ドラマ

Amazonプライムのお薦め作品(2019年5月):「Fleabag フリーバッグ」「ホームカミング」

今月も Amazonプライムビデオで見たお薦め作品に関する記事を書こうと思います。ちなみに今回取り上げる作品は、いずれも Amazonオリジナル・ドラマです。

1. Fleabag フリーバッグ


まず最初に紹介する作品は、ドラマ『Fleabag フリーバッグ』。現代ロンドンを舞台とした大人向けのシニカルなコメディで、主人公の女性がカメラ目線で本音や心情を語る演出が、とても面白かったです。ただ展開が割りとシリアスになりがちで、もっとコメディ色を強くした方が良かったのではと思います。

ちなみに主人公「フリーバッグ」を演じる女優フィービー・ウォーラー=ブリッジは、イギリス出身の女優兼脚本家で、最近だと映画『ハン・ソロ』のドロイド「L3-37」役の動き(モーションキャプチャー)と声を担当したり、来年(2020年)公開予定の「007」シリーズの映画『ボンド25』に脚本家として参加するなど、様々な映画やドラマで活躍している人物です。他の出演してる作品も見ましたが、そちらでもコミカルな演技が印象的でした。

映画『ハン・ソロ』美女型ドロイド「L3-37」裏設定が明らかに:ORICON NEWS
「ボンド25」脚本リライトに「ハン・ソロ」L3-37役のフィービー・ウォーラー=ブリッジ:映画.com
クラッシング:Netflix・・・私が見たもう1つの作品。こちらもコメディ。

あとこの作品『フリーバッグ』では彼女の喋り方がとても印象的なので、是非吹き替えだけでなく、字幕版も見て欲しいなと思います。

最後にこのドラマ、1話が約26・7分と少し短めです。全12話(※.シーズン1・2 各6話)。上記でも書きましたが、日本語吹き替えありです。あと通常版に加え「4K」版もあります。

Fleabag フリーバッグ シーズン1 (字幕版):Amazon
Fleabag フリーバッグ シーズン1 (吹替版):Amazon
Fleabag フリーバッグ シーズン1 (字幕版) (4K UHD):Amazon
Fleabag フリーバッグ シーズン1 (吹替版) (4K UHD):Amazon


【関連リンク】
ドラマ『フリーバッグ』公式Twitter
ドラマ『フリーバッグ』公式Instagram
ドラマ『フリーバッグ』公式Facebook
Fleabag:Wikipedia
Fleabag (TV Series 2016– ):IMDb


2. ホームカミング


次に紹介する作品は、ジュリア・ロバーツ主演のドラマ『ホームカミング』。米軍帰還兵の社会復帰支援施設「ホームカミング」を巡る陰謀と、そこで起こった悲劇を描いたドラマです。ホームカミング内の様子を描いたものと、ホームカミングが閉鎖された数年後(現在)の2つの時間軸が存在していて、後者の時間軸だと映像が正方形になってると言う、ちょっと変わった演出がされています。

感想を言うと、ドラマとしてはまずまず。ただちょっと変わった映像演出がドラマへの感情移入をしにくくしていて、時間はだいたい1話30分前後と他の普通のドラマと比べると短めなんですが、逆に少し長く感じてしまいました。上記の正方形の映像演出に加え、おそらく数十年前の前衛的な映像演出のミステリードラマやスタンリー・キューブリックの映像とかへのオマージュだと思うのですが、左右対称や均衡の取れた画面構成、昔のような映像の色味等々。各所でそう言う昔の映像へのオマージュ的演出が見られるのですが、昔のそう言う映像や演出を見ていない人にはこれらは新鮮かもしれませんが、見たことあると今更感があり、その点もちょっとつらかったです。

あとジュリア・ロバーツは大好きな女優さんの1人で、彼女が主演の映画『ノッティングヒルの恋人』や『エリン・ブロコビッチ』なども好きな作品なのですが、このドラマ『ホームカミング』は、別のもっと名前があまり知られてない女優さんを起用した方が良かったのではと思います。この作品でも彼女はとても良い演技をしてると思うのですが、彼女くらい有名でインパクトのある女優さんが出てしまうと、作品のドラマ性よりも彼女個人の印象の方が強くなってしまうと感じるので。

ちなみにシーズン2の制作がすでに決定しているのですが、監督も私と同じように考えた… 訳ではないでしょうが、シーズン2にジュリア・ロバーツは出演しないそうです。あと興味深い点を1つ挙げると、このドラマ、元になってる原作が同名のポッドキャストなんだとか。

ジュリア・ロバーツ主演。帰還兵のPTSDを描く社会派サスペンススリラー【この海外ドラマが間違いなし!『ホームカミング』】 :d.365
ジュリア・ロバーツ主演の注目のテレビシリーズ、監督が語る:シネマトゥデイ

最後にこのドラマ、上記でも書きましたが、1話が約30分前後と少し短めです。全10話で日本語吹き替えありです。あと『フリーバッグ』と同じでこのドラマも、通常版に加え「4K」版があります。

ホームカミング (字幕版):Amazon
ホームカミング (吹替版):Amazon
ホームカミング (字幕版) (4K UHD):Amazon
ホームカミング (吹替版) (4K UHD):Amazon



【関連リンク】
ドラマ『ホームカミング』公式Twitter
ドラマ『ホームカミング』公式Instagram
ドラマ『ホームカミング』公式Facebook
ホームカミング (テレビドラマ):Wikipedia
Homecoming (TV series):Wikipedia
Homecoming (TV Series 2018– ):IMDb
ジュリア・ロバーツ公式Instagram

これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選

今回はこれまで観たSFおよびファンダジードラマで、お薦めの作品を5つ紹介します。

1. ヒューマンズ


最初に紹介する作品は、SFドラマ『ヒューマンズ』。最近見たドラマの中で一番興味深く、色々考えさせられる作品でもありました。

舞台は現代イギリス。しかし現実と異なるのは、この世界では人間そっくりのアンドロイド(※.この作品の中では「シンス(Synth)」と呼ばれています)が、当たり前のように存在していること。感覚的に言うと、車と同じような感覚でアンドロイドが存在する感じでしょうか。

そしてこのアンドロイドによって恩恵を受ける人も大勢いる一方で、仕事を奪われたり、あと"不気味の谷現象"による嫌悪感もあってか、アンドロイドに対し敵意を持ってる人もたくさんいて、その結果様々な社会問題や騒動も起きています。そんななか、ある家庭に一体のアンドロイドがやって来るところから、物語が始まります。

現在シーズン3まで制作されており、すべて Hulu で配信(※注:シーズン3は2019年5月から各週1話で配信中)されています。

ヒューマンズ:Hulu



【関連リンク】
HUMANS:AMC・・・このドラマの制作局の1つ「AMC」の番組公式HP。
Humans:Channel 4・・・このドラマの制作局の1つ「Channel 4」の番組公式HP。
Humans (TV Series 2015– ):IMDb
Humans (TV series):Wikipedia
Humans AMC:Twitter・・・このドラマの制作局の1つ「AMC」の番組公式Twitter。
Humans:Facebook・・・このドラマの制作局の1つ「AMC」の番組公式Facebook。
humansamc:Instagram・・・このドラマの制作局の1つ「AMC」の番組公式Instagram。

【関連記事】
Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』(追記あり) : Kyu3’s Blog


2. ロスト・イン・スペース


次に紹介する作品は、SFドラマ『ロスト・イン・スペース』。1960年代にアメリカに作られ日本でも放映されたことがあるドラマ『宇宙家族ロビンソン』(※. 原題は『Lost in Space』)が元になっています。

今のところ制作されてるのはシーズン1の10話のみ(※. シーズン2は今年配信予定)ですが、見た感想は「とにかくお金がかかってる作品」「大人と子供が一緒に見られる良質なSF」です。舞台も宇宙船の中もCGも全てが凝った作りで、それだけでも見る価値があると思います。また残虐なシーンやグロいシーン、あとセクシーなシーンがほとんどないですし、展開的にもスピルバーク作品のような展開なので、大人も子供も楽しめる作品だと思います。

そしてこのドラマは Netflix オリジナル作品なので、配信されてるのは Netflix のみです。

ロスト・イン・スペース:Netflix



【関連リンク】
ロスト・イン・スペース公式Twitter
ロスト・イン・スペース公式Instagram
ロスト・イン・スペース (2018年のテレビドラマ):Wikipedia
Lost in Space (TV Series 2018– ):IMDb

【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年4月):『The Case』『ミスフィッシャーの殺人ミステリー』『ロスト・イン・スペース』 : Kyu3’s Blog


3. 捜査官エヴァ 孤独の森


次に紹介する作品は、ファンタジードラマ『捜査官エヴァ 孤独の森』。スウェーデンで制作されたドラマで、舞台もスウェーデン。民話や伝説などをモチーフにして作られた作品のようで、ストーリーや世界観が非常に良く出来ていて、その点にとても感心しました。

ちなみに原題は『Jordskott(ヨードスコット)』で、作品内に登場するあるものの名前です。

シーズン2まで制作されていますが、日本で配信されたことがあるのは、シーズン1だけかと。現在シーズン1がフジテレビ・オンデマンドと U-NEXT で配信されています。

捜査官エヴァ 孤独の森:フジテレビ・オンデマンド
捜査官エヴァ 孤独の森:U-NEXT



【関連リンク】
捜査官エヴァ公式YouTube チャンネル
捜査官エヴァ公式Instagram
捜査官エヴァ公式Twitter
DISCOVER SILVERHÖJD・・・ドラマ撮影地の情報などがまとめられた公式ページ。
Jordskott:Wikipedia
Jordskott (TV Series 2015– ):IMDb

【関連記事】
スウェーデン発のダーク・ファンタジー!ドラマ『捜査官エヴァ 孤独の森』は、結構お薦め! : Kyu3’s Blog

4. 私立探偵ダーク・ジェントリー


次に紹介する作品は『私立探偵ダークジェントリー』。SFの要素もファンタジーの要素もあり、ミステリーの要素やコメディーの要素もあるドラマで、正直ジャンルが何かと聞かれると答えにくい作品ではありますが、とても面白かったです。

一言でこの作品を表現するなら「ハチャメチャでムチャクチャ」。登場人物も個性的で魅力的。特にシーズン1の出来が素晴らしく、本当面白かったです。シーズン2はファンタジー要素が強くなり過ぎたのと世界観が壮大になり過ぎてしまったのとで、ちょっとイマイチでしたが。

なおこのドラマは Netflix オリジナルドラマなので、Netflix でのみ配信されています。

私立探偵ダーク・ジェントリー:Netflix



【関連リンク】
Dirk Gently’s Holistic Detective Agency:BBC America・・・Netflix と共同制作を行った BBC America の番組公式ページ。
私立探偵ダークジェントリーの公式Twitter
私立探偵ダークジェントリーの公式Instagram
私立探偵ダークジェントリーの公式Facebook
Dirk Gently's Holistic Detective Agency (TV series):Wikipedia
Dirk Gently's Holistic Detective Agency (TV Series 2016–2017):IMDb

【関連記事】
2018年にNetflixで見たお薦め作品ベスト10 : Kyu3’s Blog
NETFLIXのレビューとお薦め作品(2018年2月):『ブルックリン・ナインナイン』『私立探偵ダーク・ジェントリー』『スニッファー ウクライナの私立探偵』他 : Kyu3’s Blog


5. ドレスデン・ファイル


最後に紹介する作品は、ファンタジードラマ『ドレスデン・ファイル』。人気の同名ファンタジー小説をニコラス・ケイジが制作総指揮で制作されたドラマで、舞台は現代のシカゴ。私立探偵をしている主人公の魔法使い「ハリー・ドレスデン」が、相棒の女性警官とともに、不思議な事件を解決すると言うストーリーです。

出てくるキャラや世界観も結構好きで、ドラマ自体もそれなりに人気があったと思うのですが、残念ながらドラマ自体はシーズン1で終了してしまいました。

ちなみに原作はまだ続いてるようで、来月(2019年6月)新刊が出る予定です。あと翻訳本も何冊か、Amazon で売られています。



もう1つ残念なのが、この作品は今どのサービスでもネット配信されてなかったこと。なのでもし見るとしたら DVD を購入するか、レンタルするしかないようです。

ドレスデン・ファイル DVD-BOX 1
ポール・ブラックソーン
アミューズソフトエンタテインメント
2008-09-26


ドレスデン・ファイル DVD-BOX 2
ポール・ブラックソーン
アミューズソフトエンタテインメント
2008-10-24


非常に面白い作品でまた見たいので、是非どこかで配信してくれたらなと思います。あとできたら続編も制作してくれたらなと。



【関連リンク】
ドレスデン・ファイル:Wikipedia
The Dresden Files (TV series):Wikipedia
The Dresden Files (TV Series 2007– ):IMDb

【関連記事】
これまで観た中でお薦めのミステリードラマ 5選 : Kyu3’s Blog

これまで観た中でお薦めのミステリードラマ 5選

今回は、これまで観た中でお薦めのミステリー・ドラマを5つ厳選して紹介します!

1. SHERLOCK / シャーロック シーズン1・2


お薦め1位は、何と言っても『SHERLOCK /シャーロック』!非常に現代感覚に優れたドラマでしたし、ストーリーも登場するキャラクターも、会話の端々に登場するウィットも魅力的で面白く、ドラマとして最高でした。

ただ良かったのは、シーズン2まで(※.厳密に言うと、シーズン3の公開直前に YouTube で公開されたミニドラマ「Happy Returns」まで)。シーズン3以降(3と4),そして映画も観ましたが、これらはいずれもイマイチでした。シーズン1と2は点数をつけるとすると、100点満点で120点あげても良いくらいでしたが、3以降はいずれも60点〜70点くらい。

たぶんこれはシーズン1と2の出来が良過ぎたんだと思います。あとシーズン1と2で世界的にものすごく人気が出てしまったため、ストーリーや内容考える人達もものすごいプレッシャーだったでしょうし、撮影もかなり難しくなってしまったそうです。特に主役の2人は他の作品へのオファーが殺到し、スケジュールを抑えるのも大変だったようですし、そのうえロケも人が集まり過ぎて、撮影が困難だったそうですし。

人気のあるドラマなので「既に観た」と言う人は多いと思いますが、もし観たことがない人がいたら、シーズン1と2だけでも観るべきだと思います!ちなみに2019年5月現在シーズン1〜4は、Netflix で配信されています。

SHERLOCK / シャーロック:Netflix



【関連リンク】
Sherlock:BBC One・・・制作局BBCの番組公式ページ。
Sherlock (TV Series 2010– ):IMDb
SHERLOCK(シャーロック):Wikipedia
Sherlock の公式Twitter
Sherlock の公式Facebook

【関連記事】
BBC制作ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』、お薦めです♪ : Kyu3’s Blog


2. キャッスル / ミステリー作家のNY事件簿


2番目にお薦めする作品は『キャッスル / ミステリー作家のNY事件簿』。一話完結のコメディータッチのミステリー・ドラマで、私の好きなドラマの要素(「一話完結」「コメディータッチのミステリー」「比較的グロいシーンが少ない」)が全部詰まってる作品です!

シーズン8まで続いたのですが、『Sherlock』がシーズンによって出来に大きく差があると感じるのに対し、こちらは比較的ずっと良い作品のまま。私が観たのはシーズン7までですが、「7」は「これはちょっと無理が…」と言う回もあるにはありましたが、それでもシーズン最後まで、ミステリーとしてもドラマとしても楽しめる良くできた作品だと感じました。

登場人物もとても魅力的で、主人公のミステリー作家キャッスルや刑事のベケットだけでなく、キャッスルの家族や警察署の仲間たち等々。皆個性的で、それぞれが存在感のある良いキャラクターだと思います。

ちなみに作中に登場するキャッスルが書いた作品は実際出版されており、日本の Amazon でも手に入れることができます。また一部の作品は翻訳もされています。

日本語訳されてる作品↓
長い酷暑 (ヴィレッジブックス)
リチャード・キャッスル
ヴィレッジブックス
2013-01-19


裸のヒート (ヴィレッジブックス)
リチャード・キャッスル
ヴィレッジブックス
2013-12-20


なお2019年5月現在、シーズン1〜7が Hulu で配信されてる他、Amazon プライム・ビデオの対象となっています。あとシーズン8が BS放送「Dlife」で放送されてるようで、見逃し配信が Dlife公式サイトの他、Gyao! でも配信されています(※.どちらも期間限定)。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿:Hulu
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿(字幕版):Amazon.co.jp
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン8:Dlife 見逃し配信
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン8(吹替):GYAO!



【関連リンク】
Watch Castle TV Show:ABC.com・・・制作局ABCの番組公式ページ。
キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き:Wikipedia
Castle (TV Series 2009–2016):IMDb
Richard Castle:Twitter・・・主人公キャッスルの公式Twitter?
Richard Castle:Facebook・・主人公キャッスルの公式Facebook。


3. CSI:科学捜査班


3番目にお薦めの作品は『CSI:科学捜査班』。私が好きなミステリー・ドラマの要素として『キャッスル』のところで書いた3つの要素に加え、もう1つ「事件の最後にきちんとトリックや事件の概要を説明してくれる」と言う点があります。その点で言えば、このドラマがナンバー1かと。事件のトリックや概要を科学的に分かりやすく説明してくれるので。

あとこのドラマの好きな点は、何と言ってもシーズン1〜9まで主任を務めたギル・グリッソム。このキャラの鋭い洞察力と哲学的・詩的表現が私は好きで、「彼あってこそのCSI」だと思います。なので、彼が抜けた後もシーズンは続く(※.最後はシーズン「16」)のですが、あまり好きになれず。観るのを止めてしまいました。

それとギル・グリッソムに関してもう1つ言うと、吹き替えを担当している野島昭生さんの声がすごく合ってると思います。心に響く声ですし、この点も私が見続けた理由の1つだと思います。

ちなみにこのドラマはグリッソムだけでなく、初期メンバー(ニックやサラ等)の役の吹き替えの声は、皆とても合ってると思います。なので、私は基本的に海外ドラマは字幕で観るようにしてるのですが、このドラマは日本語吹き替え版で観ていました。

あと知ってる方も多いと思いますが一応書いておくと、このドラマはスピンオフ作品が3つ作られています。マイアミを舞台とした作品『CSI:マイアミ』とニューヨークを舞台とした『CSI:ニューヨーク』、そしてサイバー犯罪(ネット犯罪)に特化した『CSI:サイバー』です。『CSI:サイバー』は見たことがないので分かりませんが、他の2つは全部ではないですが見たことがあります。どちらも正直『CSI:科学捜査班』ほどは面白くなかったです。ただマイアミの方は主任のホレイショのキャラがとてもインパクトがあって面白く、『CSI:科学捜査班』のように事件の内容や科学的説明よりも、むしろホレイショの活躍(?)を見ると言う感じで観ていました。

ちなみに2019年5月現在、Netflix ではシーズン13からラストのシーズン16(※. 16シーズンは2話のみで、久しぶりにグリッソムが帰ってきます)までの4シーズン分が配信されています。あと Gyao! ではシーズン1〜10までが、話数限定(※. たぶんどれも第1話のみ)で無料で見られます。

CSI : 科学捜査班:Netflix
CSI : 科学捜査班:Gyao!



【関連リンク】
CSI: Crime Scene Investigation:CBS.com・・・制作局CBSの番組公式ページ。
CSI: Kagaku sôsa han (TV Series 2000–2015):IMDb
CSI : 科学捜査班 公式Twitter
CSI : 科学捜査班 公式Facebook
CSI:科学捜査班:Wikipedia


4. BONES(ボーンズ)〜骨は語る〜


お薦め4位は『BONES(ボーンズ)』。このドラマも私が好きな要素がほとんど入ってます。一話完結のコメディータッチのミステリーで、事件のトリックや内容もきちんと説明してくれます。ただ殺されてしまった被害者の死体がかなりグロいことが多く、その点がたまに少し辛かったです。

登場人物は皆個性的でユーモラス。あと主要キャラクターに加えて、シーズン途中から各回ごとに異なる研究員候補の人が登場するのですが、その方式も面白く「この回は誰が出るんだろ?」と毎回ちょっと気にしながら観てました。

ちなみにこのドラマは全12シーズンあるのですが、全12シーズンが Hulu で観ることができます。

BONES (ボーンズ) −骨は語る−:Hulu



【関連リンク】
Bones:FOX・・・制作局FOXの番組公式ページ。
Bones (TV Series 2005–2017):IMDb
BONES 公式Twitter
Bones 公式Instagram
Bones 公式Facebook
BONES (テレビドラマ):Wikipedia


5. ミス・フィッシャーの殺人ミステリー


最後にお薦めする作品は『ミス・フィッシャーの殺人ミステリー』。上記の4作品がいずれも現代が舞台なのに対し、こちらは1920年代、第1時世界大戦後のオーストラリアが舞台です。意図的に古めかしい映像や演技にしてある点から考えて、おそらく古いミステリー・ドラマのオマージュ的作品だと思います。

このドラマも私の好きな要素が全部入ってて、「一話完結」「コメディータッチのミステリー」「比較的グロいシーンが少ない」作品です。ただ上記の4つの作品と比べるとミステリー要素の深みがあまりない感じ。どちらかと言うと古い映画やドラマを観てるような気持ちで、雰囲気を楽しむと言うドラマだと思います。

ちなみにこのドラマ、2015年現在シーズン3まで制作されてるのですが、結構人気があるようで、映画版も制作されています。またスピンオフ作品として1960年代が舞台(※.主人公はフィッシャーの姪?)のドラマや、中国でリメイク版の制作も行われています。

なお2015年5月現在、全シーズンが Netflix で配信されています。

ミス・フィッシャーの殺人ミステリー:Netflix



【関連リンク】
ミス・フィッシャーの殺人ミステリー公式Instagram
ミス・フィッシャーの殺人ミステリー公式Facebook
Miss Fisher's Murder Mysteries:Wikipedia
Miss Fisher's Murder Mysteries (TV Series 2012– ):IMDb

【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年4月):『The Case』『ミスフィッシャーの殺人ミステリー』『ロスト・イン・スペース』 : Kyu3’s Blog


【追記(2019年5月22日)】


タイトルを少し変更しました。

Netflixのお薦め作品(2019年4月):「オレたち、ゆる刑事〜ジャック&ケイト」「ハリー アンド バニー」「メガマインド」

久しぶりに Netflix にログインしたところ「1ヶ月無料体験できるよ」と出たので、再び視聴を始めました。…と言うことで、今回は Netflix で見たお薦め作品を 2つ 3つ紹介します。( ´ ▽ ` )ノ

1. オレたち、ゆる刑事 〜ジャック & ケイト


最初に紹介する作品は、ドラマ『オレたち、ゆる刑事 〜ジャック & ケイト』。現代イギリスを舞台としたミステリー・コメディーで、子供じみてて無神経な刑事「ジャック」と、相棒の女性刑事(シーズン1は「ケイト」、シーズン2は「ジョージナ」)が、様々な殺人事件を解決していくと言うストーリー。

原題は『Vexed』で、意味は「いらいらして」とか「困って」とか「頭を悩ませる」です。邦題は副題として「ジャック & ケイト」が付いていますが、ケイトが登場するのはシーズン1のみで、シーズン2には登場しません。

vexedの意味・使い方・読み方:Weblio英和辞書

私が好きだったのはシーズン1。かなりコメディー色が強く、要所要所で笑えました。ジャックも生き生きとしてて、ケイトも気弱だけど勝ち気で、ちょっとおっちょこちょい…と言うか、運がなくて笑えました。

ただこのシーズン1、英語版Wikipediaによるとイギリスではあまり評価が良くなかったようで、シーズン2ではジャックの相棒がジョージナに変わり、内容もコメディー色を抑えたものに変わってしまいます。

Vexed:Wikipedia

しかしシーズン2もドラマとしては、まぁまぁでした。シーズン1ほどコメディー色が強くなくなったのは残念でしたが、コメディータッチのミステリーとして、出来は悪くなかったです。ただ気になる点を挙げると、最初の数話のジャックがちょっと意気消沈してて覇気がないうえ、新人刑事のジョージナがあまりに優秀過ぎて、ジャックが本当ダメ刑事になってしまってるところ。それも話が進んで行くと、良い方向に変わっていきますが。

ちなみにジャック役のトビー・スティーブンスさんは、NetflixオリジナルのSFドラマ『ロスト・イン・スペース』のジョン・ロビンソン(父親役)を演じてる俳優さんです。『ロスト・イン・スペース』ではかなり良い父親役を演じていたので、そのギャップも面白いなと。

なおこのドラマ、シーズン1は全3話で、シーズン2は全6話。各話の時間は約1時間で、日本語吹き替えはありません。



【関連リンク】
Vexed:Wikipedia
Vexed (TV Series 2010–2012):IMDb
トビー・スティーブンス:Wikipedia
ジャック役のトビー・スティーブンスさんの公式Instagram

【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年4月):『The Case』『ミスフィッシャーの殺人ミステリー』『ロスト・イン・スペース』 : Kyu3’s Blog


2. ハリー アンド バニー


もう1つの作品は、アニメ『ハリー アンド バニー』。以前別の記事で書きましたが、私はたまに子ども向けのアニメを寝る前何も考えたくない時とかに見る事があり、これもその関係で見た作品の1つです。

昔の作品で言うところの『トムとジェリー』みたいな典型的な"カートゥーン・アニメ"で、英語版Wikipediaによると、マレーシアのアニメ制作会社によって制作されたようです。

Harry & Bunnie:Wikipedia

主人公は子供の魔法使い「ハリー」と、ハリーに飼われているウサギの「バニー」。バニーはハリーにひどいめに遭わされたことで怒り、彼が持ってる魔法が使えるスティックを奪い、自分のものにしてしまいます。その結果ハリーとバニーによるスティックの争奪戦など、様々な騒動が巻き起こっていくと言うストーリーです。

興味深いのは、この作品の魔法観。同じ「マジック」と表現される手品とごっちゃになってる感じで、その点が少し個性的だなと。

あと余談ですが、マレーシアの制作会社が制作してるので「どんな会社だろ?」と興味を持たれる方もいると思うので、同会社「Animasia Studio」の SNS等のリンクを、以下に掲載しておきます。スタッフの方々の写真やインタビュー動画などもアップされてるので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?

Animasia Studio:Facebook
Animasia Studio:YouTube
Animasia Studio:Instagram

最後にこのアニメ、登場するキャラクターがまったく言葉を発しないので、日本語吹き替えはありません(この点も昔ながらの典型的カートゥーンだなと)。エピーソードは全部26回分ですが、各回ごとに約6・7分の話が3話ずつあるので、話数的には全部で78話あります。



【関連リンク】
Harry & Bunnie - Wikipedia
Harry & Bunnie (TV Series 2016– ):IMDb
Harry Bunnie:Animasia Studio・・・制作会社の作品公式ページ。

【関連記事】
Netflixのお薦め子ども向けアニメ:『カップケーキ&ダイノのなんでも屋』『ぼくらベアベアーズ』『ヒルダの冒険』『ネクトン一家の深海探検』(追記あり) : Kyu3’s Blog
Amazonプライムのお薦め子ども向けアニメ:『The Gruffaloシリーズ』『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』『ニコ 光の剣を持つ戦士』(追記あり) : Kyu3’s Blog


3. メガマインド


追加で紹介する作品は、映画『メガマインド』。ドリームワークスが2010年に制作したフル3DCGアニメで、ストーリーは Netflix の紹介欄の文章をそのまま載せると「宿敵だった正義の味方を倒してしまった悪党メガマインド。新たな宿敵を求め自らヒーローを養成するが、なんとそのヒーローが悪に目覚めてしまい...?!」、大変な騒動が起こると言うストーリーです。

下のトレーラーを見てもすぐに分かると思いますが「スーパーマン」のパロディです。ストーリー自体も結構面白かったですが、CGの品質がとても良く、その点でも楽しめました。あと最後の方で登場するロボットが、結構カッコよかったです。

ちなみにこの映画、日本の映画館では未公開(上映されなかった)だったそうです。

なお時間は1時間37分。日本語吹き替えあり。日本語吹き替えでメガマインド(悪役・主役)の声は、声優の山寺宏一さんが担当しています。また英語版のメトロマン(正義のヒーローの方)の吹き替えは、ブラッド・ピットが担当しています。



【関連リンク】
メガマインド:DreamWorks Animation・・・ドリームワークスの映画公式HP。
メガマインド:Wikipedia
Megamind (2010):IMDb
メガマインド:映画.com

【追記(2019年4月27日)】


上記の2作品だけだと何となく物足りなかったので、映画『メガマインド』を追加しました。

Amazonプライムのお薦め作品(2019年4月):「湿地」「メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~」(追記あり)

今月もAmazonプライムビデオで見たお薦め作品に関する記事を書こうと思います。今回はドラマと映画を1作品ずつ、紹介します。(*^^*)

1. 湿地


最初に紹介する作品は、映画『湿地』です。作品紹介欄に「このミステリーがすごい大賞入選の傑作を完全映画化!」とあったので、ミステリー好きとして気になったのと、以前見たこの作品と同じアイスランドが舞台のドラマ『トラップ凍える死体』が結構良かったので、見てみました。

舞台は上記の通りアイスランド。時代は現代。ある日老人の撲殺死体が見つかったため主人公の警察官が死体が見つかった部屋を捜索すると、なぜか古い写真が机の裏に隠されているのを見つけます。その写真に写っているのはお墓。そこで事件に関係するのではと、このお墓に眠る人物を調べる始めるのですが、そこから分かったのは、ある過去の悲劇でした。

これ以上書くとネタバレになってしまい面白くなくなってかもしれないので書きませんが、ミステリーとしての出来はまぁまぁだと思います。ただちょっと映像的に分かりづらい点があるのが気になりました。特に最後の方のシーンで、今起こってるのか過去に起こった出来事なのかが分かりづらいところがあり、その点が気になりました。

それと本編中の何気ないシーンで1つ驚いたことがあったので、紹介します。主人公の警察官がとあるお店のドライブスールー(スーパーマーケットか何かかな?)に立ち寄ると、馴染みの店なのか店員さんが「いつものでいい?」と尋ねてきます。そこで主人公は「ヒツジの頭をくれ!」と言うのです!てっきりこれはジョーダンか何かなと思いました。何かヒツジの頭に似ている商品があって「それをくれ」と、主人公が馴染みの店員さんにジョーダンを言ったのかなと。しかし店員さんは愛想笑いすらする事なく、普通に何かが入ったビニール袋を渡したので、変だなと思いました。

そのあと主人公が自宅で食事をしながら本(確か聖書)を読んでいるシーンがあるのですが、その時食べていたのが、本当にヒツジの頭!!あとから調べて分かったのですが、アイスランドのポピュラーな料理に、羊の頭を2つに割って焼いた「スヴィズ(Svid)」や丸ごと煮込んだ「スマゥラホゥバ(Smalahove)」と呼ばれる料理があるそうで、これには少し驚きました。(^^;

注:苦手な人は閲覧注意↓
羊の頭 スヴィーズは本当に食べることができるのか?:Guide to Iceland
SVIÐ スヴィズ 羊の頭 ( ヨーロッパ ):りーたろう・の・うさぎ穴

あと気になる点としては、日本語のタイトル。英題は『Jar City』となっており、直訳すると「瓶の街」。これは映画を見た人はピンとくると思いますが、それがなぜか『湿地』と言うタイトルになっています。映像に湿地らしきシーンが少し登場しますし、ひょとしてアイスランドに湿地が多いからかな?なんて思っていたのですが、原作の翻訳本の解説を読んだところ、老人が撲殺された場所というのが「湿地にある建物の地階」だそうで、おそらくそれが『湿地』と言うタイトルになった理由だと思います。それにしてもちょっと不思議なタイトルですが…(^^;

湿地 (創元推理文庫)
アーナルデュル・インドリダソン
東京創元社
2015-05-29


最後にこの映画、時間は94分で、日本語吹き替えなし(字幕版のみ)です。あとなぜかAmazonではまったく同じ作品が別のページでもう1つ公開されていますが、そちらはプライム会員の対象となっていませんし、そもそも有料購入もできない状態になってるので、注意して下さい。

湿地(字幕版):Amazon・・・こちらはプライム対象で、有料レンタルおよび購入も可能です。
湿地(字幕版):Amazon・・・こちらはプライム非対象で、レンタル・購入もできません。



【関連リンク】
アイスランド料理:Wikipedia

【関連記事】
Netflixのお薦め作品(2018年11月):『女刑事マーチェラ』『ウルトラヴィオレット』『トラップ凍える死体』 : Kyu3’s Blog


2. メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~


もう1つの作品は、Amazonオリジナルドラマ『メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~』です。舞台は現代インド。おもに富裕層向けの結婚式の企画・運営を行う新興企業「メイド・イン・ヘヴン」の経営者2人とその社員、結婚式を依頼してくる人たちに起こる様々な物語を描いています。

もう少し詳しい作品紹介について書こうと思ったのですが、この作品のレビューコメントの一部に「これ以上ない!」と言うくらい完璧な作品紹介部分があったので、そちらを以下に引用しておきます。

下流家庭出身だが努力と色気で玉の輿をつかんだ社長夫人のタラと、ナイトクラブ経営に失敗し借金まみれになったゲイのカラン。センスが売りの二人が、タラの夫の出資を受けて立ち上げたデリーのウェディングプランニング会社、メイド・イン・ヘブン。彼らの手がける結婚式では毎回、現代インドを象徴するような家族トラブルが表面化し、式の続行のためプランナーとしての職務を超えた介入が必要となるが、二人は持ち前の機転としたたかさで次々に試練を乗り越えていく。

※『【「メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~」カスタマーレビュー】結婚式に見る現代インドの縮図:Amazon』より引用

ちなみにこの方のレビューは作品を見終わった後に読むと「へぇ〜!そうだったのかぁ〜」と感じる内容が書かれてるので、見終わった後に読むのをお薦めします。

この作品で一番印象に残ったのは、やはりインド独特の結婚式や作品で登場する人たちの結婚感。特に式に関しては、とにかく女性の意見が尊重され、男性側(男性の家族も含め)はそれを叶えようと多額の借金をする人までいる始末。これがインドの実情なのか、富裕層だけの特徴なのかは分かりませんが、とても印象に残りました。

あと印象に残ったシーンは、最後の第9話の夜の結婚式のシーン。この話自体はかなりエグい話で、それを考えると「綺麗」と言うのが少しためらわれるのですが、映像的にとても綺麗でした。また他の回の結婚式のシーンもそうですが、とても華やかな雰囲気ものが多く、インドならではの装飾や衣装、化粧や儀式のシーンなども印象的な作品だと思います。

ちなみにこのドラマは1話が約50分で全9話。日本語吹き替えはなく字幕版のみですが、通常版に加え「4K」版もあります。

メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~:Amazon
メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~(4K UHD 版):Amazon

あと余談ですが、なぜか日本のAmazonでは、作品のサムネイル画像が主人公の2人(タラとカラン)でなく脇役の2人(タラの夫と親友)になっています。理由は分かりませんが、主人公の2人は以下の予告編動画のサムネイルに映っている方です。(^^;



【関連リンク】
Made in Heaven (TV series):Wikipedia
Made in Heaven (TV Series 2019– ):IMDb
「Made in Heaven (Music from the Prime Original Series) 」:Amazon・・・この作品のサウンドトラック。
カラン役のアルジュン・マートゥル(Arjun Mathur)さんの公式Twitter
カラン役のアルジュン・マートゥル(Arjun Mathur)さんの公式Instagram
タラ役のソービター・ドゥリパーラー(Sobhita Dhulipala)さんの公式Twitter
タラ役のソービター・ドゥリパーラー(Sobhita Dhulipala)さんの公式Instagram
タラ役のソービター・ドゥリパーラー(Sobhita Dhulipala)さんの公式Facebook


【追記(2019年4月13日)】


『メイド・イン・ヘヴン』シーズン2 の制作が始まったそうです!ディレクターの Zoya Akhtar さんが、自身の Instagramアカウントで、シーズン2 の制作を始めたと投稿したとのこと。

Zoya Akhtar Confirms That Amazon’s Made In Heaven Is Getting A Season 2 And We Cannot Wait:iDiva
Made in Heaven - Zoya Akhtar confirms season 2 of Amazon Prime web series: Back to work':SHOWSHA

当該投稿↓

【関連リンク】
Zoya Akhtar さんの公式Instagram

カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年5月):「Fleabag フリーバッグ」「ホームカミング」
  • ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー:数ヶ月使わなかったので売ってしまいました!
  • ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー:数ヶ月使わなかったので売ってしまいました!
  • ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー:数ヶ月使わなかったので売ってしまいました!
  • これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選
  • これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選
  • これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選
  • これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選
  • これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選
  • Operaがゲーマー向けPCブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!
  • Operaがゲーマー向けPCブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
  • KYOKAのiPhone 7&8用 格安防水・耐衝撃ケースレビュー
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)