エクステンション

VivaldiのスピードダイヤルをChrome拡張に置き換える方法

※注:Vivaldiで新しいタブのChrome拡張を利用できる設定項目が、スナップショット1.10.838.7で追加されました!詳しくは下記の「追記(2017年5月9日)」を御覧下さい。

@urabe_rocinante さんのツイートで知ったのですが、VIvaldi のスピードダイヤルを Chrome 拡張に置き換えることができるそうです!


…と言うことで、早速ツイート内で紹介されてるリンク先を見て試してみたところ、Chrome のスピードダイヤル拡張(私が試したのは「Simple Speed Dial」)に置き換えることができました!( ´ ▽ ` )ノ

Vivaldiで標準のSpeedDialをやめて他のスタートページ拡張系の機能を使う方法:koba.me・・・ツイート内で紹介されてるページ。

Chrome 拡張「Simple Speed Dial」にスピードダイヤルを置き換えた Vivaldi Snapshot 1.8.770.9↓
VivaldiのスピードダイヤルをChrome拡張「Simple Speed Dial」に置き換え!
VivaldiのスピードダイヤルをChrome拡張「Simple Speed Dial」に置き換え! posted by (C)kyu3

詳しいやり方は上記のページを見てもらうとして、簡単にやり方説明すると、スピードダイヤル拡張インストール後に設定の『新しいタブのページ』を『chrome://newtab』に設定すると言う方法です。

ちなみに私が試した「Simple Speed Dial」だと、Vivaldi のブックマークフォルダを指定してスピードダイヤルとして表示する方式なので、移行の手間がないのは良い点かと。(*^^*)


【関連リンク】
Vivaldiで標準のSpeedDialをやめて他のスタートページ拡張系の機能を使う方法:koba.me

【追記(2017年3月31日)】


@k_oncraft2 さんのツイートで知ったのですが、正式版1.8から、上記の方法(設定の『新しいタブのページ』を『chrome://newtab』に設定する)が使えなくなってました!その代わり別のやり方で実現できるようになってる(設定の『新しいタブのページ』を『chrome-extension://スピードダイヤル拡張のID/newtab.html』に設定)ので、詳しくは以下の @k_oncraft2 さんのツイートを参照して下さい。



【追記(2017年5月9日)】


今日(2017年5月9日)リリースされた最新のスナップショット(1.10.838.7)に、スピードダイヤルなどの新しいタブをカスタマイズできるChrome拡張を表示できる設定項目が、追加されました!

Control New Tab Behavior via Extensions:Vivaldi公式ブログ


設定方法は、新しいタブの拡張をインストール(※すでにこのブログ記事などを読んでインストールしてる場合は、拡張を有効)した後、設定画面の[タブ >新しいタブのページ]の選択項目の中から『Controlled by Extension』を選択するだけです。

[タブ >新しいタブのページ]の選択項目↓
Vivaldi 1.10.838.7:新しいタブのChrome拡張を表示できる設定項目が追加! - 2
Vivaldi 1.10.838.7:新しいタブのChrome拡張を表示できる設定項目が追加! - 2 posted by (C)kyu3

なおこの選択項目は、新しいタブの拡張機能を有効にしてないと表示されないので、気をつけて下さい。あとこの機能、順調に開発が進めば、正式の次期バージョン(1.10)に搭載されるのではと…思います。(*^^*)

私がVivaldiで使っているエクステンション(2016年6月)

『Opera、中国企業に買収される』と言うITmediaの記事が話題になったからか、昨日(6/9)と今日(6/10)のこのブログのアクセスが、普段の倍以上に伸びています。特に Vivaldi の拡張(エクステンション)に関する記事のアクセスが伸びてるので、とりあえず、Opera の拡張について定期的に書いてる記事「私が(今)使っている…エクステンション(拡張)」の "Vivaldi版" を、書こうと思います。(*^^*)


1. AutoPagerize

連続したページの続きを読み込む拡張。


2. Classic Retweet

Twitter公式WEBで非公式リツイート(引用リツイート)が簡単にできる拡張。最近はほとんど使わなくなりましたが、特定のツイートの本文やリンクなどを引用するのに便利なので、インストールしてます。


3. Clearly(※Opera拡張、すでに公開・配信停止)

Opera でも愛用している、ページ上の本文以外の余計なコンテンツ(広告等)を消して読みやすくする拡張。…ただし、すでに今年(2016年)の1月に公開・配信が停止されてるので、ローカルに保存されてる Opera拡張を移行して、使っています(※移行の仕方は、以下のリンク先参照)。

Operaで今使ってる拡張をVivaldiに移行する方法 : Kyu3's LOG


4. Create Link

ページのURLやタイトルを成形して、クリップボードにコピーできる拡張。長年使ってます!


5. Disable Youtube™ HTML5 Player

Vivaldi には、私が把握してる限り1年くらい前から、YouTube や Twitter などの HTML 5 を使用した動画をフルスクリーン表示すると、UI が消える不具合があります。これまで何度か公式ブログの方にコメント書き込んだり、掲示板にも英語と日本語のトピックを作ったり等々して指摘していますが、解消するのが難しいからか、なかなか解消されません(※詳しくは、以下のリンク先参照)。(^_^;

YouTubeやTwitterなどの動画をフルスクリーンにして戻すと、UIが全部消える:Vivaldi日本語公式フォーラム

…と言うことで、とりあえず YouTube に限っては、この拡張で動画の再生を HTML 5 ではなく "Flash Player" に切り替えることで、この問題が起きなく出来るので、使っています。


6. Download Manager

Opera のダウンロード管理機能っぽい機能を再現する拡張。Vivaldi を使っていて困るのが、パネルを表示してないとダウンロードの進捗状況が分からないこと。しかしこの拡張を使うと、アドレスバーの同拡張のボタンに進捗状況が表示されます。

Opera風のダウンロード・マネージャーを再現したChrome拡張「Download Manager」- 1
Opera風のダウンロード・マネージャーを再現したChrome拡張「Download Manager」- 1 posted by (C)kyu3


7. EditThisCookie

サイトの Cookie を素早く削除できる拡張。閲覧回数制限のあるサイト(例えば『毎日新聞』とか、『毎日新聞』とか…)では、たいていこの Cookie で閲覧回数を管理してるので、これを削除することでまた見られるようになると…思います。あと Cookie の追加や編集も、できるようです。


8. Emoji Input by EmojiStuff.com

Mac版 Vivaldi は、現在 絵文字キーボードを呼び出すキーボード・ショートカット(Ctrl + Cmd + Space)が使えません。なので、この拡張を使って、絵文字を入力しています。

絵文字入力補助拡張「Emoji Input by EmojiStuff.com」- 1:人の顔
絵文字入力補助拡張「Emoji Input by EmojiStuff.com」- 1:人の顔 posted by (C)kyu3

同様の拡張は複数あるのですが、この拡張は絵文字の絵の様式を、“iOS” や “Android”、“Twitter” 風に切り替えることができるので、その点が気に入って使っています(※ちなみに上のスクリーンショットは、Twitter風に設定しています)。


9. Ghostery

トラッキングやブログパーツ等をブロックできる拡張。


10. Gif Jam (Animation Stopper)

アニメーションGIF をブロック(アニメを再生させないように)する拡張。


11. Linkclump

複数のリンクを、キーボードショートカット使ってまとめて開ける拡張。


12. Save to Pocket

後で見たいニュースやサイトを一時的に保存できるサービス「Pocket」の公式拡張。アドレスバーのボタンやキーボード・ショートカットを使って、簡単に同サービスにページを保存できます。


13. TweetRight +(※Opera拡張)

右クリックメニューから Twitter へ簡単に、そのページのタイトルやURL等を投稿できる拡張(※挙動はページ上のツイートボタンと同じ)。似たようなものは Chrome拡張にもありますが、全く同じ動作をする拡張がなかったので、ローカルに保存されてる Opera拡張を移行して、使っています。


14. uBlock Origin

広告ブロック拡張。詳しくは以前記事でまとめたので、そちらのページ(※以下のリンク先)を参照して下さい。

Kyu3's LOG : Vivaldiのお薦め拡張機能:広告ブロック、タブ閉じ、ダウンロード管理、ほか


【関連記事】
Kyu3's LOG : Vivaldiのお薦め拡張機能:広告ブロック、タブ閉じ、ダウンロード管理、ほか
Kyu3's LOG : Operaで今使ってる拡張をVivaldiに移行する方法

Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2010年10月)
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2011年5月)
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2011年9月)
Kyu3's LOG : Opera 15のお薦めエクステンション10選 +1
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2015年12月)

Vivaldiのお薦め拡張機能:広告ブロック、タブ閉じ、ダウンロード管理、ほか

たまたま『Vivaldi 拡張機能』と検索したら、サジェストで『おすすめ』と表示されたので、「…だったら、Vivaldi ユーザーにお薦めの拡張機能に関する記事を作ろう!」と思い、この記事を書くことにしました。( ´ ▽ ` )ノ


1. uBlock Origin

兎にも角にも、ブラウザの拡張と言えば、まずは"広告ブロック"(拡張)でしょう!…と言うことで、今使ってるのがこの『uBlock Origin』です。

もともと Opera で長く『Adblock』と言う広告ブロック拡張を使っていたのですが、謎のオーナーに買収された(?)ため、同様の『Adblock Plus』と言う拡張に移行!…しかし、「uBlock Origin の方がメモリ使用量が少なく、動作が軽い!」と言うのを聞いていたので、今はこちらを使っています。確かに Adblock Plus と比べるとメモリ使用量が少なく、ページの読み込み速度も若干早いように感じます。(*^^*)

ちなみに Chromeウェブストアで『uBlock』で検索すると、『uBlock』と冠した拡張機能がいくつか表示されますが、「元々『uBlock』と言う拡張を開発してた人が拡張の権利を譲渡したものの、譲渡先のやり方が気に入らなかったので、新たに作ったのが『uBlock Origin』」との事。

uBlockとuBlock Originの違い:あれこれ備忘録@はてなブログ

uBlock Origin のポップアップ↓
広告ブロック拡張「uBlock Origin」
広告ブロック拡張「uBlock Origin」 posted by (C)kyu3

uBlock Origin のオプション(設定画面)↓
広告ブロック拡張「uBlock Origin」- 2(オプション)
広告ブロック拡張「uBlock Origin」- 2(オプション) posted by (C)kyu3

ちなみに Opera版と Firefox版の『uBlock Origin』もあるので、まだまだ"バギー"な Vivaldi とこれらのブラウザを併用して使う場合も、『My フィルター』などを共用できるので便利かと。

拡張機能「uBlock Origin」:Opera アドオン
uBlock Origin:Add-ons for Firefox


2. Close Tabs

Opera に搭載されてる機能は概ね Vivaldi にも搭載されてるので、機能が足りなくて不都合を感じる事はほとんどないのですが、唯一「この Opera の機能は Vivaldi にも搭載して欲しいなぁ〜」と感じたのが、タブの右クリックメニューの『右側のタブを閉じる』機能(※この機能は、Vivaldi 正式版 1.2 で追加されました。詳しくは、6/7の追記参照。)。そして、この機能を実現する拡張の1つが、この『Close Tabs』です。『右側のタブを閉じる』だけでなく、"左側"のタブや"同じドメイン(サイト)"のタブをまとめて閉じる機能なども搭載されており、結構重宝しています♪

様々な方式でタブを閉じる事ができる拡張「Close Tabs」
様々な方式でタブを閉じる事ができる拡張「Close Tabs」 posted by (C)kyu3


3. Close Right

上記の『Close Tabs』はとても便利な拡張だと思いますが… いかんせん、Opera のタブ右クリックメニューの『右側を閉じる』と比べると、右側のタブを閉じるのに少し手間がかかってしまいます(※右側のタブを閉じる機能は、Vivaldi 正式版 1.2 で追加されました。詳しくは、6/7の追記参照。)。そこでインストールしたのが、この拡張!アドレスバーのこの拡張のボタンをクリックするだけで、右側のタブをまとめて閉じる事ができます。

右側のタブをまとめて閉じる事ができる拡張「Close Right」
右側のタブをまとめて閉じる事ができる拡張「Close Right」 posted by (C)kyu3

こちらの方がワンクリックで、右側のタブをまとめて閉じる事ができるので、便利は便利なのですが… 私はアドレスバーに沢山拡張のボタンが表示されるのがあまり好きではないのと、タブを右クリックしたりするのと比べると少し直感的な動作ではないので、どうも馴染めず…。あと『Close Tabs』と機能が重複しているので、私は現在この拡張を使わず、『Close Tabs』の方のみを有効にしています。(^_^;


4. Download Manager

私はパネルをほとんど使わないので、普段パネルやパネル・トグル(パネルの表示・非表示を切り替えるバー)を非表示にしてあるのですが、そうすると何かをダウンロードする時、ちょっと困ります。…と言うのもパネルを非表示にしてると、Vivladi ではダウンロードの経過状況を確認する事ができないからです。(^_^;

そこでインストールしたのが、この拡張!私が慣れ親しんだ Opera のダウンロード・マネージャー(…と言うか、Operaのダウンロード・マネージャーは、Chromium の中で一番良いと思います♪ )を再現する拡張です。

Opera風のダウンロード・マネージャーを再現したChrome拡張「Download Manager」- 1
Opera風のダウンロード・マネージャーを再現したChrome拡張「Download Manager」- 1 posted by (C)kyu3

ダウンロード状況をアドレスバーのボタンに表示するだけでなく、ダウンロードしたファイルの絞込みやダウンロード履歴の削除なども実行できます!

この拡張を知るまで、仕方なくパネルを表示し続けていた(本体部分は非表示で、ダウンロードやメモなどのボタンだけですが…)のですが、使わない機能が表示され続けるだけでなく、表示領域もわずかながら狭くなるので、正直 Vivaldi を使う時、気分が少し重たかった…です。しかしこの拡張を知ってから「これでやっと、Vivaldi に移行できるなぁ〜」と感じました。(*^^*)


5. Disable Youtube™ HTML5 Player

以前書いた記事でもこの拡張とそれを使っている理由を紹介しましたが、再度書きます。

Mac版Vivaldi(※コメント欄の書き込みによると「Windowsでも起こる」との事) には、現在 OS のフルスクリーン・モードを使用中に YouTube や Twitter などの HTML 5動画をフルスクリーン表示すると、アドレスバーやタブバーなどの UI が全部消えてしまうと言う不具合があります(※この不具合は、Snapshot 1.3.551.21 で解消されました。詳細は、こちらのリンク先を参照。)。この不具合、半年以上前に公式フォーラム(掲示板)に英語で書き込みましたし、正式版がリリースされる直前の公式ブログにも英語でコメントしたのですが… なかなか解消してくれません。ぐったり _ノ乙(、ン、;)_

そこでインストールしたのが、この拡張。機能するのは YouTube だけではありますが… 少なくとも YouTube ではこの拡張を有効にしていると、動画が HTML 5 ではなく "Flash Player" で再生されるので、フルスクリーン表示しても UI が消えなくなります。

ちなみに以前は YouTube は下記のページで HTML 5 での動画再生を無効にできたのですが、現在はそれができなくなった… ようです。

HTML5 動画プレーヤーに関して:YouTube


【関連リンク】
Chromeウェブストア
Chromeエクステンション ナビ・・・私が5・6年前に書いてた Chrome拡張に関するブログ。

【関連記事】
Kyu3's LOG : Operaで今使ってる拡張をVivaldiに移行する方法
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2015年12月)


【追記(2016年5月4日)】

上記の『右側のタブを閉じる』機能、非公式のパッチを当てることでも、実現できることが分かりましたぁ〜!

Kyu3's LOG : 非公式パッチ「Bundle.js」を使って、Vivaldiに『右側のタブを閉じる』ほかを追加!

あと ASCII.jp 先日来日した Vivaldi Technology 社(Vivaldi の開発企業)の創業者兼CEOのヨン・フォン・テッツナー氏と、共同創業者兼COOの冨田龍起さんに対して行ったインタビューによると、「『右側のタブを閉じる』および『左側のタブを閉じる』機能は、順次 Vivaldi に追加される予定」なんだそうです!

世界中のファンが待ち望んだ、新参ブラウザー「Vivaldi」CEOにいろいろを聞いてみた:ASCII.jp・・・上記の内容が記載されてるのは、この記事の3ページ目

なので、しばらく待てば Vivaldi に搭載される(公式フォーラムのモデレーターをされてる方が、同機能の追加要望のトピックで「次のスナップショットをお楽しみに♪」と言う"意味深"なコメントも投稿してます!)…と思われます。(*^^*)


【関連記事】
Kyu3's LOG : Vivaldi初の日本公式イベントが、東京で開催!


【追記(2016年5月7日)】

Vivaldi を最新のスナップショット(1.2.470.11)にアップデートしたところ、タブの右クリックメニューに『右側のタブを閉じる』と『左側のタブを閉じる』が、追加されてましたぁ〜!( ´ ▽ ` )ノ

Vivaldi 1.2.470.11:タブの右クリックメニューに「右側(および左側)のタブを閉じる」が追加!
Vivaldi 1.2.470.11:タブの右クリックメニューに「右側(および左側)のタブを閉じる」が追加! posted by (C)kyu3

正式版の方は、おそらく近いうちに提供されるバージョン 1.2 で、追加されると思います。


【追記(2016年6月7日)】

先日リリースされた正式版のバージョン 1.2 で、「右側のタブを閉じる」および「左側のタブを閉じる」の右クリックメニューが、追加されました。( ´ ▽ ` )ノ

Vivaldi正式版1.2:右側(および左側)のタブを閉じる機能が追加!
Vivaldi正式版1.2:右側(および左側)のタブを閉じる機能が追加! posted by (C)kyu3

Operaで今使ってる拡張をVivaldiに移行する方法

Opera は Chrome と同じ"Chromium"を元に作られており、両方の拡張は、かなり互換性があります。Vivaldi も同じく Chromium を元に作られており、Chrome拡張が使えるので、Opera拡張もほぼ問題なく利用できるでしょう。…と言う事で今回、Operaで使ってる拡張をVivaldiに移行する方法について、記事を書こうと思います。(*^^*)


移行の仕方


私が使用している環境が Mac OS X なので、今回は OSX での移行の仕方について書きますが、Windows でもたぶん同じようなやり方で移行できると… 思います。

なお Opera拡張の中には、サイドバーで利用できる『サイドバー・エクステンション(拡張)』と、スピーダイヤルで利用できる『スピードダイヤル・エクステンション』と言う種類のものもありますが、これらは Opera 独自の拡張なので、おそらく他のブラウザ(Chrome や Vivaldi)では、利用できない…かと。


1. 「開発者モード」を有効


まず移行したい Opera拡張が保存されてるフォルダ名を調べるため、拡張機能管理ページ右上の『開発者モード』ボタンをクリックして、開発者モードを有効にします!

Opera 36:拡張機能の「開発者モード」のボタン
Opera 36:拡張機能の「開発者モード」のボタン posted by (C)kyu3


2. IDをコピー


次に、移行したい Opera拡張の ID をコピーします!

Opera 36:拡張機能で「開発者モード」を有効時
Opera 36:拡張機能で「開発者モード」を有効時 posted by (C)kyu3


3. ID を Finder で検索


それぞれの Opera拡張が保存されてるフォルダは、ID と同じ名称になっているので、この名称のフォルダを Finder検索で探します!なおヒットしない場合は、フォルダが保存されてるフォルダ内を直接探して見て下さい。Opera拡張が保存されてるフォルダは [/Users/ユーザー名/Library/Application Support/com.operasoftware.Opera/Extensions] です!ちなみに『4』に記載されてる"バージョン"の方を便りに探した方が、見つけやすいと思います。(*^^*)

Mac OS X El Capitan:FinderでOpera拡張のファイルを検索
Mac OS X El Capitan:FinderでOpera拡張のファイルを検索 posted by (C)kyu3


4. 拡張本体が保存されてるフォルダをコピー


拡張本体は ID と同じ名前のフォルダ内に含まれる、それぞれの拡張の"バージョン"と同じ名前のフォルダに保存されています。なので、このフォルダをコピーします。

Mac OS X El Capitan:FinderでOpera拡張のファイルを開く
Mac OS X El Capitan:FinderでOpera拡張のファイルを開く posted by (C)kyu3


5. コピーしたフォルダを任意の場所に保存・リネーム


『4』で記載したそれぞれの拡張のバージョンと同じ名前のフォルダを、直接 Vivaldi のデベロッパーモード(※Operaの『開発者モード』と同じ、『6』・『7』を参照)で開いて指定する事でも、Vivaldi 用の拡張として読み込めるとは思いますが… 一応 Opera拡張と Vivaldi拡張を分けて置いた方が良いかと思い、この作業(コピーしたフォルダを任意の場所に保存・リネーム)を実施しました。

ちなみに私は『書類』フォルダの中に『Vivaldi』と言う名前のフォルダを作って、そこに保存しています。あとフォルダ名は数字(バージョン)だけだと分かりづらいので、それぞれの拡張の名前に変更しています。


6. Vivaldi の「デベロッパーモード」を有効


Vivaldi の拡張機能管理ページを開き、右上の『デベロッパーモード』にチェックを入れて有効にします!

Vivaldi 1.0:拡張機能管理ページ - 4(デベロッパーモードを有効)
Vivaldi 1.0:拡張機能管理ページ - 4(デベロッパーモードを有効) posted by (C)kyu3


7. 「パッケージ化されてない拡張を読み込む」で、Opera拡張を保存したフォルダを指定


最後に一番左端の『パッケージ化されてない拡張を読み込む』ボタンを押してダイアログを表示し、先ほどコピーして保存・リネームした Opera拡張のフォルダを指定します。すると Vivaldi で、Opera拡張を使う事ができます!

Vivaldi 1.0:拡張機能管理ページ - 3(デベロッパーモードで、パッケージ化されてない拡張を読み込む)
Vivaldi 1.0:拡張機能管理ページ - 3(デベロッパーモードで、パッケージ化されてない拡張を読み込む) posted by (C)kyu3


最後に活用事例を


最後にこのやり方の活用事例について。「別にわざわざ移行させなくても良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし 『Chromeウェブストア』では公開されていないけど、『Operaアドオン』(Opera拡張のサイト)では公開されてる拡張もあります。そう言った拡張を使うのに、この方法は役に立つでしょう。

また私が愛用している拡張の1つ、Evernoteの『Clearly』(WEBページを読みやすくする拡張)は、残念ながら今年(2016年)の1月に、更新・配信が終了してしいました。なので、もう新たに入手する事はできません。

Evernoteがアプリを整理、「Clearly」やMac版除く「Skitch」など提供終了に:マイナビニュース

しかし Operaに保存されてる Clearly は、そのまま使い続ける事ができるので、このような既に入手不可能となってしまった Opera で使っている拡張を使うのにも、この方法は役に立つでしょう。

【関連リンク】
VivaldiにOpera(Blink版)の拡張機能をインストールする:歌うキツネ


【追記(2016年8月8日)】


AKAMAGE さんのツイートで知ったのですが、Vivaldi も Opera公式拡張配布サイト「Opera アドオン」から、拡張機能を直接ダウンロードできるそうです!


「ダウンロードできない」と思い込んでいたので全然気づかなかったのですが、このツイートを見たあと調べてみたら、ツイートのリンク先にあるように、『Opera に追加』ボタンをクリックするとポップアップ下に『取りあえずダウンロードする』リンクがあり、それをクリックすると、Vivaldi でも Opera公式拡張配布ページの拡張機能を、ダウンロードすることができました!!Σ(・ω・ノ)ノww

Vivaldiでも、Opera拡張を"とりあえず"ダウンロード可能! - 2
Vivaldiでも、Opera拡張を"とりあえず"ダウンロード可能! - 2 posted by (C)kyu3

仮に上記の『6』以降のやり方でダウンロードした拡張機能を適応しても、当然 Opera の設定等は引き継がれませんが、とりあえず Opera公式拡張配布サイトで配布されてる拡張機能を追加したいだけならば、このやり方でやった方が『1』〜『5』までの過程を経なくて済むので、楽かと。(*^^*)

ちなみに拡張機能だけでなく、Opera のテーマもダウンロードできました。あと Vivalidi 以外のブラウザ(私が試したのは Firefox だけですが…)でも、同じようにダウンロードできると思います。

【関連リンク】
VivaldiにOpera(Blink版)の拡張機能をインストールする:歌うキツネ・・・上記のツイートに含まれるリンク先ページ。気づいた方もいるかもしれませんが、この追記の直前に『関連リンク』として貼ってあるページと同じです。この記事を読んだはずなのに、「ダウンロードできない」と言う思い込みから、全然この点(Opera 以外のブラウザでも、Opera公式拡張配布ページから拡張ダウンロードできる)に、気づきませんでした…(^^;

私が使っているOperaエクステンション(2015年12月)

数年前に同様の記事書いてましたが… 久しぶりにまた書きたくなったので、今回記事にする事にしました!(*^^*)


1. Adblock Plus

広告やページ内の要素をブロック(非表示)できる拡張。以前は『Adblock』を使ってたのですが、謎のオーナーに買収されたのが不安で、『Adblock Plus』に切り替えました。


2. AutoPagerize

"広告ブロック系"と同じく定番拡張。連続したページの続きを読み込む拡張。


3. Classic Retweet(※Chrome拡張)

Twitter公式WEBで非公式リツイート(引用リツイート)が簡単にできる拡張。最近はほとんど使わなくなりましたが、特定のツイートの本文やリンクなどを引用するのに便利なので、インストールしてます。


4. Clearly

ページ上の本文以外の余計なコンテンツ(広告等)を消して、読みやすくする拡張。ただたまにキーボードショートカットでこの拡張の機能を使う(余計なコンテンツの削除を行う)と、Operaがクラッシュする事があるのですが… 他の方でもこうなる方いますか?(^^;


5. Create Link(※Chrome拡張)

ページのURLやタイトルを成形して、クリップボードにコピーできる拡張。これも長年使ってます!


6. Download Chrome Extension

この拡張があれば、OperaでもChromeウェブストアからChrome拡張をインストールできます!Opera社の準公式(?)拡張。


7. EditThisCookie

最近、閲覧回数制限のあるサイト(例えば『毎日新聞』とか、『毎日新聞』とか…)に出くわす事がたまにあるのですが、そんな時、そのサイトのCookie(たいていこの仕組みで制限実行してるので)を手早く消して、また見れるようにできる…拡張。ボタンを押すとポップアップでそのサイトで使用されてるCookieの一覧が表示されるので、一番左上の"ゴミ箱"ボタンを押すと、これらをまとめて全部消す事ができます!

Cookieの追加・編集・削除等ができるOpera拡張「EditThisCookie」- 1:閲覧中のページのCookie一覧表示
Cookieの追加・編集・削除等ができるOpera拡張「EditThisCookie」- 1:閲覧中のページのCookie一覧表示 posted by (C)kyu3

ちなみに個別の削除やCookieそのものの編集や追加も可能!あと設定画面で、これまで行ったCookieの削除や編集等々の統計も、見ることができます。

Cookieの追加・編集・削除等ができるOpera拡張「EditThisCookie」- 2
Cookieの追加・編集・削除等ができるOpera拡張「EditThisCookie」- 2 posted by (C)kyu3

ちなみにボタンの"サンタ帽"🎅 は、クリスマス限定企画(?)みたいで、設定で非表示にする事もできます。


8. Gif Jam (Animation Stopper)(※Chrome拡張)

アニメーションGIFが兎に角嫌いなのでインストールしてる、アニメーションGIFブロック(アニメを再生させない)拡張。ただ最近は、まだあまり多くないものの、アニメーションGIFに替わって、HTML 5のVideoタグで動画を自動再生するサイトも見かけるようになり… これも拡張等々でブロックするか、検討中…( ˘ω˘ ;)


9. Linkclump

複数のリンクを、キーボードショートカット使ってまとめて開ける拡張。これも結構よく使ってます!


10. Pocket (formerly Read It Later)

いわゆる『後で見る』サービス『Pocket』の公式拡張。最近お薦めページの紹介機能や、『友達フォロー』と言ったSNSっぽい機能が追加されたのがちょっと気になりますが…『後で見る』サービスとしてはまだ使い勝手が良いと思うので、使っています。


11. SimpleExtManager

拡張の有効・無効を簡単に切り替えれる拡張。例えば特定のサイトで「拡張が悪さしてるのでは?」と感じた時、本当かどうかをこの拡張使って有効・無効切り替えてテストしたりする時などに、便利です!

拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 1:ポップアップ(拡張機能)
拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 1:ポップアップ(拡張機能) posted by (C)kyu3

また拡張をグループごとにまとめて有効・無効もできるので、クラッシュした時、拡張が全部無効になっていても、簡単に普段使ってる拡張をまとめて有効にする…なんて事もできます!いざと言う時に備え、インストールしておくと便利かと。

拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 11:拡張グループを表示
拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 11:拡張グループを表示 posted by (C)kyu3

ちなみにサイドバーでも使う事ができますし、拡張のオプションページを表示したり、拡張を削除したりする事もできます。

拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 13:サイドバー
拡張機能の有効・無効等々が簡単にできるOpera拡張「SimpleExtManager」- 13:サイドバー posted by (C)kyu3


12. TweetRight +

右クリックメニューから、ツイートボタンを押したのと同じ感じでツイートできる拡張。


【関連記事】
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2010年10月)
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2011年5月)
Kyu3's LOG : 私が使っているOperaエクステンション(2011年9月)
Kyu3's LOG : Opera 15のお薦めエクステンション10選 +1
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!
  • 落雷でシャチホコが破損した犬山城、一般公開再開!
  • 落雷でシャチホコが破損した犬山城、一般公開再開!
  • 落雷でシャチホコが破損した犬山城、一般公開再開!
  • 落雷でシャチホコが破損した犬山城、一般公開再開!
  • 落雷でシャチホコが破損した犬山城、一般公開再開!