アニメ

2018年にNetflixで見たお薦め作品ベスト10

昨年(2018年)「Netflix」と契約して沢山のドラマを観たんですが、その中でお薦めの10作品を紹介します!ちなみにタイトルの後に「(N)」が付いてるのは、Netflixオリジナル作品です。(*^^*)

順位


1位. ブルックリン99
2位. 私立探偵ダーク・ジェントリー シーズン1(N)
3位. iゾンビ
4位. ロスト・イン・スペース(N)
5位. THE CASE/ケース
6位. ミス・フィッシャーの殺人ミステリー
7位. 魔法が解けて(N)
8位. ヒルダの冒険(N)
9位. LUCIFER/ルシファー
10位. グレート・ニュース(N)


1位. ブルックリン99


1位は何と言っても『ブルックリン99』!!ニューヨークの警察署を舞台としたシットコム(シュチュエーション・コメディ)で、とにかく面白かったです!これまで生きてきた中で観たすべてのシットコム作品の中でも、2番目に面白かったと思います(※ちなみに1位は『ビックバン・セオリー』です)♪ (*^^*)ww




2位. 私立探偵ダーク・ジェントリー(シーズン1)


2位は『私立探偵ダーク・ジェントリー』シーズン1です!シーズン2はファンタジー色が強くなってしまい、私個人はファンタジーがあまり好きではないので「ちょっと…」と感じてしまいましたが、シーズン1はとにかく面白かったです!!ww レビューにも書きましたが、とにかくハチャメチャで無茶苦茶!!ストーリー自体はそんな突飛な話ではないですが、ミステリーの"お約束”を意識しつつそれを痛快にぶち壊す展開が、非常に面白かったです♪ (*^^*)



【関連記事】
NETFLIXのレビューとお薦め作品(2018年2月):『ブルックリン・ナインナイン』『私立探偵ダーク・ジェントリー』『スニッファー ウクライナの私立探偵』他 : Kyu3’s Blog


3位. iゾンビ


3位は異色のミステリー『iゾンビ』。優秀な研修医だった女性がゾンビになってしまい、医者になる夢をあきらめ死体安置所で働きながら、被害者の脳を食べることでその記憶や特性を得つつ、相棒の警察官とともに事件を解決すると言うストーリー。こう言った概要聞く限りだと、かなり"色物"っぽい感じがしますが、ミステリーとしての出来も結構良いと思います!ストーリーもまぁまぁ面白く、"ゾンビ物"ではあるのですが、グロいシーンが少ないのも良い点かと。(*^^*)



【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年7月):『iゾンビ』『サマンサ!』『GLOW(シーズン2)』(追記あり) : Kyu3’s Blog


4位. ロスト・イン・スペース


4位は大人も子供も一緒に楽しめる良質なSFドラマ『ロスト・イン・スペース』!レビュー記事にも書きましたが、単に優れた作品と言うだけでなく、見てすぐ分かる「これは金かかってるなぁ〜!」と言う点も、興味深く見れた理由の1つでした。現在制作中の続編(シーズン2)の配信も、楽しみにしています♪

Netflix『ロスト・イン・スペース』のシーズン2の製作が決定!:IGN Japan




5位. THE CASE/ケース


5位はスウェーデンが舞台のミステリー・コメディ『THE CASE/ケース』(原題は『Fallet』)です。最近結構人気を博してる「北欧ノワール」(北欧発のミステリードラマ)とは異なるテイストですが、とにかく小ボケの多い作品で、そこがすごく面白かったです!ww ミステリーとしてもまずまずの出来だと思います。




6位. ミス・フィッシャーの殺人ミステリー


6位はちょっと懐かしいテイストのミステリー・ドラマ『ミス・フィッシャーの殺人ミステリー』。舞台は1920年代のオーストラリアで、ドラマとしては例えば昔の作品で言うところの『ジェシカおばさんの事件簿』や、ちょっとテイストは違いますが『刑事コロンボ』や『名探偵ポワロ』などに近い作品だと思います。漫画で例えるなら『名探偵コナン』でしょうか?w コメディータッチで1話完結なので、割りと誰でも気軽に楽しめる作品だと思いますし、残酷なシーンもないので、その点も良い点かと。



【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年4月):『The Case』『ミスフィッシャーの殺人ミステリー』『ロスト・イン・スペース』 : Kyu3’s Blog


7位. 魔法が解けて


7位は『ザ・シンプソンズ』の製作者が製作した大人向けのアニメ『魔法が解けて』。シュールな展開で結構面白かったです♪ シーズン1は最後の展開が良く、今後3年かけて制作されると言う続編も楽しみです。

Netflix『魔法が解けて』シーズン2の制作が決定――新エピソードが2019年、2020年、2021年に放送予定:IGN Japan



【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年8月):『ハウス・オブ・フラワーズ』『魔法が解けて』『グレート・ニュース』『孫悟空の遊勇伝』(追記あり) : Kyu3’s Blog


8位. ヒルダの冒険


8位はイギリスのグラフィック・ノベル(※マンガ)が原作の子供向けアニメ『ヒルダの冒険』。登場するキャラクターが個性的ですし、世界観も良く出来てるなと思います。映像も良く、続編が出たら良いのになと思います(※今のところ続編は未定)。



【関連記事】
Netflixのお薦め子ども向けアニメ:『カップケーキ&ダイノのなんでも屋』『ぼくらベアベアーズ』『ヒルダの冒険』『ネクトン一家の深海探検』 : Kyu3’s Blog


9位. LUCIFER/ルシファー


9位は地獄の魔王「サタン」こと堕天使「ルシファー」が地上で様々な事件に遭遇し、相棒の警察官と事件を解決すると言う異色のミステリー(?)『LUCIFER/ルシファー』。正直ミステリーとしてはイマイチですが、何と言っても主人公のトム・エリス演じるルシファーがユニークで個性的で、見ていて面白いなと思います♪



【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年6月):『ギルト 〜罪深き闇〜』『LUCIFER/ルシファー』『世界の"今"をダイジェスト』『マーロン』 : Kyu3’s Blog


10位. グレート・ニュース


最後の10位は他の作品と迷いましたが、テレビ局を舞台としたコメディー・ドラマ『グレート・ニュース』にしました。正直コメディーとしてはそんな目新しいところがなく、ある意味定番なものだと思いますし、すごく面白いと言う訳ではないのですが、Netflixは割りとコメディーが少ないと感じてるので、その数少ないコメディーの中でまぁまぁ面白い作品と言うことで選びました。



【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年8月):『ハウス・オブ・フラワーズ』『魔法が解けて』『グレート・ニュース』『孫悟空の遊勇伝』(追記あり) : Kyu3’s Blog


【関連リンク】
Netflixで2018年に最もイッキ見されたシリーズ&オリジナル映画は?:映画.com

Amazonプライムのお薦め子ども向けアニメ:『The Gruffaloシリーズ』『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』『ニコ 光の剣を持つ戦士』(追記あり)

先日書いた「Netflixのお薦め子ども向けアニメ」の記事でも書きましたが、私は寝る前や何も考えたくない時などに、ボォーっと子ども向けアニメを見ることがあります。今回はそんな子ども向けアニメの中で、「Amazonプライム・ビデオ」で配信されてるお薦め作品を紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

1. The Gruffaloシリーズ


まず最初に紹介する作品は、人気の子ども向け絵本「The Gruffalo」シリーズをアニメ化した作品『The Gruffalo』と『The Gruffalo’s Child』です。

とにかく映像が素晴らしい作品だなと!(*^^*)

ストーリー自体はあくまで子ども向け(幼児向け)と言うこともあって、難しい内容や深い意味などもなく、単純明快!それがゆえに素直に映像が楽しめる作品だなと。私的には、寝る前に見るのにピッタリな作品でした。w

ちなみに両作品とも「リスの親が、子どものリスに話して聞かせる」と言う体(てい)で話が始まります。

あと両作品とも1話が26分。日本語吹き替えありです。それと元になった絵本シリーズは、Amazonでも売っています。

「Gruffalo」で本を検索:Amazon



【関連リンク】
The Gruffalo - Official Website・・・同作品の公式HP。
The Gruffalo:Twitter・・・同作品の公式Twitterアカウント。
The Gruffalo:Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品に関するページ。


2. ロッキーとブルウィンクルの大冒険


次に紹介する作品は、何とあの"ドリームワークス"が制作したAmazonプライムオリジナルの作品『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』(※英題は『The Adventures of Rocky and Bullwinkle』)です。

こちらはとにかくストーリーが良く出来てるなぁ〜と!1話完結でないのが私的には少し残念ですが、大人が見てもそれなりに楽しめる作品だと思います。

いわゆる"カートゥーン"なアニメ作品で、昔の作品で言うところの『トムとジェリー』などを彷彿させる作品。それもそのはず!実はこの作品、1959年〜1964年にかけてアメリカで制作・配信されたテレビアニメ(※.タイトルは『The Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends』)のリメイクで、2000年にはこの元アニメが映画化されてる作品でもあります!また「IMDb」で『Rocky and Bullwinkle』と検索すると、それ以外にもアニメ作品が制作されてるようです。

The Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends:Wikipedia・・・元作品の英語版Wikipediaのページ。
The Adventures of Rocky and Bullwinkle (film):Wikipedia・・・2000年に制作されたリメイク版映画の英語版Wikipediaのページ。
「Rocky and Bullwinkle」で検索:IMDb

ちなみにYouTubeで「Rocky and Bullwinkle」と検索しても、さまざまな時代の(?)作品が見られます。またAmazonで検索すると、DVD作品やクッズなどが多数ヒットします。そして映画版の方は、Amazonビデオでレンタルできます。

「Rocky and Bullwinkle」で検索:YouTube
「Rocky and Bullwinkle」で検索:Amazon
映画版「ロッキー&ブルウィンクル (字幕版)」:Amazon Video

なお現在配信されてるのは全13話。1話は全て23分で、日本語吹き替えありです。
(※2019年1月から続編の配信が決まったそうです。詳しくは追記を参照!)



【関連リンク】
The Adventures of Rocky and Bullwinkle (TV series):Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品に関するページ。


3. ニコ ~光の剣を持つ戦士~


最後に紹介する作品は、こちらもAmazonプライムオリジナル作品の『ニコ ~光の剣を持つ戦士~』(※.英題は『Niko and the Sword of Light』)です。

こちらもストーリーもので、私的には少し残念な1話完結でない作品ですが、ストーリー自体は割りと良くできてる作品だと思います。最後の展開が少し「何だかなぁ〜」と思う展開でしたが、それ以外は良かったと思います。登場するキャラクターも結構個性的で、その点も興味深かかったです。

あともう1つ寝る前に見るのに向かない点としては、主人公のニコが、タイトルからも分かる通り"光る剣(つるぎ)"を持っているのですが、その剣を使う時に結構な光が剣から発光されます。後半になってくると多少その光の強さが弱まってるように思うのですが、前半(特に本当に最初の方)は、印象つけるためもあってかかなり強い光が出るので、あまり寝る前には向いていないかも…しれません。(^^;

ちなみにこの作品、英語版Wikipediaのこの作品のページによると同名のコミック(※.アプリで配信?)を映像化したものだそうで、Kickstarterでアニメ化の資金集めが行われ、2015年にパイロット版が制作→2017年に本作品が制作されたようです。また2018年にアニー賞の「子供のためのアニメーション」部門(?)でノミネートされたそうです。

Niko and the Sword of Light:Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品のページ。
NIKO and the Sword of Light:Kickstarter
【Appstore for Android】Niko and the Sword of Light:Amazon.com・・・Amazon.comで配信されてる元作品と見られるAndroidアプリ

それと続編のシーズン2もすでに制作されてるそうで、上記の英語版Wikipediaのページによると、今月(2018年12月28日)に初演されるようです(※.日本のAmazonでも配信されるかは不明 日本のAmazonでも配信が始まってました!詳しくは追記その2を参照)。

Niko and the Sword of Light: SpongeBob Voice Actor Tom Kenny on His New Animated Series:IGN・・・シーズン2制作に関して触れられてる英語の記事。

なお現在配信されてるシーズン1は全13話。1話は約24分で、日本語吹き替えありです。



【関連リンク】
Niko and the Sword of Light:Facebook・・・この作品の公式Facebookページ。


【関連記事】
Netflixのお薦め子ども向けアニメ:『カップケーキ&ダイノのなんでも屋』『ぼくらベアベアーズ』『ヒルダの冒険』『ネクトン一家の深海探検』 : Kyu3’s Blog


【追記(2018年12月20日)】


プライムビデオ公式Twitterアカウントのツイートで知ったんですが、『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』シーズン1の続編(パート2)が、来年(2019年)1月11日から配信されるそうです(※.ツイート添付画像の「アニメ」に掲載されています)。


【関連リンク】
Amazon Prime Video公式Twitterアカウント


【追記 その2(2018年12月30日)】


日本のAmazonプライムビデオでも「ニコ ~光の剣を持つ戦士~」の続編(シーズン2)が、配信されてました!配信は英語版Wikipediaの記載と同じ、12月28日からのようです。初公開日がこの日(「2018年12月28日」)になっていたので。(*^^*)

ニコ ~光の剣を持つ戦士~ シーズン2 パート1 守り石のペンダント(吹替版):Amazon.co.jp

シーズン2のプロモーション動画↓


【関連リンク】
Niko and the Sword of Light:Wikipedia

Netflixのお薦め子ども向けアニメ:『カップケーキ&ダイノのなんでも屋』『ぼくらベアベアーズ』『ヒルダの冒険』『ネクトン一家の深海探検』

私はたまに子ども向け(※.対象は10歳以下?)のアニメを見ています。例えば寝る前何も考えたくない時とかに、子ども向けのアニメをぼーっと見てるとそのあと寝やすいですし、何ならベットに入りながら見れば、別に真剣に見てる訳ではないので、そのまま寝落ちもできますし。(^^;

…と言うことで、今回はこれまでNetflixで見た子ども向けのアニメのお薦め作品について、記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

1. カップケーキ & ダイノのなんでも屋


まず最初に紹介するには『カップケーキ & ダイノのなんでも屋』。『スポンジ・ボブ』もそうですが、たまに子ども向けアニメを見てると「よくこんなキャラクターを考えつくなぁ〜!?」と驚くような作品を目にします。この『カップケーキ & ダイノ』もまさにそれで、自分がどんなに頭を捻っても思いつかないであろうなぁ〜と思うキャラクターが登場します。(*^^*)

主人公は兄弟で、兄は"カップケーキ"で名前は「カップ」、弟は"恐竜"で名前は「ダイノ」です。もうこの時点で、何が何やら分からないと思います。(^^)ww 

そんな2人の兄弟がもう1人の友達と「何でも屋」をやっていて、さまざまな依頼を解決したり色んな騒動を引き起こしたり…と言うストーリーです。

他のキャラクターもかなり個性的!2人の兄弟のおじさんは人間ですが、なぜか紙袋を被ってたり、おばあちゃんはステーキだったり。(^^)ww

ちなみにこのアニメは1話は約20分で、全13話。日本語吹き替えありです。




2. ぼくらベアベアーズ


次に紹介するのは、今回紹介する中で唯一Netflixオリジナルではない作品『ぼくらベアベアーズ』。この作品は先の『カップケーキ & ダイノ』ほどは突飛なキャラクターは登場しません。主人公は3頭の熊。グリズリー(?)の「グリズ」、パンダの「パンダ」、ホッキョクグマ(?)の「アイスベアー」。彼らは普段人間のように振る舞い、パソコンやスマホを使ったり、街に買い物にでかけたりもします。

…とは言え、突飛な部分もあります。それは彼らの移動方法!なぜか3頭が縦に重なって、一番下のアイスベアーが歩いて移動します。なぜこう言う移動方法なのか、本当謎です!(^^)ww

ちなみに第1話(※.以下に掲載)が、制作会社「カトゥーン・ネットワーク」の公式YouTubeチャンネルでまるまる公開されているので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?3頭の移動方法も、この動画の冒頭部分で見られます。(*^^*)



あと今回紹介する他のアニメでは、音声が英語で日本語字幕でも見られますが、こちらは日本語吹き替えのみです。1話は11分。Wikipediaのこのアニメのページによるとシーズン2も製作されてるようですが、2018年10月現在配信されてるのは、シーズン1の第26話まで。


【関連リンク】
ぼくらベアベアーズ:カートゥーン・ネットワーク・・・制作会社の公式HP
ぼくらベアベアーズ:NHKアニメワールド・・・以前NHKでも放送されていたようです。
ぼくらベアベアーズ:Twitter・・・アニメの公式Twitter


3. ヒルダの冒険


次に紹介するのは、イギリスのグラフィック・ノベル(※. 要はマンガ)が原作の『ヒルダの冒険』。今回紹介する作品の中で一番良く出来てるなと感じたのが、このアニメです。

最初の2話まではどうも世界観がよく分からず、「主人公ヒルダの妄想なのかな?」ともちょっと思いましたが、"ファンタジー"なんだと分かると、すごく良くできた作品だなと思いました。(*^^*)

トロールエルフ、謎の巨人、ヒルダが飼ってる謎の動物「シカイヌ」等々。キャラクターも個性的で興味深いですし、世界観もとても良くできてるなと思いました。また映像的にも優れてるなと思います。

ちなみに原作は日本のAmazonでも売られています。いくつかの巻は中身が見られるので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?

「Hilda」で洋書検索:Amazon.co.jp

なお1話は24分で全13話。日本語吹き替えありです。




4. ネクトン一家の深海探検


最後に紹介するのは、海洋冒険ものの『ネクトン一家の深海探検』。こちらも英語のコミックが原作(※.英題はアニメと同じ『The Deep』)で、日本のAmazonでもKindle版等が販売されています。

「the deep Tom Taylor James Brouwer」で洋書検索:Amazon.co.jp

全作フル3DCGで作られていると思われます。CGの出来は正直ちょっとイマイチですが… ドラマ的には、結構面白いと思います。あとこの作品に限っては、上記の3つの作品よりも高学年の男の子なんかが興味を持ちやすいのではと。

ちなみに1話は約20分で、シーズン2まで全39話配信されています。日本語吹き替えありです。あと英語版Wikipediaのこのアニメのページによると、シーズン3の制作も決定しているようです。

The Deep (2015 TV series):Wikipedia



【関連リンク】
The Deep:Facebook・・・アニメの公式Facebook(※.英語)
The Deep:YouTube・・・アニメの公式YouTubeチャンネル

Netflixのお薦め作品(2018年8月):『ハウス・オブ・フラワーズ』『魔法が解けて』『グレート・ニュース』『孫悟空の遊勇伝』(追記あり)

今月もNetflixのお薦めドラマについて、記事を書こうと思います。ちなみに今回は奇しくも紹介する作品が、すべてNetflixオリジナル作品となりました。(*^^*)

1. ハウス・オブ・フラワーズ


最初に紹介する作品は、メキシコの花屋を舞台とするドラマ『ハウス・オブ・フラワーズ』。「花屋」と言っても街の小さな花屋ではなく、イベントや結婚式などの催し物に大量の花を納めるのがメインの花屋と思われます。そしてその花屋を経営する人たちは、貴族っぽい発言がいくつか見受けられるので、おそらく代々街の名士の一族かと。警察幹部などの有力者とも交流があり、かなりのお金持ちで、お手伝いさんが沢山いる大邸宅に住み、知り合いもリッチな人たちばかり。そんな花屋を経営する家族が、この物語の主人公です

ストーリーを簡単に説明すると、そんな裕福な花屋を営む家族の主人である男性の誕生パーティーが盛大に行われるさなか、パーティーで人が出払ってひっそりと静まり返った花屋の店内にふらっとやって来た女性が、突然首吊り自殺を決行!このことをきっかけに、この家族に様々な問題が起こっていく…と言うストーリーです。

一応ジャンル的には「コメディー」と「ホームドラマ」でカテゴライズされていますが、コメディーとしては、正直ちょっと物足りないなと思いました。しかしホームドラマとしては、まぁまぁだなと思います。あと最初『デスパレートな妻たち』っぽい感じがかなと思いましたが、『デスパレートな妻たち』ほどコメディタッチではなく。繰り返しますが、ホームドラマ色が強い作品だと思います。

ちなみに作品は全13話で、1話が約30分。日本語は字幕のみです。あと最後はそれなりに綺麗にまとまりつつも続編がありそうな展開で終わりますが、続編が作られるのかどうかは、まだ未定のようです。

The House of Flowers Season 2: Netflix Renewal Status and Release Date:What's on Netflix




2. 魔法が解けて


次に紹介するのは、『ザ・シンプソンズ』の製作者として知られるマット・グレイニングさんが製作した大人向けのファンタジー・アニメ『魔法が解けて』。ちなみに原題の『Disenchantment』の意味は、邦題とほぼ同じで「魔法を解く」の他に、受け身で用いられることがよくある単語だそうで、その場合「迷いがさめる」や「幻滅を感じる」と言う意味で用いられるようです。

disenchantmentの意味・使い方:英和辞典 Weblio辞書

中世を舞台にしたシュールなファンタジー・アニメで、主人公は大酒飲みでちょっと空気が読めず、自由奔放な性格のお姫様「ビーン」。そんな彼女が間の抜けたエルフ「エルフォ」や、どこか憎めない悪魔「ルーシー」とともに、さまざまな問題を起こしたり、冒険に出たりするストーリー。

私は『ザ・シンプソンズ』をほとんど見たことがないのですが、おそらく『ザ・シンプソンズ』でもそうなのではと思われるシュールな小ネタや展開がそこかしこに散りばめられており、割りと面白かったです。あと3Dで作られてると思われるお城や街の映像も、少し興味深かったですし、印象に残りました。

こちらも1話は約30分で、現在配信されてるのは全10話。日本語吹き替えありです。ちなみに最後の最後でかなり意外な展開があり、謎を多く残したまま終了となることから、ひょっとしたらすでに続編の製作は決定されてるのかもしれませんが、いまのところ公式発表はないようです。
※. 続編の制作が決定したそうです!詳しくは「追記 その2」を参照。

Disenchantment Season 2 Release Date And Everything You Need To Know:Otakukart
Disenchantment season 2 release date, cast, spoilers:Digital Spy
Disenchantment Season 2's Release Date & Story Details:Screen Rant



【関連リンク】
『魔法が解けて(Disenchantment)』公式Twitter
Netflix、『シンプソンズ』のクリエーターが手掛けた大人向けアニメ『魔法が解けて』を本日より配信:RBB TODAY
「ザ・シンプソンズ」のマット・グレイニングによる新作アニメがNetflixで配信:映画ナタリー
「シンプソンズ」作者の新作『魔法が解けて』がNetflixで配信!:シアター
「シンプソンズ」クリエイターの新作、ネットフリックスで配信へ:ロイター

3. グレート・ニュース


次に紹介するのは、テレビ局を舞台とするコメディー・ドラマ『グレート・ニュース』。非常にベタなコメディーで、ストーリーにも登場する人物設定にも特筆すべきところはないのですが、笑い所となるツボをきちんと押さえてるので、見ればそれなりに楽しめる作品だと思います。

ストーリーを簡単に説明すると、主人公はテレビのニュース番組のプロデューサーをしている女性ケイティ。彼女はなかなか自分が職場で認められず悩んでるのですが、そんななか、親子仲は悪くないものの、過保護なところを少し疎ましく思っている彼女の母親キャロル(60代)が突然職場を訪れ、彼女の下でインターンとして働きたいと言い出します。そして職場で様々な騒動が起きると言うストーリー。

ちなみにこちらは、上の2作品よりもさらに時間が短く、1話は約20分。現在配信されてるのは、全10話です。日本語吹き替えあり。(※シーズン2の配信が始まってました!詳しくは追記を参照。



【関連リンク】
『グレート・ニュース(Great News)』公式YouTubeチャンネル

4. 孫悟空の遊勇伝


最後にこちらはお薦めと言う程ではないのですが、興味深い作品だったので「おまけ」として紹介します。この作品『孫悟空の遊勇伝』(原題は『The New Legends of Monkey』)は、何と1978年に日本のテレビ局によって制作された堺正章さん主演のドラマ『西遊記』が元になっているそうです!

『キングスマン』原作者、堺正章を語り出す:シネマトゥデイ・・・上記の件について書かれてる記事。
New Legends of Monkey Review: Netflix Update Cuts Tale’s Chinese Root:IndieWire・・・上記の件について書かれてる英語の記事。

シネマトゥデイの記事で触れられてるマーク・ミラーさんのツイート↓

シネマトゥデイによると、このドラマ『孫悟空の遊勇伝』が製作されたオーストラリアやニュージーランド、そしてイングランド(あと英語版Wikipediaの記事によると、南米諸国)などで堺正章さん主演の『西遊記』は放送され、結構人気だったようです。

日本で働いてるイギリス人ゲームクリエイターJames Wraggさんのツイート↓

英語版『西遊記』こと『Monkey』(または『Monkey Magic』)のオープニング映像↓


肝心のドラマの出来の方ですが、このドラマ(『孫悟空の遊勇伝』)自体は、まだ全10話のうち5話までしか見ていないのですが、正直ちょっと子供っぽい感じが否めず、面白いとまでは思いませんでした。またドラマの世界観も日本の『西遊記』と比べると、ちょっと分かりづらい感じがしました。(^^;

しかしそれなりにコミカルでプッと吹き出すようなところもあり、かつドラマ『西遊記』を彷彿とさせる演出も見られるので、それなりに楽しめる作品にはなってるとは思います。

ちなみにドラマ『西遊記』では女優の夏目雅子さんが、眉目秀麗な男性役として三蔵法師を演じてましたが、『孫悟空の遊勇伝』でも女性が三蔵法師役を演じています。演じているのはトンガ系ニュージランド人のルシアン・ブキャナン(Luciane Buchanan)さん。ただしこちらは、あくまで女性が男性(の僧侶)に扮していると言う体(てい)で演じているのが、興味深かったです。やはりドラマ『西遊記』を知ってる人なら、女性が男性の三蔵法師役を演じててもあまり違和感は感じないかもしれませんが、ドラマ『西遊記』を知らない人が見たら、たぶん「何でこのドラマでは、女性が男性役を演じてるんだ?」と言う疑問が、ずっとつきまとうでしょうから。(^^;

あと余談ですが、このドラマでは沙悟浄も女性(Emilie Cocquerelさん)が演じています。そちらもちょっと興味深かったです。

ちなみにこのドラマは1話は約25分で、現在配信されてるのは全10話。日本語吹き替えありです。また子供向けの「キッズTV番組」にもカテゴライズされています。



【関連リンク】
The New Legends of Monkey:Wikipedia・・・このドラマの英語版Wikipediaの記事。


【追記(2018年10月26日)】


今日(10月26日)Netflixに『グレート・ニュース』シーズン2が来ていました!…と言うことで、以下にシーズン2の予告編動画を掲載しておきます。




【追記 その2(2018年11月16日)】


アニメ『魔法が解けて』の続編制作が決定したそうです!シーズン1(※.今の話の続き)の残りの10話が来年(2019年)、そしてシーズン2が再来年と明明後年(2020年と2021年)に分けて配信されるそうです。(*^^*)

Netflix『魔法が解けて』シーズン2の制作が決定―新エピソードが2019年、2020年、2021年に放送予定:IGN
ニュース:『シンプソンズ』クリエイターが手掛ける『魔法が解けて』、2021年までの更新が決定!:海外ドラマNAVI

公式Twitterによるこの件のツイート↓


最近見て気に入った自主制作アニメ:『マンホールの怪物』『R.S.』『アメと無知』『夢売り』『忘れものの家』

最近暇な時YouTube で、自主制作アニメを見るのにはまっています。「こんなクオリティーの高いアニメを、一般の人が作ったのかぁ~!」と驚くとともに、どんな人でもYouTubeを使って世界中の人に自分が作ったアニメを公開する事ができるのは、本当に素晴らしい事だなと思います。
特にアニメ制作をしている学生や趣味でアニメを作ってる人には、PCの高機能化も合わせて、昔とは比べ物にならないくらい恵まれた環境と言えるでしょう。(^^)

・・・と言う前置きはこのくらいにしといて、以下は最近見て気に行った自主制作アニメです。

1. The Angry Manhole Monster/ 【自作アニメ】 『マンホールの怪物』




2. R.S. vol.1 [ HD ] 3DCG 自主制作アニメ 第1話 : 牛山雅博




3. 【卒業制作】アメと無知【アニメーション】




4. 夢売り




5. 人形アニメーション「忘れものの家」




感想:
「1」の Hiroki Mori さんの動画は他も見ましたが、どれもシュールでちょっと面白い。しかしその中でこの『マンホールの怪物』は、一番良いなと思いました。意外性もありますし、何より"落ち"がしっかりあると思います。

「2」の牛山雅博さんの『RS』は、リアルな3D映像に驚かされました。最初「ストーリーが"ありがち"かなぁ・・・」と思いましたが、予想してたのと少し違った展開(※2011/9/12時点で第4話まで公開されています)だったので、段々話しに引き込まれていきました。第5話が公開されるのが楽しみです♪

「3」の bosspitz さんの『アメと無知』は、個性があって且つ各キャラクターもよくできているなと思います。ただ話の展開がシュール過ぎるなのが惜しいなと・・・。このあと2回くらい"どんでん返し"があると、本当に素晴らしい作品になるのではと思います。

「4」の shizooca さんの『夢売り』は、とにかく映像がすごく綺麗♪ ただストーリーが最後もうひと捻り欲しかったなと・・・。

「5」の yuyoico さんの『忘れものの家』は、今回紹介した中で唯一人形を使った"ストップモーション・アニメーション"。ストーリーはよく分かりませんが、とにかく雰囲気がすごく良いなと思いました。
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • ブログ「こまき無答塾」を復元→アーカイブした「こまき無答塾アーカイブ」を作成!
  • ブログ「こまき無答塾」を復元→アーカイブした「こまき無答塾アーカイブ」を作成!
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Canonのデジカメ、保証対象外修理は故障個所に関係なく一律2万3760円!?(追記あり)
  • Canonのデジカメ、保証対象外修理は故障個所に関係なく一律2万3760円!?(追記あり)
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)