今回は最近気になってる製品について、ブログの記事を書こうと思います。

1. Lytro camera



 「写真を撮影したがピントがずれてて、残念」と言う経験は、誰もがした事があると思います。しかしこのカメラなら、そんな問題から解放されるかもしれません。なぜならこのカメラを使って撮影すると、ピント調節を"撮影後"に行えるからです。

 実際撮影された写真は、パソコンの専用ソフト(※Engadgetによると、現在はMac OSX用のみ)でピント調節ができるほか、専用サイトにアップすると、以下のようにWEBページに貼り付ける事もできます。ちなみに以下の写真、クリックした部分にピントがあいます。またタブルクリックで、拡大表示する事もできます。





 最初このカメラ(と言うか、このカメラに用いられた技術)に関する報道を聞いた時、とても驚いたとともに、「これぞ待ち望んでた機能だ!」と少し興奮しました。「是非欲しい!」と熱望していましたが、・・・実際製品化されたものを見た時、既存のデジカメと全然違う形に、正直「何でこんな風にしたのだろう・・・?!」 と、少し唖然としました。しかしこのブログ記事の最上部に貼った動画を見て、「これはこれで、かなり良いかも・・・」と思うようになりました。もし日本で発売されたら、買おうかなぁ~。(^^)

ちなみにEngadgetによると、値段は8GBが約3万円(399ドル)、16GBが約4万円(499ドル)との事。

撮影後にフォーカスできる Lytro カメラ 発表、f/2 レンズ搭載で399ドルから:Engadget Japanese


2. Panasonic ToughPad



 パナソニックは企業向けに、防水・耐衝撃性能を備えるパソコン「Toughbook(タフブック)」と言う製品シリーズを発売してますが、そのAndroidタブレット版が、今回紹介する「ToughPad」です。とにかく"タフ"(丈夫)!!上記のオフィシャル動画を見てもらえば分かりますが、防水・耐衝撃性能を備えるうえに、かなりの高温にも耐えうるようです。

 The Vergeと言うサイトによると、さすがに値段は少し高く、iPad 2の倍以上の約10万円(1299ドル)。ただそれだけの価値は、十分にあると思います。iPad 2は持ち運ぶのにあまり適していないと思いますが、・・・タブレット端末全般は、ノートパソコンよりも外に持ち歩くのに適していると思います。軽くて小さいうえ、3G通信機能を搭載しているものもあるので。しかし外に持ち運ぶとなると、落としたり濡れたりしてしまう危険性は、自宅だけで使用してるよりも高まるでしょう。であれば、防水・耐衝撃と言った性能は、あるに越したことはないでしょうから。

 ちなみに製品公式HPによると、7インチモデルも出るようです。

Panasonic Toughpad Google Android Tablet - Best Rugged Android Tablet