ドラマ・映画

AmazonプライムビデオとNetflixのお薦め作品(2020年7月):「ビデオゲーム The Movie」「ホームカミング(シーズン2)」「パラサイト 半地下の家族」「DCスーパーヒーローガールズ」

今回は Amazon プライム・ビデオで観た作品3つと、Netflix で観た作品1つを紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. ビデオゲーム The Movie
  2. ホームカミング(シーズン2)
  3. パラサイト 半地下の家族
  4. DCスーパーヒーローガールズ

1. ビデオゲーム The Movie


最初に初回する作品は、Amazon プライム・ビデオで配信中の映画ビデオゲーム The Movieです。

「eスポーツ」や「ゲーム配信」など、昨今何かと話題になる事も多いビデオゲーム(テレビゲーム)。その歴史を振り返り、世界初のビデオゲーム誕生からこの映画が制作された2014年までに起きた様々なゲーム関連の事件や事象、ゲームの進化などについて、それぞれの関係者やゲーム好きの著名人が語るドキュメンタリー映画です。

実際ゲームをプレイする人だけでなく、ゲーム制作に関心がある人やゲームビジネスに興味がある人も、色々と得るものがあるのではと思います。興味がある人は観てみてはいかがでしょう?

ちなみにこの映画の Wikipedia のページによると、制作資金はクラウド・ファンディングで集められたそうです。あと Amazon プライム・ビデオで配信されてるのは、字幕版のみです。

ビデオゲーム The Movie(字幕版):Amazon Prime Video




2. ホームカミング(シーズン2)


次に紹介する作品は、Amazon オリジナル・ドラマ『ホームカミング』のシーズン2です。1年前に紹介したジュリア・ロバーツ主演のシーズン1の続きなので、シーズン1を観てない場合はシーズン1から観て下さい。シーズン2から観ると、よく分からないと思うので。

このシーズン2では前回主演だったジュリア・ロバーツに代わり、歌手であり女優やモデルでもあるジャネール・モネイさんが主演を務めています。ちなみにジュリア・ロバーツは完全に制作側(製作総指揮)のみとなり、今回は出演していません。

「ホームカミング」シーズン2はジャネール・モネイが主演 ジュリア・ロバーツから交代:映画.com

ストーリーを簡単に説明すると、ジャネール・モネイ演じる主人公が目覚めると、そこはボートの上でした。しかも彼女は記憶を失っていて、自分が誰なのかすら分かりません。何とか岸辺にたどり着いた彼女は、自分は誰なのか?なぜここにいたのか?何をしていたのか?自ら探っていきます。

感想としては、前作よりもミステリーやサスペンス的要素が分かりやすくて面白かったです。また前作で気になった昔の前衛的な映像表現がなくなっていたので、映像的に見やすかった点も私には良かったです。ただラストはかなり大味!綺麗に終わらすにはこうするしかなかったのかもしれませんが、最終話は展開や細かな描写にちょっと無理があるように感じました。(^^; しかし最終話の1つ前の第6話までは本当面白かったです。

ちなみにこのドラマは吹替版もあります。また 4K UHD 版もあります。

ホームカミング シーズン2(吹替版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(字幕版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(吹替・4K UHD 版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(字幕・4K UHD 版):Amazon Prime Video



【関連記事】
Amazonプライムのお薦めドラマ(2019年5月):「Fleabag フリーバッグ」「ホームカミング」(追記あり) : Kyu3’s Blog


3. パラサイト 半地下の家族


次に紹介する作品は、昨年(2019年)カンヌ映画祭で最高賞の「パルム・ドール」を受賞し、アカデミー賞では「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「国際長編映画賞」の4部門を受賞した話題の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。普段韓国の映画やドラマはまったく観ないのですが、今回 Amazon プライム・ビデオで先行レンタルされていたので観てみました。

『パラサイト 半地下の家族』、6/19からAmazon Prime Videoで先行配信。BD/DVDも発売:PHILE WEB

Amazon 以外でも7月3日からレンタル等の配信が始まるので、これから観る人も大勢いると思います。なので内容については詳しく書きませんが、感想としてはそれなりに面白かったですが、映画の上映時間の関係などで、かなりシーンがカットされてるのではと思いました。と言うのも、特に前半部分がそうなのですが、あまりに淡々と物事が進んでいくので、考えればそれがどう言うシーンなのかは分かるのですが、その過程や説明するシーンがあった方が、よりこの作品が伝えたい事が伝わるのではと感じたからです。なのでシーンをかなりカットしてるのではないかと。

もし実際カットされてるシーンがたくさんあるのであれば、カットされてないディレクターズ・カット版が観てみたいです。もしくはドラマ化したら良いのではと思います。ドラマならもっと細かい説明やシーンも盛り込めるでしょうから。

ちなみに私は HD 版のレンタルの字幕版で観たのですが、吹替版や 4K UHD 版もあります。いずれもレンタルの場合は、500円です。

パラサイト 半地下の家族(字幕版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(吹替版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(字幕・4K UHD版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(吹替・4K UHD版):Amazon ビデオ




4. DCスーパーヒーローガールズ


最後に紹介する作品は、Netflix で配信されてるアニメ『DC スーパーヒーローガールズ』。マーベルと並ぶアメコミの2大巨頭「DC コミックス」の女性キャラクターが多数登場する学園ものの子供向けアニメで、ワンダーウーマンやバットガール、スーパーガールなどの DC コミックスのキャラクターが、高校生として登場します。

今回この作品を紹介したのは、この作品がそれなりに面白かったと言うのもありますが、昨今大人と子供が一緒に観られるアニメの需要があるかと思います。このアニメはまさにそう言った用途に向いてるのではと思ったからです。例えばアメコミ好きのお父さんと小さい娘さん。普段だとなかなか一緒に観られるアニメはなさそうですが、これだったら一緒に楽しめるのではないかと。(*^^*)

余談ですが、YouTube で「DCスーパーヒーローガールズ」で検索すると、今回紹介した作品とは全く異なる絵柄の同名作品の動画が多数ヒットします。「これ一体なんなんだろ?」と調べたところ、どうやら元々 YouTube などで配信されてた異なる絵柄の方が昨年(2019年)リメイクされたのが今回の作品のようで、他にも長編映画やレゴ版の映画も制作されてるようです。この点については英語版 Wikipedia に詳しく書かれているので、興味があれば翻訳サービスなどを使ってみてみて下さい。

DC Super Hero Girls:Wikipedia・・・英語版 Wikipedia のこの作品シリーズに関するページ。
DC Super Hero Girls 日本:YouTube・・・上記で紹介した別の絵柄の方の「DCスーパーヒーローガールズ」の日本人向けの YouTube 公式チャンネル。

なお2020年7月現在 Netflix で配信されてるのは、シーズン1の全10話のみ。日本語吹替えありです。あとこの作品の公式 YouTube チャンネルには、日本語吹替え版のショートストーリーが多数公開されています。もしこの作品を観て面白いと思った人や Netflix に加入していない方は、こちらで観てみてはいかがでしょう?

DC スーパーヒーローガールズ:Netflix
DC Super Hero Girls YouTube 公式チャンネル・・・日本語版のプレイリストがあります。



Amazonプライムビデオのお薦め作品(2020年5月):実写版「シティーハンター」「イン・ザ・ダーク」「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」「アップロード」

今回は Amazon ビデオ でレンタルした作品と Amazon プライム・ビデオで観た作品を計4つ紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
  2. イン・ザ・ダーク
  3. くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
  4. アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~

1. シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション


最初に紹介する作品は、昨年公開されて話題となった実写版『シティーハンター』こと映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』。公開時も映画館に観に行こうかすごく悩んだのですが、その作品が Amazon プライム・ビデオでレンタル可能になっていたので早速観ました。

私は字幕版で観たのですが、もし観るなら吹替版をお勧めします。と言うのも字幕版だと主要キャラの名前が違っていたり等。どうしても少し違和感が拭えないので。ちなみに主人公の冴羽獠は「ニッキー・ラーソン」と言うフランス語版『シティーハンター』の名前になっています。あと余談ですが、日本語吹き替えで冴羽獠を担当したのは「山ちゃん」こと山寺宏一さんです。

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション 【デラックス吹替版】:Amazon.co.jp
シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション 【字幕版】:Amazon.co.jp

観た感想ですが、映画として良く出来た作品だなと思いました。ドタバタ・アクション・コメディーとして、シティーハンターを全く知らない人もちゃんと楽しめるように作品が作られており、その点は素晴らしいなと感じました。それに加えて要所要所でシティーハンター・ファンをグッっとさせるような演出があり、シティーハンター・ファンならより楽しめる作品だと思います。



【関連リンク】
映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式サイト


2. イン・ザ・ダーク


次に紹介する作品は、イギリス BBC 制作の刑事モノのミステリー・ドラマ『イン・ザ・ダーク』。「スーパードラマTV」によるとイギリスのベストセラー作家「マーク・ビリンガム」の小説が原作とのこと。

イン・ザ・ダーク:スーパードラマTV

マーク・ビリンガムの作品の1つ↓↓
(※. 日本語に翻訳されてる本は、この作品のみのようでした。)


ドラマの制作年は2017年。舞台はイギリス。主人公は妊娠中の女性刑事で、彼女が時には1人で、時にはパートナーと組んで事件を解決していきます。ちなみにAmazon プライム・ビデオの対象で、配信されてるのは字幕版のみでした。

イン・ザ・ダーク【字幕版】:Amazon Prime Video

観た感想ですが、原作がしっかりしてると言うのもあるのか、ミステリーとして良く出来てて結構面白かったです。評価が高いのも納得!

ただてっきり全4話で1つの事件を解決するのかと思っていたのですが、2話ごとに1つの事件だったので、その点が少し意外でした。また良い感じに続きが気になる形で終わるのですが、残念ながら続編は制作されていないようで、その点が少し残念でした。




3. くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ


次に紹介する作品は、アニメ映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』。「映画.com」によるとベルギーの絵本作家の「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したものだそうで、調べてみたら日本の Amazon でも、この絵本の翻訳本がたくさん売られてました。

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ:映画.com

実際売られている作品↓↓
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
ガブリエル バンサン
BL出版
2015-08-07


セレスティーヌのクリスマス くまのアーネストおじさん
ガブリエル・バンサン
ブック・ローン出版
1983-11T


「くまのアーネストおじさん」の本を検索:Amazon.co.jp

映画の制作は2012年。2014年に「アカデミー賞長編アニメーション賞」にノミネート(※. この年の長編アニメーション賞は『アナと雪の女王』)された他、カンヌ映画祭では特別賞を受賞したそうです。

観た感想ですが、手書きイラストの様な映像表現や作品の内容自体も出来が良く、賞を受賞するだけの事はあるなと思いました。初期のジブリ作品が好きだと言う人は、とても楽しめる作品だと思います。ちなみにこちらも Amazon プライム・ビデオの対象です。

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【吹替版】:Amazon Prime Video
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【字幕版】:Amazon Prime Video




3. アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~


最後に紹介する作品は、近未来SFドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。意識や記憶がデジタル化可能になり、死後サーバー上に作られた人工的な天国にアップロード可能になり、ある意味人々が永遠の命を得るようになった世界の話。

ただ「天国」とは言え民間企業が提供するサービスなので、そこでは運営企業が儲けるための様々な仕掛けがあったり、支払える金額によってアップロードされた人たちが受けられるサービスに違いや差が儲けられていたり等。現実世界と同じ様なしがらみや悩みも存在しています。

この作品で面白いなと感じたのは、技術の描かれ方。3Dプリンターを使った料理や自動運転の車など、今ある技術の延長にある技術が「実際こうなるだろうな」と言う形でとても上手く描かれていると思います。

ちなみにこのドラマの配信開始は2020年5月1日とつい最近。Amazon オリジナル・ドラマで、 プライム・ビデオの対象です。あと配信後1週間で続編の制作が発表されています(※.監督曰く「(もともと)2シーズンの作品のつもりで(脚本を)書いていた」そうです)。

アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【吹替版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【吹替 4K UHD 版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【字幕版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【字幕 4K UHD 版】:Amazon Prime Video



【関連リンク】
Upload(@UploadOnPrime):Twitter・・・番組公式 Twitter。
Upload(@uploadonprime):Instagram・・・番組公式 Instagram。
アップロード (テレビドラマ):Wikipedia
Amazonドラマ『アップロード』シーズン2 製作が決定! ネイサンとノラの"次の物語"描く 監督は2シーズンのつもりで作っていた:VG+
Amazon新作ドラマ『アップロード』が早くもシーズン2へ更新!キャストが新シーズンに望むこと:海外ドラマNAVI

Huluのお薦めドラマ(2020年3月):「ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル」「ビバリーヒルズ再会白書」

今回は Hulu で最近観たドラマの中から、お薦めのものを紹介します。

1. ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル


最初に紹介する作品は、ロンドンを舞台としたバディものの犯罪ミステリードラマニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル。主人公はイラン系イギリス人のアラッシュと、ポーランド人のステファン。彼らが偶然出会った事で、さまざまな事件を解決していくと言うストーリー。

ただちょっと変わってるのは、主人公 2人が別々の組織に属してること。アラッシュは刑事見習いで警察に属してるのですが、ステファンの方は「SFO(重大不正捜査局)」と言う企業などの不正や汚職を取り締まる組織(※. 実在します)に属しています。そんな 2人が別々に捜査・調査しつつも、毎回偶然にも同じターゲットや企業などを捜査・調査することになり、事件を解決していきます。

感想としては、結構面白かったです。主人公 2人のやり取りはちょっとコミカル。しかし事件や展開は割りとシリアスな内容となっており、何となくですが、ひと昔前の刑事ドラマ(例. 『あぶない刑事』『リーサル・ウェポン』)っぽいなと思いました。

ちなみにドラマは全部で 7話ありますが、2・3話ごとに 1つの事件の話となっています。あと製作は 2016年なので続編の製作についても調べましたが、続編製作に関するニュースは見つけられませんでした。




2. ビバリーヒルズ再会白書


次に紹介するのは、昔の大ヒットドラマ『ビバヒル』こと『ビバリーヒルズ高校白書』や『ビバリーヒルズ青春白書』に登場する役者さんたちが、本人役で登場するドラマビバリーヒルズ再会白書

『ビバヒル』で有名になった彼らですが、その後様々な人生経験や紆余曲折を経る事になります。そんな彼らが一同に集結。『ビバヒル』のリブート版(※. 簡単に言うと続編)を製作しようとするドラマです。オリジナルの『ビバヒル』撮影当時の裏話や彼らがその後どんな人生を歩んできたかなどについてネタがたくさん仕込まれてるので、昔ビバヒル・ファンだった人には結構楽しめる作品だと思います。(*^^*)

ただこの作品はあくまでもフィクションなので、全部が全部事実と言う訳ではありません。事実と異なる部分もあります。例えばデビッド・シルバー 役のブライアン・オースティンは、このドラマでは有名歌手と結婚したことになっていますが、有名な女性であることは同じですが、実際結婚したのは女優のミーガン・フォックスです。この様に虚実入り交じった作品となっていますが、その辺りをネットで調べながら比較するのも、ビバヒル・ファンなら楽しめるんじゃないかと思います。

ちなみに私は日本語吹き替え版で見たのですが、吹き替え版の声優も、当時のオリジナルメンバーなのだそうです(※. 安達忍さんはドナ役の声優さんです)。


あとこの『再会白書』の配信に合わせて『高校白書』や『青春白書』も、Hulu で配信されています(※. ただし権利の都合上、シーズンによっては一部エピソードのみとなってるシーズンもあるそうです)。

ビバリーヒルズ高校白書/青春白書:Hulu




【追記(2020年3月13日)】


上記の『ニュー・ブラッド』に似てる刑事ドラマの例として『あぶない刑事』を挙げましたが、それより『リーサル・ウェポン』の方がふさわしいと思ったので、こちらを追記しました。ちなみに『リーサル・ウェポン』のオリジナルは映画で、1987年に第1作目が公開され、全部で4作品製作されています。また最近ドラマ化もされましたが、そちらはシーズン3まで製作されています。

リーサル・ウェポン:Wikipedia
リーサル・ウェポン (テレビドラマ):Wikipedia

Netflixのお薦め作品(2020年2月):「マルコ・ポーロ」「シザーセブン」「キポとワンダービストの冒険」(追記あり)

今回は最近 Netflix で見たお薦め作品について、記事を書こうと思います。ちなみに今回紹介する作品は、一応すべて Netflix オリジナル作品です。

1. MARCO POLO マルコ・ポーロ


最初に紹介する作品は、ドラマMARCO POLO マルコ・ポーロ。言わずと知れた『東方見聞録』を書いたとされる人物。ただ今回このドラマを見るにあたって調べたところ、実際『東方見聞録』を書いたのは「ルスティケロ」と言う人物だそうです。マルコ・ポーロがアジアからヨーロッパに戻った後に戦争で捕虜になり、獄中で自らの体験や訪れた場所の情報を語り、それをルスティケロがまとめて本にしたのが『東方見聞録』なのだそうです。

「東方見聞録」とは:コトバンク
東方見聞録:Wikipedia



Kindle版↓↓


このドラマでは主人公のマルコ・ポーロが今から約 750年前の 13世紀後半、当時ユーラシア大陸の大部分を支配していたモンゴル帝国の 1つで中国北部を支配していた「元」王朝の首都「大都」(※. ドラマ内ではヨーロッパでのこの都市の呼び名「カンバルク」)を訪れ、フビライと謁見するところから始まります。そしてマルコはフビライになぜか気に入られ(?)仕えることになり、様々な体験をしたり過酷な指令をこなしていくと言うのが非常におおまかなストーリーです。

ちなみにマルコが父親と叔父(途中までは宣教師も)とともにユーラシア大陸を横断し、フビライに謁見するに至る事情については、以下のリンク先の Wikipedia のマルコ・ポーロのページの『東方見聞録』の内容に関する部分にまとめられています。私はこの部分をドラマを見た後で知ったのですが、ドラマを見る前にこの部分を読んだ方が、ドラマの内容が分かりやすくなると思います。

マルコ・ポーロ >『東方見聞録』の内容:Wikipedia

それと「歴史もの」と言うことで歴史的に正しいのかどうか調べたのですが、私自身この時代に詳しくなく、おもに Wikipedia 等で調べたのですが、非常におおまかな流れは史実に沿っているものの、1つ 1つのエピソードはかなり脚色されていて、史実と異なる部分が多いようでした。例えばシーズン 1の中盤辺りから登場する宋の幼帝「祥興帝」は、史実だと元軍に追い詰められた後、家臣が彼を抱いたまま海に飛び込んだ結果死亡したようですが、ドラマではその後(?)生きていたことになり、史実と異なるドラマが展開されます。

祥興帝:Wikipedia

他にも史実だとここで死なない人が死んだり等、ドラマの展開としては面白いですが史実とは異なる内容が多いようなので、あくまでこれはフィクションだと理解した上で見た方が良いと思います。

前置きが長くなりましたが、以下ドラマの感想について。左記の通り史実と異なる展開は多々ありますが、ドラマとしては面白いです。カンフーアクションあり、ロマンスあり。政争・戦争ドラマとしても、割りとよくできてると思います。

ただ1つ気になる点がありました。それは主人公マルコの魅力のなさ。シーズン 1が特にそうなのですが、彼自身に特に優れた点が感じられず。ハンサムな役者さんがやってるので見た目は良いのですが、頭が良い訳でもなく、表現力に優れてる訳でもなく、何かに能力を発揮するでもない。割りとキャラとしては、凡人として描かれています。

その一方で現代人の私達に近い価値観も持っているので、制作側の意図としては「見てる人たちが感情移入しやすいように設定したキャラ」なのかもしれませんが。なぜフビライが彼を気に入ったのか、見ていてずっと気になりました。(^^;

最後にこのドラマ、もしこの時代に詳しくないのであれば、以下の用語も知っておいた方が良いと思います。割りと頻繁に出てくる言葉なので。

「カラコルム」とは:コトバンク
「クリルタイ」とは:コトバンク

あとこの作品中に登場するマルコを鍛える謎の武闘家「百の眼」は、たぶん実在した人物ではなく、このドラマのオリジナルキャラだと思います。この人物がなぜ「百の眼」と呼ばれフビライに仕えているのか、その経緯と人物像を描いたミニドラマも、本編とは別に製作されています。こちらも興味があれば、見てみてはいかがでしょう。

MARCO POLO ONE HUNDRED EYES マルコ・ポーロ:百の眼:Netflix




2. シザーセブン


次に紹介する作品は、中国の人気 WEBアニメを元に製作されたシザーセブンオリジナル版は中国版「ニコニコ動画」こと「ビリビリ動画」で配信されてるようなのですが、地域制限の関係で見られませんでしたが、YouTube で中国語の作品名(「刺客伍六七」)で検索したところ、それらしいのが多数ヒットしました。

「刺客伍六七」で検索:YouTube

比較したところ Netflix 版の方が若干改良されてる感じもしますが、ほぼオリジナルのまま配信されてるようです。見てもらうと分かりますが、こう言うラフなタッチの絵柄が特徴となっています。

ストーリーを簡単に説明すると、ハサミを自由自在に操る特殊能力のある主人公「セブン」が、相棒の青い鳥のアドバイスに従って、お金を稼ぐために、床屋をやりながら殺し屋家業をしていくと言う話です。お金儲けするために殺し屋すると言うのは、ちょっと無理がありますが…(^^;

ただ内容自体は割りとシビアなものが多いですが、主人公のセブンはお人好しで間の抜けたキャラなので、殺しの依頼をされてもいつもうまく行かず。それが面白おかしく描かれています。

最後に感想ですが、端的にこのアニメを表現するなら『ドラゴンボール』の初期と『ワンピース』をミックスしたようなアニメでしょうか。格闘シーンは初期のドラゴンボールっぽいですし、動物が擬人化されて人間と同じ様に行動したりする点は、両方のアニメの特徴ですし。また殺し屋も海賊も一般的には認められない職業なので、その点は『ワンピース』に似てるなと思います。

ただ気になる点が 2つありました。まずは主人公セブンの声。他のキャラは良いのですが、なぜか主人公セブンだけが素人っぽい。中国語の歌を歌うシーンがあるので「ひょっとして中国語のできる若手声優さんを採用したのかな?」とか「意図的にこう言う話し方をするように演出したのかな?」などと考えましたが、作品の詳細欄に『斉藤慎二』とあったので調べたところ、お笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二さんがセブン役をやってました。

彼の Wikipedia を見ると、これまで声優の経験はなく、今回が初めてのようですが、作品自体はまぁまぁなので、大人の事情で採用されたのかななんて風に思いますが、できたらちゃんとした声優さんにやってもらった方が良かったのでは…なんて風に思いました。(^^;

斉藤慎二:Wikipedia

もう 1つ気になったのは、最初に世界観が分かりづらいと言うこと。町並みやそこで暮らしてる人たちは現代中国っぽいのですが、鳥がしゃべってたり、犬や猫が人間みたいに行動したり等々。リアルと違う世界だと言うことは分かるのですが、何となく全体的な世界観が見えてこない。

ただこれはシーズン 1の最後の方で明らかになるので、あえてこう言う風にしたのかなとも思いますが、個人的には最初にここがどう言う世界なのかを説明する場面や絵があった方が良かったなと思います。
※. シーズン2がすでに配信されていました!詳しくは「追記」を参照。



3. キポとワンダービストの冒険


最後に紹介する作品は、ドリームワークス製作のアニメキポとワンダービストの冒険。ほとんどの人類が地下で暮らし、地上は人間の様な知性を持った動物や目が4つあるなどの奇怪な特徴のある動物、巨大化した動物などが生息する世界。そんな地上にアクシデントで出てしまった人間の少女キポ(主人公)が、地上で生き残っていた少女や少年らとともに、キポの父親らが暮らす地下世界に戻ろうとする話です。

現代文明崩壊後の世界の話と言うと、昨年(2019年)アニメ化され話題となった『Dr. STONE(ドクターストーン)』を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、『キポとワンダービストの冒険』はこのアニメの様な崩壊して数千年後を描いた作品ではなく、崩壊してせいぜい数十年と言ったところでしょうか。建物などはまだ残っていますし、お店の中の保存の聞く商品は、まだ食べれる状態で残ってたりします。そんな世界です。

感想としては、登場するキャラはとても個性的だなと思います。様々な動物が人間の様な知性を持ってるのですが、それぞれが色んな特徴を持っていますし、知性のない動物も目が 4つあったり腕がたくさんあったり等。本当に個性豊かなキャラクターが登場します。その点は興味深いし、面白いなと思いました。またストーリーも割りと良かったですし、さすがドリームワークスだなと言った感じ。

あと今回紹介した上記 2作品は『マルコ・ポーロ』が大人向き、『シザーセブン』は青年向きですが、この『キポとワンダービストの冒険』は完全に小さい子向き。『マルコ・ポーロ』はセクシーシーンやかなりエグいシーンもあるので子供には見せられないでしょうし、『シザーセブン』は主人公が殺し屋なので小さい子供に見せるのに抵抗ある人もいるかもしれませんが、『キポとワンダービストの冒険』は小さいお子さんに安心して見せられる作品だと思います。なので、そう言う意味でもお薦めです。
※. シーズン2の配信が決定していました!詳しくは「追記」を参照。




【関連リンク】
ドラマ『マルコ・ポーロ』に関するトリビア7選:ciatr
『マルコ・ポーロ』がシーズン2でキャンセルに:海外ドラマNAVI
中国WEBアニメのダークホース「刺客伍六七(シザー・セブン)」 Netflixで全世界配信決定!:中国アニメブログ ちゃにめ!

【関連記事】
Huluのお薦め作品(2019年7月):「バーバリアンズ・ライジング ~ローマ帝国に反逆した戦士たち」「ブルーストーン42 爆発物処理班」 : Kyu3’s Blog
Amazonプライムのお薦め子ども向けアニメ:『The Gruffaloシリーズ』『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』『ニコ 光の剣を持つ戦士』(追記あり) : Kyu3’s Blog


【追記(2020年5月15日)】


『シザー・セブン』のシーズン2がすでに配信されていました。また『キポとワンダービーストの冒険』のシーズン2が6月12日から配信されるそうです。いずれも Netflix の番組公式ページを見て知りました。

シザー・セブン:Netflix
キポとワンダービーストの冒険:Netflix

名刺代わりの映画10選

Twitter でも流行っていて、私がよく聞いてるポッドキャスト「映画の話をしているのに必ず脱線して違う話になるポッドキャスト」(※. 略称「脱むー」)でも、パーソナリティーのお二人がこの件について話をしていたので、自分なりにまとめてみました。私がこれまで見たお薦め映画 10選は、以下の 10作品です。( ´ ▽ ` )ノ

  1. チャップリンの『独裁者』
  2. ルパン三世 カリオストロの城
  3. インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
  4. ヤングガン
  5. ユー・ガット・メール
  6. 機動警察パトレイバー the Movie
  7. 3人のゴースト
  8. レオン
  9. 2001年宇宙の旅
  10. ネバーエンディング・ストーリー

以下、それぞれの作品について短くコメントします。

1. チャップリンの『独裁者』


この作品は学生時代に見たのですが、1940年代に作られた古い映画なので、見る前は「古臭くて面白くなさそう」と感じてました。しかし実際見てみて感動!全然古くないですし、コメディ部分は今見てもちゃんと笑えます。彼らがまさに「映画」と言うものを作ったと言うのがよく分かる作品。そして最後のチャップリンの演説には感動して泣いてしまいした。しかもこの映画が作られたのが、この映画で描かれたヒットラーがまさに生きてる時代。その点もすごいなと思います。


2. ルパン三世 カリオストロの城


自分を語る作品の中で1つは宮崎作品をあげようと考えた結果、私にとって宮崎作品で一番感動したのはこの作品でした。映画としてもすごく面白いし、アクションシーンもコメディーシーンも、ラストシーンもどれも好きです。そして多くの人にとってそうでしょうが、ラストの銭形はカッコイイ!


3. インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア


一時期「ヴァンパイア」と言う存在にハマっていた時期があります。人間より強く不死身のような存在。しかしそこには常に悲劇性がつきまとう。この作品でも、そんなヴァンパイアが描かれています。ブラピとトム・クルーズが主演で、どちらも存在感があります。最後の方で科学技術が進んでいった結果、映像で太陽を見れるようになるシーンも印象的。


4. ヤングガン


伝説のガンマン「ビリー・ザ・キッド」を描いた作品。主演のエミリオ・エステベス演じるビリーがカッコイイ(特にラストシーン)!この作品を見て以降、一時期西部劇ばかり見ていました。


5. ユー・ガット・メール


この作品は音楽もすごく良かったです。キャロル・キングの歌を始め、素敵な曲が沢山かかります。なのでサントラを買いました。あとラストのメグ・ライアンの表情がすごい!さすがスーパスターと言う感じで、後光が差してるかのように見えました。


6. 機動警察パトレイバー the Movie


宮崎作品以外にもアニメ作品はないかと考えた結果、この作品が浮かびました。パトレイバーはいくつか映画になっていますが、これは一番最初の作品。登場するレイバーもカッコよかったですし、何より「帆場暎一」の存在がすごく良かったです。この映画のあと原作の漫画にも登場したのを見た時は、思わず「おぉ!」と声が出ました。


7. 3人のゴースト


クリスマス・キャロル』を現代風にアレンジした作品。私はハッピーエンドの作品が好きなので、この作品はその中で特に幸福度が高い映画でした。最後の子供のセリフを聞いた時は、感動で泣いてしまいました。


8. レオン


この作品はハッピーエンドではないけれど、とても印象に残った作品。悲劇・アクション・コメディの要素もあります。一番印象的だったのは敵役のゲイリー・オールドマン。この人は『フィフス・エレメント』など、様々な映画でちょっと狂った悪役を演じていますが、この作品でもそれがすごく良い感じに出てて、リアルに怖かったです。


9. 2001年宇宙の旅


SFの名作。すごく印象的なオープニングから始まり、途中のリアルな宇宙描写も含め、キューブリックの映像がとても印象に残る作品。AI の暴走や監視など、現代でもこれから問題となるであろう事が描かれてる点でも先進的だったと思います。ラストの謎が多く残る展開も、とても不思議でしたが、印象に残りました。


10. ネバーエンディング・ストーリー


原作も読みましたが、映画の出来がすごく良かったです。ファンタジー作品の傑作だと思います。登場するキャラクターも映像も素晴らしく、展開もとても面白かったです。私もファルコンに乗って、空を飛んでみたいです。

原作↓
はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)
ミヒャエル・エンデ
岩波書店
1982-06-07



【関連リンク】
「#名刺代わりの映画10選」で Twitter 検索
vol.379 ちゃんまいの名刺代わりの映画15選:映画の話をしているのに必ず脱線して違う話になるポッドキャスト・・・脱むーの当該回
vol.380 ちゃんくみの名刺代わりの映画10選:映画の話をしているのに必ず脱線して違う話になるポッドキャスト・・・脱むーの当該回

【関連記事】
2019年に観たお薦め作品(主にドラマ)10選 + おまけ : Kyu3’s Blog
2018年にNetflixで見たお薦め作品ベスト10 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのミステリードラマ 5選 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのシットコム 5選 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選 : Kyu3’s Blog

iPhoneのPodcastアプリで聴けるお薦め番組15選 : Kyu3’s Blog
Twitterで「あるあるネタ」が大流行!! : Kyu3’s Blog

小牧市長のレイプ告発記事

小牧市長が女性からレイプで告発され「身の潔白は証明しない」「裁判は負けるからしない」と市長職に居座り事に抗議します!
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • iPhoneでダウンロードしたはずのポッドキャストや音楽がダウンロードしてないと表示される不具合の解消法
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • アリに襲われるセマダラコガネ
  • AmazonプライムビデオとNetflixのお薦め作品(2020年7月):「ビデオゲーム The Movie」「ホームカミング(シーズン2)」「パラサイト 半地下の家族」「DCスーパーヒーローガールズ」
  • AmazonプライムビデオとNetflixのお薦め作品(2020年7月):「ビデオゲーム The Movie」「ホームカミング(シーズン2)」「パラサイト 半地下の家族」「DCスーパーヒーローガールズ」
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)