デジカメ

iPhoneバッテリー問題の解消に、デジカメ購入のススメ!

このブログに『iPhoneバッテリー問題:バッテリーが急激に減るのは、iCloudの「カレンダー」同期が原因?』と言う記事を書いたのは、約3年前。iOS のバージョンで言うと "iOS 6" の頃ですが、未だにそれなりにアクセスがあります。やはり今も iPhone のバッテリー問題に悩んでる人が結構いるんだなぁ〜と。(^^;

この記事を書いた頃(確か私は、iPhone 4S を使っていました)は、「2・3年後くらいには、新しい技術で、スマホのバッテリー問題は解消されてるのでは?」なんて思ってましたが、技術的に難しいのか、3年前と比べても、良くなった印象はありません。

しかし私個人の話をすると、今はほとんど iPhone のバッテリーのもちに悩むことはありません。その理由は、端末が変わったから(今は 6s を使っています)ではなく、数年前に「デジカメ」を購入したからです!( ´ ▽ ` )ノ


1. 購入したきっかけと、思わぬ"副作用"としての「バッテリー持ち改善」


私がデジカメを購入したきっかけは、家電量販店でたまたま現在も使ってるデジカメ(ソニーの「DSC-WX300」)を見つけて、衝撃を受けたからです!Σ(°Д°;)!!

私が購入したデジカメ「WX300」↓
Sony DSC WX300:手で持ったところ - 5
Sony DSC WX300:手で持ったところ - 5 posted by (C)kyu3

「本体がこんなに小さいのに、光学"20倍"ズームなんてすごい!」「暗所で iPhone よりも綺麗に撮れる♪」「iPhone に無線LAN経由で、写真や動画を送信することもできる」等々と言うのが購入した理由なのですが、実際購入して持ち運ぶようになって、iPhone のバッテリーの減りが少なくなってることに気が付きました。

私が以前、iPhone のバッテリーのもちに不満を感じていたのは、おもに休日遊びに行く時でした。私は毎回かなりの枚数の写真を撮影するのですが、そうなるとバッテリーの減りが早く、家に帰る途中には、ほとんど無くなってることがよくありました。そのため以前は「モバイル・バッテリー」を一緒に持ち歩いていたのですが、デジカメを購入して以後、写真をおもにデジカメで撮影するようになり、結果 iPhone のバッテリーの減りは以前と比べるとかなり少なくなり、モバイル・バッテリーを持ち運ばなくてよくなりました♪ (*^^*)


2.「モバイル・バッテリー」は、持ち運ばないで済むなら、それに越したことはない!


ここで少し話が本筋からそれますが… 私はどうも「モバイル・バッテリー」が好きになれません。と言うのも、モバイル・バッテリーは、基本的にモバイル端末等を充電すること"しか"できないからです。モバイル端末等が自分が必要とする時間、充電することなくもたないので、仕方なく持ち運んでいる訳で…( ˘ω˘ ;)

つまり「持ち運びたくて、持ち運んでる製品」ではないので、持ち運ばなくて済む(モバイル端末等が自分が必要としてる時間、バッテリーがもつ)のであれば、それに越したことはないと思います。

あとモバイル・バッテリーは、たいていどのバッテリーも、充電時に熱くなります。特に夏の時期は、これがかなり不快です!また充電中はケーブルを接続する必要があります。その際 操作がしづらくなるのも、嫌な点だなと。( ˘ω˘ ;)

なので私はモバイル・バッテリーは、持ち運ばないで済むなら、それに越したことはないと思います!

私が以前使っていた、ソニーのモバイル・バッテリー↓
(※充電中は、結構熱くなりました。(^^; )
ソニーのモバイルバッテリー「CP-ELSIPW」- 6
ソニーのモバイルバッテリー「CP-ELSIPW」- 6 posted by (C)kyu3


3. iPhone よりも"上質"な体験で、バッテリー問題を改善!


話を本筋に戻しますが…

そうは言っても、デジカメは結構な値段がする商品です。それに「私はほとんど写真や動画を撮影しないので…」と言う人もいるんじゃないかと。( ˘ω˘ )

…であれば、別の商品を購入するとか。

と言うのも、この記事で言いたいことは、タイトルは『iPhoneバッテリー問題の解消に、デジカメ購入のススメ!』となっていますが、要は普段 iPhone で使用している機能の一部を、別の製品に置き換える(そちらで利用する)ことでも、iPhone のバッテリー使用量を減らせるよ!…と言うことです♪ ( ´ ▽ ` )ノ

ただその際、単に iPhone の機能を置き換えるだけだと「それなら iPhone をそのまま使った方が…」と言うことになると思うので、iPhone よりもより"上質な体験"、あるいは iPhone には"できないことができる"製品を、買うのが良いんじゃないかと。

例えば、音楽を iPhone でよく聞くと言う人は、ソニーのポータブル・オーディオプレイヤー「ウォークマン」を購入するとか。「ウォークマン」の中には、iPhone よりもより高音質(ハイレゾ)で音楽を楽しめる製品も出てるので、iPhone より高音質で音楽を楽しめます。

ソニーのウォークマン「NWZ-S765」↓
(※こちらの製品は、ハイレゾ非対応)
2015 Sony Walkman NWZ-S765
Photo by Jacek HalickiCC BY-SA 4.0

またゲームを良くすると言う人なら、例えば「ニンテンドー3DS」や「プレイステーション・ポータブル」などのゲーム専用機を購入するとか。

ニンテンドー3DSとPS Vita
Nintendo 3DS and PS Vita
Photo by MachineLaw(CC BY-SA 3.0

ゲームをするなら、私はこれらの専用機の方が、断然楽しいと思います。(*^^*)
(※ただ iPhone のゲームアプリが好きなら、iPod Touchを購入すると言う手も…)

最後にデジカメに関して書くと、iPhone で写真を撮影するのは、とても楽しいです♪ 非常に手軽に撮れますし、撮影した写真を簡単に加工することもできます!またSNSにアップしたりすることで、友達や家族、あるいは大勢の人に、撮影した写真を見せることもできます♪ (*^^*)

しかし iPhone にも苦手なことがあります。例えば、遠くのものを撮影すること。iPhone にも一応デジタルズーム機能が使えるアプリはありますし、普通に撮影した写真を拡大して切り取ることで、遠くを撮影した写真のような画像を作ることもできます。

しかしデジカメだと、ほとんどの機種で、3倍以上(私が購入した WX300 だと 20倍)の"光学ズーム"機能を利用することができます。なので、遠くのものを撮影するなら、デジカメの方が綺麗な写真が撮れるでしょう。

同じ場所からデジカメと iPhone で撮影した写真の比較↓
(※上の写真がデジカメ「WX300」で撮影したもので、下の写真は iPhone 4S で撮影した写真を拡大したものです。)
庄内緑地公園から見た名駅ビル群の比較(2016年2月と2013年3月)- 2
庄内緑地公園から見た名駅ビル群の比較(2016年2月と2013年3月)- 2 posted by (C)kyu3

【参考リンク】
光学ズームとデジタルズームの違い:オリンパスイメージング

それに暗所での撮影も、iPhone は決して得意とは言えないでしょう。年々 iPhone も、暗所でも綺麗な写真を撮れるようになってはきていますが、それでもまだまだデジカメで撮影した方が綺麗に撮れます。

デジカメと iPhone で撮影した花火写真の比較↓
デジカメ(WX300)とiPhone 4Sでの花火写真比較 - 2
デジカメ(WX300)とiPhone 4Sでの花火写真比較 - 2 posted by (C)kyu3

それと最近だと「SNS へと投稿する写真を見栄え良く撮影したい」、「他の人と違った雰囲気の写真が撮りたい」と言うニーズもあるでしょう。そう言う場合も、普通に iPhone で撮影するよりもデジカメで撮影した方が、綺麗な写真、他の人と違った雰囲気の写真が撮りやすいのではないかと。

ちなみに最近販売されてるデジカメには、無線LAN経由で iPhone に撮影した写真や動画を送信することができる機種が、多数販売されています。私が使ってるデジカメ「WX300」も、無線LAN経由で送信可能です。

ソニーのデジカメ連携アプリ「PlayMemories Mobile」↓
(※このアプリを使って、デジカメに保存されてる写真や動画を、iPhone に送信できます。あとカメラの遠隔操作も可能です。Android版もあり。)
PlayMemories Mobile 4.0.1:iOS7に最適化されたホーム画面
PlayMemories Mobile 4.0.1:iOS7に最適化されたホーム画面 posted by (C)kyu3

あと「Bluetooth Smart」と言う規格をサポートしてる機種(カシオが多く製品を出してます)だと、デジカメで撮影した写真を自動的に iPhone に送信してくれる…なんて機種もあります。これだと iPhone へ送信する手間もないので、より便利で、手早く SNS 等にアップロードできると思います。

EX-ZR60:CASIO・・・カシオの「Bluetooth Smart」に対応してるデジカメの1つ。

「Bluetooth Smart」対応製品、カシオ「EX-ZR1600」のレビュー動画↓
(※「Bluetooth Smart」を使った自動送信の説明は、47秒くらいから。)


このような iPhone よりもより"上質な体験"、あるいは iPhone でできないことができる製品を使うことで、iPhone の使用量を減らすことができれば、iPhone のバッテリー問題も改善すると思います。現に私もデジカメを購入してから、ほとんどまったく、iPhone のバッテリーの減りに悩むことはなくなりました。

iPhone のバッテリー問題で悩んでる人は、大勢いると思います。「色々やっても、ダメだった」と言う人がいたら、このやり方を検討してみてはいかがでしょう?(*^^*)


4. 単なる「モバイル・バッテリー」以外の製品を買うことで、モバイルバッテリーの不満を解消?


最後に余談ですが… 上記で「モバイル・バッテリーは、基本的に充電"しか"できない」と書きましたが、別のことができる製品も、結構販売されています。例えばハンディーライトの機能を備えたモバイル・バッテリーや、スピーカーの機能を備えたもの(…と言うか、スピーカーにモバイル・バッテリーの機能が搭載されたもの)など。変わったものだと、"ペン"にもなる(…と言うか、ペンにモバイル・バッテリー機能が付いてる)製品も出ているそうです。

RP-PB08多彩シリーズ3200mAhモバイルバッテリー/スマホ充電器:RAVPower
ランタン・LEDライト機能付きUSBモバイル充電器 MPC-CLT6600:マクセル
JBL CHARGE | Bluetoothスピーカー:JBL by HARMAN
サンコーがペン兼用モバイルバッテリー2モデル発売。直径14mm、40gを切る本体に800mAhの容量:Engadget Japanese

あと充電中熱くなることをうまく利用して、「カイロにもなる!」としてる製品もあります。

この冬一番の衝動買い!? カイロにもなるUSBモバイルバッテリー:ASCII.jp
e-KairoStick 充電式カイロ+予備バッテリー+LEDライト:エレス株式会社

ペンライトやカイロにもなるモバイル・バッテリー↓
ペンライトやカイロにもなるモバイルバッテリー
ペンライトやカイロにもなるモバイルバッテリー posted by (C)kyu3

この中ではペンライト機能はかなり便利かもなぁ〜と思いますが… ただ iPhone にもライト機能が搭載されてるので、やはりモバイル・バッテリーは、無くても良いなぁ〜と… 私は思います。( ˘ω˘ )

【関連記事】
Kyu3's LOG : Sonyのコンデジ・DSC-WX300で、「国際宇宙ステーション」を撮ってみた!

最近気になる製品:Lytro cameraとPanasonic Toughpad

 今回は最近気になってる製品について、ブログの記事を書こうと思います。

1. Lytro camera



 「写真を撮影したがピントがずれてて、残念」と言う経験は、誰もがした事があると思います。しかしこのカメラなら、そんな問題から解放されるかもしれません。なぜならこのカメラを使って撮影すると、ピント調節を"撮影後"に行えるからです。

 実際撮影された写真は、パソコンの専用ソフト(※Engadgetによると、現在はMac OSX用のみ)でピント調節ができるほか、専用サイトにアップすると、以下のようにWEBページに貼り付ける事もできます。ちなみに以下の写真、クリックした部分にピントがあいます。またタブルクリックで、拡大表示する事もできます。





 最初このカメラ(と言うか、このカメラに用いられた技術)に関する報道を聞いた時、とても驚いたとともに、「これぞ待ち望んでた機能だ!」と少し興奮しました。「是非欲しい!」と熱望していましたが、・・・実際製品化されたものを見た時、既存のデジカメと全然違う形に、正直「何でこんな風にしたのだろう・・・?!」 と、少し唖然としました。しかしこのブログ記事の最上部に貼った動画を見て、「これはこれで、かなり良いかも・・・」と思うようになりました。もし日本で発売されたら、買おうかなぁ~。(^^)

ちなみにEngadgetによると、値段は8GBが約3万円(399ドル)、16GBが約4万円(499ドル)との事。

撮影後にフォーカスできる Lytro カメラ 発表、f/2 レンズ搭載で399ドルから:Engadget Japanese


2. Panasonic ToughPad



 パナソニックは企業向けに、防水・耐衝撃性能を備えるパソコン「Toughbook(タフブック)」と言う製品シリーズを発売してますが、そのAndroidタブレット版が、今回紹介する「ToughPad」です。とにかく"タフ"(丈夫)!!上記のオフィシャル動画を見てもらえば分かりますが、防水・耐衝撃性能を備えるうえに、かなりの高温にも耐えうるようです。

 The Vergeと言うサイトによると、さすがに値段は少し高く、iPad 2の倍以上の約10万円(1299ドル)。ただそれだけの価値は、十分にあると思います。iPad 2は持ち運ぶのにあまり適していないと思いますが、・・・タブレット端末全般は、ノートパソコンよりも外に持ち歩くのに適していると思います。軽くて小さいうえ、3G通信機能を搭載しているものもあるので。しかし外に持ち運ぶとなると、落としたり濡れたりしてしまう危険性は、自宅だけで使用してるよりも高まるでしょう。であれば、防水・耐衝撃と言った性能は、あるに越したことはないでしょうから。

 ちなみに製品公式HPによると、7インチモデルも出るようです。

Panasonic Toughpad Google Android Tablet - Best Rugged Android Tablet

サンヨーXacti DMX-CS1レビュー



先日家電量販店で、サンヨーのデジタルカメラ「Xacti DMX-CS1」を触ってきました。今回そのレビュー記事を書こうと思います。

良かった点:
  • この薄さで"HD撮影"・"9倍ズーム"はすごい!
悪かった点:
  • 本体が薄過ぎて持ち難い。
  • ボタンが小さくて押し難い。
  • ボタンが本体側とディスプレイ側に分かれたので、分かり難いし操作し難い。:faint:
  • 手ぶれ補正機能があまり効かない。
その他:
  • 他にない本体デザイン。
  • 音声ズーム機能は今後普及する(ほとんどの端末に搭載される)のではないか・・・。

いくら携帯性を重視したとしても、こんなに持ち難かったり、操作し難かったら、それはほとんど意味がないと思います。
またボタンの設置個所が"本体側"と"ディスプレイ側"の2ヶ所に分かれため、従来のXactiならではの操作の"しやすさ"や"分かりやすさ"がまったくなくなってしまっている事も、とても残念に思います。

Xacti DMX-CS1(三洋電機)
http://jp.sanyo.com/xacti/products/lineup/dmx_cs1/index.html

ソニーCyber-shot DSC-HX1レビュー



先日家電量販店で、ソニーのデジカメ「Cyber-shot DSC-HX1」を触ってきました。今回はそのレビュー記事を書こうと思います。

まずこの機種の目玉機能の1つ、パノラマ撮影機能を試しました。いくつかのレビュー記事では「少し撮影するのにコツがいる」と書かれていましたが、非常に簡単に撮影する事ができました。
撮影は本当に簡単です。パノラマモードにして、カメラをゆっくりと一方向に振るだけ。本体に出っ張っているグリップ部分があるのでしっかりと持つ事ができ、安定してスイングする事ができるので、私でも綺麗なパノラマ写真を簡単に撮影する事ができました。

その他に「良いな」と思ったのが、以前このタイプの前モデルのレビュー記事でも書きましたが、上下方向180度に動く「マルチアングル液晶」です。この液晶は本当に秀逸♪高い所や低い所など、様々なアングルがとてもスムーズに撮影できるので、「他のメーカーでももっと採用していくれないかなぁ・・・」と思います。

ただ気になる点もいくつか。

この機種からハイビジョン画質の動画も撮影できるようになり、動画機能も目玉の1つ・・・なのですが、何だかとても中途半端でした。メモリーカードが入っているかどうかで撮影可能画質や撮影時間に制限があるのはまぁ分からんでもないのですが、入っていてもハイビジョンで撮影できる時間が"最大29分"(ファイルサイズにして"約2GB")となっているのが解せないなと思いました。
この事からも、「一応流行りのHD撮影機能は付けましたよ・・・」と言った感じ。
あと静止画の方はモードがやたら沢山ある(全部で"10種類"。あともう1つ動画専用モードがあります。)のが、切り替えるのが不便だなと思いました。しかもこれだけモードがあるのに、リコーのコンパクトデジカメのように、予め設定した状態を保存できないのもちょっと・・・。(^^;

結論ですが、パノラマ撮影機能のように簡単にとても楽しく写真が撮影できる機能がある半面、非常にこだわって写真を撮影できる機能(モード)が沢山あるのは、何だかアンバランスだなと思いました。もっとモードを少なく(少なくとも撮影モードの切り替えモードを少なく)すれば、使いやすくなるなと思いました。
あと動画撮影機能についてですが、中途半端な制限を設けるよりも、カシオのデジカメのようにハイスピードムービー撮影機能を搭載するなど、より機能を増やした方が良いのではと思いました。

Cyber-shot DSC-HX1(ソニー)
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX1/

リコーCX1レビュー

RICHO CX1
RICHO CX1 posted by (C)ks-studio

先日家電量販店で、リコーのデジタルカメラ「CX1」を触ってきました。今回はそのレビュー記事を書こうと思います。

前モデル「R10」が非常に出来が良かったし、大きさとしてもちょうど良いと思っていたので、最初にCX1を触った時は、R10より一回り大きいと感じた(※実際厚みが1.8mm大きいです)ので、少し違和感を憶えましたが、2回目以降はまったく感じませんでした。

基本的にデザインは前モデルと同じ。また機能的にも前モデルを踏襲していますが・・・
「前モデルよりもはるかに良くなった」と感じました。

中でも、この機種から搭載された「ダイナミックレンジダブルショットモード」は秀逸♪:yes:
明暗の差が大きいとなかなか露出が適正にならず、明るい部分が真っ白になったり、逆に暗い部分が真っ黒になってしまったりと、とても苦労するものだと思います。しかしこの「ダイナミックレンジダブルショットモード」を使えば、異なる2つの露出で同時に撮影し、それを合成して1枚の画像にしてくれるので、明暗差が大きい場所でもうまく撮影する事ができると思います。

あと最近流行りの連写機能も搭載されています。最高画質で「約4枚/秒」、最大で「120枚/秒」。また前モデルから搭載されている「電子水準器」も搭載されています。こちらも秀逸♪:yes:
ズームは前モデルと同じ「光学7.1倍」。ただ前モデルと比べると、レンズの出し入れが早くなったように感じました。また静穏性も高まったようにも思われます。

もし今デジタルカメラを買おうか迷っている人がいたら、いの一番にこのCX1を薦めます。
写真を撮る喜びを与えてくれる、そんなカメラだと思います。

CX1(リコー)
http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx1/index.html

R10(リコー)
http://www.ricoh.co.jp/dc/r/r10/index.html
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Opera 45(コードネーム「Reborn」)が結構良い感じ♪
  • Vivaldi 1.9で起こる主な日本語関連の不具合と対処法、対応状況
  • Vivaldi 1.9で起こる主な日本語関連の不具合と対処法、対応状況
  • 春日井市内(県営名古屋空港南)にドローンスクールがオープン!
  • 春日井市内(県営名古屋空港南)にドローンスクールがオープン!
  • 落合公園の桜開花・満開関連のツイート(2012年〜2017年)
  • 多機能な写真・動画撮影&編集ができるiOSアプリ「Musemage」に感動!