写真

写真やカメラを学ぶきっかけに「すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ」はお薦め!

今回紹介するのはすずちゃんのはじめてのカメラとレンズと言う本です。先日近所の本屋でたまたま手に取ってのですが、カメラの仕組みや写真の撮り方について、イラストや実際撮影された写真を使って、とても分かりやすく説明されいました。実際購入して読んでみましたが、とても分かりやすかったです。写真やカメラを学ぶきっかけとして、この本はとてもお薦めです!(*^^*)



ちなみに本の内容は、約半分がカメラとレンズの仕組みや機能についてで、もう半分が撮影手法について書かれています。上記の Amazon のリンク先では「なか見! 検索」で実際本の中身が見られる他、出版社の公式サイトでも最初の10ページが見られるので、興味があればこれらを見てみてはいかがでしょう?

「上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ」の試し読み:インプレス

あと余談ですが、Amazon の「Kindle Unlimited」の対象作品となってるので、このサービスに課金してる方は、追加料金無しで見ることができます。なお Kindle 版は紙版より少し安い「1386円」となっていました。

すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ Kindle 版:Amazon


【関連リンク】
上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ:インプレスブックス・・・出版社の公式ページ。様々な書店や電子書籍サービスでの購入リンクあり
すずちゃんのカメラ!かめら!camera!・・・作者の鈴木知子さんの公式ブログ。
鈴木知子さんの公式 Twitter
エコ ブログ・・・イラストレーターのナカムラエコさんの公式ブログ
ナカムラエコさんの公式 Twitter

【関連記事】
Canonのコンデジ「SX730 HS」で撮影した木星・土星そして月 : Kyu3’s Blog
100円ショップ「セリア」で売ってる広角レンズ「自撮りレンズ スーパーワイド」は、お薦め! : Kyu3’s Blog
Sonyのコンデジ・DSC-WX300で、「国際宇宙ステーション」を撮ってみた! : Kyu3’s Blog


【追記(2019年10月25日)】


タイトルとや本文を一部変更しました。

部分拡大した映像を写真や動画に合成できるアプリ「Camera7」はお薦め!(追記あり)

部分拡大した映像(いわゆる引きと寄りの映像)を1つの写真や動画に簡単に合成できるアプリCamera7が、先日から無料配信(※通常は「120円)されてたのでインストールしてみたのですが、これがかなり良い感じ!…と言うことで、今回はこのアプリのレビュー記事を書こうと思います♪( ´ ▽ ` )ノ

1. 全景と部分拡大した写真を1タップで作成可能!


まず最初に、具体的にどう言う写真が撮れるか(作れるのか)と言うと、以下のような写真です。上部の中に写ってるハロウィン装飾のカボチャのお化け(?)が、下部で部分拡大(ズーム)された状態で、写っています。

iPhoneアプリ「Camera7」- 2:撮影した写真
iPhoneアプリ「Camera7」- 2:撮影した写真 posted by (C)kyu3

縦向きだけでなく、横向きも可能です。

Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 2
Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 2 posted by (C)kyu3

もちろん拡大する部分を表示する位置も変更可能です。ただしこれはアプリのUIで操作するのでなく、iPhoneの端末自体の向きを変えることで行います。例を挙げると上の写真はiPhoneのホームボタン(下側)が左側にある状態で撮影したものですが、下の写真はホームボタンが右側にある状態で撮影したものです。

Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 1
Camera7で撮影した「くりの木ランチ」のタンクに描かれた豚 - 1 posted by (C)kyu3

このような写真を作れるアプリは、たくさんあります。例えば私は長年「PicFrame」と言う有料アプリ(※現在360円)を使っています。

‎PicFrame:App Store

これらのアプリでも上のような写真を簡単に作成することはできますが、そうは言っても「Camera7」ほど簡単にはできません。作成したい写真の縦横比率を選び、次にどのような分割方式にするのか(上下で分割するのか、左右で分割するのか、はたまた3つ4つと分割するのか等)を選択したのち、各部分に入れる写真を選択し、位置や拡大率を調節して、それから書き出さねばならず、ちょっと手間がかかります。

PicFrameのスクリーンショット↓
PicFrame 11.5:ホーム画面のスクリーンショット
PicFrame 11.5:ホーム画面のスクリーンショット posted by (C)kyu3

しかし「Camera7」なら、上のような写真を最短で1タップで撮影できるので、こう言った写真をよく撮る人には、すごく便利だと思います!(*^^*)


2. 全景と部分拡大した動画も作れる!


『1』で全景と部分拡大した写真について書きましたが、写真なら他のアプリでも多少手間がかかるものの簡単に作ることができますが、似たような動画となると、他に作れるアプリは早々ないのではと。しかも写真と同じように簡単に作成できます!

まずは簡単に操作方法等について説明しておくと、以下の通りです。
  • 全景部分(※下の動画の左側)の黄色い枠の部分が、右側で拡大表示される部分。
  • 黄色い枠(拡大部分)はタップしながら動かすことも可能!
  • 拡大部分(※下の動画の右側)でピンチズーム操作をすることで、拡大部分の倍率を調整可能!
  • 全景部分と拡大部分の間にある部分をドラッグすることで、表示幅を変更可能!
  • 8種類のフィルターあり(※iPhoneのデフォルトカメラと同じ?)
  • インカメラでも同様の撮影が可能!
ちなみにこれらの操作は、写真撮影時も同じです。

あとアプリの名前や説明欄に『デュアルカメラ』とあるので、「iPhone 8 Plus」や「X」、最新の「XS」などのデュアルカメラ搭載端末でないと使えないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、「iPhone 8」などのシングルカメラ端末や「iPad」でも撮影可能です!実際今回撮影した写真や動画は、すべて「iPhone 8」で撮影しました。(*^^*)

そして実際撮影してる画面をキャプチャーした映像と、その時撮影した映像がこちらです。

撮影時の画面をキャプチャーした映像(※無音、46秒)↓


実際撮影した映像(44秒)↓


これまでこのアプリを使っていくつか動画を撮影してみましたが、やはり動きのある部分(一部)を撮影するのに、すごく適したアプリだと思いました。例えば以下の動画のような、川で動く鯉を撮影する場合。このアプリを使えばその鯉がいる生息環境全体を撮影しつつ、動く鯉を追いかけながら拡大撮影できるので、すごく適してるのではと。(*^^*)

縦向きに撮影した川を泳ぐ鯉の映像(16秒)↓



3. サンプル写真と映像


他にもいくつか撮影の参考になるのではと思われる写真や映像を、以下に掲載しておきます。

近所のお店で売ってたハロウィン人形のおもちゃ↓
iPhoneアプリ「Camera7」- 1:撮影した写真
iPhoneアプリ「Camera7」- 1:撮影した写真 posted by (C)kyu3

動くハロウィン人形の映像(※7秒)↓


移転工事中の近所のコンビニ↓
(※こう言う少し距離が離れた場所に貼られてる張り紙などを撮影するのにも、このアプリは向いてるのではと!)
移転先工事中のローソン東野町5丁目店、10月5日にオープン! - 2
移転先工事中のローソン東野町5丁目店、10月5日にオープン! - 2 posted by (C)kyu3

車の往来の多い国道と交差点の対岸を撮影した映像(※11秒)↓


なおこのアプリは2018年9月12日頃から無料配信されてる(※9月20日時点でも無料となってます)ようですが、いつまで無料配信されてるかは分からないので、興味がある方は、早めにダウンロードした方が良いと思います。( ´ ▽ ` )ノ


【関連リンク】
‎Camera7:App Store
¥120→無料:ズームと等倍を同時に撮影できるカメラ「Camera7」ほか[9月12日版]セール・お得情報:Touchlab

【関連記事】
多機能な写真・動画撮影&編集ができるiOSアプリ「Musemage」に感動! : Kyu3’s Blog


【追記(2018年9月21日)】


タイトルが気に入らなかったので、変更しました。あと本文の一部を修正しました。


【追記 その2(2018年9月22日)】


またサンプル動画を撮影したので、以下に設置しておきます。今日名古屋港の「メイカーズ・ピア」と言う商業施設で撮影したのですが、こんな風に少し離れたところからパフォーマンスしてる人を撮影する場合にも、Camera7は向いてるかと。(*^^*)

大道芸パフォーマンス(※20秒)↓


ちなみにこの動画以外のこの記事に掲載されてる動画は、すべて無編集ですが、この動画だけはMac版iMovieで、音量や明るさなどを編集しています。


【追記 その3(2018年10月1日)】


またサンプル動画を撮影したので、以下に掲載。例えばこんな感じでサッカーの試合を撮影するのにも、Camera7は結構向いてるかと。(*^^*)

サッカーの練習試合(※38秒)↓


ただしサッカーの場合はボールが大きく動いた時追うのが大変なので、それよりも野球やゴルフなど、プレイする選手が比較的静止した状態が長く、かつ動きが予想しやすいスポーツの方が、向いてるかもしれません。

名古屋市がフォト蔵アカウントを開設!全ての写真がクリエイティブ・コモンズ(表示・非改変)で商用利用も可!

名古屋市広報課が「オープンデータ」の取り組みの一環として、写真共有サイト「フォト蔵」にアカウントを開設していました!ちなみに公式ページの最終更新日が『2016年1月29日』となっているので、どうやら2年前に作成されたようです。(*^^*)

名古屋市広報課のフォト蔵:名古屋市公式HP
名古屋市広報課さんのアルバム:フォト蔵

名古屋市広報課のフォト蔵プロフィールページ↓
名古屋市広報課のフォト蔵プロイフィールページ

名古屋市内の空撮写真雪景色の写真など、たくさんの写真が公開されているのですが、これらは全て「クリエイティブ・コモンズ」の『表示・改変禁止』で公開されているので、クレジット(著作権者名、この場合は「名古屋市広報課」)を明記すれば、個人のブログに貼れるだけでなく、商用利用も可能です!

Creative Commons 表示 - 改変禁止 の説明・・・詳しくはこちらを参照。

ちなみにフォト蔵の場合は、PC用ページの写真下に表示される『ブログに貼る』ボタンをクリックして表示されるページで、簡単にクレジット表記付きのHTMLソースをコピペできるので、ブログで使いたい方は、こちらを使うと楽だと思います。(*^^*)

『ブログに貼る』ボタン↓
(※注:こちらはログイン状態のページなので、他にも色々ボタンが表示されていますが、実際名古屋市広報課の場合は『ブログに貼る』ボタンのみになってます。)
フォト蔵:PC用ページの「ブログに貼る」ボタン - 2
フォト蔵:PC用ページの「ブログに貼る」ボタン - 2 posted by (C)kyu3

HTMLソース↓
(※注:貼られる写真の大きさは、HTMLソース上の「写真の大きさ」で変更できます。)
フォト蔵:PC用ページの「ブログに貼る」ボタンを押して表示されるHTMLソース - 2
フォト蔵:PC用ページの「ブログに貼る」ボタンを押して表示されるHTMLソース - 2 posted by (C)kyu3

以下は実際名古屋市広報課のフォト蔵ページで公開されている写真です。ちなみに写真のタイトルは、すべて「撮影日・被写体(施設名等)」となっていました。

空から撮影した名古屋城と名駅ビル群↓
20180111名古屋市内空撮(4)
20180111名古屋市内空撮(4) posted by (C)名古屋市広報課

20180111名古屋市内空撮(8)
20180111名古屋市内空撮(8) posted by (C)名古屋市広報課

空から撮影した名古屋港ガーデンふ頭↓
20131108名古屋市内空撮 (39)
20131108名古屋市内空撮 (39) posted by (C)名古屋市広報課

桜越しに見た名古屋城天守閣↓
20090407名古屋城桜 (2)
20090407名古屋城桜 (2) posted by (C)名古屋市広報課

山崎川の桜並木↓
20100406山崎川
20100406山崎川 posted by (C)名古屋市広報課

中川運河を下る水上バス「クルーズ名古屋」↓
20171007中川運河(1)
20171007中川運河(1) posted by (C)名古屋市広報課

名城公園の風車とチューリップ↓
20140416名城公園
20140416名城公園 posted by (C)名古屋市広報課

藤前(名古屋港)から見た夕日↓
20081120藤前の夕日
20081120藤前の夕日 posted by (C)名古屋市広報課

桜通の紅葉越しに見たセントラルタワーズ↓
20121127桜通(名古屋駅付近)
20121127桜通(名古屋駅付近) posted by (C)名古屋市広報課

東山動植物園の紅葉ライトアップ↓
20161125東山動植物園 (2)
20161125東山動植物園 (2) posted by (C)名古屋市広報課

雪の日の名古屋市科学館↓
20141218科学館
20141218科学館 posted by (C)名古屋市広報課

雪の日の名古屋市市政資料館↓
20160120市政資料館 (2)
20160120市政資料館 (2) posted by (C)名古屋市広報課

雪の日の白鳥庭園↓
20141218白鳥庭園(5)
20141218白鳥庭園(5) posted by (C)名古屋市広報課


【関連リンク】
名古屋市広報課のフォト蔵:名古屋市公式HP
名古屋市広報課さんのアルバム:フォト蔵
名古屋市におけるオープンデータの取り組みについて:名古屋市公式HP
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは:クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

【関連記事】
無償で誰でも利用可能・改変可能な小牧市と春日井市の写真4千枚を公開! : Kyu3’s Blog
「Wired.com」が写真を"クリエイティブ・コモンズ"で公開 : Kyu3’s Blog
大英図書館がFlickrに、誰でも利用できる写真や画像を"100万点"以上公開! : Kyu3’s Blog

macOS High Sierraの写真アプリにも「ポートレート」モード!?

先日 家電量販店に置いてあるmacOS High SierraにアップデートされたMacを触っていて知ったのですが、macOS High Sierraの写真アプリ(Ver. 3.0)にも、iPhone X & 8 Plus(あと7 Plusでも使えるようです)のカメラアプリに備わってる「ポートレート」モードが、搭載されてました!Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ

iPhoneで撮影したmacOS High Sierraの写真アプリの「ポートレート」モードの写真↓
macOS High Sierraの写真アプリにもポートレートモード - 1
macOS High Sierraの写真アプリにもポートレートモード - 1 posted by (C)kyu3

実際の動作は、以下の動画をご覧下さい。



ちなみにこのモードが使えるのは、iPhone X & 8 Plus(あと7 Plusも)の「ポートレート」モードで撮影した写真だけのようです。以下にもポートレートな写真で使えませんでしたし、他に『ポートレート』と写真アプリに判定されてる(?)写真でも使えなかったので。

macOS High Sierraの写真アプリ - 2:「ポートレート」と判別されたなかった写真?
macOS High Sierraの写真アプリ - 2:「ポートレート」と判別されたなかった写真? posted by (C)kyu3

macOS High Sierraの写真アプリにも「ポートレートモード」! - 4:ポートレートと判定されてる写真でも使えず?
macOS High Sierraの写真アプリにも「ポートレートモード」! - 4:ポートレートと判定されてる写真でも使えず? posted by (C)kyu3

ちなみに写真アプリで『ポートレート』と判定される写真は、必ずしも人間の写真だけではないようです。犬の写真も判定されてました。(*^^*)

macOS High Sierraの写真アプリ - 5:犬もポートレートと判別?w
macOS High Sierraの写真アプリ - 5:犬もポートレートと判別?w posted by (C)kyu3


【関連リンク】
macOSの写真アプリ:Apple・・・公式ページにも、この機能に関する記述はありません。
iPhone X / 8 Plusの新機能:ポートレートライティングの使い方:TeachMe iPhone

多機能な写真・動画撮影&編集ができるiOSアプリ「Musemage」に感動!(追記あり)

iTunes App Store で「今週の App」として無料配信中(※通常480円)のアプリ「Musemage」。非常に多機能な写真や動画撮影ができ、かつ使い勝手の良さそうな動画編集機能も備えるアプリなのですが、これが本当にすごい!久しぶりにアプリで感動しました♪ (*^^*)b Excellent Job!!!

MuseMage・・・公式HP
Musemage:iTunes App Store

機能に関しては、以下の公式チュートリアル動画が参考になると思うので、是非見てみて下さい。なお以下の動画は古いバージョンを用いたチュートリアルとなので、最新の UI と結構異なる部分があります(※機能に関しては、ほぼ同じだと思いますが…)。もしその点が気になる方は、こちらのリンク先動画が最新の UI と同じだと思うので、こちらを御覧下さい。



通常いくらで販売されているのか分かりませんが、私としては「スタビライザー」(手ぶれ補正)機能とHDRの「夜間」モードだけでも、買う価値はあると思います!( ´ ▽ ` )ノ

スタビライザー機能有効・無効時の比較動画↓


「夜間」モード有効・無効時の比較スクショ↓
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:HDR >夜間モードで撮影 - 4(モード有効・無効比較)
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:HDR >夜間モードで撮影 - 4(モード有効・無効比較) posted by (C)kyu3

ちなみに上記の「夜間」モード時のスクリーンショットを見る限りだと、かなりノイズが見られますが、実際撮影した写真は、以下のようにノイズも割りと抑えられています。

「夜間」モードで撮影した写真↓
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:HDR >夜間モードで撮影 - 6(撮影した写真)
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:HDR >夜間モードで撮影 - 6(撮影した写真) posted by (C)kyu3

あと面白い機能としては、「顔やせ」モードもあります!これどう言う仕組みなんだろう?と機能を有効・無効にした写真を見比べてみたら、どうやら写真の縦横の比率を変え、わずかに縦の比率を長くしてる(縦長にしている)ようです。この発想も面白いなぁ〜と♪ (*^^*)

「顔やせ」モードの有効・無効比較↓
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」- 18:撮影オプション使用時比較(デフォルトと「顔やせ」)
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」- 18:撮影オプション使用時比較(デフォルトと「顔やせ」) posted by (C)kyu3

現在無料配信中(※たぶん今週の木曜 3/30まで?)なので、興味を持った方は、インストールしてみてはいかがでしょう?(*^^*)

【関連リンク】
Musemage 公式 Instagram
Musemage 公式 Facebook
アイチューンズ「今週のApp」で、Paraken Technologyの「Musemage」の無料配布を開始:Macお宝鑑定団 blog

【追記(2017年3月27日)】

このアプリの良い点をもう2つ紹介。まず1つ目は、最初の起動時に表示される端末機能の使用承認。最初に起動すると下の画像のような承認用のポップアップが表示されます。

端末機能の使用承認ポップアップ↓
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」- 1:分かりやすい承認許可要求
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」- 1:分かりやすい承認許可要求 posted by (C)kyu3

これを見れば、このアプリが端末の何の機能を使おうとしてるのかすぐに分かります。使おうとしてる機能が一覧表示されてますし、それぞれの機能名をタップすると、それぞれの機能を承認するダイアログが表示されます。とても素晴らしい UI だし、承認取得方法だと思うので、是非他のアプリもこのような方法を採用して欲しいなぁ〜と。(*^^*)

2つ目は、オリジナルのアルバム機能。"写真のみ"や"動画のみ"で表示する事ができ、とても分かりやすいなぁ〜と(ちなみに一番右下端の部分は、タップすると、アルバムに表示される写真や動画のサムネイルの大きさを変更できます)。

多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:写真と動画が分かれてる分かりやすいオリジナルアルバム - 2
多機能写真・動画撮影&編集アプリ「Musemage」:写真と動画が分かれてる分かりやすいオリジナルアルバム - 2 posted by (C)kyu3

細かいところですが、こう言った工夫も、このアプリは良く出来てるなぁ〜と思います。(*^^*)

【追記 その2(2017年3月31日)】


このアプリの通常時の値段、「かみあぷ」によると"480円”とのことなので、本文にその旨を追記しました。なお現在「Musemage」の無料セールは、終了しています。

3/21のセール情報:手振れ補正など機能充実!プロフェッショナルカメラアプリ「Musemage」無料セール:かみあぷ


【追記 その3(2019年4月13日)】


久しぶりにこのアプリをインストールしてみたところ、少しUIが変わってました。あと動画のエフェクトもかなり充実してたので、撮影画面をキャプチャーした動画を作成しました。興味ある方は見てみて下さい。



カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年10月):「ファミリーマン」「シェイクスピア&ハサウェイの事件簿」
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)