White iPhone 4S with box
File:White iPhone 4S with box.jpg By angelcandy.baby [CC-BY-2.0], via Wikimedia Commons

数日前、家電量販店等で「iPhone 4S」の"ソフトバンク版"と"au版"を触ってきました。なので、早速そのレビューを書こうと思います。


1. "ソフトバンク版"と"au版"の違い

"ソフトバンク版"と"au版"には、いくつか違いがあります。この件については数多くのニュース記事が書かれているので、iPhone 4S に関心がある人は、それらを読んでいる事でしょう。しかし一応この件について書かれた記事を、以下に掲載しておきます。

日本経済新聞;2社のiPhone 4Sを徹底比較 “サクサク感”はKDDI、メール機能はソフトバンク
GIGAZINE:iPhone 4Sで激突するKDDIとソフトバンク、両社の料金プランを比較してみた
GIGAZINE:KDDI版とソフトバンク版iPhone 4Sを料金以外で比較、両者の強みと弱みは?
ITライフハック:SoftBankとauの「iPhone 4S」、同じ端末なのに使える機能が違う? 購入前に要チェック

実際試してみた感想ですが、『通信速度』について、今回私はソフトバンク版と au版をそれぞれ3つのお店で試しました。最初に au版、次にソフトバンク版。3つの店はいずれも異なる場所にあり、かつ au版とソフトバンク版両方を置いているお店は、この中には1つもなかったので、「比較」と言うには条件が違い過ぎるので問題があるとは思いますが・・・(^_^; 感じたのはまさに、上記の日経新聞の記事に書かれている通りでした。

・・・実際にウェブページを見ていて感じたのは、最初の表示が出てくるのはおおむね KDDI が速く、後から遅れるようにソフトバンクが表示を始める例が多かったこと。測定結果を見ても、レイテンシー(遅延)の値はKDDIが圧倒的に小さい。

 つまりページ内のリンクをタップすると、KDDI は遅延が小さいため、すぐに反応して表示が始まるのに対し、ソフトバンクは表示の開始は遅いもののスループットが高いために巻き返して一気に表示するという感じを受けるのだ。「操作するとすぐに反応してくれる」という面では、KDDI の方が気持ちよく操作できる印象を持った。

日本経済新聞:2社のiPhone 4Sを徹底比較 “サクサク感”はKDDI、メール機能はソフトバンク』より

両端末で採用されてる"通信方式"(ソフトバンク版は『W-CDMA HSPA方式』、au版(KDDI)は『CDMA2000 1x EV-DO Rev.A方式』)の違いから、理論上はソフトバンク版が下り最大14.4Mbps・上り最大5.7Mbpsであるに対し、au版は下り最大3.1Mbps・上り最大1.8Mbpsと、大きく差があります。なので実際試した時(※電波状態はどちらも"バリ3"以上でした)、WEBページの表示が早く完了した(と感じた)のは、ソフトバンク版の方でした。
しかし au版(KDDI)の方が「遅くて嫌だな」と感じたかと言うと、そうではありませんでした。Safari などで WEBページのリンクをタップした時、ソフトバンク版はすぐにはダウンロードが始らず、ワンテンポ空いてダウンロードが始まると言う感じでした。一方au版はすぐにダウンロードが始まり、そのままスムーズにダウンロードと表示が進むと言う感じでした。そのため、表示完了するのはソフトバンク版であるものの、au版の方が"気持ちよく操作できる"と感じました。

ただし au版には、一部使えない機能(『Facetime』や『iMessage』等)や機能制限(『通話と3Gデータ通信を同時に使えない』等)が、現時点ではあります。

ケータイ Watch:au版iPhone 4S速報レビュー
日経トレンディネット:【残念、本命3着】KDDI版iPhone 4Sには一部制約あり? 10の質問で同社を直撃!
Phile-web:【レビュー】これだけ違う「iPhone 4」と「iPhone 4S」 - AV機能重視ならソフトバンクがおすすめ (3/4)

あと上記の記事には書かれていませんが、両端末で「YouTube」アプリを試したところ、au版は"低画質"の動画だったのに対し、ソフトバンク版は"高画質"の動画でした(たぶん通信速度の違いが理由かと思われます)。

なので、これらの点を踏まえたうえで、「au版で使えない機能やアプリの中に、どうしても使いたい機能がある」と言う人、あるいは「使えない機能やアプリ、機能制限があるのは嫌だ」と言う人は"ソフトバンク版"を、そうでない人は"au版"でも、(少なくとも通信速度や通信品質に関しては)使用感を大きく損なう事はないと思います。ちなみに「FaceTime」と「iMessage」に関しては、au公式HP の「よくある質問」にも書かれていますが、『近日対応予定』との事。

au:iPhone ご購入前のよくあるお問い合わせ

ちなみに au版の方で「通話と3Gデータ通信を同時に使えない」状態と言うのは、実際どう言う状態なのかについては、以下の動画が参考になると思います。



あとBCNランキングによると、"10/10~10/16"(※iPhone 4S の発売日が10/14なので、14・15・16日の3日間)のiPhone 4Sの販売台数で多い順は、以下の通り。

  1. ソフトバンク版 64GB
  2. au版 32GB
  3. au版 64GB
  4. ソフトバンク版 32GB
  5. ソフトバンク版 16GB
  6. au版 16GB

BCNランキング:「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート

なお上記の順位は、BCNランキングの全ての携帯電話およびスマートフォンの販売台数順でもあるので、「1~6位までが iPhone 4S で占められた」と言う事に・・・(^^;


2. ハード・OS全般について

「iPhone 4S は iPhone 4 の"改良版"に過ぎない」と意見を結構耳にします。私も最初はそう思っていました。CPUなどの内部機器がより良いものに変更されたため、処理速度や表示速度がより早くなる事は分かっていましたし、カメラ機能(※後述)が劇的に改善するのも分かっていました。しかし「使用感や使い勝手は、そう変わらないだろう・・・」と推測していました。しかし実際はかなり違っていました。「すごく良くなってる」と感じました。

当然の事ながら、処理速度はとても早かったです。iPhone 4 を「処理速度が遅いなぁ・・・」と感じた事は今まで特になかったですが、iPhone 4S を触ると「iPhone 4 は、様々な処理が少しもたついていたのではないか・・・」とさえ思いました。例えばアプリの起動時間や画面の切り替えなど、ちょっとした事ですが、こう言った細かな処理が遅かったため、使用感を少し悪くしていたのではないかと。

OS全般も、かなり改善されたと思います。特に気に入ったのは『通知センター』。最初この機能を知った時「Android の完全な"パクリ"じゃん!もっと違ったやり方があったのではないか・・・?」と、かなり懐疑的な見方をしていましたが、結構良かったです。Android の同様の機能と比べ見た目も分かりやすく、天気や予定、株価などを表示できる点は、使い勝手が良さそうだと感じました。
また Android の一部機種では、同機能の存在をユーザーに明示的に知らせるため、駐車場や店舗などの防犯用の"シャッターの端"を模したようなアイコン(UI)を表示するものがあります。しかしそう言ったアイコンは、iOS 5 ではまったく表示されません。通信状況等々が表示されるツールバーは、これまでとまったく同じです。それを下に降ろすようにすると、通知センターが表示されます。この方式も良いなと思いました。と言うのもアイコンがあるとそれが気になってしまい、集中力が下がってしまうと感じるので。
あと Twitterユーザーとしては、Twitter との連携機能も便利で良さそうだなと思いました。

ちなみに以下の動画は、YouTube の Apple公式チャンネルにアップされている iPhone 4S と iOS 5 の紹介動画、および週刊アスキー Plusに掲載されていた iPhone 4S のレビュー動画です。アスキー Plus(※一番下)の動画の方には、上記で取り上げた通知センターや Twitter との連携機能を試してる所が見られます。





週刊アスキー Plus:ハンズオン直送実機画像! iPhone4Sと新iPodに触ってきました(業界最速UI動画追加)




3. 大幅に画質や性能が向上したカメラ機能!

iPhon 4S の大きな改善点の1つは、このカメラ機能でしょう。お店で少し触ってみただけですが、それでも全然違う(すごく良くなってる)事はすぐに分かりました(率直に言って、iPhone 4 のカメラはひど過ぎた・・・)。
実際撮影した写真や動画は、以下の記事で見られます。ちなみに記事のうち下2つには、iPhone 4S と iPhone 4 双方で撮影した写真と動画が掲載されており、その比較分析が行われています。

ITmedia:人々の日常を変えるユーザー体験の飛躍――iPhone 4Sが見せる成熟と完成
ITmedia:荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:機能はシンプルなまま、画質はトップクラスに――「iPhone 4S」
AV Watch:【西田宗千佳のRandomTracking】iPhone 4Sのカメラ機能をチェックする

ただ店内で何枚か写真や動画を撮影してみて、1点だけ少し残念に思った事があります。それは"音量ボタン"を使った撮影機能です。

iOS 5 から、カメラアプリで音量ボタンの「+」の方を押す事で、写真が撮影できるようになりました。しかしあくまで音量ボタンを代用しているので、一般的なカメラのように「"半押し"してピントを合わせてから、シャッターを切る(写真を撮影する)」と言う事ができません。
ピントを合わせるには、画面のピントを合わせたい部分をタップする必要があります(※顔認識機能があるので、人を撮影する時には、こうする必要がない場合もあります)。それからすぐにシャッターを押せば、ピントがあった状態で撮影できます。しかし、しばらく時間が経ったりカメラを動かしたりしてしまうとピントがずれてしまうため、またピントを合わせる必要があります。
この際一般的なカメラなら再度シャッターボタンを半押しするだけですぐにピントを合わせる事ができますが、iPhone の場合はまた画面の一部をタップしなければなりません。これは少し不便だなと思いました。

ちなみに au の HTC製 Android端末「HTC EVO 3D ISW12HT」には、専用のボタン(シャッターボタン)が搭載されており、こちらは"半押し"してピント調節しながら、撮影する事ができます。

ITmedia:写真で解説する「HTC EVO 3D ISW12HT」

・・・とは言え、一般的なカメラと違い編集も容易ですし、WEBへのアップロードも端末で行えるので、その点を踏まえれば、一般的なカメラより遥かに使い勝手は良いです。ただカメラ機能を重視するのであれば、HTC EVO 3D のように専用ボタンを設けるか、あるいは音量ボタンで半押しできるようにした方が良いのではないかなと・・・少し思います。


4. Siriについて

iOS 3(旧・「iPhone OS 3」)から搭載されてる「音声コントロール」を試した時は、とても感動しました。お店で「おぉ~!すごい!!」と、一人興奮しました。ただ「実際使うか?」と言うと、私は iPhone を結局その時も買いませんでしたが、たぶん買っても使わなかったでしょう。なぜなら車の運転中など、どうしても手が使えない時は別ですが、そうでないなら自分の手で操作した方が確実に実行できるでしょうし、他人に自分が今何をしようとしているか知られずに済むので、そう言う意味でも手でやった方が良いと思うからです。
それと現在 iPhone は日本でかなり普及していますが、これまで街中で「音声コントロール」を使ってる人を、一度も見た事がありません。おそらくほとんど「まったく」と言っていいほど、使われていないのではないかと・・・。

そう言った理由から、iPhone 4S の"目玉機能"の1つとして音声認識アシスタント「Siri(シリィ)」が発表された事には、少し違和感を感じました。あくまで"運転中用"。日本以上に車社会が進んでいると言われているアメリカでは受け入れられる(使われる)かもしれませんが、日本ではそれ程受け入れられない(使われない)のではないかと思いました。
しかし実際試してみたら、想像していた以上に"快適"でした。現在は日本語に対応していない(※2012年に対応予定)ので英語で試みたのですが、私の拙(つたな)い英語の発音では聞き取ってもらえず、頓珍漢な答えを返してきた(英語で「Weather in Tokyo?」(東京の天気は?)と言ったつもりが、Siri さんは「W・・・・Radio.」(ウェ・・・ラジオですねぇ?起動しまっす)と言って、ラジオアプリが起動されました... )事もありましたが・・・(^^; もし日本語でこの機能が使えたら、まさに"パーソナル・コンシェルジュ"と言って良いようなものに iPhone が進化するのではないかと感じました。

ちなみに以下のリンク先記事と動画は、「Siri」のレビュー記事とレビュー動画です。



MACお宝鑑定団 blog:iPhone 4Sのインテリジェントアシスタント機能「Siri」を試す



ただ Siri にも問題があります。それは『プライバシー』の問題です。MACお宝鑑定団 blog で指摘されていたのですが、Siri を使う際、かなりの個人情報を Apple に渡さなければならないようです。

Apple が、サポート情報「iPhone 4S: About Siri and privacy」を公開し、Siriで収集されるプライバシー情報について説明しています。

収集するのはユーザーデータと音声入力データで、ユーザーデータには、連絡先の名前、ニックネーム、使用者との関係、使用者の姓とニックネーム、電子メールアカウントに割り当てたラベル、iPod内の曲とプレイリスト、入力した音声、関連した診断データ、位置情報などです。

MACお宝鑑定団 blog:iPhone 4SのSiriで収集されるプライバシー情報について』より

「入力した音声」や「位置情報」、「使用者の姓とニックネーム」、「iPod内の曲とプレイリスト」は良いとして、その他の情報はかなり"プライバシー"に関わる問題ではないかと思います。果たして、そこまでの個人情報を渡してまで得たい機能なのかどうか・・・?(~~; う~むぅ・・・悩む・・・。

ちなみに同記事に貼られている Apple のサポートページ(「iPhone 4S: About Siri and privacy」)のリンクですが、開いてみたところ『We're sorry. We can't find the article you're looking for. ・・・』と言う風に表示され、文書自体がなくなっていました。なのでひょっとしたら、何らかの"改定"が行われるかもしれません。

あと現行の Siri には、「パスコードロックがかけられた状態でも機能してしまい、ユーザー以外でも勝手にメールや予定を作成できてしまう」と言う問題が見つかっているそうです。

ITmedia:「Siri」がパスコードロックを無視? 他人の音声に応えてメール操作も

たぶんこの問題はすぐに解消されるのではと思いますが、使う方は一応注意した方が良いかもしれません(※上記記事に解決方法の記載あり)。


PS:
上記以外の iPhone 4S に関して書かれた良い記事を、以下に掲載しておきます。

関連情報:AppBank:iPhone 4S 対応ケース!? AppBank Store で人気のあるケースを検証してみました。
関連情報:builder:iPhone4Sを買ったら、何はともあれまずやっておくこと10項目


追記(2011/10/24):
「1」の『"ソフトバンク版"と"au版"の違い』の章に、Phile-webの記事を追加しました。あとスマートフォンを用いた電波状況調査に関する記事を見つけたので、下記に掲載しておきます。

INTERNET Watch:ICT総研、iPhone 4Sなどでスマートフォン電波状況を調査


追記(2011/11/23):
「1」の『"ソフトバンク版"と"au版"の違い』の章に、ITライフハックの記事を追加しました。


追記(2011/11/25):
今日たまたま本屋に行ったら、ソフトバンク版iPhone 4S とau版iPhone 4S で使える機能の違いや、それぞれの通信会社ごとのメールの設定の仕方などが書かれた『iPhone 4S スマートガイド』なる本を見つけました。内容は結構分かりやすく書かれていたと思うので、「それぞれの通信会社に特化した(?)マニュアル本が欲しい」と言う方は、一度見てみてはいかがでしょう?

技術評論社:ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド ソフトバンク完全対応版・・・出版社のページ。
技術評論社:ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド au完全対応版

ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド ソフトバンク完全対応版
ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド ソフトバンク完全対応版
クチコミを見る
ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド au完全対応版
ゼロからはじめる iPhone 4S スマートガイド au完全対応版
クチコミを見る