Amazonプライム

Amazonプライムビデオのお薦め作品(2020年7月):「天気の子」「ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち」「ザ・ボーイズ」

今回は Amazon ビデオ でレンタルした作品と Amazon プライム・ビデオで観た作品、計3つを紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. 天気の子
  2. ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち
  3. ザ・ボーイズ

1. 天気の子


最初に紹介する作品は、新海誠 監督の映画『天気の子』。配信自体は1ヶ月以上前に始まっていたのですが、観た人の感想が賛否両論で、前作『君の名は。』と比べると「主人公に感情移入できない」とか「何だかよく分からない」と言った否定的意見も多かったので、なかなか視聴に踏み切れませんでした。しかし下に掲載してる予告動画を見たら興味を惹かれたので、観てみました。



結論から書くと、私は前作『君の名は。』よりも面白かったです。両方とも現代を舞台とした少年・少女が主人公のファンタジー作品と言う点では同じですが、前作が割りとシンプルな「青春恋愛ドラマ」だったのに対し、今作は前作と同様の要素もありつつ、それに加えて主人公や登場人物たちの生々しい現実や非日常的体験などの様々な要素(色)が、まるで「パレットの上で混ぜられたけど綺麗に混ざりきらず、何だかよく分からない暗い色になってしまった」かの様で、その感じがとても個性的で良いなと感じました。また前作が特にメッセージ性がなかったのに対し、今作では現代の人たちに対するメッセージ性が感じられ、その点も良かったです。

ただマイナス点も2つありました。1つは声優に起用されたタレントさんの問題。前作も割りとそうだったのですが、今作でも主要なキャラクターの声優としてプロの声優さんでなく、人気俳優やアイドルの方が務めています。そのうち今作では小栗旬さんと本田翼さんが主要なキャラの声優をしてるのですが、どうも違和感が拭えず…。小栗さんは最後の方は違和感なくなったのですが、本田さんの方は終始、喋り方や声に違和感を感じました。

お二人とも個人的には好きなのですが、声優としてはプロではないので技量的な面はしょうがないとは思うのですが…。作品は良かっただけに、出来るだけプロの声優さんを使った方が良かったのではと思いました。映画作りとなると色んな"しがらみ"があるので、人気俳優やアイドルの方を使わざるを得ない"大人の事情"があるのかなと思いますが…(^^;

もう1つも同じく"しがらみ"かもしれませんが、今作では雑誌の『ムー』や「Yahoo! 知恵袋」がそのまま登場していました。またマクドナルドは社名やロゴが表示されるシーンはなかったと思いますが、制服などはそのままだったと思います。

この作品は現代を舞台にしてるとは言えファンタジー作品。なので、企業名やサービス名などは実際の名前でなく多少もじった名前に置き換えた方がクスッと笑えたでしょうし、ファンタジーとして違和感なく観れたと思います。とは言えこれも、映画作りに関わる"しがらみ"や"大人の事情"(スポンサー的な)なのかもしれませんが…(^^;

ちなみにこの作品はレンタルで観ました。通常の HD 版の料金は500円。「その他のオプション」で選択可能な SD 版(720p)は、400円です。

天気の子を観る:Amazon ビデオ

最後にこの作品、映画だけでなく小説版や漫画版も制作されています。小説版の方は新海監督自身が書いたそうなので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?

天気の子 (角川つばさ文庫)
新海 誠
KADOKAWA
2019-08-09





2. ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち


次に紹介する作品は、イギリス BBC 制作のドラマ『ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち』。

割りとオーソドックスなコメディー・ドラマで、ストーリーを簡単に説明すると、パートナーとともにホテル経営しようとしてた女性アリソンが、突如歴史ある貴族の大邸宅を相続する事になるのですが、そこには沢山の幽霊たちが住み着いていて、彼らはアリソンたちの事が気に入らず、あの手この手で追い出そうとすると言う話です。

作品の出来はまぁまぁかなと。特別優れた作品と言う訳ではありませんが、オーソドックスなコメディなので、誰でもそれなりに笑えると思います。(*^^*)

ちなみにこの作品は日本語吹き替え版はなく、字幕版のみです。1話が約30分と少し短めで、全6話です。また続編のシーズン2・3の制作もすでに決まっていて、シーズン2はすでに撮影が終了しているようです。

ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち(字幕版):Amazon プライム・ビデオ




3. ザ・ボーイズ


最後に紹介する作品は、Amazon オリジナルのドラマ『ザ・ボーイズ』。

舞台は現代アメリカ。しかし実際と異なるのは、アメコミに登場するようなスーパーヒーローが実在すること。端的に表現するなら、スーパーヒーローものの"ブラック・コメディ"です。

ストーリーを簡単に説明すると、スーパーヒーローたちは超人的能力を使って人々を助け、犯罪者を倒し、SNS 上でもメディア上でも大人気!しかしそんな彼らにも裏の顔が…。さらにスーパーヒーローたちはその超人的能力ゆえに、時に人々を怪我させてしまったり、死に至らしめてしまったりしています。主人公のヒューイもそんな被害者の1人。彼は目の前で恋人を殺されてしまいます。そんなヒューイに謎の人物が近づいてきて…と言う話です。

感想としては、かなりブラックでシュールな展開や場面が多く、「コメディ」と言っても腹を抱えて笑えるタイプの作品ではないですが、結構面白かったです。スーパーヒーローが絶対的な"善"ではなく、非常に人間臭くてえげつない存在に描かれてる点も興味深いですし、スーパーヒーローが超人的力ゆえに人を傷つける点を指摘してる点も面白かったです。

ただ気になる点もありました。まずはタイトルにもなってる「ザ・ボーイズ」と言う存在。中盤以降たまにその存在が示されるものの、結局シーズン1では最後までよく分からず…。またヒューイの仲間になる人物たちの関係性も、何となくは提示されるものの、結局よく分からりませんでした。

ちなみにシーズン2の配信が今年(2020年)の9月4日に決定しており、シーズン3の制作もすでに決定してるとのことなので、これらの点がきちんと描かれるのかも気になります。

「ザ・ボーイズ」早くもシーズン3決定、初出し映像やアフターショーも発表に:THE RIVER
「ザ・ボーイズ」閲覧注意の初映像解禁!シーズン3の製作も決定:cinemacafe.net

最後にこの作品は日本語吹き替え有りで、通常版に加え 4K UHD 版もあります。あとこの作品もコミック版が出ていました。なぜか1刊だけ紙の本が英語版のみとなっていましたが、今日現在(2020年7月25日)全部で3巻まで出ていて、いずれも Kindle 版有りです。

ザ・ボーイズ(吹替版):Amazon プライム・ビデオ
ザ・ボーイズ(字幕版):Amazon プライム・ビデオ
ザ・ボーイズ(吹替、4K UHD 版):Amazon プライム・ビデオ
ザ・ボーイズ(字幕、4K UHD 版):Amazon プライム・ビデオ

Kindle 版『ザ・ボーイズ』↓↓
ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)
ガース・エニス
誠文堂新光社
2017-02-27


ザ・ボーイズ 2 (G-NOVELS)
ガース・エニス
誠文堂新光社
2017-06-16


ザ・ボーイズ 3 (G-NOVELS)
ガース・エニス
誠文堂新光社
2017-09-08




AmazonプライムビデオとNetflixのお薦め作品(2020年7月):「ビデオゲーム The Movie」「ホームカミング(シーズン2)」「パラサイト 半地下の家族」「DCスーパーヒーローガールズ」

今回は Amazon プライム・ビデオで観た作品3つと、Netflix で観た作品1つを紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. ビデオゲーム The Movie
  2. ホームカミング(シーズン2)
  3. パラサイト 半地下の家族
  4. DCスーパーヒーローガールズ

1. ビデオゲーム The Movie


最初に初回する作品は、Amazon プライム・ビデオで配信中の映画ビデオゲーム The Movieです。

「eスポーツ」や「ゲーム配信」など、昨今何かと話題になる事も多いビデオゲーム(テレビゲーム)。その歴史を振り返り、世界初のビデオゲーム誕生からこの映画が制作された2014年までに起きた様々なゲーム関連の事件や事象、ゲームの進化などについて、それぞれの関係者やゲーム好きの著名人が語るドキュメンタリー映画です。

実際ゲームをプレイする人だけでなく、ゲーム制作に関心がある人やゲームビジネスに興味がある人も、色々と得るものがあるのではと思います。興味がある人は観てみてはいかがでしょう?

ちなみにこの映画の Wikipedia のページによると、制作資金はクラウド・ファンディングで集められたそうです。あと Amazon プライム・ビデオで配信されてるのは、字幕版のみです。

ビデオゲーム The Movie(字幕版):Amazon Prime Video




2. ホームカミング(シーズン2)


次に紹介する作品は、Amazon オリジナル・ドラマ『ホームカミング』のシーズン2です。1年前に紹介したジュリア・ロバーツ主演のシーズン1の続きなので、シーズン1を観てない場合はシーズン1から観て下さい。シーズン2から観ると、よく分からないと思うので。

このシーズン2では前回主演だったジュリア・ロバーツに代わり、歌手であり女優やモデルでもあるジャネール・モネイさんが主演を務めています。ちなみにジュリア・ロバーツは完全に制作側(製作総指揮)のみとなり、今回は出演していません。

「ホームカミング」シーズン2はジャネール・モネイが主演 ジュリア・ロバーツから交代:映画.com

ストーリーを簡単に説明すると、ジャネール・モネイ演じる主人公が目覚めると、そこはボートの上でした。しかも彼女は記憶を失っていて、自分が誰なのかすら分かりません。何とか岸辺にたどり着いた彼女は、自分は誰なのか?なぜここにいたのか?何をしていたのか?自ら探っていきます。

感想としては、前作よりもミステリーやサスペンス的要素が分かりやすくて面白かったです。また前作で気になった昔の前衛的な映像表現がなくなっていたので、映像的に見やすかった点も私には良かったです。ただラストはかなり大味!綺麗に終わらすにはこうするしかなかったのかもしれませんが、最終話は展開や細かな描写にちょっと無理があるように感じました。(^^; しかし最終話の1つ前の第6話までは本当面白かったです。

ちなみにこのドラマは吹替版もあります。また 4K UHD 版もあります。

ホームカミング シーズン2(吹替版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(字幕版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(吹替・4K UHD 版):Amazon Prime Video
ホームカミング シーズン2(字幕・4K UHD 版):Amazon Prime Video



【関連記事】
Amazonプライムのお薦めドラマ(2019年5月):「Fleabag フリーバッグ」「ホームカミング」(追記あり) : Kyu3’s Blog


3. パラサイト 半地下の家族


次に紹介する作品は、昨年(2019年)カンヌ映画祭で最高賞の「パルム・ドール」を受賞し、アカデミー賞では「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「国際長編映画賞」の4部門を受賞した話題の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。普段韓国の映画やドラマはまったく観ないのですが、今回 Amazon プライム・ビデオで先行レンタルされていたので観てみました。

『パラサイト 半地下の家族』、6/19からAmazon Prime Videoで先行配信。BD/DVDも発売:PHILE WEB

Amazon 以外でも7月3日からレンタル等の配信が始まるので、これから観る人も大勢いると思います。なので内容については詳しく書きませんが、感想としてはそれなりに面白かったですが、映画の上映時間の関係などで、かなりシーンがカットされてるのではと思いました。と言うのも、特に前半部分がそうなのですが、あまりに淡々と物事が進んでいくので、考えればそれがどう言うシーンなのかは分かるのですが、その過程や説明するシーンがあった方が、よりこの作品が伝えたい事が伝わるのではと感じたからです。なのでシーンをかなりカットしてるのではないかと。

もし実際カットされてるシーンがたくさんあるのであれば、カットされてないディレクターズ・カット版が観てみたいです。もしくはドラマ化したら良いのではと思います。ドラマならもっと細かい説明やシーンも盛り込めるでしょうから。

ちなみに私は HD 版のレンタルの字幕版で観たのですが、吹替版や 4K UHD 版もあります。いずれもレンタルの場合は、500円です。

パラサイト 半地下の家族(字幕版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(吹替版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(字幕・4K UHD版):Amazon ビデオ
パラサイト 半地下の家族(吹替・4K UHD版):Amazon ビデオ




4. DCスーパーヒーローガールズ


最後に紹介する作品は、Netflix で配信されてるアニメ『DC スーパーヒーローガールズ』。マーベルと並ぶアメコミの2大巨頭「DC コミックス」の女性キャラクターが多数登場する学園ものの子供向けアニメで、ワンダーウーマンやバットガール、スーパーガールなどの DC コミックスのキャラクターが、高校生として登場します。

今回この作品を紹介したのは、この作品がそれなりに面白かったと言うのもありますが、昨今大人と子供が一緒に観られるアニメの需要があるかと思います。このアニメはまさにそう言った用途に向いてるのではと思ったからです。例えばアメコミ好きのお父さんと小さい娘さん。普段だとなかなか一緒に観られるアニメはなさそうですが、これだったら一緒に楽しめるのではないかと。(*^^*)

余談ですが、YouTube で「DCスーパーヒーローガールズ」で検索すると、今回紹介した作品とは全く異なる絵柄の同名作品の動画が多数ヒットします。「これ一体なんなんだろ?」と調べたところ、どうやら元々 YouTube などで配信されてた異なる絵柄の方が昨年(2019年)リメイクされたのが今回の作品のようで、他にも長編映画やレゴ版の映画も制作されてるようです。この点については英語版 Wikipedia に詳しく書かれているので、興味があれば翻訳サービスなどを使ってみてみて下さい。

DC Super Hero Girls:Wikipedia・・・英語版 Wikipedia のこの作品シリーズに関するページ。
DC Super Hero Girls 日本:YouTube・・・上記で紹介した別の絵柄の方の「DCスーパーヒーローガールズ」の日本人向けの YouTube 公式チャンネル。

なお2020年7月現在 Netflix で配信されてるのは、シーズン1の全10話のみ。日本語吹替えありです。あとこの作品の公式 YouTube チャンネルには、日本語吹替え版のショートストーリーが多数公開されています。もしこの作品を観て面白いと思った人や Netflix に加入していない方は、こちらで観てみてはいかがでしょう?

DC スーパーヒーローガールズ:Netflix
DC Super Hero Girls YouTube 公式チャンネル・・・日本語版のプレイリストがあります。



Amazonプライムビデオのお薦め作品(2020年5月):実写版「シティーハンター」「イン・ザ・ダーク」「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」「アップロード」

今回は Amazon ビデオ でレンタルした作品と Amazon プライム・ビデオで観た作品を計4つ紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
  2. イン・ザ・ダーク
  3. くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
  4. アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~

1. シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション


最初に紹介する作品は、昨年公開されて話題となった実写版『シティーハンター』こと映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』。公開時も映画館に観に行こうかすごく悩んだのですが、その作品が Amazon プライム・ビデオでレンタル可能になっていたので早速観ました。

私は字幕版で観たのですが、もし観るなら吹替版をお勧めします。と言うのも字幕版だと主要キャラの名前が違っていたり等。どうしても少し違和感が拭えないので。ちなみに主人公の冴羽獠は「ニッキー・ラーソン」と言うフランス語版『シティーハンター』の名前になっています。あと余談ですが、日本語吹き替えで冴羽獠を担当したのは「山ちゃん」こと山寺宏一さんです。

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション 【デラックス吹替版】:Amazon.co.jp
シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション 【字幕版】:Amazon.co.jp

観た感想ですが、映画として良く出来た作品だなと思いました。ドタバタ・アクション・コメディーとして、シティーハンターを全く知らない人もちゃんと楽しめるように作品が作られており、その点は素晴らしいなと感じました。それに加えて要所要所でシティーハンター・ファンをグッっとさせるような演出があり、シティーハンター・ファンならより楽しめる作品だと思います。



【関連リンク】
映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式サイト


2. イン・ザ・ダーク


次に紹介する作品は、イギリス BBC 制作の刑事モノのミステリー・ドラマ『イン・ザ・ダーク』。「スーパードラマTV」によるとイギリスのベストセラー作家「マーク・ビリンガム」の小説が原作とのこと。

イン・ザ・ダーク:スーパードラマTV

マーク・ビリンガムの作品の1つ↓↓
(※. 日本語に翻訳されてる本は、この作品のみのようでした。)


ドラマの制作年は2017年。舞台はイギリス。主人公は妊娠中の女性刑事で、彼女が時には1人で、時にはパートナーと組んで事件を解決していきます。ちなみにAmazon プライム・ビデオの対象で、配信されてるのは字幕版のみでした。

イン・ザ・ダーク【字幕版】:Amazon Prime Video

観た感想ですが、原作がしっかりしてると言うのもあるのか、ミステリーとして良く出来てて結構面白かったです。評価が高いのも納得!

ただてっきり全4話で1つの事件を解決するのかと思っていたのですが、2話ごとに1つの事件だったので、その点が少し意外でした。また良い感じに続きが気になる形で終わるのですが、残念ながら続編は制作されていないようで、その点が少し残念でした。




3. くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ


次に紹介する作品は、アニメ映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』。「映画.com」によるとベルギーの絵本作家の「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したものだそうで、調べてみたら日本の Amazon でも、この絵本の翻訳本がたくさん売られてました。

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ:映画.com

実際売られている作品↓↓
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
ガブリエル バンサン
BL出版
2015-08-07


セレスティーヌのクリスマス くまのアーネストおじさん
ガブリエル・バンサン
ブック・ローン出版
1983-11T


「くまのアーネストおじさん」の本を検索:Amazon.co.jp

映画の制作は2012年。2014年に「アカデミー賞長編アニメーション賞」にノミネート(※. この年の長編アニメーション賞は『アナと雪の女王』)された他、カンヌ映画祭では特別賞を受賞したそうです。

観た感想ですが、手書きイラストの様な映像表現や作品の内容自体も出来が良く、賞を受賞するだけの事はあるなと思いました。初期のジブリ作品が好きだと言う人は、とても楽しめる作品だと思います。ちなみにこちらも Amazon プライム・ビデオの対象です。

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【吹替版】:Amazon Prime Video
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【字幕版】:Amazon Prime Video




3. アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~


最後に紹介する作品は、近未来SFドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。意識や記憶がデジタル化可能になり、死後サーバー上に作られた人工的な天国にアップロード可能になり、ある意味人々が永遠の命を得るようになった世界の話。

ただ「天国」とは言え民間企業が提供するサービスなので、そこでは運営企業が儲けるための様々な仕掛けがあったり、支払える金額によってアップロードされた人たちが受けられるサービスに違いや差が儲けられていたり等。現実世界と同じ様なしがらみや悩みも存在しています。

この作品で面白いなと感じたのは、技術の描かれ方。3Dプリンターを使った料理や自動運転の車など、今ある技術の延長にある技術が「実際こうなるだろうな」と言う形でとても上手く描かれていると思います。

ちなみにこのドラマの配信開始は2020年5月1日とつい最近。Amazon オリジナル・ドラマで、 プライム・ビデオの対象です。あと配信後1週間で続編の制作が発表されています(※.監督曰く「(もともと)2シーズンの作品のつもりで(脚本を)書いていた」そうです)。

アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【吹替版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【吹替 4K UHD 版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【字幕版】:Amazon Prime Video
アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~【字幕 4K UHD 版】:Amazon Prime Video



【関連リンク】
Upload(@UploadOnPrime):Twitter・・・番組公式 Twitter。
Upload(@uploadonprime):Instagram・・・番組公式 Instagram。
アップロード (テレビドラマ):Wikipedia
Amazonドラマ『アップロード』シーズン2 製作が決定! ネイサンとノラの"次の物語"描く 監督は2シーズンのつもりで作っていた:VG+
Amazon新作ドラマ『アップロード』が早くもシーズン2へ更新!キャストが新シーズンに望むこと:海外ドラマNAVI

2019年に観たお薦め作品(主にドラマ)10選 + おまけ

今年(2019年)も、もうすぐ終わり。…と言うことで、今年観たお薦め作品(ドラマやアニメ)を10個紹介する記事を書こうと思います!( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに順位っぽく数字が振られていますが、「順位」と言う意味で言うと今年は最初に紹介する『ヒューマンズ』が頭1つ抜け出して面白かったですが、それ以外はどの作品もあまり大差ないと言った感じでした。なので、去年は『2018年にNetflixで見たお薦め作品ベスト10』と言うタイトルにして順位付けして記事を書きましたが、今回は明確な順位付けができなかったので「10選」としました。ちなみに作品名の横には、私がその作品を観た配信サービスの名前が書いてあります。

  1. ヒューマンズ シーズン 1・2(Hulu)
  2. ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~(Amazon プライム)
  3. オレたち、ゆる刑事 〜ジャック & ケイト(Netflix)
  4. ブルーストーン42 爆発物処理班(Hulu)
  5. 僕と生きる人生(Netflix)
  6. The Sinner - 隠された理由 -(Netflix)
  7. Fleabag フリーバッグ(Amazon プライム)
  8. アウトランダー(HuluNetflix
  9. ミディアム 霊能者アリソン・デュボア(Hulu)
  10. ドラゴン王子(Netflix)

1. ヒューマンズ シーズン 1・2(Hulu)


最初に紹介する作品は SF ドラマヒューマンズ!この作品が今年観た作品の中では、頭1つ抜け出して面白かったですし、非常に興味深い作品でした。(*^^*)

舞台は現代イギリス。しかし現実と異なるのは、この世界では人間そっくりのアンドロイド(※. 作品中では「シンス(Synth)」と呼ばれてます)が、現実で言うところの自家用車感覚で当たり前のように存在しています。その結果恩恵を受ける人がいる一方、仕事を奪われたりする人もいたり等々。様々な問題が起こっています。そんな世界である一家が、仕事が忙しい母親のために新型アンドロイドを購入するところから物語が始まります。

この作品が非常に面白く興味深いと感じたのは、この作品はあくまでフィクションですが、現実世界とリンクしてるなと感じるところがいくつもあったことです。例えば現在多くの人が仕事を奪われるかもと懸念されてる「AI」の存在や、日本を含め世界各地で起こってる移民問題。それに将来的に人間そっくりのロボットが本当に登場したとして、そこに感情が現れたり意識が現れたりした時、果たしてどうなるのかと言った問題等々。それらの問題に関して、この作品から色々考えさせられました。

ちなみに作品自体はシーズン 3までありますが、私が面白いと感じたのはシーズン 2までです。シーズン 3はシーズン 2のラストで起こった出来事によって収集がつかなくなってしまったと言う感じで、少しイマイチでした。あとサイドストーリー的展開が何だかよく分からない展開でピンと来ず…。最終話で一応どう言う事だったのかは分かるものの、最後の最後で正直「それはさすがにありえ無いのでは?」「登場人物の1人に重荷を載せ過ぎてる」と言う展開となり、その結果打ち切りになっちゃったのかなと…。

シーズン 3はさておき、シーズン 2までは毎回とても面白く、色々考えさせられる作品となっているので、興味を持った方は是非見てみてはいかがでしょう?




2. ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~ (Amazon プライム)


2番目に紹介する作品は、1話完結のオムニバス・ドラマロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~。全8話で各話が完全に独立したオムニバス方式。ホラーありコメディーあり、ちょっと切ない大人の恋物語ありと、どの回も小粒ですが、それぞれが違った意味で良質な作品と言った感じでした。(*^^*)

その中でドラマとして一番面白かったのは、最後の第8話。痛快なラストが印象的でした。あとシーンで言うと第5話の最後の父親の決断のところと、第6話の少し切ない大人のデートシーンが、とても印象的でした。

ちなみにこのタイトルを見てほとんどの人は、どの回もロマノフ家ロシア帝国最後の王朝)の末裔の人が主人公の話だと思うと思いますが、実際末裔を名乗る人が主人公の回もありますが、そうでない回もあります。それどころか話の最後まで『ロマノフ家』と言う言葉も登場せず、最後の最後で登場人物の1人が「実は私、ロマノフ家の末裔なの…」と言うだけの回もあります。なので、あくまで『ロマノフ家の末裔』と言うのは、このシリーズの各回に共通して設定されてるお題目の1つに過ぎず、各話の重要なキーワードでもなければ、ドラマの大きなテーマでもありません。むしろ気にすると「これ別にロマノフ家じゃなくても良くねぇ?」と言う疑問が頭に浮かび、ドラマを楽しめにくくしてしまう(※実際私がそうでした)ので、本当何も気にせず見た方が良いと思います。(^^;




3. オレたち、ゆる刑事 〜ジャック & ケイト(Netflix)


次に紹介する作品は、刑事モノのコメディ・ドラマオレたち、ゆる刑事 〜ジャック & ケイト。子供じみてて無神経な刑事「ジャック」と、相棒の女性刑事が、様々な殺人事件を解決していくと言うストーリーで、シーズン 1では日本語タイトルにもある「ケイト」が相棒役を演じ、シーズン 2は「ジョージナ」が相棒役となります。ちなみに原題は『Vexed』です。

私が好きだったのは、シーズン 1です。「1」の方がお互い妙に張り合ったり、ケイトがコメディ的に良い味出してたので。しかし英語版 Wikipedia によるとドラマが製作されたイギリスではあまり評価が良くなかったようで、その結果コメディ要素もだいぶ抑えられ、相棒役もケイトからジョージナに変わってしまったようです。

ちなみにシーズン 2も悪くはなのですが、ジョージナがあまりに優秀・優等生過ぎるのと、その影響からかジャックが本当にダメ刑事になってしまってるので、「1」ほど面白くはありませんでした。(^^;

…とは言え、シーズン 2もそれなりに面白くはあるので、興味持った方は見てみてはいかがでしょう?




4. ブルーストーン42 爆発物処理班(Hulu)


次に紹介する作品は、こちらも『ジャック & ケイト』と同じくイギリス BBC 製作のコメディブルーストーン42 爆発物処理班。こちらはちょっと変わった戦場を舞台としたシットコムで、アフガニスタンで平和維持活動を行ってるイギリス軍の爆発物処理班「ブルーストーン42」に所属する人たちが主人公です。

戦場が舞台と言うことで、人が死んだり悲惨な怪我をする場面もあります。また心が荒んでしまい、差別発言やヘイト発言などをする場面もありますが、基本的にはコメディなので、コメディ部分は結構笑えました。

ただ以前このドラマを紹介した記事でも書きましたが、最後は少し切なかったです。「真面目で誠実な人間だからこそ、戦争でおかしくなってしまう」と言うことを伝えたいのかな…なんて風に思いました。




5. 僕と生きる人生(Netflix)


次に紹介する作品は、こちらもちょっと変わったコメディ・ドラマ僕と生きる人生です。主人公を演じるのは『フレンズ』でフィービーの恋人役「マイク」を演じ、最近では『アントマン』で主役のアントマンを演じるポール・ラッドです。このドラマでは、彼が"1人 2役"(?)を演じます。

簡単に序盤のストーリーを説明すると、人生絶不調のポール・ラッド演じる主人公は、同僚から「生まれ変わる様な体験ができる」と言う怪しげなスパを紹介され、施術を受けることにします。しかし気がつくとオムツをした状態で地中に埋められていて、何とか脱出し家に帰ると、そこにはもう1人の自分が!驚く2人(自分ともう1人の自分)は仕方なく入れ替わりながら、1人の人生を生きていくことに…と言う話です。

基本はコメディなので、割りとシュールで面白いのですが、この作品はそれだけでなく、色々考えさせられる作品でもありました。「自分とは?」「他者から見た自分」「心と肉体」等々、そう言った哲学的考察も楽しめる作品だと思います。




6. The Sinner - 隠された理由 -(Netflix)


次に紹介する作品はThe Sinner - 隠された理由 -。今回紹介するなかで、唯一のミステリー・ドラマ。今年はコメディは結構面白い作品に出会えましたが、ミステリーはあまり面白い作品に出会えませんでした。今年面白かったミステリーはこの作品と、あとミステリーとは少し違うかもしれませんが、この後紹介する『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』と、同じく Netflix の『マインドハンター』くらいでした。

シーズン 2まで製作されてるこの作品。シーズンごとに 1つの事件が取り上げられます。シーズン 1はごく普通の主婦が突然ナイフで男性を刺し殺してしまうと言う事件。シーズン 2はモーテルで 2人の男女が殺された現場に子供が 1人いて、その子が容疑者となる事件。どちらも事件単体としては単純明快なものの、その背景に謎があって、それを主人公の刑事が解き明かしていくと言うストーリーです。

ドラマとしてはシーズン 2の方が面白かったです。ただシーズン 2は最後の最後が綺麗にまとめ過ぎていて、最初に死んだ 2人が浮かばれないなと思いましたが…(^^;

それとなぜか私がこのドラマを Netflix で再生した時、シーズン 1ではなく「2」から再生されてしまい「2」の方を先に見たのですが、「2」では主人公が人間的にも刑事としても良い感じに見えたのですが、「1」の最初の方は何だか色々問題のある人物だったので、ギャップに驚きました。後半は割りと「2」のイメージと変わらない感じにはなりましたが…(^^;

ちなみにこのドラマ、シーズン 3の製作も決定してるようで、公式 Twitter でアナウンスされてました。また YouTube にも既に予告編動画がアップされていて、「3」ではドラマ『ホワイトカラー』で主役を演じたマット・ボマーが出演するようです。




7. Fleabag フリーバッグ(Amazon プライム)


次に紹介する作品は、ちょっと変わった演出のコメディ・ドラマFleabag フリーバッグ。現在シーズン 2まで制作されているのですが、シーズン 1は 2年前に配信開始された時に見たのですが、その後続編の話が出てこなったので「続編ないのかな?」と思ってあきらめてたところ、今年になってシーズン 2が配信されました。

このドラマの大きな特徴は、主人公の 30代女性フリーバッグが、思いっきりカメラ目線で本音をぶちまけると言う演出。これがとても個性的で面白いです♪ (*^^*)

他の人には見えないと言う設定でカメラ目線が行われるのですが、シーズン 2ではそれもネタになっていて、面白かったです。ちなみにシーズン 2では『SHERLOCK / シャーロック』のモリアーティ役などで知られるアンドリュー・スコットが出演しています。

ただ 1つ気になる点を挙げると、シーズン 1・2ともにラストで主人公が報われない展開になってしまうところ。むしろ悲しい要素を減らしハッピーエンドにしてコメディに徹してくれた方が、面白い作品になったのではと…(^^;



8. アウトランダー(Hulu、Netflix)


次に紹介する作品は、歴史ラブロマンスのアウトランダー。私はラブロマンスものはほとんど見ないのですが、このドラマは最初 村上もとかさんの漫画『JIN-仁-』っぽい話かなと思ったので見始めました。

ストーリーを簡単に説明すると、第二次大戦終戦直後の1945年、イギリス軍の従軍看護師として活躍した女性クレアは、戦争が終わり、久しぶりに夫とスコットランドに旅行に出かけます。しかし旅行先でたまたま一人で訪れた遺跡の不思議な力によって、200年にタイムスリップ。現代と異なる文化や価値観、民族対立など、様々な困難が彼女の前に立ちはだかります。そんな中で彼女は出会った 1人の男性と、夫を思いつつも激しい恋に落ちていきます。

話をこのドラマの感想に戻すと、私が期待してた『JIN-仁』っぽい要素もなくはないですが、かなりその要素は少なかったです。一言で言うとまさに「歴史ラブロマンス」!…なので、私としてはこの種のドラマはあまり興味がなく、そしてシーズン 1の最後でトラウマになるシーンがあったので、結局シーズン 2の 1話までしか見ていませんが、ドラマとしては本当によく出来てる作品だと思います。人気が高い理由も良く分かります。なので、今回紹介しました。

ちなみにこのドラマ、現在シーズン 4まで製作されてます(※. S5は来年アメリカで放送予定)が、Hulu と Netflix ともにシーズン 1〜 4まで見られます。

アウトランダー:Hulu
アウトランダー:Netflix




9. ミディアム 霊能者アリソン・デュボア(Hulu)


次に紹介する作品は、実在する霊能者をモデルにしたドラマミディアム 霊能者アリソン・デュボア。実はこのドラマは昔見たことがあったのですが、全部見た訳ではなく。またその時は飛び飛びで見ていたので、ストーリー等詳しいことはほとんど覚えていませんでしたが、今年の確か夏頃に Hulu で配信が始まったので、第 1話から見始めました。シーズン 6まであるのですが、今のところ見たのはシーズン 2の第 13話までです。

「霊能者」と言われると「いかがしい」と思う人も多いと思います。実際私もその手の話は全然信じてませんが、ドラマとしては本当に面白いです。ほとんど毎回主人公のアリソン(霊能者)の夢の話で始まり、それを頼りに(あるいはきっかけに)様々な事件の謎を解いていくと言うストーリーです。そして基本一話完結で、約 40分の間に謎が解けて事件が解決して終わります。しかも最近だとほとんどのドラマが各話ごとでけでなくシーズンごとのストーリーを設けてますが、このドラマではそれがないので、途中止めても再開する時困りませんし、どこの話から見ても問題なく見られると思います。そう言ったドラマの作りも、見る側にとって都合の良い作品だなと思いました。

あと個人的に興味深いと思ったのは、アリソンの夫ジョー。航空宇宙技術者をしている彼はとても献身的で、家事も子育ても協力的で素晴らしいなと思います。ただその一方で現実的で皮肉屋の面もあり、その結果シーズン 1では結構な頻度でアリソンと喧嘩をします。しかもかなり激しい喧嘩をします。それが毎回見ていてハラハラして、事件よりもそっちの方が印象に残りました。(^^;

ちなみに作品のタイトルにある『ミディアム(Medium)』と言う言葉は、ステーキの焼き加減の「ミディアム(中間)」と同じ単語ですが、焼き加減の他に「霊媒」や「巫女」と言う意味もあるそうで、そちらの意味です。




10. ドラゴン王子(Netflix)


最後に紹介する作品は、今回唯一のアニメ作品ドラゴン王子です。日本のアニメ風の 3Dアニメ作品って珍しいなと思ったので、見始めました。

正直「大人も見られる作品」と「子供向けの作品」のどっちつかずな感じで、ストーリーや登場人物の行動・セリフがいまいちな感じはします。特にシーズン 1はまだこのアニメの世界観がよく分からないのもあって、違和感を感じることが結構ありました。その点はシーズンを追うごとになくなっていったのですが、やはりちょっとどっちつかずな感じはします。(^^;

しかし映像的には興味深いです。キャラクターや背景も含め、その多くが 3DCG で作られてるみたいで、その割には人物の表情なども良くできてるなと思いました。ちなみにこの作品、ゲーム化も前提として作られてるようで、そのせいか「ゲームっぽいな」と思う映像もちょくちょく見られました。

Get Hyped for the Upcoming 'Dragon Prince' Game:VICE

ちなみにゲームに関してはまだリリース日などは明らかになっていませんが、上記の『VICE』の記事によると「マルチプレイヤーゲームで、友達とチームを組み、「ドラゴンプリンス」のお気に入りのキャラクターとしてプレイできる」とのこと。




おまけ:アリータ:バトル・エンジェル(Amazon ビデオ)


最後に「10選」とは別に、おまけとして1つ作品を紹介します。こちらも今年見た作品なのですが、木城ゆきとさんのSF漫画『銃夢』の英語版を実写化した作品アリータ:バトル・エンジェル


私は原作の『銃夢』の大ファンで、今回実写化された初期シリーズは大好きで、これまで何度も読み直しました。そんな『銃夢』の実写映画化と言うこともあって期待反面、見る前は少し不安もありました。これまで数多くの実写映画が失敗してますし、見た人のレビューを聞くと賛否両論だったので。(^^;

私個人の感想としては、原作の『銃夢』とは異なる設定・ストーリーでしたが、マルチバース的な世界の中で原作とは異なる世界の『銃夢』と言う感じで、これはこれで面白かったです。全体的にどことなく感じるディズニーっぽい世界観や映像表現、音楽などの演出も面白かったですし、それでいて作品やキャラクターに対するリスペクトもしっかりあって「ちゃんと"銃夢"してるな」と思いました。

あとオリジナルキャラも複数登場しますが、特に違和感はありませんでした。そして特にぐっと来たのは、サイボーグ犬を操るマードックが登場したところ。「このキャラを出すか!」と言う感じで、ぐっと来ました。(*^^*)

しかし今回「10選」とは別にした理由は、私が『銃夢』ファンで『銃夢』をよく知っていたからこの作品を楽しめましたが、『銃夢』をまったく知らない人が見たらこれが面白いのかどうか、よく分からなかったからです。作品自体も中途半端なところ終わってしまいますし…(^^;

しかしもしあなたが『銃夢』ファンなら、一度見てみると面白いと思います。




【関連記事】
2018年にNetflixで見たお薦め作品ベスト10 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのシットコム 5選 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのSF&ファンダジードラマ 5選 : Kyu3’s Blog
これまで観た中でお薦めのミステリードラマ 5選 : Kyu3’s Blog

NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」 : Kyu3’s Blog
Huluのお薦め作品(2019年7月):「バーバリアンズ・ライジング ~ローマ帝国に反逆した戦士たち」「ブルーストーン42 爆発物処理班」 : Kyu3’s Blog
Amazonプライムのお薦め作品(2019年5月):「Fleabag フリーバッグ」「ホームカミング」 : Kyu3’s Blog
Netflixのお薦め作品(2019年4月):「オレたち、ゆる刑事〜ジャック&ケイト」「ハリー アンド バニー」「メガマインド」 : Kyu3’s Blog
Huluのお薦め作品(2019年3月):『ヒューマンズ』『THE WRONG MANS / 間違えられた男たち』『アウトランダー』(追記あり) : Kyu3’s Blog
Amazonプライムのお薦め作品(2019年2月):『ロマノフ家の末裔』『トランスペアレント』(追記あり) : Kyu3’s Blog

Amazonプライムのお薦めドラマ(2019年10月):「ファミリーマン」「シェイクスピア&ハサウェイの事件簿」(追記あり)

Amazon プライムビデオで最近見たお薦めドラマについて、記事を書こうと思います。

1. ファミリーマン


最初に紹介する作品は、インド製作の Amazon オリジナルドラマファミリーマンです。インドの映像作品と言えば歌やダンスが途中で登場するインド映画が有名ですが、こちらは以前紹介した『メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~』と同じ様に、そう言った演出のない欧米ドラマの様な作品です。

端的に表現するならドラマ『24 -TWENTY FOUR-』にホームドラマの要素が加わった感じでしょうか。実際にあった事件やニュースを元にして作られてるそうで、内容的には結構シリアス。インド国内やその周辺国であるパキスタン、アフガニスタンなどの軍事情勢、宗教問題、社会問題などもテーマとして取り上げられています。その一方で主人公の家族を軸にしたホームドラマの要素もあり、『24 -TWENTY FOUR-』の様に常にシリアスと言う訳ではありません。

主人公についてさらに書くと、主人公は一見すると子育てに苦労する、少し気弱なごく普通の中年男性。しかし実はテロ対策のエキスパートで、インド版「NSA」(アメリカ国家安全保障局)である国家捜査局「NIA」(※実際にある組織の様です。作品の説明欄では「国立捜査局」となっていますが、たぶんこれは訳し方の問題ではと思います)に属し、NSA ばりに国民や危険人物を監視しつつ、テロ防止活動を行っています。

ドラマを見終わった感想としては、面白さはまぁまぁだったと思います。犯人の逃走シーンで、やたら狭い範囲で不自然に逃げてる感じがする場面が2回ほどあって、たぶん実際の街の中の特定のエリアを封鎖して撮影してて、あまり広い範囲を封鎖できなかったからではと思うのですが、そこで少し違和感を感じる部分はありましたが、それ以外は映像もスタイリッシュでしたし良かったと思います。

あと気になった点で言えば、最後の最後が「えぇ!?ここで終わり??」と言う様な感じで終わってしまうこと。ひょっとしたら続編の製作がすでに決まっているのかもしれませんが、現時点では情報が見つからないので、この点は何とも言えません。何となく意図を感じるので、これはこれで悪くはないのですが、できたらその後どうなるかまできちんと描いて欲しかったなと思います。(^^;

ちなみにこの作品は、日本語吹き替えありです。あと 4K UHD 版もあります。1話は 約 40 〜 50分で、全部で10話あります。

ファミリー・マン シーズン1 吹替版:Amazon Prime Video
ファミリー・マン シーズン1 字幕版:Amazon Prime Video
ファミリー・マン シーズン1 吹替版 4K UHD:Amazon Prime Video
ファミリー・マン シーズン1 字幕版 4K UHD:Amazon Prime Video




2. シェイクスピア&ハサウェイの事件簿


次に紹介する作品は、イギリス BBC 製作のドラマシェイクスピア&ハサウェイの事件簿です。

最初に断っておきますが、このドラマ、正直言ってミステリーとしてはイマイチでした。役者さんの演技もどこかちょっと安っぽく、わざとらしさを感じました。しかし初めて見る作品なのに、見ていて「既視感」も感じました。なぜなんだろう?と思いつつ、2話・3話と見ていって、ようやく気づきました。「あっ!これ 火サス(火曜サスペンス劇場)だ!!」と。(^o^)!!

「火サス」のどのシリーズと似てるとはっきりと言えませんが、ドラマの雰囲気も登場人物も話の展開も、まさに「火サス」にありそうな感じ!それが分かると今度は音楽も、どんどん「火サス」っぽく聞こえてきました。(^^)ww

イギリスでも「火サス」みたいなドラマがあるんだなぁ〜と驚くとともに、ひょっとしたら「火サス」をイギリスで放送したら、結構受けるのかも…なんて風にも思いました。(*^^*)

ちなみにこのドラマ、現在シーズン2 まで制作されてます。しかし Amazon プライムビデオで見られるのは、シーズン1 のみ。しかし Amazon ビデオの方で各話有料で見られるようにはなってるので、気に入ってシーズン2 もみたいと言う人は、こちらで見てみてはいかがでしょう?

シェイクスピア&ハサウェイの事件簿 シーズン1 字幕版:Amazon Prime Video
シェイクスピア&ハサウェイの事件簿 シリーズ2 字幕版:Amazon ビデオ・・・こちらはプライム対象外。

なおこのドラマは 1話約 45分で、各シーズン全 10話。日本語吹き替えはありません。



【関連記事】
Amazonプライムのお薦め作品(2019年4月):「湿地」「メイド・イン・ヘヴン ~運命の出会い~」(追記あり) : Kyu3’s Blog


【追記(2020年2月6日)】


『シェイクスピア&ハサウェイの事件簿』が Hulu でも配信されていました。こちらはシーズン 2まで配信されてるので、もしこのドラマが見たい場合は、こちらで見てみてはいかがでしょう?

シェイクスピア&ハサウェイの事件簿:Hulu

ちなみにこちらも Amazon プライムと同じで、配信されてるのは"字幕版のみ"です。

小牧市長のレイプ告発記事

小牧市長が女性からレイプで告発され「身の潔白は証明しない」「裁判は負けるからしない」と市長職に居座り事に抗議します!
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 弥勒山で出会った鳥
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)