ち着いた雰囲気で良い感じ♪
(ちなみに今回の記事のスクリーンショットは、いずれもこのスキンで撮影しました。)

それと上記の「IE Tab」のところで「IE・FF以外のブラウザではGyao!の動画が再生されない」と書きましたが、User JSを使ってOperaでも再生できるようにする方法はあります。

あと今までのChromeエクステンションレビュー記事にも掲載しましたが、Chromeエクステンションを沢山紹介している記事を、今回も下記に掲載しておきます。

Chromeで使えるエクステンション厳選25本!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/482/482116/

とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介(TechCrunch JAPAN)
http://jp.techcrunch.com/archives/2009120511-chrome-extensions-for-starters/

マウスジェスチャーも可能、Chrome Extensionsを使ってみた(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/news/200911/26/chrome.html

米Lifehackerオススメ、GoogleChrome拡張機能18選(ライフハッカー日本版)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/lifehackergooglechrome18.html

Google Chrome 拡張機能47個まとめ Google Chromeを壊してまで厳選(WEBマーケティング ブログ)
http://web-marketing.zako.org/web-tools/best-google-chrome-extensions.html

「Google Chrome」の拡張機能--便利な機能の数々を紹介:スペシャルレポート(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20405557,00.htm

Google Chrome 4 betaのエクステンション機能レビュー:マウスジェスチャー関連

Twitter関連翻訳と検索関連天気予報とGmail関連に続き、今回もGoogle Chrome 4 beta版のエクステンション機能について、書こうと思います。ちなみに今回は、"マウスジェスチャー"関連のエクステンションについてのレビュー記事です。

なおエクステンション機能そのものの簡単な説明を読みたい方は、Twitter関連の記事の最初の部分をご覧下さい。

あとマウスジェスチャー・エクステンションですが、Googleのエクステンション公式配布サイトとエクステンションの有効・無効切り替え画面、オプション設定画面では使えません。※1

※1.情報ソース:公式配布サイトのChrome Gesturesの「NOTE」参照(momdo_さん感謝)。

[ マウスジェスチャー・エクステンション ]

Chrome Gestures- 公式配布ページ
私は長年Opera(※Operaにはかなり昔からマウスジェスチャーが標準搭載されている)を使っているので、まず最初にインストールしたのが、実はこのエクステンションでした。

まず設定の事から書くと、設定項目や更新履歴のほとんどが、日本語化されています。そのため、英語が得意でない人でも、容易に設定できると思います。

ジェスチャーの設定方法は、とても秀逸♪ 既存のジェスチャーの場合は、「Actions」タブで使いたいジェスチャーの下に表示されているプルダウンメニューから、操作内容を指定する事ができます。新規でジェスチャーを追加する場合は、まず同じ「Actions」タブの「add new gestures」ボタンを押すと画面が少し黒くなるので、そこで自分が追加したいジェスチャーを実際やってます(例えば"上・右・下"と移動させるジェスチャーを追加したい場合、実際その通りに、右クリックしながらマウスを動かします)。その後既存と同じようにプルダウンメニューから、操作内容を選択します。これで設定が完了です。

ちなみに新規追加モードで既に設定されているジェスチャーをやると、そのジェスチャーの操作内容が上に表示されます。

以下は設定画面のスクリーンショットです。

基本設定画面(「Basics」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Basics)

ジェスチャーの設定画面(「Actions」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Actions)

ちなみに「Flipback」とは、マウスの"右ボタン"を押した状態で"左ボタン"を押すジェスチャー。「Flipforward」とは、マウスの"左ボタン"を押した状態で"右ボタン"を押すジェスチャーです。

新規ジェスチャー追加モード↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Actions、新規追加)

インポート・エクスポート設定画面(「Advanced」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Advanced)

更新履歴(「News」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、News)

作者の情報やバージョン情報等(「About」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、About)

その他の機能としては、ジェスチャーのデータのインポートやエクスポートもできるようです。

では実際の使用感ですが、Operaより反応がにぶい(ワンテンポ遅い)なと感じました。:worried: これはデフォルトで搭載されている機能(Opera)とエクステンションの違いなのか、はたまたエクステンション自体の問題なのかは分かりません。
ただし長年Operaでマウスジェスチャーを使っている人は不満に感じると思いますが、そうでない人は「こんなもんなんだろう」と思うのではないかと思うので、それ程問題にはならないのではないかと。

それよりも気になるのは、このエクステンションだと、時々ジェスチャーが機能しない(使えなくなる)事がある事です。
これはChromeがbeta版だからなのか、それともエクステンションのバグなのか、理由は分かりません。この点をなんとかしてもらえると、設定はとても秀逸なので、多くの人が安心して利用できる"定番"エクステンションになるのではないかと思います。

nkGestures- 公式配布ページ
Chrome Gesturesがうまく動作しなかったので悩んでいたところ、ASCII.jpの記事で紹介されていたのでインストール。記事にある通り確かに動作が安定していて、今のところ使えなくなるような事はほとんどありません。
またChrome Gesturesよりも若干反応が早いように感じられます(ただしOperaと比べると、少し鈍いです)。

設定の仕方はとても簡単です。:D ただし ASCII.jp の記事にもありますが、中国の方がこのエクステンションを作ったようで、オプション設定画面のデフォルトの表記は、"中国語"になっています。

Chromeエクステンション:nkGestures(設定画面、中国語)

かなり面食らうと思いますが、一番上の「Englis language」の部分にチェックを入れると英語に変わります。なので、中国語が分からない方は、まずはそれを実行して下さい。

英語表記に変更した設定画面↓
Chromeエクステンション:nkGestures(設定画面)

ちなみに「使用英文」のチェックを外すと、中国語表記に戻ります。

各ジェスチャーの設定の仕方は、とてもシンプルです。:D 予め動作内容が書かれている欄があるので、その欄に指定したいジェスチャーを表すテキストを入力します。例えば"上 → 下"と続くジェスチャーなら「UD」(「U」は「Up」(上)の「U」、「D」は「Down」(下)の「D」)と入力します。
その他に、右なら「R」、左なら「L」、あと右クリックを押したままマウスのスクロールボタンを動かし右クリックを離す動作「F」と「B」と言う動作割り当て文字などがあります
(※「F」は正面方向へホイールを動かす、「B」は背面(後ろ)方向にホイールを動かす)。

あとこのエクステンション(nkGestures)には、少し変わった機能(?)が搭載されています。普通 Chrome でタブを1つしか表示していない時そのタブを閉じると、Chrome のソフト自体が終了します。Chrome Getures でも1つしかないタブを閉じると、ソフト自体が終了します。しかしこのエクステンションだと、「新しいタブ」が表示されます。
ちょっとした機能(?)なのですが、私が使い慣れた Opera でも1つしかないタブを閉じるとそうなる(Operaの場合は「Speed Dial」が表示される)ので、この機能もこのエクステンションを気にいった理由の1つです。

最後に「この2つのエクステンションのどちらを選べば良いか?」と言う点ですが、一概に「どちら」とは言えないと思います。
ただ「どうしても日本語で設定したい」、または「設定したい項目が nkGesture にはない」(Chrome Gesturesの方が設定できる操作内容が多いので)と言う方は、"Chorme Gesture"を、そうでない方または「安定した動作重視」と言う方は、"nkGesture"を選択したら良いのではないかと思います。

PS:
今までのChromeエクステンションレビュー記事にも掲載しましたが、Chromeエクステンションを沢山紹介している記事を、今回も下記に掲載しておきます。

Chromeで使えるエクステンション厳選25本!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/482/482116/

とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介(TechCrunch JAPAN)
http://jp.techcrunch.com/archives/2009120511-chrome-extensions-for-starters/

マウスジェスチャーも可能、Chrome Extensionsを使ってみた(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/news/200911/26/chrome.html

米Lifehackerオススメ、GoogleChrome拡張機能18選(ライフハッカー日本版)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/lifehackergooglechrome18.html

Google Chrome 拡張機能47個まとめ Google Chromeを壊してまで厳選(WEBマーケティング ブログ)
http://web-marketing.zako.org/web-tools/best-google-chrome-extensions.html

「Google Chrome」の拡張機能--便利な機能の数々を紹介:スペシャルレポート(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20405557,00.htm
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • AmazonプライムとHuluのお薦め作品(2019年6月):「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」「カメラを止めるな!」
  • AmazonプライムとHuluのお薦め作品(2019年6月):「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」「カメラを止めるな!」
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)