iPhone

「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法

一昨日(2018年11月11日)久しぶりにモバイルSuicaアプリ」にチャージしたところ、なぜかチャージ分が残金に追加されてませんでした。チャージに使った「au Wallet」の方には入金した旨が履歴に記載されていたため、そのまま使ってみたところ、入金自体はされているようで、問題なく使うことはできました。しかしその後も1日経っても残金が更新されなかったためTwitterで「Suica 更新されない」と検索したところ、同じ様な症状を訴えてる人が複数いました。

「suica 更新されない」でTwitter検索




ただ利用者数から考えると数がかなり少ないため、おそらく一部のユーザーのみに障害が発生していたと思われます。

そこで対処法について調べたところ、以下のブログに行き当たりました!

iPhoneやApple WatchのモバイルSuica残高が更新されない場合の解決策とヘルプモードをオンにする方法:ごりゅご.com

上記の記事はApple Watchの同問題に関する記載がメインのため、iPhoneのみの場合は最後の方に記載されているのですが、要するに「モバイルSuica」アプリでなく、iPhoneの「Wallet」アプリで「ヘルプモード」をオンにし、しばらく放置することで更新されるとのこと。実際試してみたら、無事更新されました!(>ω< ) ほっ!!

Walletアプリ↓
iOS 12:Walletアプリのアイコン
iOS 12:Walletアプリのアイコン posted by (C)kyu3


ちなみにヘルプモードのオンの仕方は、以下の通りです!

1. Walletアプリを起動し「モバイルSuica」の右下の詳細メニューボタンをタップ!

モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 1
モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 1 posted by (C)kyu3

2. 画面をスクロールして『ヘルプモードをオン』をタップ!

モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 2
モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 2 posted by (C)kyu3

3. Touch ID(やFace ID)で認証!

モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 3(Touch ID)
モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 3(Touch ID) posted by (C)kyu3

…すると「ヘルプモード」が実行され、以下のような画面が約1分ほど表示されるので、そのまま放置します。そうしたら更新されます!٩(๑•̀ω•́๑)۶

モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 4
モバイルSuica:Walletアプリで「ヘルプモード」をオン! - 4 posted by (C)kyu3

ちなみにこのやり方は、さっき調べたところ公式ヘルプページ(※. URLは「OK Wave」になってますが、ちゃんとしたモバイルSuicaの公式ヘルプページです)にも記載されてたため、間違いありません!

入金(チャージ)やSF(電子マネー)利用しても、Suicaの残額が変わらない:Suica Apple Pay よくあるご質問

なお「ヘルプモード」とは、公式ヘルプページによると、以下のような機能とのこと。

ヘルプモードとは、携帯端末や通信の不具合によりSuicaのSF(電子マネー)残高が正しく表示されない場合や、読み取り機に未反応/誤反応などのエラーが発生した場合に、起動させるモードのことです。

乗車時にSuica未反応などにより、Suicaの精算処理が発生した場合は、Suicaに対して駅員端末で処理を行う必要があるため、携帯端末をヘルプモードにした状態で駅係員へお渡しください。(ヘルプモードにしないとセキュリティロックがかかり処理できない可能性あり)


ヘルプモードについて知りたい:Suica Apple Pay よくあるご質問』より引用

あと余談ですが、ヘルプモードを使って更新が無事完了した後も、モバイルSuicaアプリの方の利用履歴は、すぐに更新されませんでした。私の場合 更新処理完了後まる1日くらい経ってから見たところ、その時は利用履歴も更新されてましたが。なので、利用履歴に関しては、さらに少し時間がかかるようです。(^^;


【関連リンク】
iPhoneやApple WatchのモバイルSuica残高が更新されない場合の解決策とヘルプモードをオンにする方法:ごりゅご.com

モバイルSuica:JR東日本
Apple PayのSuica:JR東日本
‎モバイルSuica:App Store
入金(チャージ)やSF(電子マネー)利用しても、Suicaの残額が変わらない:Suica Apple Pay よくあるご質問
ヘルプモードについて知りたい:Suica Apple Pay よくあるご質問

独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)

今年(2018年)の4月のイベントで発表されたOpera社の新しいモバイルブラウザ「Opera Touch」のiOS版がリリースされたので、今回はそのレビュー記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

1. 「ファースト・アクション・ボタン」による独特の操作性


このブラウザの最大の特徴は、何と言っても画面下に表示されるこの「Fast Action Button(ファースト・アクション・ボタン)」(以下『FAB』と表記)でしょう。この丸いボタンをタップしてそのまま指を置いておくとメニューが表示され、画面をタップしたまま指を動かすことで、様々な機能やタブの切り替えなどが行なえます。

「FAB」のキャプチャ動画↓


上のキャプチャ動画だと指は写っていませんが、実際指を"アイコン"(例えば「←」や「x」)や"タブ"(各サイトの丸いファビコン)に移動させると、そのアイコンの機能名やタブで表示してるページのサムネイルが表示され、指を離すとその機能が実行されたりタブが表示されたりします。

この機能、正直慣れるのに少し時間がかかると思います。「使い勝手が良いか?」と言われると微妙。いくつかの機能や開いてるタブへの移動はSafariよりも早く行えますが、逆にSafariよりも手間がかかると感じる機能もあり…。またよく使う機能(例えば私の場合「共有」メニューを表示する機能)がFABメニューの中にないと、結局別の形で機能を実行することとなり、その場合結局Safariよりも手間がかかったりするので。(^^;

最新版(1.0.3)のFABメニュー↓
Opera Touch 1.0.3:FABメニューの説明
Opera Touch 1.0.3:FABメニューの説明 posted by (C)kyu3

ハンバーガーメニュー↓
(※. FABメニューにない機能は、こちらから実行することになります。)
Opera Touch 1.0.3のハンバーガーメニュー
Opera Touch 1.0.3のハンバーガーメニュー posted by (C)kyu3

ちなみにコツとしては、指をアイコンやタブに移動させ機能名やサムネイルが表示された後、すぐに指を離すのではなく、一瞬間(ま)を置いてから指を離すと、うまく操作できると思います。あと「3D Touch」をオンにしている方が、若干操作しやすいように感じられました。おそらく指を画面に押し込んでメニューを表示→機能を実行すると言う感覚で操作した方が、この機能を感覚的に理解しやすいからではないかと。

あと指をFABに置いてすぐ離す(※.要は普通のタップ)と、ホーム画面が現れます。こちらの使い勝手は、正直イマイチ。

ホーム画面↓
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 1(トップサイト)
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 1(トップサイト) posted by (C)kyu3

Chromeの"新しいタブ"と同じ様に、できるだけユーザーに手を煩わせないように、何もしないでも「トップサイト」によく見るサイトが追加されます。このやり方は合理的だとは思いますが、追加されるのはあくまでそのサイトのトップレベルURLのページ。なので、例えば私の場合「Yahoo!ニュース」のトピックス一覧ページをよく見るのですが、そちらのページのURLは『 https://news.yahoo.co.jp/topics 』です。しかしトップサイトに追加されるのはトップレベルなので、Yahoo!ニュースのトップページ(URLは『 https://news.yahoo.co.jp/ 』)が追加されてしまいます。

また普段よく見ないサイトでも、アクセスする時はすぐにアクセスできるようにしたいサイトもあると思います。例えば地震情報のページとか。なので、私はどうもこのトップサイトのような方式は、好きになれません。(^^;

一応そう言う人向けに(?)簡易ブックマーク機能(「スター付き」)も用意されていますが、トップサイトの下に表示されるので、ちょっとアクセスしにくいです。ちなみにこの「スター付き」に追加するには、右上のハンバーガーメニューの『☆』マークを、追加したいページでタップします。こちらはトップレベルでなく、見ているサイトのURLがそのまま追加されます。


2. Safariよりも広いページの表示範囲


iOS版のOpera Touchがリリースされた時、メディアの記事ではやたらと「大画面端末で操作しやすい!」と書いてる記事が見られました。

「iPhone XS Max」の大画面に特にお勧め──「Opera Touch」ブラウザのiOS版登場:ITmedia Mobile
大型化の時代ゆえのありがたみ。片手操作が楽しいブラウザ「Opera Touch」がiOS向けに登場:ギズモード・ジャパン
大画面でも操作しやすい!老舗ウェブブラウザOperaから『Opera Touch』がリリース:カミアプ

しかし私はこの意見には疑問です。と言うのも、自分が使いたい機能やよく使う機能が全てFABにあれば、そう言えなくもないと思いますが、現状そう言う人はほとんどいないでしょう。そうなると右上のメニューにアクセスせざるを得ず、むしろ大画面端末だと操作しにくいのではと思うので。

逆に私は小さい画面の端末の方がメリットがあると思います。と言うのもOpera Touchは、SafariよりもWEBページの表示範囲が少し広いので、より多くのコンテンツを表示することができます。これは大画面端末よりも小さい端末の方が、メリットだと感じることでしょうから。

Opera TouchとSafariの表示範囲比較↓
(※. アドレスバー表示時)
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 4
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 4 posted by (C)kyu3

Opera TouchとSafariの表示範囲比較↓
(※. 画面をスクロールさせ、UIを消してる状態)
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 2
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 2 posted by (C)kyu3

いずれにせよ、Safariよりも表示範囲が広い点は、Opera Touchの特徴の1つと言えると思います。なので「とにかく1行でも1ピクセルでも、ページの表示範囲を広くしたい!」と言う、いわゆる"表示領域絶対主義"な人には、お薦めと言えるかもしれません。


3. 「My Flow」などのPC版Operaとの連携機能


Opera Touchには、PC版Operaとの連携機能が搭載されています。メールアドレスの追加もアカウント作成も必要なく、QRコードを使って接続できる点は、優れてるなと思います。(*^^*)

連携の仕方は以下の通りです。
  1. PC版Operaの設定画面で「My Flow」を有効。
  2. 新しいサイドバーに「My Flow」アイコンが表示されるので、それをクリック(※. 新しいサイドバーをウィンドウ端に常時固定表示してない場合は、スピードダイヤル画面に表示されます)。
  3. 「My Flow」の接続案内画面が表示されるので、案内に従ってQRコードを表示。
  4. Opera Touchの設定画面か、ホーム画面左スワイプで表示される「My Flow」画面で『コンピュータに接続』をタップ。
  5. Opera Touchで『QRコードをスキャン』をタップ。
  6. Opera TouchのQRコードリーダー機能を使って、PC版Operaの画面に表示されるQRコードを読み込む。
一応接続設定画面に分かりやすい解説も表示されるので「接続の仕方が分からない」と言う方はいないでしょうが、実際接続してる様子を含むレビュー動画をインドのTech系メディア「Tech2」がアップしていたので、以下に掲載しておきます。なおこちらは初期のAndroid版とPC版Operaとの接続の様子を撮影しているので、PC版のサイドバーに表示される画面が若干異なりますが、やり方は変わりません。



接続が完了すると、いわゆる「あとで見る」系サービスの「My Flow」が利用できるようになるほか、PC版Operaの 最近開いたタブ 最近使用したタブ(に表示されてるWEBページ)がホーム画面の最上部に、PC版Operaで現在開いてるタブ一覧がOpera Touchのタブ一覧画面の最下部に表示されます。なおホーム画面の表記では『最近 "閉じた" タブ』となっていますが、これは『最近 "開いた" タブ』の誤訳です。

ホーム画面のPC版Operaで 『最近 "開いた" タブ』『最近 "使用した" タブ』↓
Opera Touch;PC版と接続時のホーム画面 - 3(画面上に「最近開いたタブ」)
Opera Touch;PC版と接続時のホーム画面 - 3(画面上に「最近開いたタブ」) posted by (C)kyu3

タブ一覧画面のPC版Operaで開いてるタブ一覧↓
Opera Touch;PC版接続時のタブ一覧下にPCで今開いてるタブ - 3
Opera Touch;PC版接続時のタブ一覧下にPCで今開いてるタブ - 3 posted by (C)kyu3

「My Flow」の使い勝手は、正直これもイマイチ。と言うのも、ページを追加(送信)するのは非常に楽なのですが、まずOpera TouchとPC版以外でこの機能を使ったり、追加したページを見ることはできません。例えば私は長年「Pocket」と言う「あとで見る」系のサービスを使っていますが、これだとOpera Touchだけでなく、SafariやTwitterなど、他のアプリからもページを追加することができます。また専用アプリに加え、どのブラウザでも、サイトにアクセスしてログインすれば、追加したページを見ることができます。なので比較すると「Pocket」の方がどうしても良いと感じてしまいます。

また追加したページの表示方法も「Pocket」のようなリスト表示でなく、個々の追加したページの表示方式が結構上下の幅がある方式なので、数が多いと見にくくなるでしょう。さらにPC版でタブ内表示すると、なぜか右端に偏ってしまうのも残念なところ…(^_^;

Opera Touchで「My Flow」を表示↓
Opera Touch 1.0.3:My Flow
Opera Touch 1.0.3:My Flow posted by (C)kyu3

PC版Operaで「My Flow」をタブ内表示↓
PC版Operaで「My Flow」を表示 - 3:全画面
PC版Operaで「My Flow」を表示 - 3:全画面 posted by (C)kyu3

ただ1つ興味深いのは、この機能はページのURLを追加できるだけでなく、テキストも追加できること。一応改行も反映される(※. PC版Operaでは『Enter』キー押すと改行でなく追加されてしまうので注意)ので、ToDoリストとして使えるかもしれません。

「My Flow」に追加されたテキスト↓
Opera Touch:My FlowをToDoリストとして使う - 2
Opera Touch:My FlowをToDoリストとして使う - 2 posted by (C)kyu3


4. その他の機能とTips、将来的可能性


最後に上記の機能以外について、いくつか書いておこうと思います。まず広告ブロック機能等について。Opera Touchには広告ブロック機能と仮想通貨マイニング・スクリプトのブロック機能が搭載されていますが、初期状態では広告ブロック機能はオフになっているので、注意して下さい。もし利用したい場合は、手動で設定でオンにする必要があります。

広告ブロック等の設定画面↓
Opera Touchの設定画面:全般
Opera Touchの設定画面:全般 posted by (C)kyu3

次に公式HPでもApp Storeの説明欄に搭載が謳われている「音声検索」機能は、現在最新のver.1.0.4にも搭載されていません。Andoid版のみです。あとこれはFAQページに記載されていますが「ページ内検索」も、現在はAndroid版のみです。

Page view:Opera Touchの公式ヘルプページ・・・当該ページ(※英語)

なお公式フォーラムでこれらの機能搭載について質問したところ、ページ内検索は「すぐに搭載予定」、一方音声検索は「搭載予定だけど、時期は明言できない」とのこと。

Will "Voice Search" and "Find text in page" features be supported?:Opera公式フォーラム・・・当該トピック(※英語)

次にTips(ちょっとしたお役立ち情報)ですが、ホーム画面のスクロール位置は、ある程度の間保持されるみたいなので、例えば私みたいにトップサイトが肌に合わず、簡易ブックマークの「スター付き」をメインに使いたいと場合は、「スター付き」のところまでスクロールさせておくとしばらくこの状態が保持されるので、試してみてはいかがでしょう?ちなみに再起動したり長い時間経ってから使用する(?)と、元のホーム画面最上部の位置まで戻ってしまいますが…(^^;

スター付き↓
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 2(お気に入り)
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 2(お気に入り) posted by (C)kyu3

それと「My Flow」の画面は、実は「flow.opera.com」と言うURLのページを表示しています。なので、サイドバー表示の場合はURLが表示されないので駄目ですが、サイドバーを常時固定せずスピードダイヤルの横に表示して使用すると、上記の画像のようにタブ内表示されるので、その際URLをコピー(※ブックマークボタンが非表示となっているので)し、『スピードダイヤルに追加』などのメニューから追加すると、スピードダイヤルに登録することもできます。

最後に「My Flow」の将来的可能性に関して。実はiOS版リリース直後、ひょっとしたら一部のユーザーだけかもしれませんが、Opera TouchとPC版Operaの「My Flow」の投稿欄に"アップロードボタン"が表示されていました。この矢印ボタンをクリックすると画像のアップロードが、PC版Operaの方でできました。

iOS版Opera Touchリリース直後の「My Flow」に表示されたアップロードボタンとアップロードできた画像↓
Opera「My Flow」は将来的に画像のアップロードに対応?
Opera「My Flow」は将来的に画像のアップロードに対応? posted by (C)kyu3

ただ上の画像のように、アップロードできた画像はなぜかモザイクがかかった状態。さらにOpera Touchの「My Flow」には表示されず、Opera Touchの「My Flow」に表示されていた矢印ボタンをタップしても、何も起きませんでした。ちなみに現行のOpera TouchおよびPC版Operaの「My Flow」には、矢印ボタンは表示されなくなりました。

しかし何らかの原因で連携の接続が切れた時に「My Flow」に表示された画面に『10MBのファイルが送信できる』と書かれていたので、将来的にはファイルのやり取りも「My Flow」で可能になるかもしれません。そうなると、色々活用の幅が広がる…かもしれません。(*^^*)

接続が切れた時に表示された画面↓
Opera Touch:接続失敗時(?)に出た通知に「10MBまでファイルアップロード可能」と言う表記? - 3
Opera Touch:接続失敗時(?)に出た通知に「10MBまでファイルアップロード可能」と言う表記? - 3 posted by (C)kyu3

I can't upload and download images in My Flow:Opera公式フォーラム・・・この件について公式フォーラムに書いた問い合わせ(※英語)。どうやらモデレーター(※フォーラム管理者、Opera社の社員ではない)の方も、この機能を知らなかったようです。


5. 総評


最後に総評ですが、Safariなど他のブラウザと比べて使い勝手が良い機能もあるものの、まだまだ機能不足だったり、改善の余地があるところも多く、正直点数をつけるとすると100満点で言えば「65点」くらいかなと。(^^;

今後に期待する点としては、ページ表示領域が広いのはメリットあると思うので、是非リーダーモードを搭載して欲しいなと思います。またAndroid版を試した時「音声検索」がかなり使い勝手良いなと感じたので、早くこの機能が搭載されると良いなと。

あと「My Flow」がiOSの「App Extension」(共有拡張機能?)に対応してくれると、他のブラウザやアプリなどから「My Flow」が利用できるようになるので良いなと思います。ファイルのアップロードに関しては、実際試してみないと何とも言えないなぁ〜と言う感じです。

それと上記でも書きましたが、私は「トップサイト」がどうも肌に合わないので、これを非表示にできるようになると良いなと思います。またFABで使える機能のカスタマイズができたら良いなと。これは公式フォーラムの要望にも書いたのですが、『戻る』機能はスワイプ操作でできるので要らないと思いますし、それより『共有』ボタンの方がよく使うので、『戻る』機能の所にあったら便利だなと思います。(*^^*)

I want to select the menu of Fast Action Button!:Opera公式フォーラム・・・上記の公式フォーラムへの要望(※英語)


【関連リンク】
Opera Touch公式HP
‎Opera Touch:App Store
Opera Touch:Opera Help・・・公式ヘルプページ(※英語)
iOS版Opera Touch:Opera公式フォーラム・・・公式フォーラムの同製品関連カテゴリ(※英語)
Opera introduces Opera Touch and challenges Safari on iPhone:Operaモバイルチーム公式ブログ・・・リリース案内記事

【関連記事】
Operaがイベントでモバイルブラウザ「Opera Touch」とPC用ブラウザの新しい機能を発表!(追記あり) : Kyu3’s Blog
iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化! : Kyu3’s Blog


【追記(2018年10月31日)】


上記の『3』のPC版Operaとの連携機能のところで紹介した、連携中ホーム画面最上部に表示される『最近 "閉じた" タブ』の誤訳をフォーラムで報告したところ、この欄に表示されるのは『最近 "開いた" タブ』と言うより『最近 "使用した" タブ』と言うことが分かりました。

Japanese Mistranslation in Home page:Opera公式フォーラム

厳密に言うと『最近 "開いた" タブ』でも間違ってはいないでしょうが、『最近 "開いた" タブ』だと「最近使用したタブ」と言う意味にも取れますし、『新しいタブを作成して、そこで開いたページ』とも取れるので、的確では無いのではないかと。(^_^;

そのため本文の一部を修正しました。ちなみに英語版だとこの欄は『Recent tabs from Computer』となっています。

部分拡大した映像を写真や動画に合成できるアプリ「Camera7」はお薦め!(追記あり)

部分拡大した映像(いわゆる引きと寄りの映像)を1つの写真や動画に簡単に合成できるアプリCamera7が、先日から無料配信(※通常は「120円)されてたのでインストールしてみたのですが、これがかなり良い感じ!…と言うことで、今回はこのアプリのレビュー記事を書こうと思います♪( ´ ▽ ` )ノ

1. 全景と部分拡大した写真を1タップで作成可能!


まず最初に、具体的にどう言う写真が撮れるか(作れるのか)と言うと、以下のような写真です。上部の中に写ってるハロウィン装飾のカボチャのお化け(?)が、下部で部分拡大(ズーム)された状態で、写っています。

iPhoneアプリ「Camera7」- 2:撮影した写真
iPhoneアプリ「Camera7」- 2:撮影した写真 posted by (C)kyu3

縦向きだけでなく、横向きも可能です。

Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 2
Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 2 posted by (C)kyu3

もちろん拡大する部分を表示する位置も変更可能です。ただしこれはアプリのUIで操作するのでなく、iPhoneの端末自体の向きを変えることで行います。例を挙げると上の写真はiPhoneのホームボタン(下側)が左側にある状態で撮影したものですが、下の写真はホームボタンが右側にある状態で撮影したものです。

Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 1
Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 1 posted by (C)kyu3

このような写真を作れるアプリは、たくさんあります。例えば私は長年「PicFrame」と言う有料アプリ(※現在360円)を使っています。

‎PicFrame:App Store

これらのアプリでも上のような写真を簡単に作成することはできますが、そうは言っても「Camera7」ほど簡単にはできません。作成したい写真の縦横比率を選び、次にどのような分割方式にするのか(上下で分割するのか、左右で分割するのか、はたまた3つ4つと分割するのか等)を選択したのち、各部分に入れる写真を選択し、位置や拡大率を調節して、それから書き出さねばならず、ちょっと手間がかかります。

PicFrameのスクリーンショット↓
PicFrame 11.5:ホーム画面のスクリーンショット
PicFrame 11.5:ホーム画面のスクリーンショット posted by (C)kyu3

しかし「Camera7」なら、上のような写真を最短で1タップで撮影できるので、こう言った写真をよく撮る人には、すごく便利だと思います!(*^^*)


2. 全景と部分拡大した動画も作れる!


『1』で全景と部分拡大した写真について書きましたが、写真なら他のアプリでも多少手間がかかるものの簡単に作ることができますが、似たような動画となると、他に作れるアプリは早々ないのではと。しかも写真と同じように簡単に作成できます!

まずは簡単に操作方法等について説明しておくと、以下の通りです。
  • 全景部分(※下の動画の左側)の黄色い枠の部分が、右側で拡大表示される部分。
  • 黄色い枠(拡大部分)はタップしながら動かすことも可能!
  • 拡大部分(※下の動画の右側)でピンチズーム操作をすることで、拡大部分の倍率を調整可能!
  • 全景部分と拡大部分の間にある部分をドラッグすることで、表示幅を変更可能!
  • 8種類のフィルターあり(※iPhoneのデフォルトカメラと同じ?)
  • インカメラでも同様の撮影が可能!
ちなみにこれらの操作は、写真撮影時も同じです。

あとアプリの名前や説明欄に『デュアルカメラ』とあるので、「iPhone 8 Plus」や「X」、最新の「XS」などのデュアルカメラ搭載端末でないと使えないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、「iPhone 8」などのシングルカメラ端末や「iPad」でも撮影可能です!実際今回撮影した写真や動画は、すべて「iPhone 8」で撮影しました。(*^^*)

そして実際撮影してる画面をキャプチャーした映像と、その時撮影した映像がこちらです。

撮影時の画面をキャプチャーした映像(※無音、46秒)↓


実際撮影した映像(44秒)↓


これまでこのアプリを使っていくつか動画を撮影してみましたが、やはり動きのある部分(一部)を撮影するのに、すごく適したアプリだと思いました。例えば以下の動画のような、川で動く鯉を撮影する場合。このアプリを使えばその鯉がいる生息環境全体を撮影しつつ、動く鯉を追いかけながら拡大撮影できるので、すごく適してるのではと。(*^^*)

縦向きに撮影した川を泳ぐ鯉の映像(16秒)↓



3. サンプル写真と映像


他にもいくつか撮影の参考になるのではと思われる写真や映像を、以下に掲載しておきます。

近所のお店で売ってたハロウィン人形のおもちゃ↓
iPhoneアプリ「Camera7」- 1:撮影した写真
iPhoneアプリ「Camera7」- 1:撮影した写真 posted by (C)kyu3

動くハロウィン人形の映像(※7秒)↓


移転工事中の近所のコンビニ↓
(※こう言う少し距離が離れた場所に貼られてる張り紙などを撮影するのにも、このアプリは向いてるのではと!)
移転先工事中のローソン東野町5丁目店、10月5日にオープン! - 2
移転先工事中のローソン東野町5丁目店、10月5日にオープン! - 2 posted by (C)kyu3

車の往来の多い国道と交差点の対岸を撮影した映像(※11秒)↓


なおこのアプリは2018年9月12日頃から無料配信されてる(※9月20日時点でも無料となってます)ようですが、いつまで無料配信されてるかは分からないので、興味がある方は、早めにダウンロードした方が良いと思います。( ´ ▽ ` )ノ


【関連リンク】
‎Camera7:App Store
¥120→無料:ズームと等倍を同時に撮影できるカメラ「Camera7」ほか[9月12日版]セール・お得情報:Touchlab

【関連記事】
多機能な写真・動画撮影&編集ができるiOSアプリ「Musemage」に感動! : Kyu3’s Blog


【追記(2018年9月21日)】


タイトルが気に入らなかったので、変更しました。あと本文の一部を修正しました。


【追記 その2(2018年9月22日)】


またサンプル動画を撮影したので、以下に設置しておきます。今日名古屋港の「メイカーズ・ピア」と言う商業施設で撮影したのですが、こんな風に少し離れたところからパフォーマンスしてる人を撮影する場合にも、Camera7は向いてるかと。(*^^*)

大道芸パフォーマンス(※20秒)↓


ちなみにこの動画以外のこの記事に掲載されてる動画は、すべて無編集ですが、この動画だけはMac版iMovieで、音量や明るさなどを編集しています。


【追記 その3(2018年10月1日)】


またサンプル動画を撮影したので、以下に掲載。例えばこんな感じでサッカーの試合を撮影するのにも、Camera7は結構向いてるかと。(*^^*)

サッカーの練習試合(※38秒)↓


ただしサッカーの場合はボールが大きく動いた時追うのが大変なので、それよりも野球やゴルフなど、プレイする選手が比較的静止した状態が長く、かつ動きが予想しやすいスポーツの方が、向いてるかもしれません。

国交省「川の防災情報」ページの英語モバイル版は結構お薦め!

先日この地域(愛知県)も梅雨入りし、これから台風シーズンと言うことで、今回先日リニューアルされた国交省「川の防災情報」ページ"英語版"のモバイル用ページについて、ブログの記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

1. 日本語版と英語版の簡単な比較


最初にまず"日本語版"と"英語版"の簡単な比較について。こちらのサイト、当然のことながら日本語版のバイル用ページもあるのですが、私は英語版の方が使いやすいので、こちらを使用しています。機能的にはほぼ同じなのですが、おおまかに言って、以下のような違いがあります。
  1. 使用してる地図が日本語版だと国交省独自の地図(?)なのに対し、英語版はGoogleマップ。
  2. 英語版の地図(Googleマップ)の方が、より地図を拡大表示できる。
  3. 日本語版だと河川水位やライブカメラなどの情報はそれぞれのページに移動しなければならないが、英語版はそれが地図上で表示確認できる。
  4. 英語版の場合主要河川の表示・非表示などができるが、日本語版だとできない。
  5. 英語版だとPCブラウザでも問題なく使用できるが、日本語版だとモバイル用ページはPCブラウザでうまく動作しない(※ただし日本語版はPCブラウザ用ページあり)。
特に地図は普段使い慣れてるのもありますし、地名表示がこちらの方が見やすい(※用いられてるのは英語版のGoogleマップみたいですが、地名はたいてい日本語と英語の両方表示されます)のも良い点かと。(*^^*)

国交省「川の防災情報」ページの英語・日本語版比較 - 3:雨雲レーダー
国交省「川の防災情報」ページの英語・日本語版比較 - 3:雨雲レーダー posted by (C)kyu3

また日本語版の場合雨雲レーダーから詳細情報へ移動するのに、右上のハンバーガーメニュー(『三』)などからそれぞれのページ(河川水位なら河川水位のページ、ライブカメラならライブカメラのページ)へ移動する必要がありますが、これが結構面倒臭いのに対し、英語版はそのまま地図上からアクセスできるので、その点も良い点だなと思います。(*^^*)


2. 雨雲の推移も分かる雨雲レーダー機能


このページのメインの機能にしてもっとも便利だなと思うのが、この機能!単に現在の雨雲の状況(雨雲の場所や雨の強さ)が分かるだけでなく、時間によって雨雲がどう移動したかや雨の量の変化も分かるので、私は以前使っていた雨雲レーダーアプリが使用できなくなってからは、この雨雲レーダーページをiPhoneのホーム画面に追加し、WEBアプリとして用いています。( ´ ▽ ` )ノ

使い方はとても簡単です!雨雲の推移を表示したい場合は、右側のメニューから再生ボタン(『▶️』)をタップするだけです。



ちなみにその下のボタンは雨雲を表示した際にどれくらいの透明度で表示するかを設定するメニューで、さらにその下のボタンは現在地を表示する機能、また1つ上のボタン(『🔄』)は雨雲情報の読み込み直しの機能です。


3. 新たに追加された河川の水位やライブカメラ情報


以前の英語版ページ(※URLは違う)にはなかったのですが、今回新たに作られた英語版ページには、上記でも書いたように河川の水位やライブカメラが見られる機能が追加されました!こちらはある程度 地図を拡大表示してる状態だと表示されるアイコンをタップすることで、見る事ができます。( ´ ▽ ` )ノ



上記でも書きましたが、日本語版と違って雨雲レーダーの地図から確認できるので、分かりやすくて良いと思います。


4. PCブラウザでも閲覧可能!


これも上記で書きましたが、今回新たに作られた英語版ページは、PC用ブラウザでも問題なく動きます!旧ページはうまく動かなかったので、これも良い点だと思います。(*^^*)

川の防災情報ページ英語版:PCブラウザでも利用可能に! - 8(雨雲の状況変化)
川の防災情報ページ英語版:PCブラウザでも利用可能に! - 8(雨雲の状況変化) posted by (C)kyu3

川の防災情報ページ英語版:PCブラウザでも利用可能に! - 4(ライブカメラ)
川の防災情報ページ英語版:PCブラウザでも利用可能に! - 4(ライブカメラ) posted by (C)kyu3

ちなみに動作確認は、Mac版のOpera 53とFirefox 60で行いました。


5. 問題点とTips


最後にこのページの問題点と、いくつかのTips(ちょっとした役立ち情報)を書こうと思います。まず問題点ですが、このページを使ってて問題だと感じるのは、以下の2点だと思います。
  1. iPhoneのホーム画面にWEBアプリとして追加する時、Safariで表示してる状態とWEBアプリ化された状態の地図表示位置が若干ずれる。
  2. 雨雲の読み込みに時間がかかる時がある。
まず「1」についてですが、これは最初にホーム画面に追加する時だけですが、Safariでこのページの自分が表示したい状態(※地図の位置や縮尺倍率、雨の透過度、主要河川を強調表示するか等)を設定した後、Safariのメニューから『ホーム画面に追加』を選択 → WEBアプリ化する際、Safariで表示してる状態とWEBアプリ化後に表示される状態では、表示位置が若干 右上にずれます!

比較GIFアニメ↓
Safari表示時とホーム画面に追加後の比較GIFアニメ

大した違いではないですが、どうしても自分が正確に意図した場所を表示させたい場合は、何度かやり直さなければならないので、ちょっと面倒です。(^_^;

ちなみに雨雲の推移を表示した時も、Safariの時のようにアドレスバーやツールバーがあって表示範囲が少し狭まってる状態とイメージが若干異なるので、その点も気になる人は気になるかも…しれません。^^;

次に「2」についてですが、これはアクセスが多い場合や読み込まれる雨雲のデーター量が多い場合に発生するのだと思われますが、時々読み込みに少し時間がかかることがあります。これは日本語版でも発生しますし、ある意味しょうがない問題ですが、ちょくちょく起きるので、その点気になる方もいるかも…しれません。

最後に1つTipsですが、このページには地図上の主要河川(?)を強調表示する機能があります。それがあるとその強調される川沿いに住んでる方などは、おおよその目安になって良いかもしれませんが、そうでない場合は邪魔だなぁ〜と思う方もいるのではないかと。かく言う私もそうなんですが、そんな場合はハンバーガーメニューの『River channel』のチェックを外すことで、この強調表示をオフにできるので、もし気になる方はオフにしてみてはいかがでしょう?

比較GIFアニメ↓
主要河川の強調表示オンオフのGIFアニメ

なお念の為書いておきますが、今回この記事では、スクリーンショットやキャプチャー動画などを愛知県の部分で行いましたが、もちろんこのページは愛知県のみを対象としてるのではなく、日本全国をカバーしてるので、他の地域に住んでる方にも役立つと思います。( ´ ▽ ` )ノ


【関連リンク】
国交省「川の防災情報」
川防English・・・国交省「川の防災情報」ページの英語版

【関連記事】
ケーブルTV「キャッチネットワーク」HPのライブカメラが結構便利! : Kyu3’s Blog
名古屋市の災害対応について(特にインターネットに関して)思った事 : Kyu3’s Blog
続・名古屋市の災害対応について(特にインターネットに関して)思った事 : Kyu3’s Blog


【追記(2018年6月20日)】


今日太平洋沿いでかなりの雨が降ったのですが、例えば大雨で河川水位が上昇し、危険な状況になった場合、このように地図に目印が表示されます。

国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 5:和歌山県と静岡県の河川でアラート
国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 5:和歌山県と静岡県の河川でアラート posted by (C)kyu3

それをタップするとすぐに危険となってる河川の水位が確認できるので、これもこのページの良い点かと!(*^^*)

国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 8:静岡県の河川でアラート(牛渕川)
国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 8:静岡県の河川でアラート(牛渕川) posted by (C)kyu3



ちなみに目印をタップしなくても、危険水位となっている河川がある地域を地図で表示するだけで、下の画像のような確認を促すアラートが表示されます。このアラートが表示された場合、『Check』ボタンをタップすると、すぐに危険水位になってる河川の情報(※上の画像のような情報)が表示されます。

国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 3:日高川付近を表示すると表示されたアラート
国交省「川の防災情報」英語モバイル版(2018年6月20日) - 3:日高川付近を表示すると表示されたアラート posted by (C)kyu3

Opera VPNがサービス終了!SurfEasyへの移行促す

2年前(2016年)に無料のVPN & 広告ブロックアプリとしてリリースされ、他のOperaのサービスと異なり中国企業連合に買収されず、「OSL Networks」と言う新たな社名で運営を継続していた「Opera VPN」が、iOS版・Android版ともに、4月30日でサービスを終了するそうです。公式HPでもそのことがアナウンスされていました。

Opera Free VPN・・・公式HP
Opera is shuttering its VPN app for iOS and Android, sending users to SurfEasy:PCWorld
Opera VPN for Android, iOS is shutting down:SlashGear

公式HPにはマスコットキャラ「オラフ」引退(『Olaf’s retiring』)の文字が↓
Opera VPNか?サーヒ?ス終了て?公式HPにアナウンス - 2
Opera VPNか?サーヒ?ス終了て?公式HPにアナウンス - 2 posted by (C)kyu3

なお有料プラン(App内課金)を利用している場合は、元Operaの子会社で中国企業連合に買収されず、現在はシマンテック傘下になってるVPNサービスSurfEasy(※もともとOpera VPNが利用してるのは「SurfEasy」のサーバーでしたが…)の有料プラン(Ultraプラン)が、1年間無料で利用できるそうです。また無料プランのみ利用してる場合も、80%オフで「SurfEasy」の有料プラン(Totalプラン)が利用できるようになるとのこと。


【関連リンク】
Opera Free VPN
Opera VPN公式Twitter
Opera VPN:App Store
Opera Free VPN:Google Play

【関連記事】
iOS向け無料・無制限のVPNアプリ「Opera VPN」レビュー : Kyu3’s Blog
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • 豊田市も自治体情報配信用のTwitterアカウントの運用開始!
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 山下しずおが予定価格漏洩の隠蔽を指示!?「小牧市政をかえる会」がリーク文書を全文公開!(小牧市こども未来館・子育て包括支援センター官製談合問題)
  • 山下しずおが予定価格漏洩の隠蔽を指示!?「小牧市政をかえる会」がリーク文書を全文公開!(小牧市こども未来館・子育て包括支援センター官製談合問題)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)