小牧市長 山下史守朗(しずお)が「不倫」「買春」「強姦」で女子大生から告発されてる問題、相変わらず山下しずお は「事実無根」を繰り返す一方で、本当に事実無根なら裁判すればすぐに勝って汚名返上できるにも関わらず、「裁判は検討中」を繰り返し、裁判で事実が明らかになるのを避けています。

愛知・小牧市長が女子大生から「3万円買春」を告発された:NEWSポストセブン

雑誌社は証拠として LINE の履歴をあげているので、仮に山下しずお が履歴を消してたとしても、女性側の方の端末には、彼女が削除しない限り履歴は残ります。それを調べれば送信元が明らかとなります。LINE は携帯番号と紐付けられてるので、もし山下しずお の言う通り告発が事実無根で「この女性と会ったこともない」「名前も知らない」「誰だか分からない」のなら、当然この番号は全然別の人の番号となるでしょう(しかし山下しずお が契約・使用してる番号から彼女の端末から送信されてれば、動かぬ証拠になります)。もし事実無根ならこれは捏造となり、それこそ雑誌は廃刊となるくらいのスキャンダルです。しかし山下しずお は1ヶ月以上経っても、雑誌社に抗議すらしないと言う異常さ。自ら真実を明らかにしようとせず、有罪を認めるような行動を取り続けています。

そして今回記事にするのは、山下しずお と同じくらい異常な行動を取り続けてる中日新聞についてです。もうメディアとしては終わってるなと。

中日新聞はこれまでも露骨な偏向報道・不正な報道を行い続けています。例えば小牧市こども未来館問題では、記者の藤原啓嗣は予定価格漏洩が発覚した落札率100%の入札問題をかなり前から知りつつ、数ヶ月間も記事にしなかったとのこと。また市長選の直前に書いた記事では、すでに予定価格漏洩の疑いで第三者委員会も設置され、さらにパブコメでもこども未来館は全否定だったことや、約1万人もの市民が住民投票求める署名を提出したにも関わらず、それらについて一切触れず、こども未来館を褒め称える記事を書くなど、記者としてありえないクズっぷりを発揮しました。


この藤原啓嗣は、他にも小牧市立図書館の小牧駅前建設に関し、市民の意見を公約通りきちんと聞くよう求める署名がこれも約1万人分集まりましたが、これに関しても一切記事にしませんでした(もしこの件がちゃんと報じられていれば、どう言う形であれ市民の意見がきちんと聞かれ、反映される形となったでしょう)。

山下市長あての署名総数『10,185人』に:小牧の図書館を考える会

あと藤原啓嗣の前任の中日新聞 小牧担当記者 加藤隆士は、ブログ『こまき無答塾』の堀さん曰く取材はきちんとする記者だったようですが、ツタヤ図書館建設問題では「ツタヤ図書館の建設が決まった!」と言うデマを書き、問題となりました。

小牧市図書館に係わる新聞報道は正確を期すべきだ! : こまき無答塾アーカイブ

ちなみに加藤隆士はその後反省したのか、住民投票後に設置され、市民の意見の徹底排除を行って小牧駅前ツタヤ図書館建設に都合の良い答申をまとめようとして問題となった新小牧市立図書館建設審議会に絡めて、「市長の独善が問題に」「市民の意見をきちんと聞くべきだ」と言う内容の記事を書いたのですが、その後すぐに別の地域へと移動となりました。

そして加藤隆士の前任の小牧担当記者 平井剛は、本当にひどい人物でした。この人物については私もよく覚えていますが、『こまき無答塾』の堀さん曰く、全く取材せず記事を書いたりしていたそうで、実際記事の内容が頓珍漢なものが多かったです。この平井剛も、山下しずお に都合の良い記事ばかりを書いていました。

話を現在に戻すと、今の中日新聞の小牧担当記者は上記の藤原啓嗣に代わって大槻宮子(あるいはさらに変わって井上喜博?)なのですが、これまた本当にひどい!山下しずお が女子大生から「不倫」「買春」「強姦」で告発されてるのは事実にも関わらず、この問題についての一切の報道を拒否しています。市長が女性から強姦(レイプ)で告発されてると言う大問題にも関わらずです。中日新聞はこの問題に関して、一度もまったく何の報道もしていません。それどころか報道規制を行ってることが明らかとなりました。

山下小牧市長の資質が問われる破廉恥行為:小牧の図書館を考える会

上記の小牧の図書館を考える会のブログによると、女性の告発記事が雑誌に掲載された当初、一応記者はこの件について記事を書いたそうですが、本社編集部の方針で止められたとのこと。さらに市議会で厳しい質問がされたのですが、この件に関しては記事ではまったく触れられていなかったとのこと。

山下市長は7日午後、記者を集めて会見を開いたと聞いたので…(中略)…8日の朝刊には出るだろうと、中日新聞をくまなく探しましたが、記事が載っていません、書いたのは読売新聞一紙のみでした。

…(中略)…

新聞社はなぜ書かないのでしょうか。中日新聞の小牧支局へ問い合わせたら、現場の記者は原稿を書いたけど本社編集部の方針で止められたとのことでした。

なぜ止めたのでしょうか、ポストの記事が真実かどうかは別にして、「記事が出た」そのことで「市長が弁明会見した」のは事実なので取材した新聞社が書かないというのはどういうことでしょうか。


※.『山下小牧市長の資質が問われる破廉恥行為:小牧の図書館を考える会』より引用

16日の臨時議会は、なんと本会議場の扉を開けたら満席。最前列の記者席も空席がありませんでした。ポストの記事で三人の議員が質問。

…(中略)…

翌17日の中日新聞朝刊には「〝臨時会を再開人事案に同意″の見出しで、中身は各委員会などの構成を決め、閉会した。」と出ました。議会報告の記事としても、とても不十分な記事でした。なぜなら、議会は委員の構成を決めた後、週刊ポストの記事の件で三人の議員と市長との質疑応答があったからです。傍聴に行かなかった読者にはそれが知らされなかったのです。報道の意味が問われるできごとではないでしょうか。

この件についても中日新聞に問い合わせしましたが、納得いく答えは得られませんでした。


※.『山下小牧市長の資質が問われる破廉恥行為:小牧の図書館を考える会』より引用

上記の市議会質問載せない偏向報道の記事を含めマスコミの報道姿勢を非難するツイート↓↓
(※. 上記引用部分で指摘されてる中日新聞記事がこの写真の記事です。)

この中日新聞の報道規制には、2つの大きな問題があります。まずは「強姦された」と言う女性の訴えを黙殺してること。もう1つは「強姦した」と言われてる男性(山下しずお)の主張を黙殺してることです。

女性の告発記事を読めば分かりますが、書かれてる内容が事実ならこれは明らかに"強姦(レイプ)"です!女性が酔っ払って意識を失ってる間に犯された訳ですから。

『2軒目に誘われ、バーに移動した2人。

「でも私は途中で酩酊しちゃって……」(Aさん)

気付けば彼に連れられてラブホテルに入っていた。

「部屋に入るなり、ゴミ箱に吐いちゃって、それ以降は覚えていません。目が覚めたら全裸でベッドに。隣で寝ていた彼も全裸でした。


※.『愛知・小牧市長が女子大生から「3万円買春」を告発された|NEWSポストセブン』より引用

女性が「強姦された」と告発してるのに、それを無視すると言うのは、卑劣な行為と言わざるをません!

そして仮にこの告発内容が山下しずお が言うように事実無根だった場合、当然のことながら、そのような事実無根の内容(しかも事実無根なら、LINE の履歴なども捏造でしょう)であれば、雑誌は廃刊になるのは当然ですし、雑誌社は損害賠償もしなければならないでしょう。

さらにこの告発記事をきっかけに、ネット上にはこの件に関する記事や記述、動画などが山の様に存在しています。実際 Google で「小牧市長」と検索すると、この問題に関する記事やページが検索上位に多数ヒットします。

「小牧市長」で Google 検索

これらは永久にネット上に残り続けます。その被害や影響たるや、尋常なものではないでしょう。もし告発が事実でないなら、その内容が事実でないと言うことをきっちりと示し、これらのサイトや動画から受ける被害を抑えるためにも、加害者とされてる山下しずお の発言はきちんと報道されなければなりません。

なのに中日新聞はこの問題に関して一切報道をせず、報道規制を行っています。こんなのメディア(報道機関)としてはありえないですし、もう終わってる。報道することで人々に問題を示したり、人々を救ったりするのがメディアの使命なのですから。そのメディアが女性が「強姦された」と言う告発を無視、あるいは「強姦した」と言われてる人物の「事実無根」と言う主張を報じないのですから。

しかもその一方で、「強姦した」と言われてる加害者側の人物を、あたかも何の問題も起きなかったように宣伝するような記事を書くなんて、あり得ない!倫理観欠如にも程がある!

先日中日新聞に載った記事↓
強姦告発されてる小牧市長の不正事業を宣伝する中日新聞

強姦告発されてる小牧市長の不正事業を宣伝する中日新聞 - 2

しかもこの「小牧市こども未来館」は、上記でも書いたように予定価格漏洩が確定し、担当する企業『アール・アイ・エー』は不正に予定価格を入手しただけでなく、文書偽造のコンプライアンス違反も発覚しています。にも関わらずこの違法企業との関係は継続し、さらなる予定価格漏洩が疑われる入札も発覚しています。市民からの訴訟2件もまだ終わっていません。にも関わらず、それらについては一切触れず、この不正だらけの問題だらけの事業の宣伝を行っている始末。

コンプライアンス違反企業「アール・アイ・エー」にまた予定価格漏えい疑われる業務発注!さらに漏えい問題の情報は隠蔽!(追記あり) : Kyu3’s Blog

本当に中日新聞は、メディアとしてもう終わってる


【関連リンク】
繰り返される偏向報道!中日新聞と記者・藤原啓嗣の悪質性 - Togetter
中日新聞の報道姿勢 : こまき無答塾アーカイブ
中日新聞の小牧担当記者:小牧市政私的アーカイブ

愛知・小牧市長が女子大生から「3万円買春」を告発された:NEWSポストセブン
山下しずおを女子大生が不倫と買春で告発!「強姦」を指摘する声も!!:Togetter

ポストセブンの動画ニュースサイト「News MagVi」の動画↓↓


【関連記事】
コンプライアンス違反企業「アール・アイ・エー」にまた予定価格漏えい疑われる業務発注!さらに漏えい問題の情報は隠蔽!(追記あり) : Kyu3’s Blog


【追記(2019年11月29日)】


書き忘れてたことがあったので追記。毎年11月に小牧市では市長の定例記者会見が行われてるそうですが、それを見ていた方によると、中日新聞は市長の強姦告発問題に関して一切質問せず、ただ黙っていたとのこと。本当メディアとして終わってるし、倫理観の欠如も甚だしい!女性の強姦告発を加害者とされる人物と黙殺しようとしてるのですから。


あと上記の中日新聞の記事に掲載されてる写真は、小牧市の広報誌『広報こまき』に掲載されてる写真と同じとのこと。このことからも、山下しずお と中日新聞が連携して女性の強姦告発を黙殺し強姦告発されてる山下しずお のPR活動をしてるのが、よく分かると思います。



【追記 その2(2019年12月12日)】


中日新聞による露骨な強姦告発の黙殺行為がまた行われました!今開催中の小牧市議会の一般質問で6人中4人「小牧市長の不倫・買春・強姦問題」について質問したにも関わらず、今朝の中日新聞ではこの問題についてはまったく触れられず。癒着する市長のスキャンダルである女性の強姦告発を無かったことにする行為。本当にメディアとして終わってる!!



ちなみにこの日の質問は以下の通りです。
※.画像は「小牧市政をかえる会」の方のツイートより。
小牧市議会2019年12月議会の議員質問