WEBブラウザ

iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!

今月始めに、ひょっとしたら開発が終了してしまったのではと思ってたiOS版Opera Miniのアップデートが1年ぶりくらいに来たので、久しぶりにダウンロードしてみましたが…非常にがっかりでした。orz

…と言うことで、今回は最近アップデートされたばかりにiOS版Opera Mini Ver.16に関するレビュー記事を書こうと思います。(^^;


1. "ニュース"をメイン機能としたAndroid版と同じUIに刷新!


Android版と同じUIになる事は予想してたのですが…想像してた以上に使い勝手が悪かったです。_ノ乙(、ン、;)_ .。oO( う〜むぅ… )

まず動作が全般重たくなりました!どの動作も、少しモッサリとした感じ…。そしてその原因であり、かつ今回の刷新後のメイン機能となっているのが「ニュース」機能。スピードダイヤル下に表示されるようになって、本当に"Webブラウザ"と言うより"ニュースアプリ"と言った感じ。そしてこの読み込みがあるため、起動時特に動作が重たく、またスピードダイヤルを表示する時も少しモッサリとした感じ…( ˘ω˘ ;)

Opera Mini 16のスピードダイヤル↓
Opera Mini 16.0.2 No - 12:スピードダイヤル下に結局ニュースが…
Opera Mini 16.0.2 No - 12:スピードダイヤル下に結局ニュースが… posted by (C)kyu3

ちなみにスピードダイヤル下側までスクロールしたり、右側にスワイプしたりすると、このように個別ジャンルのニュース記事が表示されます。

Opera Mini 16のニュースのジャンル別表示↓
Opera Mini 16.0.2 No - 7:スピードダイヤル右スワイプでもニュース
Opera Mini 16.0.2 No - 7:スピードダイヤル右スワイプでもニュース posted by (C)kyu3

そして履歴表示は、以前はスピードダイヤルを左にスワイプすることで表示されていましたが、「O」(オー)メニューの中からアクセスする方式に、変更されました。

Opera Mini 16の「O」メニュー↓
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 3:「O」メニュー
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 3:「O」メニュー posted by (C)kyu3


2. ニュースアプリとしても使い勝手は良くない…


Operaは2013年に、PC版をそれまでの独自エンジンを使用していたものから、"Chromiumベース"に変更。その際PC版にはニュース機能が搭載(※当時の名称は「ディスカバー」)され、2017年現在も搭載されています。またOpera Miniにもその後ニュース機能が搭載され、先日開発が完全に終了した「Opera Coast」にも、以前はニュース機能が搭載(※名称は「あなたのために(For You)」)されていました。

Opera、“Chromium”ベースに生まれ変わった「Opera Next 15」を公開:窓の杜
iOS用Opera:ブラウザからリアルタイムなニュースを:Opera公式ブログ

ニュース機能が搭載された理由は「ユーザーの多くがよく見ているのが、ニュースだから」と言う理由だったと思います。しかしこれまではあくまで"サブ的な"の位置づけでした。

…では、この刷新によって、ニュース機能が使いやすくなったか?「ニュースアプリ」として使いやすいか?と言えば… それも今のところないです。(-_-;

一応良くなった点もまったく無い訳ではありません。1点だけあって、これまでのニュース機能では、記事タイトルをタップして読めるのは、記事の冒頭部分だけでした。しかしOpera MIni 16では、すべての記事でそうかなるかは分かりませんが、基本全文読めるようです。

Opera Mini 16のニュース機能で個別記事をリーダーモードで表示したところ↓
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 20:個々のニュースはリーダーモードで表示される
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 20:個々のニュースはリーダーモードで表示される posted by (C)kyu3

ただこれまでは、ニュースを見たくなければ見なければ良かったですが、今度のはスピードダイヤル下に常に表示される(非表示化はできない)ので、そうすることもできません。なので、見たくないニュースは出来るだけ見えないようにしたいですが、ユーザーが表示するニュースのジャンルをカスタマイズする機能もありません。下のスクリーンショットの「興味のある情報」とされる部分が表示されるニュースのジャンルになりますが、タップしても何も起こりませんし、編集や削除もできません

Opera MIni 16のニュース機能の設定画面↓
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 15:ニュースのオプション
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 15:ニュースのオプション posted by (C)kyu3

ちなみに表示するニュースの"国"は、変更可能です。

Opera Mini 16のニュース機能の国変更画面↓
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 16:ニュースのオプションで、どの国のニュースか選択
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 16:ニュースのオプションで、どの国のニュースか選択 posted by (C)kyu3

一応Opera公式ブログの説明によると「(おそらく閲覧履歴などを元に)表示されるニュースを『AI』を使って変更し、ユーザー好みのニュースが表示されるようになる」としていますが、仮に長い時間かけて自分好みのニュースが表示されるようになったとしても、それまでの間はずっと見たくもないニュースを見させられ続ける訳で…(-_-;

Revamping Opera Mini for IOS:Operaモバイルチーム公式ブログ

だいたいそれがいつ出来上がるのかも分かりませんし、必ずしも自分が好んでいるニュースだけを見る訳ではなく、自分は好きではないけど見た方が良いと思って読むニュースもあるでしょう。それにAIによって表示されるニュースは、あくまでプログラムによってそう解析されたものに過ぎず、ユーザーが自分で選択したものではないので、ニュース機能に関する不満はずっと残り続けていくでしょう。

一般的なニュースアプリの場合、だいたいユーザーが自分で表示したいニュースのジャンルを変更できます。例えば私が使っている「SmartNews」も、表示したいジャンルや個別メディアなどを、設定画面で追加・非表示化できます。

SmartNewsの設定画面↓
SmartNews 5.0.3:チャンネルの削除と並び替え - 1
SmartNews 5.0.3:チャンネルの削除と並び替え - 1 posted by (C)kyu3

なので、仮に各ジャンルごとの表示されるニュースを同じ様にAIで解析していたとしても、不満を感じる人はほとんどいないでしょう。そのためニュースアプリとしての使い勝手も、現状のOpera Miniは良いとは思えません。


3. データ通信量の節約効果が減少?広告表示には倫理的問題も…


また見たくないニュースが表示される問題は、別の問題も懸念されます。Opera Miniは「通信量節約アプリ」としても認知されています。このニュース機能自体は"RSS"を利用してるみたいなので、ダウンロードされる容量自体はそれほど多くはないと思いますが、仮にその事を知っていたとしても、見たくもないニュースが大量に読み込まれれば、少なくともその点からも不快に感じる人はいるでしょう。さらにRSSの仕組みをよく知らない人たちからすれば、利用を止める人も結構出てくるかもしれません。( ˘ω˘ ;)

さらにこのバージョンから、ニュース機能に広告が表示されるようになりました!表示されるのはニュース一覧部分と、個別ニュース表示時です。

Opera Mini 16のニュース機能に表示される広告↓
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 17:ニュース一覧に広告表示(Facebook)
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 17:ニュース一覧に広告表示(Facebook) posted by (C)kyu3

Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 21:個々のニュース下部に広告(Facebook)
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 21:個々のニュース下部に広告(Facebook) posted by (C)kyu3

「Opera」と言えば、主要ブラウザの中で先駆けて、昨年(2016年)からPC用ブラウザにネイティブの広告ブロック機能が搭載され、Opera Miniにもデータ圧縮機能「Opera Turbo」の機能の一部として、同機能が搭載されました。

広告ブロックとビデオポップアウトに対応した「Opera 37」が安定版に:窓の杜
通信量を減らせるブラウザ『Opera』に広告ブロック機能が登場:AppBank

広告ブロック機能をメイン機能の1つとして謳っているWEBブラウザの機能の中に広告が表示されるのは、何とも奇妙な感じがしますが…まぁ〜そうは言ってもOperaも私企業なので、新たな収益確保の取り組みの1つとして、機能の中に広告を表示する事自体は理解できます。しかし広告の表示の仕方に問題があるのではと思います。

上記で紹介したように、Opera Mini 16のニュース機能の中には、広告が表示されます。このうちニュース一覧の方は問題ないと思いますが、問題は個別記事下部に表示される広告。Operaはそれぞれのニュースサイトと契約して(お金を支払って)、配信を受けてる訳ではないでしょう。また広告で得た収入を、それぞれのニュースサイトと分配している訳でもないでしょう。ニュース機能自体はRSSを利用して作られてるようですし、広告自体はOperaが独自に「Google Adsense」を使って配信してると見られるからです。

Opera Mini 16に表示される広告右上の『i』ボタンを押すと表示される「Google Adsense」の説明↓
Opera Mini 16:ニュース機能に表示される広告右上「i」をクリックすると表示される「Google Adsense」の説明
Opera Mini 16:ニュース機能に表示される広告右上「i」をクリックすると表示される「Google Adsense」の説明 posted by (C)kyu3

つまり他者が作ったコンテンツを勝手に配信し、リーダーモードで表示することで他者の広告収入を奪い、さらに自分たちはそのコンテンツで広告収入を得たうえ、コンテンツ業者に対し分配すらしないのですから。これは企業倫理的に、極めて問題があると思います。

ちなみに以前のOpera Miniのニュース機能も、同じ様にRSSを使ってニュースを配信していましたが、広告は一切表示されませんでした。また記事タイトルをクリックして移動するページは、記事本文の冒頭部分と画像1枚だけで、その後本文を全て読みたい場合は、配信元の記事ページに移動しなければなりませんでした。

Opera Mini 14のニュース機能(記事概要)↓
Opera Mini 14:ニュース機能 - 3(個別記事概要)
Opera Mini 14:ニュース機能 - 3(個別記事概要) posted by (C)kyu3

またニュースアプリ「SmartNews」の場合、配信元が自分独自の広告を載せたり、配信元とSmartNews社が広告収入を分配する仕組みが用意されています。

【媒体運営者向けサポート】SmartNewsの仕組み:SmartNews
【媒体運営者向けサポート】Media Prosper Program:SmartNews


4. UIの細かい変更点でも使い勝手が悪化…


他にも細かい点で、使い勝手が悪化していました。例えばOpera Coastに採用された機能で、その後Opera Miniにも搭載された、スピードダイヤルを下側に引っ張ることで検索が実行できるようになる機能が、使えなくなっていました。代わりにこの動作(スピードダイヤルを下側に引っ張る)を実行すると、スピードダイヤル下のニュースが更新されるようになってしまっていました。

Opera Mini 16のスピードダイヤル下のニュースを更新しているところ↓
(※画面上の『O』が全て赤い『O』の字になると、更新が実行されます。)
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 9:ホーム画面下部のニュースは、引っ張って更新
Android版と同じようなUIに変更されたOpera Mini 16 No - 9:ホーム画面下部のニュースは、引っ張って更新 posted by (C)kyu3

この機能、私は結構よく使っていましたし、とても良い機能だと思っていたので、すごく残念です。( ˘ω˘ ;)

またタブボタンを斜め上(左上)にスワイプすることで新しいタブを開く機能も、なくなっていました。

Opera Mini 9で新しいタブをスワイプで開いてるところ↓
Opera Mini 9.2:タブボタンをスワイプすると、新しいタブを開く - 1
Opera Mini 9.2:タブボタンをスワイプすると、新しいタブを開く - 1 posted by (C)kyu3

あと私が気になったのは、スピードダイヤルの各ページのボタン。以前と比べると小さくなっており、押しにくくなっていました。またスピードダイヤルの並び順にこだわっている人は割りと多いと思いますが、今までは縦長持ちだと横に"4列"並んでいたのが"5列"に変わってしまったので、その点でも不満に感じる人は結構いるのではと…思います。

Opera Mini 16と9のスピードダイヤル比較 - 1
Opera Mini 16と9のスピードダイヤル比較 - 1 posted by (C)kyu3


5. 今後の改善はあまり期待できないのではと…


このように問題が多いUI刷新の結果、当然のごとく日本のApp Storeのレビュー欄は荒れています。評価は☆1が並び、批判的なコメントが多く書き込まれていました。他国のレビュー欄もいくつか見てみましたが、やはり低評価が比較的多いようでした(※以下の各国のApp StoreのWEBページを見るには、パソコンのブラウザを使う必要があります。あと評価は2017年9月19日の午後10時時点。)。

Opera Miniの日本用App StoreのWEBページ・・・最新版(16.0.2)の評価は『☆1.5』。
Opera Miniのアメリカ用App StoreのWEBページ:App Store・・・最新版の評価は『☆2』。
Opera Miniのドイツ用App StoreのWEBページ:App Store・・・最新版の評価は『☆1』。
Opera Miniのロシア用App StoreのWEBページ:App Store・・・最新版の評価は『☆1.5』。
Opera Miniのイギリス用App StoreのWEBページ:App Store・・・最新版の評価は『☆1.5』。

ただこのような状況であっても、おそらくUIの大きな変更は行われず、ニュース機能が削除されたり非表示化されたりすることはなく、似たようなUIが継続されるのではないかと…思われます。( ˘ω˘ ;)

…と言うのも、Opera社は昨年(2016年)、中国企業連合に買収されました。

Opera、ブランドを含む事業の一部を中国企業に6億ドルで売却へ:ITmedia NEWS

その後Opera社は"Android重視"の姿勢を取っており、iOSブラウザとして非常に評価が高かった「Opera Coast」の開発も終了しています。

Opera Coastが完全に終了!?公式HP削除、App Storeからアプリも削除! : Kyu3’s Blog

そしてAndroid版のOpera Miniは、1年以上前(買収完了前)から、今回のiOS版のようなUIとなっているのですが、そのAndroid版の評価が結構良い(2017年9月20日深夜0時時点で、5段階評価で「☆4.4」)からです。最近書かれたレビューを見ても、決して批判的なコメントばかりが並んでいる訳ではなく、評価するコメントも多く書かれているからです。

Free ad blocker right in new Opera Mini for Android:Operaモバイルチーム公式ブログ
Opera Mini 17 launching today:Operaモバイルチーム公式ブログ
Android版Opera Mini:Google Play

"Android重視"の今のOpera社が、Android版で評価が高い状況のUIを、iOS版のみわざわざ変更するとは考えにくく…。そのため今後も、今のようなUIが継続される…のではないかと。( ˘ω˘ ;)

また元Opera社のSaitoさんによると、現在iOS版Opera Miniは、以前のように欧州のチームが担当しているのではなく、中国のチームが担当しているとのこと。


そして中国用のApp Storeでは、総合評価(全てのバージョンの評価)しか見られなかったので、一概に現バージョンの評価が高いとは言えませんが、他国の総合評価と比べると、現時点(2017年9月20日時点)で少し高めの評価(※上記の日本やアメリカ、ドイツなどでは「☆3」以下、中国は「☆3.5」)であることから、ひょっとしたらこう言うUIが、中国人が好むUIなのかもしれません。もしそうであれば、その点でも変更は期待できない…のではないかと。_ノ乙(、ン、;)_

Opera Miniの中国用App StoreのWEBページ:App Store(※こちらのページを見るのは、パソコンのWEBブラウザを使用して下さい)


6. 最後に一応、要望…と言うか、提案


上記で書いたような理由から、仮に要望出したとしても現行のUIが変更される可能性が低いと思うので、書くのが少しつらいのですが…一応最後に要望…と言うか、提案を書こうと思います。( ˘ω˘ ;)

このバージョンの1番の問題は、何と言ってもスピードダイヤル下に表示されるようになったニュース機能でしょう!これが表示されるようになって、スピードダイヤルの表示が重くなり、見たくないニュースを見せられ、通信量削減効果も減少しているのですから。

…とは言え、Opera社もこの機能をメインの機能と考えてるでしょうから、削除することはないでしょう。しかし少なくとも、非表示化できるようにすべきだと思います。

実はバージョン16.0.2をダウンロードした直後、一時的にニュース機能がスピードダイヤル下に表示されない事がありました。不具合だったのかサーバーのトラブルだったのか、理由は分かりませんが…。

スピードダイヤル下にニュースが表示されない状態のOpera Mini 16↓
Opera Mini 16.0.2 No - 1:スピードダイヤル下にニュースが表示されなくなった…かと思ったら、単に読み込み失敗?
Opera Mini 16.0.2 No - 1:スピードダイヤル下にニュースが表示されなくなった…かと思ったら、単に読み込み失敗? posted by (C)kyu3

この時 右にスワイプするとニュースが表示されたので、ニュース機能自体が削除されたのではないことはすぐに分かりました。このようにニュースとWEBブラウザの機能を分けると、現行のOpera Miniでも結構使いやすいと思います。

Opera社はPC用のOpera 15に最初にニュース機能を搭載した時、搭載理由を「多くの人がWEBブラウザでニュースを見ているので、この機能を搭載した」と語っていたと記憶しています。確かに多くの人が、WEBブラウザでニュースを見ているでしょう。しかしWEBブラウザにおいて、ニュースは見ているものの1つに過ぎません。またニュースサイトと言っても色々ありますし、好みのジャンルや見た目も人それぞれ。なので、Opera Miniのニュース機能を気に入る人もいるでしょうが、そうでない人も大勢いるでしょう。

また私はWEBブラウザとニュース機能は、結局"水と油"だと思います。WEBブラウザとは、ユーザーが"主体的"に検索等々を実行し、自分の好みのサイトを見つけたら、それをまた見やすいようにブックマークやスピードダイヤルに登録し、再び見る…と言うアプリ。一方ニュースアプリは、"受動的"にニュースをただただ受け取り、その中から気になるニュースや好みの情報を入手すると言うアプリ。ニュースを見ると言う点は同じでも、その行動原理はまったく逆だと思うのです。

…だから、これらが混ざっている事(スピードダイヤル)に、違和感を感じる人が大勢いるのだと思います。そしてこれらを完全に分けた方が、結局はWEBブラウザとしてもニュースアプリとしても、使い勝手が大きく向上するのではとも思います。なので、兎にも角にも、スピードダイヤル下にニュースを表示しない設定を、追加すべきだと思います!


【関連リンク】
iOS用Opera Mini公式HP
Opera mini web browser:iTunes App Store
Revamping Opera Mini for IOS:Operaモバイルチーム公式ブログ

【関連記事】
iOS版Opera Mini 8レビュー : Kyu3’s Blog
iPhone版Opera Mini、App Storeへ承認申請! : Kyu3’s Blog
Opera Coastが完全に終了!?公式HP削除、App Storeからアプリも削除! : Kyu3’s Blog


【追記(2017年9月22日)】


Opera Miniのニュース機能の設定画面のジャンル部分、タップしても特に変化したように感じられなかったので、てっきり何も変わらないのかと思っていたのですが… @george_push さんのツイートを見て知ったのですが、それは間違ってました!「あなたのために(ヘッドライン)」は非表示化できないものの、その他のニュースジャンルは非表示化できることが分かりました。


設定画面でいくつか非表示にしたところ↓
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 4(設定)
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 4(設定) posted by (C)kyu3

…なので、上記の当該部分に修正線を入れました。ただ「あなたのために」は相変わらず非表示化できないため、スピードダイヤル下にはニュースが表示され続けます。しかしスピードダイヤルを右へスワイプしても、ニュース画面には移動しなくなります。

「あなたのために」以外のニュースを消したOpera Mini 16のスピードダイヤル↓
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 1
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 1 posted by (C)kyu3

ちなみにこの状態で非表示化したジャンルのニュースを再度表示するには、一度スピードダイヤルをスクロールし、右上の設定ボタン(『+』)をタップする必要があります。

Opera Mini 16:ニュース機能の設定ボタン↓
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 8
Opera Mini 16:「あなたのために」以外のニュースは非表示化可能! - 8 posted by (C)kyu3

Opera Coastが完全に終了!?公式HP削除、App Storeからアプリも削除!

iPadに最適化されたブラウザとして2013年にリリース2014年にはiPhone版もリリースされ、ユーザーからの評価は割りとずっと高かったOpera SoftwareのWEBブラウザ・アプリOpera Coast」が、完全に終了したようです。公式HPもなくなり、App Storeからも削除されていました。

旧・Opera Coast公式HP・・・アクセスするとOpera社のモバイル版ブラウザページにリダイレクトされますが、そちらの「Opera Coast」のページも無くなってます。
Opera Coast:iTunes App Store・・・アクセスしても『アイテムを利用できません』と表示されます

App Storeで『Opera Coast』と検索したところ↓
(※Opera Miniの方はヒットしますが、Coastの方はヒットしません。)
Opera Coast:配信停止でApp Storeから消失!? - 2(検索でヒットせず…)
Opera Coast:配信停止でApp Storeから消失!? - 2(検索でヒットせず…) posted by (C)kyu3

Opera Softwareのアプリ一覧↓
(※Coastは無くなっています。ちなみに「Opera VPN」は中国企業連合に買収されず、別会社が現在も配信しています。)
Opera Coast:配信停止でApp Storeから消失!? - 3(Opera社のアプリ一覧に表示されず)
Opera Coast:配信停止でApp Storeから消失!? - 3(Opera社のアプリ一覧に表示されず) posted by (C)kyu3

ちなみにこのことに私が気づいたのは、今月始め(2017年8月4日)ですが、公式フォーラム(掲示板)に先月末(7月31日)にこの件に関するトピックが作られてることから、先月には削除されていたようです。

Opera Coast no longer in App Store?:Opera 公式フォーラム

なおこのトピックのモデレーター(掲示板管理者、※注:Opera社の人ではない)の方の書き込みによると「彼ら(Opera社の人たち)は、すぐにこの件についてブログに書くと言っていたが、まだ何も書かれていない」とのこと。実際Opera社の公式ブログには、今日現在(2017年8月29日)、まだ何の書き込みもありません。

Opera公式ブログ
Operaモバイルチーム公式ブログ

…なので、このまま発表しないままにするのか、あるいはどこかのタイミングで発表するのか、あるいは何か他の思惑があるのか…( ˘⊖˘).。oO( …? )


最後に感想を少し。

昨年(2016年)Opera社が中国企業連合に買収された後、Opera Coastのプロダクト・マネージャーをしていた Huib Kleinhout‏ さんがGoogleに移籍。元Opera社のSaitoさんが「Coastチームが解散した」とツイートしてたのを見ていたので、いずれはこの日が訪れることは分かっていたのですが…



本当に残念です。(^^;

iPhoneに関しては、Safariがそれなりに使い勝手が良いので、割りとセカンド・ブラウザとして長く利用してきましたが、とにもかくにも"操作の快適さ"と言う意味では、今も他のどのブラウザよりも優れており、いつもよく見ている特定のサイト(数個)を見るためとか、手早く検索を実行する目的での利用においては、ナンバーワンだと感じているので。(^_^;

ちなみにAndroid版も開発がかなり進んでおり、昨年2月にはプレビュー版がお披露目されましたが、残念ながらこちらは、正式リリースされませんでした。


プレビュー版の紹介動画↓


開発中のAndroid版について話す、プロダクト・マネージャー Huib Kleinhout‏ さん↓



【関連リンク】
旧・Opera Coast公式HP
Opera Coast公式Twitter・・・昨年12月のプロダクト・マネージャー Huib Kleinhout‏ さんのツイートをRTして以後、更新が停止しています。
旧・Opera Coast公式Facebook・・・すでに削除されています。
Coast by Opera のファースト・インプレッション・ツイートまとめ:Togetterまとめ・・・リリース直後に作ったOpera Coastの感想ツイートまとめ。この時も実際使ってみた方のツイートを見る限りだと、概ね皆高評価でした。

【関連記事】
Opera Coastの使い方 : Kyu3’s Blog・・・未だに結構なアクセスがあるOpera Coastの使い方に関する記事。最初に作ったのは、2014年5月。

iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!

最近よく使ってるWEBサービスに、コンテンツを見にくくするような広告が表示されるようになりました。こんな時PCブラウザだと、広告ブロック拡張を使って広告が表示される部分を右クリックなどで指定して、簡単にブロック(非表示化)できるのですが… 「iOS版Safariだと、そうはいかないなぁ〜」なんて思ってたら…できました!私が使ってるSafariの広告ブロック拡張アプリ「1Blocker」を使えば、PCブラウザと同じように、簡単にブロックしたい部分を指定してブロックできます!

…と言う事で、今回はこの1Blockerの「ブロックしたい部分を指定してブロックする」機能について、簡単にブログの記事を書こうと思います!( ´ ▽ ` )ノ


1. ブロック手順


今回手順を書くに当たって使用したのは、私が長年使ってる写真共有サービス「フォト蔵」のページです。最近このスクリーンショットの様に、フォト蔵のカメラ買い取りサービスの広告が表示されるようになりました。今回はこちらをブロックします。

モバイル版フォト蔵ページのスクリーンショット↓
(※実際スクリーンショットを撮影したページは、こちら
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 1

まずはSafariの下側のツールバーの共有&拡張機能ボタンをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 3(Appエクステンション)

…すると、以下のような画面が表示されるので、この画面一番上の『ACTIONS』欄の『Hide Element(要素を隠す)』部分をタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 5

…すると、以下のような広告が全て表示された状態の元ページが表示されるので、ここでブロックしたい部分をタップします。

なおこの画面だと画面下部にも広告が表示されますが、それはこの広告ブロック拡張か、もしくは別の広告ブロック拡張ですでにブロックされてる要素(一番上のスクショに表示されてない)なので、今回は無視します。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 6(ブロックしたい要素を選択)

ブロックしたい部分をタップすると、以下のように指定する範囲が赤線で仕切られた状態になります。この時もし指定されてる範囲が自分が思ってるより狭かったら、画面下の『Expand(広げる)』ボタンを、逆に広かったら『Narrow(狭める)』ボタンをタップすることで、指定範囲を調節できます。今回はこれで良かったので、良ければ右上の『Save』ボタンをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 8(ブロックしたい要素を選択)

…すると、以下のようなSave完了アラートが表示されます。この時もし他にもブロックしたい要素があれば『Hide Another Element(他の要素を隠す)』をタップ、無ければ『Return to Safari』をタップすれば、指定した部分がブロックされた元ページが表示されます。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 9(ブロックしたい要素を選択)

指定した部分がブロックされたフォト蔵ページ↓
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 13(ブロック済み)

上のスクリーンショットとブロック前のスクリーンショットを比較する画像も作ったので、以下に掲載しておきます。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 15(ブロック前と後の比較)

ちなみに今回のように特定のページで要素を指定してブロックした場合、指定したページだけでなく、その指定したサイト全体でブロックが実行されます。その点は、PCブラウザの広告ブロック拡張と同じです。


2. ブロックした部分は、解除・編集・削除が可能!


広告をブロックしてみたものの、表示が崩れたり、見たい部分が見れなくなってしまうなんて事も起こりうると思います。そう言った場合、ブロックした部分を再度表示(ブロック解除)したり、ブロック部分の編集・削除も可能です!( ´ ▽ ` )ノ

そう言った設定変更は、アプリの方で行います。アプリの『Hide Page Elements』をタップします。

なおこのアプリは基本無料で利用できますが、無料で利用できるのは、沢山あるブロック項目の中の1つのみです。2つ以上利用する場合は、アプリ内課金で課金(2017年7月19日現在、600円)する必要があります。
(あとひょっとしたらこの『Hide Page Elements』のある『Configurable』欄は、課金しないと使えなかったかも…しれません。(^^; )

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 11

『Hide Page Elements』をタップすると、以下のような画面が表示されます。この時ブロックした部分をブロック解除する場合は、スイッチボタンで無効に切り替えます。一方ブロックした部分を編集または削除する場合は、編集または削除したい項目を左側に押し込みスワイプするとメニューが表示されるので、いずれかをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 12(ブロックした要素の管理画面)

押し込みスワイプしたところ↓
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 19(指定した部分は編集・削除も可能)

上の画像で『Edit(編集)』メニューをタップすると、以下のような画面が表示されます。編集画面では、指定した部分(CSS)の編集やこのブロック・フィルターを適用する範囲(全てのサイトか特定のドメインか等)適用サイトのドメイン(URL)を追加することができるようです。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 20(指定したブロック部分の編集)


【関連リンク】
1Blocker 公式サイト
1Blocker:iTunes App Store

【関連記事】
iOS 9 Safariの「広告ブロック機能」は64bit CPU端末のみ使用可能! : Kyu3’s Blog

Vivaldiが同期機能搭載へ!ライブコーディングも開催

Vivaldiがようやく同期機能を搭載するそうです!公式ブログや日本語公式Twitterでも、アナウンスしていました。また同期機能のライブコーディング(コーディングの様子をライブ中継する)イベントが、7月5日に行われるそうです。(*^^*)

Sync is coming. Watch the progress live.:Vivaldi公式ブログ・・・本文は英語。


同期機能がテスト中である事は、1・2週間前に、Vivaldi社の方が「現在テスト段階」と公式フォーラムに書き込んでたのを見て知ってたのですが、正式発表されたことで、開発が順調に進んでるのかなぁ〜と。

ちなみにスマホ向けにAndroid版も開発中だそうですが、昨年(2016年)5月の段階では「2017年以降になりそう」との事でした。こちらも順調に開発が進んでいるのか、気になります。(*^^*)

ブラウザのシンプル化に対抗 - 多機能&軽い操作感が魅力のWebブラウザ「Vivaldi」、テッツナーCEOに聞く (2) モバイル版は2017年以降に:マイナビニュース


【関連リンク】
Sync is coming. Watch the progress live.:Vivaldi公式ブログ
Sync live coding on Livestream・・・ライブコーディングが見られるページ。


【追記(2017年6月27日)】


他のブラウザもそうですし、おおよそ予想が付いてる事だとは思いますが… 一応追記。Vivaldiの同期機能を利用するには、Vivaldiアカウント公式フォーラムやブログ・WEBメールなどが利用できるVivaldi.netのアカウント)が、必要なようです。


【関連記事】
Vivaldi フォーラム Tips:日本語化、入力欄、編集、サムズアップ等 : Kyu3’s Weblog


【追記(2017年6月29日)】


7月5日に行われるライブコーディングに向けて、Vivaldi公式フォーラム(掲示板)で、同期機能に関する質問を募集していました!( ´ ▽ ` )ノ

Sync機能コーティングライブ - 質問箱:Vivaldi公式フォーラム(※質問を書き込むには、Vivaldiアカウントが必要です。)


日本語で書き込んだ質問を英訳してライブコーディング中(?)質問してくれるみたいなので、質問がある方は書き込んでみてはいかがでしょう?(*^^*)

なお上記の公式フォーラムのページの書き込みによると、ライブコーディングが行われるのは、日本時間の『7/5(水) 午後8時 〜 翌7/6(木) 午前1時』だそうです。


【関連リンク】
Sync機能コーティングライブ - 質問箱:Vivaldi公式フォーラム


【追記(2017年7月6日)】


ライブコーディングの録画が公開されていたので、以下に掲載しておきます。なお動画は全部で"約5時間"もあるので、最初から最後まで全部見るのは、かなり大変だと…思います。(^^;




【追記(2017年7月8日)】


Vivaldiの同期機能およびライブコーディングについて書かれたブログ記事を見つけたので、紹介します。

IME が修正された Vivaldi 1.10.867.46 リリース。Sync 機能もチラ見せ:めかりる

こちらの記事によると、ライブコーディングの最後の5分辺りで同期される項目が表示されるとの事で確認してみたところ、本当に表示されましたぁ〜!どうやら同期機能で同期できるようになる項目は、以下の9つの様です。(*^^*)

  1. ブックマーク
  2. 設定(※ただしChromiumの設定のみ?で、Vivaldi独自設定は無し?)
  3. パスワード
  4. オートフィル(自動入力機能の保存された項目)
  5. 直接入力したURL
  6. 拡張機能
  7. アプリ
  8. メモ
  9. 開いてるタブ

【関連リンク】
IME が修正された Vivaldi 1.10.867.46 リリース。Sync 機能もチラ見せ:めかりる


【追記(2017年7月12日)】


ライブコーディングで行われた質疑応答のやり取りが、Vivaldi公式ブログに掲載されていました。それによると、やはり最初に同期可能になる項目は、上記の9つで間違いないようです。(*^^*)

Vivaldi Sync Livestream revisited!:Vivaldi公式ブログ・・・本文は英語。

ただし『設定』に関しては"Chromium"の設定のみで、"Vivaldi独自"の設定項目は、(最初は?)同期できない…ようです。(^^;
(※なので、上記の7月8日の追記の『設定』の部分に、その事を追記しました。)

その他に気になった点としては、以下の通りです。
  • スピードダイヤルの『カスタムサムネイル』はブックマーク機能の一部なので、同期可能になるかもしれない。
  • スピードダイヤルの『背景』はVivaldi独自の機能なので、最初のリリースでは同期できない。
  • 『テーマ』を含むVivaldi独自のものは、最初のバージョンでは同期できないが、最初のバージョンが出た後すぐに同期できるようにする事を計画してる。
  • 将来的に、ユーザー独自のサーバーを使って同期できるようにする事も検討中。

【関連リンク】
Vivaldi Sync Livestream revisited!:Vivaldi公式ブログ・・・本文は英語。

Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪

デザインを刷新し、今年1月に発表したコンセプトブラウザ「Opera Neon」の要素を盛り込んで作り直した(生まれ変わった)PC用ブラウザ、コードネーム「Reborn」こと、Opera 45がリリースされました!…と言うことで、簡単なレビューを書こうと思います。(*^^*)

Opera is Reborn:Operaデスクトップチーム公式ブログ・・・本文は英語。
生まれ変わった「Opera 45」が正式版に ~“Facebook Messenger”をサイドに組み込む:窓の杜
再生「Opera」ブラウザ、「Facebook Messenger」などをサイドバーに組み込み:CNET Japan

コンセプト紹介動画↓

担当者がコンセプトを説明する動画↓


1. UIデザインを刷新!フラット化され、よりOSにマッチ!ダークテーマも。


このバージョンの大きな変更点の1つが、UIデザインの"フラット化"。以前と比べ、見た目やボタン等がよりフラットでシンプルなデザインに変わったので、動作が早くなっただけでなく、数世代前にフラット化されたMac OSやWindows OSに、よりマッチするようになったと思います。

Opera 45 Reborn No - 2:サイドバーをウィンドウ左端に固定
Opera 45 Reborn No - 2:サイドバーをウィンドウ左端に固定 posted by (C)kyu3

Opera 45 Reborn No - 11:細いサイドバー
Opera 45 Reborn No - 11:細いサイドバー posted by (C)kyu3

Opera 45 Reborn No - 17:アドレスバーのダウンロードボタン等もリニューアル
Opera 45 Reborn No - 17:アドレスバーのダウンロードボタン等もリニューアル posted by (C)kyu3

更に今回のバージョンから、新たに「ダークテーマ(暗色テーマ)」も追加されました。こう言う黒色のテーマが好きと言う人は、結構いると思います。

Opera 45 Reborn No - 26:ダークテーマ(暗色テーマ)
Opera 45 Reborn No - 26:ダークテーマ(暗色テーマ) posted by (C)kyu3


2. 新しいサイドバーは使ってるメッセンジャーがあれば良いけど、そうでないとあまり意味がない…


今回のアップデートの1番の特徴は、何と言ってもこの新しい"サイドバー"でしょう!スピードダイヤルやブックマーク、各種設定などへ素早くアクセスできるだけでなく、『Facebook Messenger』や『WhatsApp』などのメッセンジャー・サービスを利用してる人にとっては、それらのサービスを利用しながらネットサーフィンや動画閲覧などもできるので、かなり便利だと思います。(*^^*)

細くしたサイドバー↓
(※Mac版だけかもしれませんが、サイドバーは設定で細くすることもできます。)
Opera 45 Reborn No - 14:細いサイドバー
Opera 45 Reborn No - 14:細いサイドバー posted by (C)kyu3

Facebook Messengerのポップアップを常時表示(固定表示)したところ↓
Opera 45 Reborn No - 31:サイドバーのFB Messengerを固定
Opera 45 Reborn No - 31:サイドバーのFB Messengerを固定 posted by (C)kyu3

実際Facebook Messengerを使用してるスクリーンショット付きのツイート↓

しかし使用してるメッセンジャー・サービスが無ければ、正直ほとんど意味がないと思います。スピードダイヤルにアクセスするならアドレスバーにボタンがありますし、キーボード・ショートカットなどでも、スピードダイヤルやブックマーク等々に素早くアクセスできるので。それでも強いて意味を見出すとしたら、Windowsの『タブレット・モード』の場合は、多少操作性が向上するのではと思いますが…(^_^;

ちなみにサイドバーを固定表示(常時表示)しない状態だと、これまで通りスピードダイヤルの左端に表示されます。あとこのバージョンから設定や履歴等でも、常に左端に表示されるようになりました。

固定表示を解除した状態のスピードダイヤル左端に表示されてるサイドバー↓
(※サイドバーに表示する項目は、設定画面右クリックメニューから簡単に、表示・非表示を切り替えることができます。ちなみに下のスクリーンショットでは、『ブックマーク』と『履歴』のみ表示しています。)
Opera 45 Reborn No - 24:ダークテーマ(暗色テーマ)
Opera 45 Reborn No - 24:ダークテーマ(暗色テーマ) posted by (C)kyu3

あとネットサーフィンや動画見ながら利用するサービスと言えば、日本では『Twitter』が1番利用されてるでしょうが、私が3月に公式Twitterアカウントに問い合わせたところ、「Twitterをサイドバーに追加する計画はない」とのこと…(((゚Д゚;)))あわわ


これはあくまで"3月時点"の話なので、現在は検討してるかもしれませんが…。日本国内だけでなく、世界的にもそれなりに利用されてるサービスだと思うので、是非追加して欲しいなぁ〜と…思います。(^^;
(※一応公式フォーラムでも要望は出してますが…。)

それと日本でナンバーワンのメッセンジャー・サービスと言えば『LINE』ですが、もし『LINE』が新しいサイドバーで利用できるようになったら、日本ではかなりインパクトあるのではと。

なお現在利用できるサービスは『Facebook Messenger』と『WhatsApp』のほかに、東欧やロシアなどで人気のメッセンジャー・サービス『Telegram』があります。あとCNETの記事によると、日本ではあまり人気がありませんが、楽天が数年前に買収した『Viber(バイバー)』や、中国で人気のある『WeChat』も「近いうちに利用可能になる」とのこと。


3. 各言語別のフィルターやマルウェア・ブロックリストなどが追加され、広告ブロック機能の実用度が向上!


約1年前にリリースされたバージョン37から搭載されたネイティブ広告ブロック機能。1つ前のバージョン(ver. 44)でもカスタムリストを追加できましたが、このバージョンからは“各言語別”の広告フィルターが、より簡単に適用できるようになりました!( ´ ▽ ` )ノ

Opera 45 Reborn No - 35:広告ブロック機能に日本語圏用フィルターの設定
Opera 45 Reborn No - 35:広告ブロック機能に日本語圏用フィルターの設定 posted by (C)kyu3

更に『管理リスト』ボタンをクリックして表示される設定画面では、広告ブロック機能を利用してる表示される同機能を無効にするよう求めるバナーをブロックする「Adblock警告除去」や、マルウェアを配布してるサイトをブロックする機能(「マルウェアブロック」)を、有効にすることもでき、実用度が大幅に向上しています!

Opera 45:広告ブロック機能の管理リスト - 5(Adblock警告除去、マルウェアブロック)
Opera 45:広告ブロック機能の管理リスト - 5(Adblock警告除去、マルウェアブロック) posted by (C)kyu3

ちなみに前バージョンまであった「カスタムリスト」の追加機能は、この管理リストの一番下に移動されました。また日本語以外の言語圏フィルターも、この管理リストの画面から追加できます。

Opera 45:広告ブロック機能の管理リスト - 7(カスタムリスト)
Opera 45:広告ブロック機能の管理リスト - 7(カスタムリスト) posted by (C)kyu3


4. 総評と要望


最後に総評を。

動作も早く安定してて、使用感はとても良いなと思いました。新しいデザインもOSとマッチしてるので、その点も良い感じ。

また新しいサイドバーに関しては、現状「Twitter」が使用できないので、私の場合ほとんど固定表示する意味はありませんが、無ければ無いで固定表示しなければ良いだけなので、特にその点は気になりません。

ただ今後の要望として、是非「Twitter」を追加して欲しい(※VivaldiのWEBパネルで使用してる人が多いことから考えても、かなり需要はあると思うので)のと、Opera Neonに搭載されてるメディア・コントロール機能「Player Panel」が素晴らしく、「将来的にWEBブラウザの必須機能になるのでは?」とも思うので、この機能も是非追加して欲しいです。(*^^*)/ 是非!!

Opera Neonの「Player Panel」↓
(※再生中の動画や音声をコントロールできる機能。再生・停止に加え、動画のポップアップ表示を実行することもできます。)
Operaの新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」がリリース! - 6:再生中の動画や音声を操作できる「Player」パネル
Operaの新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」がリリース! - 6:再生中の動画や音声を操作できる「Player」パネル posted by (C)kyu3

あと広告ブロック機能に関しては、実用的にはもう十分だと思います。足りない点としては、主要広告ブロック拡張に備わってる「右クリックで要素を指定してブロック」する機能ですが… あまり『広告をブロックするブラウザ』と言うイメージが広がっても、今度はOperaそのものをサイト側でブロックするような運動が広がるなんて懸念もあるので、機能的に少し足りない今の状態が、調度良いのではと…。まぁ〜この機能を使いたければ、拡張使えば良い訳ですし…(^^;


【関連記事】
Operaが新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」を発表!今後の展開に期待♪ : Kyu3's Mini Media
Opera 37レビュー:動画のポップアップ、広告ブロック、ほか : Kyu3's Mini Media

【関連リンク】
Opera is Reborn:Operaデスクトップチーム公式ブログ・・・本文は英語。
生まれ変わった「Opera 45」が正式版に ~“Facebook Messenger”をサイドに組み込む:窓の杜
再生「Opera」ブラウザ、「Facebook Messenger」などをサイドバーに組み込み:CNET Japan
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!