Amazonプライム

Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』

今月もAmazonプライムビデオで見たお薦め作品に関する記事を書こうと思います。今回は2つのドラマを紹介。いずれもAmazonオリジナルのドラマです。(*^^*)

1. ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~


まず最初に紹介する作品は、1話完結のオムニバスドラマ『ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~』です。「オムニバス」なので、各話がそれぞれ独立した1話完結の作品となっています。ちょっとしたホラーあり、コメディーっぽいものもあり等々。各話特徴があって、それぞれがそれなりに面白かったです♪ (*^^*)

タイトルにもなってる「ロマノフ家」は知ってる方も多いかと思いますが、一応簡単に説明すると、ロシアを長きに渡って支配していた「ロマノフ朝」と言う王朝の王族で、20世紀初頭に起きたロシア革命で、一族が皆殺しにあってしまうと言う事件が起こりました。

ロマノフ家の処刑:Wikipedia

そんな悲劇的な最後を迎えたロマノフ家の生き残りの人たちのそれぞれの物語… と言う印象を、たぶんタイトルを見た人は皆イメージすると思います(※実際私もイメージしました…(^^; )が、実際のドラマは、あくまで「ロマノフ家の末裔」と言うのは、ドラマを作る上で課せられた1つの"お題目"(条件)に過ぎません。各話の重要なキーワードでもなければ、ドラマの大きなテーマでもありません。なので、ロマノフ家の事を全然知らなくても見れますし、中には全然ロマノフ家(およびロマノフ朝)の"ロ"の字も出ない展開が続き、最後の最後で登場人物の1人が「実は私はロマノフ家の末裔なの」と言うだけの回もあるので、意識して見る必要は全くないと思います。むしろ意識すると「これ別にロマノフ家じゃなくても良くねぇ?」と言う問いに囚われ続ける事になるので、気にせず見る方が良いと思います。(^^;

ドラマとして1番面白かったのは、最後の第8話。他の7話がどれも小粒の良質のドラマと言う印象だったのに対し、8話は少し大味で、痛快なラストが良かったです♪ あと印象に残ったシーンとしては、5話の最後の父親の決断のところと、あと6話の少し切ない大人のデートシーンでしょうか。

ちなみにこのドラマ、私が見たのは普通の字幕版でしたが、日本語吹き替え版に加え、「4K版」(※字幕・吹き替えともに)もあるようです。

「ロマノフ家の末裔」でAmazonを検索

また各話が約1時間20分のものが多く、少し長めです。あとキャスト等の情報は、このドラマに関するWikiepediaのページに詳しくまとめられてるので、興味のある方はこちらも見てみてはいかがでしょう?

ロマノフ家の末裔 〜それぞれの人生〜:Wikipedia




【関連リンク】
ドラマ『ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~(The Romanoffs)』の公式Twitter
ドラマ『ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~(The Romanoffs)』の公式Facebook


2. トランスペアレント


次に紹介する作品は『トランスペアレント』です。この作品を見たのはずいぶん前なので、少しうろ覚えな部分もありますが、簡単にストーリーを説明すると、堅物の父親が実は「トランスジェンダー」(※モーラの場合、他者に対する性的衝動のようなものが見られないので、あくまで「見た目が女性でない事に違和感を感じている」と言う事ではないかと)で、それを家族に告白した事や、家族が抱える様々な問題が同時に浮き彫りになって、色んな騒動が巻き起こる… と言う感じでしょうか。

ちなみにタイトルの「transparent(トランスペアレント)」は、英単語の意味としては「透明な」や「明白な」と言う意味があり、コンピューター関連の用語としては「完全なモジュール化とインターフェイスの共通化により、上位のレイヤが下位のレイヤをいっさい意識しなくてよい状態」と言う意味もあるようですが、一番しっくり来たのが情報サイト「g-lad xx」(グラァド)の表現なので、以下に引用しておきます。

Amazonが鳴り物入りで手がけたネットドラマ『トランスペアレント』(タイトルの「Transparent」は「(反対側が見えるほど)透き通った、透明な」という意味と「トランスジェンダーの親」という意味をかけています)。

ドラマ『トランスペアレント』:g-lad xx』より引用

コメディータッチのドラマで、シーズン1はそれなりに面白かったです。ただシーズン2は最初の数話が非常に重たく、それで見なくなってしまいました。しかしシーズン4まで続いてるので、それなりに楽しめるドラマではと思います。(^^;

ちなみにドラマ自体はシーズン5(※これがラスト)まで制作が決定していますが、残念ながら最後のシーズンは、モーラ(父親)役の主演のジェフリー・タンバーさんにセクハラ疑惑(※本人は否定)が浮上し、ドラマを降板したため、モーラ無しの話となるようです。

『トランスペアレント』セクハラ疑惑のジェフリー・タンバーが降板へ:海外ドラマNAVI
"クーデター"を起こした『トランスペアレント』がシーズン5で終了:海外ドラマNAVI
アマゾンのLGBTドラマ主演俳優、セクハラで解雇も徹底抗戦の構え:映画.com

最後にこのドラマも私が見たのは普通の字幕版でしたが、日本語吹き替え版に加え、「4K版」(※字幕・吹き替えともに)もあるようです。

「トランスペアレント」でAmazonを検索

あと1話が30分以下と少し短いのも、このドラマの良い点だと思います。




【関連リンク】
ドラマ『トランスペアレント(Transparent)』公式Twitter
ドラマ『トランスペアレント(Transparent)』公式Facebook

Amazonプライムのお薦め作品(2019年1月):『ブラック・ウィドウズ』『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』『ザ・テラー』

今回はAmazonプライムビデオで配信中のお薦めドラマについて、記事を書こうと思います。

1. ブラック・ウィドウズ


まず最初に紹介する作品は、北欧が舞台のドラマ『ブラック・ウィドウズ』(英題『Black Widows』)。ちなみにタイトルにある『Widow』の意味は「未亡人」です。

"北欧版デスパレートな妻たち" と紹介されていたので見てみたのですが、ドラマとしてはまぁまぁかなぁ〜と。ただ『デスパレートな妻たち』ほどコミカルではありませんでした。特に最初の第1話は、シリアスなドラマなのかコメディーなのかよく分からず…。2話目以降徐々にコメディータッチになっていって、少しずつ面白くなっていきましたが、個人的には『デスパレートな妻たち』みたいにもっとコミカルにした方が面白くなったのではと思います。(^^;

簡単にストーリーを説明すると、仲良し女性三人組がバカンスの最中、ボートに爆弾を仕掛けて夫たちを殺し、夫にかけた保険金などを得て幸せになろうとするのですが、思い描いてた展開にはならず、問題が次々と起こっていく…と言うお話です。

私が見たのはシーズン1までですが、調べてみるとシーズン2まで制作されてるようです(※Amazonで現在配信されてるのはシーズン1のみ)。またこのドラマの英語版Wikipediaによると、この作品はフィンランドのドラマ『Mustat lesket』(※フィンランド語を直訳すると、このドラマと同じ『黒い未亡人』)のリメイクとのこと。

Black Widows (TV Series 2016– ):IMDb
Black Widows (TV series):Wikipedia
Mustat lesket:Wikipedia
Mustat lesket (TV Series 2014– ):IMDb

ちなみに1話は約40分で、シーズン1は全8話。日本語吹き替え版はありませんでした。



2. モーツァルト・イン・ザ・ジャングル


次に紹介する作品は、Amazonオリジナルの『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』です。私が見たのは現在シーズン2の途中までですが、一言で言い表すと "アメリカ版のだめ" と言った感じの作品です。

舞台となるのは、ニューヨークを拠点に活動する「ニューヨーク交響楽団」(※実際同名の楽団がかつて存在したようですが、あくまで架空の交響楽団と思われます)。そこに新たに個性的な天才指揮者ロドリゴがやってきて、さまざまな騒動が起こると言うストーリーです。ちなみに主人公はこのロドリゴではなく、若手オーボエ奏者の女性ヘイリーです。

こちらはジャンル的には完全に「コメディー」ですが、ただちょっと笑いどころ(何が面白いのか)が分かりづらいなと感じる点が結構ありました。「アメリカ人なら笑えるのかな?」もしくは「音楽経験者なら笑えるのかな?」なんて風にも思いますが、その点ちょっとピンと来ない点があるので、ドラマとしての評価は、まぁまぁかなぁ〜と。あと私が見たのはシーズン3までですが、シーズン2は何かちょっと物語の内容や人物描写を、はしょってる感じがしました。

ちなみに最初のシーズン(※2014年公開)は公開直後、結構話題になっていたのを覚えています。そしてシーズン4まで制作されましたが、英語版Wikipediaによると、シーズン5の制作は中止されたとのこと。

Mozart in the Jungle:Wikipedia
‘Mozart in the Jungle’ Canceled After Four Seasons at Amazon:Variety
‘Mozart in the Jungle’ Cancelled at Amazon — No Season 5:TVLine

なお2019年1月現在、日本のAmazonプライムビデオでは、シーズン4まですべて配信されています。日本語吹き替え版あり。1話は約30分と、他の一般的なドラマと比べると少し短めです。



【関連リンク】
『Mozart in the Jungle』公式Facebookページ
Mozart in the Jungle (TV Series 2014–2018):IMDb
「mozart in the jungle」で本検索:Amazon.co.jp・・・このドラマの原作本は、日本のAmazonでも売っています。


3. ザ・テラー


最後に紹介する作品は、19世紀に実際あった出来事、大英帝国による北西航路開拓(※イギリスからカナダと北極の間を抜け、中国・インドへと到達する貿易航路の開拓)で起こった悲劇「フランクリン遠征」を元に描いたホラー作品『ザ・テラー』(※英題は『The Terror』)。

簡単にストーリーを説明すると、大英帝国海軍将校で北極探検家でもあった「ジョン・フランクリン」率いる探検隊が、当初の予想と異なる事態が発生し、過酷な北極の氷の海に閉じ込められてしまいます。そんななか謎の怪物に襲われるようになり…と言う話です。

感想としては、人間ドラマとしてはまぁまぁかなと。歴史的事実を元にしてるので、当時の北極探検がどう言うものだったのか知れる点も、興味深かかったです。一応ジャンルは「ホラー」となっていますが、中盤まであまりホラーな感じはしませんでしたが、最後の数話は色んな意味で「ホラー」だと思います。

ただ「面白かったか?」と聞かれると、今回紹介した他の2つの作品がコメディータッチなドラマなので、両方とも見ていてそれなりに楽しいと感じましたが、このドラマに関しては、とにかく過酷!!なので「面白かったか?」と聞かれると、何とも言いようがない…と言うか…。ただ上記でも書きましたが、人間ドラマとしてはまぁまぁだと思います。(^^;

ちなみにこのドラマのタイトル、てっきり登場する2隻の船の片方の名前が「テラー号」なので『ザ・テラー(The Terror)』と言うタイトルなのかと思ってたのですが、どうやらこの「テラー(Terror)」は英語の「恐怖」や「テロ(テロリズム)」を表す単語のようです。と言うのも、まだ配信はされてないので内容はどうなのか分かりませんが、シーズン2の制作が決定してるのですが、この話の続きではなくまったく関係ない話(※第二次世界大戦中のアメリカが舞台)みたいで、「テラー号」と言う船が出てきそうにないので。

「terror」の意味・使い方:英和辞典 Weblio辞書
Amazon『ザ・テラー』、戦時中の日系アメリカ人コミュニティを描くシーズン2に更新決定!:海外ドラマNAVI
米AMC『ザ・テラー』シーズン2に『スター・トレック/宇宙大作戦』ジョージ・タケイが出演!:海外ドラマNAVI

なおこのドラマは1話が約40〜50分で、シーズン1は全10話。日本語吹き替えありです。あと原作の小説、ダン・シモンズ著『ザ・テラー 極北の恐怖』が、日本のAmazonでも販売されています。

ザ・テラー 極北の恐怖(上)
ダン シモンズ
早川書房
2014-07-28


ザ・テラー 極北の恐怖(下)
ダン シモンズ
早川書房
2014-07-28





【追記(2019年1月4日)】


本文の内容を少し修正しました。

Amazonプライムのお薦め子ども向けアニメ:『The Gruffaloシリーズ』『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』『ニコ 光の剣を持つ戦士』(追記あり)

先日書いた「Netflixのお薦め子ども向けアニメ」の記事でも書きましたが、私は寝る前や何も考えたくない時などに、ボォーっと子ども向けアニメを見ることがあります。今回はそんな子ども向けアニメの中で、「Amazonプライム・ビデオ」で配信されてるお薦め作品を紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

1. The Gruffaloシリーズ


まず最初に紹介する作品は、人気の子ども向け絵本「The Gruffalo」シリーズをアニメ化した作品『The Gruffalo』と『The Gruffalo’s Child』です。

とにかく映像が素晴らしい作品だなと!(*^^*)

ストーリー自体はあくまで子ども向け(幼児向け)と言うこともあって、難しい内容や深い意味などもなく、単純明快!それがゆえに素直に映像が楽しめる作品だなと。私的には、寝る前に見るのにピッタリな作品でした。w

ちなみに両作品とも「リスの親が、子どものリスに話して聞かせる」と言う体(てい)で話が始まります。

あと両作品とも1話が26分。日本語吹き替えありです。それと元になった絵本シリーズは、Amazonでも売っています。

「Gruffalo」で本を検索:Amazon



【関連リンク】
The Gruffalo - Official Website・・・同作品の公式HP。
The Gruffalo:Twitter・・・同作品の公式Twitterアカウント。
The Gruffalo:Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品に関するページ。


2. ロッキーとブルウィンクルの大冒険


次に紹介する作品は、何とあの"ドリームワークス"が制作したAmazonプライムオリジナルの作品『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』(※英題は『The Adventures of Rocky and Bullwinkle』)です。

こちらはとにかくストーリーが良く出来てるなぁ〜と!1話完結でないのが私的には少し残念ですが、大人が見てもそれなりに楽しめる作品だと思います。

いわゆる"カートゥーン"なアニメ作品で、昔の作品で言うところの『トムとジェリー』などを彷彿させる作品。それもそのはず!実はこの作品、1959年〜1964年にかけてアメリカで制作・配信されたテレビアニメ(※.タイトルは『The Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends』)のリメイクで、2000年にはこの元アニメが映画化されてる作品でもあります!また「IMDb」で『Rocky and Bullwinkle』と検索すると、それ以外にもアニメ作品が制作されてるようです。

The Adventures of Rocky and Bullwinkle and Friends:Wikipedia・・・元作品の英語版Wikipediaのページ。
The Adventures of Rocky and Bullwinkle (film):Wikipedia・・・2000年に制作されたリメイク版映画の英語版Wikipediaのページ。
「Rocky and Bullwinkle」で検索:IMDb

ちなみにYouTubeで「Rocky and Bullwinkle」と検索しても、さまざまな時代の(?)作品が見られます。またAmazonで検索すると、DVD作品やクッズなどが多数ヒットします。そして映画版の方は、Amazonビデオでレンタルできます。

「Rocky and Bullwinkle」で検索:YouTube
「Rocky and Bullwinkle」で検索:Amazon
映画版「ロッキー&ブルウィンクル (字幕版)」:Amazon Video

なお現在配信されてるのは全13話。1話は全て23分で、日本語吹き替えありです。
(※2019年1月から続編の配信が決まったそうです。詳しくは追記を参照!)



【関連リンク】
The Adventures of Rocky and Bullwinkle (TV series):Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品に関するページ。


3. ニコ ~光の剣を持つ戦士~


最後に紹介する作品は、こちらもAmazonプライムオリジナル作品の『ニコ ~光の剣を持つ戦士~』(※.英題は『Niko and the Sword of Light』)です。

こちらもストーリーもので、私的には少し残念な1話完結でない作品ですが、ストーリー自体は割りと良くできてる作品だと思います。最後の展開が少し「何だかなぁ〜」と思う展開でしたが、それ以外は良かったと思います。登場するキャラクターも結構個性的で、その点も興味深かかったです。

あともう1つ寝る前に見るのに向かない点としては、主人公のニコが、タイトルからも分かる通り"光る剣(つるぎ)"を持っているのですが、その剣を使う時に結構な光が剣から発光されます。後半になってくると多少その光の強さが弱まってるように思うのですが、前半(特に本当に最初の方)は、印象つけるためもあってかかなり強い光が出るので、あまり寝る前には向いていないかも…しれません。(^^;

ちなみにこの作品、英語版Wikipediaのこの作品のページによると同名のコミック(※.アプリで配信?)を映像化したものだそうで、Kickstarterでアニメ化の資金集めが行われ、2015年にパイロット版が制作→2017年に本作品が制作されたようです。また2018年にアニー賞の「子供のためのアニメーション」部門(?)でノミネートされたそうです。

Niko and the Sword of Light:Wikipedia・・・英語版Wikipediaのこの作品のページ。
NIKO and the Sword of Light:Kickstarter
【Appstore for Android】Niko and the Sword of Light:Amazon.com・・・Amazon.comで配信されてる元作品と見られるAndroidアプリ

それと続編のシーズン2もすでに制作されてるそうで、上記の英語版Wikipediaのページによると、今月(2018年12月28日)に初演されるようです(※.日本のAmazonでも配信されるかは不明 日本のAmazonでも配信が始まってました!詳しくは追記その2を参照)。

Niko and the Sword of Light: SpongeBob Voice Actor Tom Kenny on His New Animated Series:IGN・・・シーズン2制作に関して触れられてる英語の記事。

なお現在配信されてるシーズン1は全13話。1話は約24分で、日本語吹き替えありです。



【関連リンク】
Niko and the Sword of Light:Facebook・・・この作品の公式Facebookページ。


【関連記事】
Netflixのお薦め子ども向けアニメ:『カップケーキ&ダイノのなんでも屋』『ぼくらベアベアーズ』『ヒルダの冒険』『ネクトン一家の深海探検』 : Kyu3’s Blog


【追記(2018年12月20日)】


プライムビデオ公式Twitterアカウントのツイートで知ったんですが、『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』シーズン1の続編(パート2)が、来年(2019年)1月11日から配信されるそうです(※.ツイート添付画像の「アニメ」に掲載されています)。


【関連リンク】
Amazon Prime Video公式Twitterアカウント


【追記 その2(2018年12月30日)】


日本のAmazonプライムビデオでも「ニコ ~光の剣を持つ戦士~」の続編(シーズン2)が、配信されてました!配信は英語版Wikipediaの記載と同じ、12月28日からのようです。初公開日がこの日(「2018年12月28日」)になっていたので。(*^^*)

ニコ ~光の剣を持つ戦士~ シーズン2 パート1 守り石のペンダント(吹替版):Amazon.co.jp

シーズン2のプロモーション動画↓


【関連リンク】
Niko and the Sword of Light:Wikipedia

AmazonプライムとNetflixのお薦めドラマ(2018年10月):『ママと恋に落ちるまで』『シックス・フィート・アンダー』『SISTERS/シスターズ』

先月と今月はNetflixで配信されてるドラマでお薦めできる作品が1つしかなく、かつこの1つもちょっとイマイチ… だったので、今回はNetflixだけでなく、Amazonプライム・ビデオで配信されてる&過去に配信されてたドラマで、お薦め作品を紹介します。( ´ ▽ ` )ノ

1. ママと恋に落ちるまで


まず最初に紹介するのは、Amazonプライム・ビデオで配信されてた『ママと恋に落ちるまで』(原題は『How I Met Your Mother』)。残念ながらAmazonプライム・ビデオでは配信はすでに終了してるのですが、調べたところ「dTV」で、シーズン1〜3まで(※注:字幕版のみ、シーズン1は『2018年11月30日まで』)配信されていました。

ママと恋に落ちるまでシリーズ:dTV

シーズン9まで続いた、アメリカでかなり人気のあった恋愛要素の多いシットコムで、未来の主人公(建築家のテッド)が子どもたちに、自身の恋愛体験や失敗談などを話して聞かせると言う体裁で、物語が進みます。なのでタイトルの『ママと恋に…』の"ママ"は、テッドが語って聞かせてる自分の子どもたちの"ママ"、つまりテッドの"奥さん"で、彼女と出会うまでの話と、あと出会ったあとの話も少し描かれています。

このドラマで最初一番印象的だったのは、主人公であるテッドといつもつるんでる謎の人物「バーニー」!いつもスーツを着こなしていて、身だしなみはきちんとしてるものの、非常に軽薄で行動が非常識。なので「何でテッドやその友達は、こんな人物といつもつるんでるんだろ?」と、最初ずっと違和感を感じてました。しかしこのバーニーも話が進むにつれ人間味が現れ、シーズン2以降は違和感もなくなりましたが、最初はたぶん多くの人が「この人、何!?」と思うのではと…(^^;w




2. シックス・フィート・アンダー


次に紹介するのは、こちらは現在Amazonプライムで配信中のドラマ『シックス・フィート・アンダー』(原題もそのまま『Six Feet Under』)。アメリカの家族経営の葬儀屋さんを描いたドラマで、こちらもアメリカで人気があるようで、シーズン6まで製作されました。ちなみにAmzonプライムで現在(2018年10月現在)配信されてるのは、シーズン5までです。

私はミステリードラマをよく見るのですが、ミステリーと違って「人が死ぬ」→「犯人が分かる」→「生きてる人・死んだ人が報われる!」…と言う話ではなく、人が死に、ただただ友人や家族・恋人が打ちひしがれる様が描かれてるので、正直その点は最初ちょっと辛かったです。しかしそう言う出来事が日常的に見られる葬儀屋さんと言う仕事をしてる主人公たる家族たちが、家族の死や自らの生き方に悩み苦しむさまも描かれており、ドラマとして本当に優れた作品だと思います。

ただちょっと見ていて気になったのが、主人公の葬儀屋さんの家族たちとともに、死者があたかもそこに生きているかのように現れる演出。要するにこの家族たちが死んだ人たちやその生き方から自身を顧みたり、何となく心の中でその存在を想像して対話してるのを、このような演出で表現してるのだと思うのですが、リアルに死者が現れるので、なかなか慣れませんでした。途中 "白昼夢"や「夢で死者が現れただけだった」と言った演出もされているのですが、これが例えば主人公の家族がドラマ『ゴースト 〜天国からのささやき』の主人公のように"霊能者"で、それで死者が見えると言うのであれば別に気にならないのですが、そうではないので、どうもこの点は見ていて腑に落ちず…(^^;

しかし繰り返しになりますが、ドラマとしては非常に優れた作品だと思います!シーズン6まで続いたことに納得です。ちなみに私はシーズン2の最初数話まで吹替版でみましたが、字幕版も同じくシーズン5まで配信されています。1話はだいたい50分〜1時間です。




3. SISTERS/シスターズ


最後に紹介するのは、Netflixオリジナルドラマ『SISTERS/シスターズ』です。オーストラリアが舞台のドラマで、いわゆる大人向けのコメディーです。

簡単にストーリーを説明すると、主人公は学校で講師(?)をする傍ら、余命短い高齢の父親の世話をしている女性ジュリア。母親もすでに他界しており、少し孤独を感じています。そしてジュリアの高齢の父親は不妊治療の権威で、ノーベル賞も受賞したことがあると言う人物。そんな父親がある日、新聞社に「不妊治療で訪れた100人以上の女性を、自身の精子を使って、これまで妊娠させてきた」と告白!大騒動が!?…と言うストーリー。

こう言った事件が現実にどこかの国であったような記憶がありますが…。実際飛んでもない話で、現実に起きたら世間から非難轟々の嵐で、それを考えるとひどく辛いドラマになりそうな感じがしますが、そこはコメディーなので、ちょっと変わった展開になります。

上記で書いたように少し孤独を感じていた主人公のジュリアは、この事態を何とか前向きにするべく「これで家族が100人増えた!」と考え、父親のクリニックを受診していた人の子どもたちで、遺伝上自分の家族となる可能性のある人たちをSNS等使って呼び集め、パーティーを開くことに。現実にこの様な問題が起きた時、パーティーを開けるとは少し考えにくいですが、この発想はこれまでなかったなぁ〜と。(^^;w

そのパーティーの結果、また色んな騒動が起こるのですが、これ以上はネタバレになるので書きませんが… シーズン後半まで結構楽しめるコメディーだと思います。

あとドラマに悲壮感がないのは、事件の当事者である高齢の父親ジュリアスが、いかにも憎めないお茶目な人物であるからもあると思います。本当に憎めない老人、しかも余命幾ばくもない状態なので、仮に自分が事件関係者でも、そうそう責めれない。ある意味非常にずるいとは思いますが…(^^;;

ただどうにもイマイチだったのが、このドラマの大きな謎が最後の最後まで解消されず、さらに最後の2話であらたな謎が2つ現れ、それも全部謎のまま、シーズンが終わってしまったこと。せめて最大の謎は明らかとなり、そのあと次のシーズンを続けるため他の謎が残ると言うのあれば良いのですが、結局謎は謎のまま。何とも消化不良な感じで終わってしまい、何だかなぁ〜と…(^^;;

ちなみにシーズン2が作られるかどうかは、まだ未定です。日本語は字幕のみ。最初の1話は約70分と少し眺めですが、それ以外の話(残りの6話)は1話約45分です。



カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』
  • Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』
  • Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』
  • Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』
  • ブログ「こまき無答塾」を復元→アーカイブした「こまき無答塾アーカイブ」を作成!
  • ブログ「こまき無答塾」を復元→アーカイブした「こまき無答塾アーカイブ」を作成!
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Opera said "Focus on Opera Touch! So, Opera Mini for iOS will be stopped to offer in almost countries".
  • Canonのデジカメ、保証対象外修理は故障個所に関係なく一律2万3760円!?(追記あり)
  • Canonのデジカメ、保証対象外修理は故障個所に関係なく一律2万3760円!?(追記あり)
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
  • 山下しずお小牧市長が違法配布&ウソ掲載が問題となったビラを公式HPで堂々配布!
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)