Chrome

ChromeでOperaの「ニックネーム」っぽい機能を再現する方法

SRWare Ironで模したOpera「ニックネーム」機能と、Operaのブックマーク追加ダイアログ - 4
SRWare Ironで模したOpera「ニックネーム」機能と、Operaのブックマーク追加ダイアログ - 4 posted by (C)kyu3

「Chrome」…と言うか、正確には、私が使っている(この方法を試した)のは「SRWare Iron」ですが… まぁ、ほとんど同じなので、このタイトルにしました。(^^;
ちなみに「SRWare Iron」とは、ドイツの会社(SRWare社)が開発している、Chrome の元になってる「Chromium」(クロミウム)を元に作ったブラウザです。非常に端的に説明すると、ほとんど Chrome と同じですが、いくつかの機能が省かれています。詳しくは Wikipedia の同プラウザのページを御覧下さい。


1. 「ニックネーム」機能とは?

長年愛用していた Opera のブックマーク機能には、「ニックネーム」と言う機能があります。これはブックマーク登録情報の中に『ニックネーム』と言う項目があり、ここに特定の"文字列"(テキスト)を登録すると、例えばアドレスバー(Chrome で言うところの「オムニボックス」)にこの文字列を入力し『Enter』キーを押すことで、その文字列が割り当てられたページを素早く表示できると言う機能です。より具体的な例を書くとすると、例えば…

ページ名ニックネームURL
Yahoo! Japanyjhttp://www.yahoo.co.jp/
Wikipediawphttp://ja.wikipedia.org/

…と言う風にニックネームを登録すると、アドレスバーに『yj』と入力し『Enter』キーを押すと Yahoo! Japan のトップページが、『wp』と入力し『Enter』キーを押すと Wikipedia が表示される、と言った具合です。(^^)

この機能を利用すると、わざわざブックマークメニューを開いたり、スピードダイヤルなどを表示したりする必要がないので、とても重宝していました。「長年私が Opera を使い続けてきた理由の1つ」と言っても、過言ではありません。それくらい、便利な機能でした。

しかし Opera の最新版(15以降)には、現状この機能がなく…ヽ(;´Д`)ノ アウッ
一応、開発者向けのバージョン 17に、この機能が復活するのではと思われる記述(?)が見られるものの、まだ正式に復活するかどうかは分からず…。そのため(と言うか、上記の記述が見つかる前からですが…)、これまで SRWare Iron でこの機能を再現しようと、色々と試行錯誤をしてきました。その成果…と言うか、かなりそれ(ニックネーム機能)に近い機能が再現できたと思えたので、今回ブログの記事にしました。


2. 「ニックネーム」っぽい機能を再現する方法

冒頭部分が少し長くなってしまいましたが…ここからが本題!『「ニックネーム」っぽい機能を再現する方法』について、以下に書こうと思います!!
(…と言っても、そんなに大したことをする訳ではないのですが…(^^; )
  1. [環境設定 >設定 >プライバシー >閲覧履歴データの消去]で、『閲覧履歴』を"全て"消去
  2. Chrome(または SRWare Iron)を終了
  3. 設定ファイルの「History」ファイルを"読み取り専用"に変更!(※これで履歴が全て無くなり、さらに以後 履歴が保存されなくなる。)
  4. 再び Chrome を起動し、[ブックマーク >ブックマーク マネージャ]で、「ニックネーム」(ページを表示する時に使う文字列)を追加したいページ(ブックマーク)のタイトルに、文字列を追加
※下記にやり方の補足あり。要参照。

なぜ閲覧履歴を削除したり、閲覧履歴を保存しないように設定するのかと言うと、オムニボックス(アドレスバー)に文字列を入力した時、大量に表示される"履歴"を"表示しない"ようにする為です。そうすることによって、Opera の『ニックネーム』のような機能を再現すると言うのが、今回紹介する方法です。ヽ(゜▽゜)ノ

もちろん通常の状態(閲覧履歴を保存している状態)でも、例えば「4」の様にブックマーク名に適当な文字列を入力・保存し、オムニボックスにその文字列を入力しても、サジェスト(候補)に文字列をタイトルに追加したページが表示されます。それを"矢印キー"(『↓』)で選択し、『Enter』キーを押せば、そのページを表示することはできますが… 大量の履歴が表示されるため、決して"選択しやすい"とは言えないのではないかと(少なくとも、私はそう思います)。しかし閲覧履歴を保存しないようにすると、サジェストに履歴が表示されないため、割りと迷うこと無く、ページを選択(表示)できるようになると思います。

「どうしても履歴は必要!」と言う方は別ですが… そうではなく("履歴は必要ない")、かつ「ニックネーム機能(のような)機能を Chrome でも使いたい!」と言う方は、一度 試してみてはいかがでしょう?(*^^*)


3. やり方の補足

以下、上記のやり方(「a」〜「d」)についての補足です。

まず「a」に関して。『閲覧履歴データの消去』の項目がどこにあるか分からない場合、環境設定画面の右上の検索窓に「履歴」と入力してみて下さい。すると『閲覧履歴データの消去』の項目が、表示されます。

次に「c」に関して。設定ファイルの「History」ファイルを"読み取り専用"に変更にする方法は、以下の『ライフハッカー』の記事に掲載されています。

【参考】incognitoモードを使用せずにChromeで履歴を残さない方法:ライフハッカー

簡単に説明すると、Windows の場合は「 C:¥Users¥AppData¥Local¥Google¥Chrome¥User Data¥Default 」下の「History」ファイルを右クリックし、"読み取り専用"にチェックを入れます。Mac OSX の場合は「 ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default 」(SRWare Ironの場合は「 ~/Library/Application Support/Chromium/Default 」)下の「History」ファイルを同じく右クリックし、『情報を見る』を選択。『共有とアクセス権』の"ロックを解除"(右下の"鍵アイコン"をクリックし、マスターパスワードを入力)して、自身のアクセス権を『読み出しのみ』に変更します。これによって、以後 履歴が保存されなくなります。

なお、履歴を保存しなくしても、「最近閉じたタブ」や「最後に開いていたタブ」(アプリ終了時に開いていたタブ)は、保存されます。またアドレスバーに URL を"直打ち"(全て入力)して表示したページ(の情報)も、保存されるようです。


追記(2013年9月13日):

先ほど、SRWare Iron をアップデートしたところ、起動時に「一部のプロファイルにアクセスできません」と言うアラートが、毎回表示されるようになりました!そのため、一度「History」ファイルの『共有とアクセス権』を「読み出し・書き出し可」に戻し、SRWare Iron を起動。すぐに終了して、再度『共有とアクセス権』を「読み出しのみ」に戻したら、アラートは表示されなくなりました。(^^; ホッ!


追記(2013年12月6日):

試した訳ではないのですが… Opera のニックネームっぽい機能を再現する Chrome拡張があるそうなので、以下に記載しておきます。

それは『ライフハッカー』で紹介されていたのですが、名前は「Pixsy」と言うそうです。この拡張を Chrome に追加した後、オムニボックスで「px」と入力後に「Tab」キーを押し(要はデフォルト検索エンジン以外で検索を実行するのと同じ)、特定の文字列を入力すると、その文字列が割り当てられてるページへと移動するそうです。

ただし、ユーザーが任意にサイトに対し文字列を割り当てることはできず、予め決められているサイトごとの文字列を入力することで、移動する方式のようです。なので「自分で文字列を指定したい」と言う方は、残念ながら、この拡張は使えないと…思います。(^^;

ちなみに設定されてる文字列一覧は、以下のリンク先にあります。かなりの数があり、中には日本のサイト(例えば「朝日新聞」(asahi.com)や「アメブロ」(ameblo.jp))などもありますが、ほとんどが"英語圏"のサイトだと思われます。

Quicklinks:Pixsy

またこの拡張では Opera のニックネームっぽい機能のほかに、様々な機能(おもに検索?)を実現する「コマンド」や「文法」(?)と言う機能もあるそうなので、興味のある方は、一度以下の『ライフハッカー』の記事を読んでみてはいかがでしょう?

【参考】Google Chromeのオムニボックスを最大限に活用する11のテクニック:ライフハッカー


追記(2013年12月17日):

実際このやり方(履歴を無効)で実現した Opera のニックネームっぽい機能を試しているところをキャプチャした動画を作成しました。良かったら、見てみて下さい。


ChromeでOperaのニックネームっぽい機能を再現 投稿者 kyu3_2

このやり方で実現した Opera のニックネームっぽい機能を試して、約3ヶ月が経ちました。最初は少し違和感がありましたが、今はむしろ「Opera のニックネームよりも、こちらの方が良い」と感じています。と言うのも、Opera のニックネーム機能では、同じ文字列(ニックネーム)を複数に割り当てることは、できません。そのため、1つ1つのページに、異なる文字列を割り当てる必要があります。しかし、このやり方の場合、単にブックマーク名に文字列を入れてるだけなので、同じ文字列を複数のページに割り当てることができるからです。なぜそれが良いかと言うと、覚える必要のあるニックネームの数が、圧倒的に少なくて済むからです。

私の場合、普段よく見るページは、非常に限られています。なので よく見るページには、1つ1つ異なる文字列を割り当てていますが、それ以外のページには、同じWEBサービスごとや関連するページごとに、1つの文字列を割り当てています。そうすると、サジェストに複数のページが同時に表示されますが、同じ文字列を割り当てているページでも、よく見るページは上位(上の方)に表示されるので、よく見るページには、素早くアクセスできます。なので、サジェストに複数ページが表示されても、特に困ることはありません。

Chrome 12をインストールしたので、気になってたエクステンションやWEBアプリを試してみた

最近ふっとしたきっかけで、またGoogle Chromeをインストール!気になっていたいくつかのエクスンションやアプリケーションを試したので、そのレビュー記事を書こうと思います。

1. Angry Birds (アプリ)

世界的な人気ゲーム「Angry Birds」のChrome WEBアプリ。ストーリーは簡潔に言うと、「卵を奪われた鳥達が、豚から卵を取り戻すために自らの体を弾丸(?)にしたりして、豚を攻撃する」と言うもの。ルールも分かりやすく、結構楽しめました♪
ちなみにインストールしなくても、WEBアプリなので、こちらのリンク先ですぐに楽しめます。(※Chrome以外のブラウザでも楽しむ事は可能。ただしOperaの場合はたまにプレイできない事がありました。あと同じ環境でもOperaだと『HD VERSION』はかなり動作が重かったです。GPUアクセラレーションに対応してるか否かの違い?(?_? )

Chromeアプリ:Angry Birds(スタート画面)
Chromeアプリ:Angry Birds(スタート画面) posted by (C)kyu3

Chromeアプリ:Angry Birds(プレイ画面、拡大)2
Chromeアプリ:Angry Birds(プレイ画面、拡大)2 posted by (C)kyu3


2. 青空縦書きリーダー(エクステンション)

青空文庫に公開されてるXHTMLテキストを、"縦書き表示"してくれるエクステンション。このエクステンションを使うまでは「ブラウザで縦書きできても、電子書籍をブラウザで見たいとは思わないなぁ・・・」と思ってましたが、結構読みやすかったです。
ちなみに普通のWEBサイトもポップアップのメニューで縦書き表示できますが、まずきちんと表示されない(例 .Wikipediaの『Google Chrome』)と思います。

青空文庫を縦書き表示↓
Chromeエクステンション:青空縦書きリーダー(ルビあり)
Chromeエクステンション:青空縦書きリーダー(ルビあり) posted by (C)kyu3


3. Google検索に日付表示を(エクステンション)

Googleの検索結果に、そのサイトの"最終更新日"を表示してくれるエクステンション。ヒットしたサイトがいつ更新されたかすぐ分かるので、結構便利♪ その他の機能としては、検索ツールの"期間絞り込み"の項目に『1か月以内』や『3 か月以内』を追加したり、検索ワードに完全に一致した文字列が含まれるページ(いわゆる『 "検索ワード" 』で検索した結果)を表示する『完全一致検索』ボタンが追加されます。(※『完全一致検索』ボタンに関しては、Chromeのオムニボックスで検索した時だけ、表示されるようです。これはバグ?)

Chromeエクステンション:Google検索に日付表示を(拡大)
Chromeエクステンション:Google検索に日付表示を(拡大) posted by (C)kyu3

Chromeエクステンション:Google検索に日付表示を(拡大、完全一致)
Chromeエクステンション:Google検索に日付表示を(拡大、完全一致) posted by (C)kyu3


4. WGTゴルフチャレンジ(アプリ)

実際あるコースでプレイできる、グラフィックスが非常にリアルなゴルフゲームのWEBアプリ。プレイするにはアカウントを作る必要があります(無料)が、「Play Now」ですぐに試し打ちができます。リアルなグラフィックに反し、ゲームの操作方法はとてもシンプル。スイングはクラブのヘッド辺りでマウスをドラック&ドロップするだけ。なので、"ゴルフ好きな人"も"そうでない人"も、結構楽しめるのではないかと。

Chromeアプリ:WGTゴルフチャレンジ(コース紹介)
Chromeアプリ:WGTゴルフチャレンジ(コース紹介) posted by (C)kyu3

Chromeアプリ:WGTゴルフチャレンジ(スイング)
Chromeアプリ:WGTゴルフチャレンジ(スイング) posted by (C)kyu3


5. radiko player(エクステンション)

インターネット経由でラジオを視聴できるサービス「radiko.jp」の非公式エクステンション。ポップアップでラジオの再生・停止、局選択、番組情報および番組表(タイムライン)の表示などができます。使い勝手がすごく良く、radikoの公式HPで『listen now!』をクリックして表示されるプレーヤーよりも、断然使いやすいです♪ (^^)b Good Job!!
radikoを聞いてるChromeユーザーは、是非一度試してみてはいかがでしょう?

Chromeエクステンション:radiko player(拡大)
Chromeエクステンション:radiko player(拡大) posted by (C)kyu3

Chromeエクステンション:radiko player(番組表、拡大)
Chromeエクステンション:radiko player(番組表、拡大) posted by (C)kyu3


PS:
「radiko player」みたいなOperaエクステンション、出ないかなぁ~。

関連情報:Chromeエクステンション ナビ

Google Chrome 4 betaのエクステンション機能レビュー:その他

Twitter関連翻訳と検索関連天気予報とGmail関連マウスジェスチャー関連に続き、今回もGoogle Chrome 4 beta版のエクステンション機能について、書こうと思います。ちなみに今回は、先の枠組みに含まれなかった様々なエクステンションについてのレビュー記事です。

なおエクステンション機能そのものの簡単な説明を読みたい方は、Twitter関連の記事の最初の部分をご覧下さい。

AdBlock - 公式配布ページ
広告をブロックする(表示しないようにする)エクステンション。事前に登録されているものもあるので、何も設定しなくてもいくつか(例えばTwitter日本語版のホームページ右上に表示される画像)の広告はブロックされます。またブラックリスト方式で広告画像を登録したり、ホワイトリスト方式で特定のサイトでブロックが機能しないようにする事もできます。
ちなみにブラックリストに追加した広告画像は、他の人のブロック対象リストにも反映されるようです。

AutoCopy - 公式配布ページ
テキストを選択しただけでコピーできるようにするエクステンション。なおこのエクステンションは、エクステンション公式配布サイトおよびオプション設定画面では機能しません。

Chromepad - 公式配布ページ
ボタンをクリックすると表示されるテキストエリアに一時的にテキストを保管しておけるエクステンション。保管するには、テキストエリアに自分でコピー&ペーストします。

Chromeエクステンション:Chromepad(拡大)

設定できるのは"アイコンカラー"のみ。なお保管したテキストは、エクステンションを無効にしても Chrome を終了させても、テキストエリア内に保存されます。

使ってみた感想としては、Opera のメモ機能を使いこなしている私からすると「何とも中途半端なエクステンションだなぁ~」と思いました。と言うのも、Opera のような使い勝手が実現されていないからです。

例えばOperaのメモ機能だと、選択したテキストを"右クリック"や"キーボードショートカット"で、使いたいテキストエリアに追加(ペースト)する事ができますが、このエクステンションだとそれができません。使うには毎回コピーした後ボタンを押してテキストエリアを開いて、わざわざペーストしなければなりません。
また保管したテキストを使おうと思っても、Opera のように"右クリック"などでテキストエリアに追加する事もできず、その時も一度ボタンを押してテキストエリアを表示して、そこで必要な部分のテキストをコピーした後また使いたいテキストエリアにペーストしなければなりません。
更にフォルダを使った階層による管理もできません。
(ちなみに Opera だと、他の環境にインストールした Opera と、メモを同期する事もできます。)

Color Picker - 公式配布ページ
カラーピッカーエクステンション。画像編集ソフトなどでおなじみの"RGB"および"HGB"、またはパレット上で色を選択して16進数のカラーコードを抽出する事ができますし、その逆もできます。

Chromeエクステンション:Color Picker(拡大)

gPDF - 公式配布ページ
PDFファイルを Google ドキュメントビューアで開くようにするエクステンション。

Hatena Bookmark - 公式配布ページ
はてなブックマークの公式エクステンション。はてなブックマークに表示してるページを、コメント付きで登録したり、自身の登録したブックマークを検索したりできるそうです。

・・・なぜ「できるそうです」かと言うと、私ははてなブックマークは使ってないので、この機能を直に確認した訳ではないからです。悪しからず。(^^;> テヘッ

Chromeエクステンション:Hatena Bookmark(拡大)

ちなみに公式配布ページや下記の公式ブログには、このエクステンションの機能がキチンと記載されています。

はてなブックマーク Google Chrome 拡張のベータテストを開始します(はてなブックマーク日記)
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20091209/1260314705

上記の機能ははてなブックマークのアカウントを持っていないと使えませんが、以下の機能は持っていなくても使えます。
  • ブックマークされている数をボタンに表示
  • ブックマークした人のコメントを表示
  • 自分のブックマーク全体からの検索
  • Google の検索結果に表示されている各ページの右横に、そのWEBページがはてなブックマークに登録されていれば、登録されている数を表示。
Googleの検索結果↓
Chromeエクステンション:Hatena Bookmark(Google)

はてなブックマークを使っている人はもちろんですが、使ってなくても、「表示したページをブックマークした人のコメントが読みたい」と言う人には良いエクステンションだと思います。

IE Tab - 公式配布ページ
Internet Explorer(以下「IE」)の描画エンジンを使ってWEBサイトを表示する事ができるエクステンション。そのため Chorme に対応してない、Chrome では使えないWEBサービスでも、利用する事ができるようになります。
IE Tab を使ってページを開く方法は、開きたいページを表示してる時にツールバーのボタンを押すだけです。またIE Tab 表示中は、WEB表示領域の最上部に、専用のツールーバーが表示されます。

以下の画像は、IE Tab でGyao!のページを表示したところです。通常このページは Chrome では「対応ブラウザではない」として動画は再生されませんが、IE Tab を使って開くと再生されます。

Chromeエクステンション:IE Tab

ツールバーに搭載されている主な機能は、次の通りです。
  1. IE のインターネットオプション(設定画面)を呼び出す。※a
  2. 自動的に IE Tab で開くURLを指定。※b
  3. IE Tab で表示してるWEBページを開くブックマークボタンを、ブックマークバーに追加。
  4. 開発者(?)のこのエクステンションの解説ページを IE Tab で表示する。※c
※a.この設定は当然 IE の方にも反映されます。
※b.現在のバージョン(1.0.11208.1)では、うまく動作しないようです。
※c.表示されるWEBページの表記は"英語"です。

ちなみに「3」でブックマークバーに追加される際、「IE Tab」と言うフォルダに入った状態で追加されますが、このフォルダ以外にも移動する事ができます。

このエクステンション(IE Tab)は必ずしも必要なエクステンションではありませんが、インストールしておいて絶対損はないものだと思います。:wizard:
と言うのも、たいていのWEBサービスは、主要ブラウザである"IE"、もしくは"IEとFirefox(以下「FF」と表記)"にしか、対応をうたっていないものが多いです。ただその場合でもIE・FF以外ブラウザでも問題なく使える事がほとんどですが、しかし上記で紹介した「Gyao!」など、そもそもIE・FF以外のブラウザではサービスを利用できないようにしているWEBサービスも、いくつかあるので。

MeasureIt! - 公式配布ページ
マウスのドラック&ドロップで、指定した範囲の縦横の長さをピクセル単位で表示するエクステンション。なお測定する前に、ツールバーのボタンを押す必要があります。

Chromeエクステンション:MeasureIt!(拡大)

Mini Google Maps - 公式配布ページ
名前の通り、Google マップをポップアップに表示するエクステンション。地名検索で検索した場所を表示します。地図の大きさは、右下に表示される3種類の大きさを表すメニューの中から選択できます。左下の「Set my default location」をクリックすると、表示してる場所をデフォルト(最初に表示する位置)に設定する事ができます。

Chromeエクステンション:Mini Google Maps(拡大)

その他の機能は下記の通りです。
  • 経路検索※1
  • 航空写真および地形モードで地図を表示
※1.右上の「Get Directions」を押す事で切り替わります。

なお現行バージョン(1.0.2)では、「経路検索」がうまく動作しないようです。また Google ストリートビューには非対応です(表示できません)。

Chromeエクステンション:Mini Google Maps(航空写真、拡大)

Quick Extensions - 公式配布ページ
エクステンションの管理画面を表示するには、通常ツールバーの右側に位置する"レンチ"風のアイコンをクリックし、「拡張機能」を選択する必要があります。それをボタン・ワンクリックで新規タブに表示するエクステンション。機能はそれだけです。
ちなみに管理画面は、ブックマークバーに登録する事もできます。その場合はボタン・ワンクリックで、同じタブ内に表示されます。

Quick Tab - 公式配布ページ
タブ切り替え用のエクステンション。開いているWEBページのページタイトルをポップアップにリスト形式で表示し、タイトルを選択すると、そのページが表示されます。また左端のファビコン部分にマウスオーバーすると閉じるボタン(「x」)が表示され、クリックするとタブを閉じる事ができます。

Chromeエクステンション:Quick Tab(拡大)

公式配布サイトには、他にも同じ機能を持つエクステンションが複数公開されています。多少付帯機能に違いはあるものの、基本的にはまったく同じです。ボタンをクリックするとポップアップが表示され、ページタイトルを選択するとそのページを表示する事ができます。
その中でこのエクステンションを気に入った理由は、閉じるボタンが左端にある事です。他のエクステンション(私が試したのは「Tab Menu」と「Tab Switch Plus」と「VerticalTabs」の3つ)は、いずれも右端(上の画像で言うと、マウスカーソルのある場所のすぐ右横辺り)にありました。

Chromeエクステンション:Quick Tab(拡大、閉じる)

右端にあると邪魔なのは、ボタンをクリックしてポップアップを表示し、最短距離でマウスカーソルを移動させようとすると、右端にマウスカーソルを持ってくる事になります。しかしそこには「閉じる」ボタンがあるので、それがいつも邪魔だなと感じたからです。:(

RSS Subscription Extension - 公式配布ページ
表示しているページがRSSなどのフィードに対応していると、アドレスバーの右端にRSSマークが表示されるするようにエクステンション。RSSマークをクリックすると、そのサイトに設定されているフィードの一覧が表示されます。フィードを選択すると、そのフィードの内容が新規タブに表示されます。

Chromeエクステンション:RSS Subscription Extension(拡大)

フィードの内容が表示されるページには、そのフィードをWEB型フィードリーダーに登録する機能が、設置されています。選択できるサービスは、デフォルトでは「Google Reader」と「iGoogle」、「Bloglines」、「My Yahoo!」の4つ。なお登録できるサービスは、このページで追加や編集、削除する事もできます。

フィード内容の表示↓
Chromeエクステンション:RSS Subscription Extension(フィード)


Shortcut Manager - 公式配布ページ
Chrome のキーボードショートカットをカスタマイズできるエクステンション。作者が日本人のようで、公式配布ページには日本語の説明が書かれています。それがとても分かりやすいので下記に引用すると、

ブラウザのショートカットを自由に変更したり、Bookmarklet や Javascript にキーを割り当て実行することができます。ブラウザデフォルトの機能に加え「署名を挿入」「スクリーンキャプチャ」なども可能です。日本語のメニューに変更できます。

との事。

オプション設定画面↓
Chromeエクステンション:Shortcut Manager


選択できる動作の数も多く、使いこなせばかなり使い勝手を向上できると思いますが、インストールしてみたものの特に追加(あるいは変更)したいショートカットがなく、まだ使っていません。

Speed Dial - 公式配布ページ
Operaのスピードダイヤルと同じ機能を実現するエクステンション。このエクステンションを有効にすると、新規タブを開いた時表示されるのが、スピードダイヤルになります。

Chromeエクステンション:Speed Dial

スピードダイヤルに追加する方法は、追加したいページを表示した状態で、アドレスバー右端に表示されるこのエクステンションのボタンをクリック。表示されるメニューの中から「Add Current Page」を選択します。
ちなみにもう1つ表示されるメニュー(「Open」)を選択すると、スピードダイヤルが新規タブで表示されます。

最大で、"縦6 x 横8"の計"48個"のスピードダイヤルを追加する事ができます。また本家 Opera ではバージョン10からできるようになった背景画像の設定や、背景色の設定もできます。
ただし背景画像として選択できるのは、現在のバージョン(1.0.5)では、ネット上で公開されている画像に限ります。つまりローカルに保存されている画像は選択できません。
(ちなみにオプション設定画面の記載によると、「将来的にはローカルの画像も選択できるようにする」との事。)

その他の設定項目は、下記の通りです。
  • 検索ボックスの表示の有無
  • ブックマークバーに設置しているリンク等々の表示の有無
  • 最近閉じたページの表示の有無
  • 追加したスピードダイヤルの上にページタイトルを表示するか否か
  • オプションボタンの表示の有無
  • アドレスバーにボタンを表示するか否か
Chromeの新規タブは、よく使うページがサムネイルボタンとして表示されます。しかしユーザーとしては、必ずしもよく使うページを表示させたい訳ではないでしょう。また表示されるサムネイルボタンの数も、全部で"8個"しかありません。
そう言った点に不満がある方には、このエクステンションはお薦めです。:wizard: このエクステンションでは意図しないページは表示されませんし、ボタンの数も最大"48個"まで表示する事ができるからです。

Status-bar Calculator - 公式配布ページ
Chromeエクステンション:Status-bar Calculator(拡大)

ポップアップに計算機を表示するエクステンション。色々な計算機能を表示する事ができ、ポップアップ左下の「more」をクリックすると複雑で専門的な計算もできるようです。一応色々試してみましたが、設定の仕方や専門的な計算が、私にはよく分かりませんでした。:faint:


「more」を押した時の状態
Chromeエクステンション:Status-bar Calculator(more、拡大)


Wikipedia Adblock - 公式配布ページ
Wikipediaの最上部に表示される寄付を求める大きな広告をブロックする(表示しないようにする)エクステンション。

PS:
Google のエクステンション公式配布サイトでは、エクステンション(拡張機能)の他に、様々な外観テーマも配布されています。その中で先日良いなと思ったものを1つ紹介。それは「Google Chrome Dust Theme」です。非常に落ち着いた雰囲気で良い感じ♪
(ちなみに今回の記事のスクリーンショットは、いずれもこのスキンで撮影しました。)

それと上記の「IE Tab」のところで「IE・FF以外のブラウザではGyao!の動画が再生されない」と書きましたが、User JSを使ってOperaでも再生できるようにする方法はあります。

あと今までのChromeエクステンションレビュー記事にも掲載しましたが、Chromeエクステンションを沢山紹介している記事を、今回も下記に掲載しておきます。

Chromeで使えるエクステンション厳選25本!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/482/482116/

とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介(TechCrunch JAPAN)
http://jp.techcrunch.com/archives/2009120511-chrome-extensions-for-starters/

マウスジェスチャーも可能、Chrome Extensionsを使ってみた(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/news/200911/26/chrome.html

米Lifehackerオススメ、GoogleChrome拡張機能18選(ライフハッカー日本版)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/lifehackergooglechrome18.html

Google Chrome 拡張機能47個まとめ Google Chromeを壊してまで厳選(WEBマーケティング ブログ)
http://web-marketing.zako.org/web-tools/best-google-chrome-extensions.html

「Google Chrome」の拡張機能--便利な機能の数々を紹介:スペシャルレポート(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20405557,00.htm

Google Chrome 4 betaのエクステンション機能レビュー:マウスジェスチャー関連

Twitter関連翻訳と検索関連天気予報とGmail関連に続き、今回もGoogle Chrome 4 beta版のエクステンション機能について、書こうと思います。ちなみに今回は、"マウスジェスチャー"関連のエクステンションについてのレビュー記事です。

なおエクステンション機能そのものの簡単な説明を読みたい方は、Twitter関連の記事の最初の部分をご覧下さい。

あとマウスジェスチャー・エクステンションですが、Googleのエクステンション公式配布サイトとエクステンションの有効・無効切り替え画面、オプション設定画面では使えません。※1

※1.情報ソース:公式配布サイトのChrome Gesturesの「NOTE」参照(momdo_さん感謝)。

[ マウスジェスチャー・エクステンション ]

Chrome Gestures- 公式配布ページ
私は長年Opera(※Operaにはかなり昔からマウスジェスチャーが標準搭載されている)を使っているので、まず最初にインストールしたのが、実はこのエクステンションでした。

まず設定の事から書くと、設定項目や更新履歴のほとんどが、日本語化されています。そのため、英語が得意でない人でも、容易に設定できると思います。

ジェスチャーの設定方法は、とても秀逸♪ 既存のジェスチャーの場合は、「Actions」タブで使いたいジェスチャーの下に表示されているプルダウンメニューから、操作内容を指定する事ができます。新規でジェスチャーを追加する場合は、まず同じ「Actions」タブの「add new gestures」ボタンを押すと画面が少し黒くなるので、そこで自分が追加したいジェスチャーを実際やってます(例えば"上・右・下"と移動させるジェスチャーを追加したい場合、実際その通りに、右クリックしながらマウスを動かします)。その後既存と同じようにプルダウンメニューから、操作内容を選択します。これで設定が完了です。

ちなみに新規追加モードで既に設定されているジェスチャーをやると、そのジェスチャーの操作内容が上に表示されます。

以下は設定画面のスクリーンショットです。

基本設定画面(「Basics」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Basics)

ジェスチャーの設定画面(「Actions」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Actions)

ちなみに「Flipback」とは、マウスの"右ボタン"を押した状態で"左ボタン"を押すジェスチャー。「Flipforward」とは、マウスの"左ボタン"を押した状態で"右ボタン"を押すジェスチャーです。

新規ジェスチャー追加モード↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Actions、新規追加)

インポート・エクスポート設定画面(「Advanced」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、Advanced)

更新履歴(「News」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、News)

作者の情報やバージョン情報等(「About」)↓
Chromeエクステンション:Chrome Gestures(オプション、About)

その他の機能としては、ジェスチャーのデータのインポートやエクスポートもできるようです。

では実際の使用感ですが、Operaより反応がにぶい(ワンテンポ遅い)なと感じました。:worried: これはデフォルトで搭載されている機能(Opera)とエクステンションの違いなのか、はたまたエクステンション自体の問題なのかは分かりません。
ただし長年Operaでマウスジェスチャーを使っている人は不満に感じると思いますが、そうでない人は「こんなもんなんだろう」と思うのではないかと思うので、それ程問題にはならないのではないかと。

それよりも気になるのは、このエクステンションだと、時々ジェスチャーが機能しない(使えなくなる)事がある事です。
これはChromeがbeta版だからなのか、それともエクステンションのバグなのか、理由は分かりません。この点をなんとかしてもらえると、設定はとても秀逸なので、多くの人が安心して利用できる"定番"エクステンションになるのではないかと思います。

nkGestures- 公式配布ページ
Chrome Gesturesがうまく動作しなかったので悩んでいたところ、ASCII.jpの記事で紹介されていたのでインストール。記事にある通り確かに動作が安定していて、今のところ使えなくなるような事はほとんどありません。
またChrome Gesturesよりも若干反応が早いように感じられます(ただしOperaと比べると、少し鈍いです)。

設定の仕方はとても簡単です。:D ただし ASCII.jp の記事にもありますが、中国の方がこのエクステンションを作ったようで、オプション設定画面のデフォルトの表記は、"中国語"になっています。

Chromeエクステンション:nkGestures(設定画面、中国語)

かなり面食らうと思いますが、一番上の「Englis language」の部分にチェックを入れると英語に変わります。なので、中国語が分からない方は、まずはそれを実行して下さい。

英語表記に変更した設定画面↓
Chromeエクステンション:nkGestures(設定画面)

ちなみに「使用英文」のチェックを外すと、中国語表記に戻ります。

各ジェスチャーの設定の仕方は、とてもシンプルです。:D 予め動作内容が書かれている欄があるので、その欄に指定したいジェスチャーを表すテキストを入力します。例えば"上 → 下"と続くジェスチャーなら「UD」(「U」は「Up」(上)の「U」、「D」は「Down」(下)の「D」)と入力します。
その他に、右なら「R」、左なら「L」、あと右クリックを押したままマウスのスクロールボタンを動かし右クリックを離す動作「F」と「B」と言う動作割り当て文字などがあります
(※「F」は正面方向へホイールを動かす、「B」は背面(後ろ)方向にホイールを動かす)。

あとこのエクステンション(nkGestures)には、少し変わった機能(?)が搭載されています。普通 Chrome でタブを1つしか表示していない時そのタブを閉じると、Chrome のソフト自体が終了します。Chrome Getures でも1つしかないタブを閉じると、ソフト自体が終了します。しかしこのエクステンションだと、「新しいタブ」が表示されます。
ちょっとした機能(?)なのですが、私が使い慣れた Opera でも1つしかないタブを閉じるとそうなる(Operaの場合は「Speed Dial」が表示される)ので、この機能もこのエクステンションを気にいった理由の1つです。

最後に「この2つのエクステンションのどちらを選べば良いか?」と言う点ですが、一概に「どちら」とは言えないと思います。
ただ「どうしても日本語で設定したい」、または「設定したい項目が nkGesture にはない」(Chrome Gesturesの方が設定できる操作内容が多いので)と言う方は、"Chorme Gesture"を、そうでない方または「安定した動作重視」と言う方は、"nkGesture"を選択したら良いのではないかと思います。

PS:
今までのChromeエクステンションレビュー記事にも掲載しましたが、Chromeエクステンションを沢山紹介している記事を、今回も下記に掲載しておきます。

Chromeで使えるエクステンション厳選25本!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/482/482116/

とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介(TechCrunch JAPAN)
http://jp.techcrunch.com/archives/2009120511-chrome-extensions-for-starters/

マウスジェスチャーも可能、Chrome Extensionsを使ってみた(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/news/200911/26/chrome.html

米Lifehackerオススメ、GoogleChrome拡張機能18選(ライフハッカー日本版)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/lifehackergooglechrome18.html

Google Chrome 拡張機能47個まとめ Google Chromeを壊してまで厳選(WEBマーケティング ブログ)
http://web-marketing.zako.org/web-tools/best-google-chrome-extensions.html

「Google Chrome」の拡張機能--便利な機能の数々を紹介:スペシャルレポート(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20405557,00.htm

Google Chrome 4 betaのエクステンション機能レビュー:翻訳・検索関連

前回(天気予報とGmail関連)前々回(Twitter関連)に続き、今回もGoogle Chrome 4 beta版のエクステンション機能について、書こうと思います。ちなみに今回は、"翻訳"と"検索"関連のエクステンションについてのレビュー記事です。
(なおエクステンション機能そのものの簡単な説明を読みたい方は、前々回の記事の最初の部分をご覧下さい。)


[ 翻訳エクステンション ]

Google Translate- 公式配布ページ
Google翻訳を使って表示しているページを翻訳するエクステンション。公式配布ページによると、開発者は「Google翻訳の担当者」との事。
Chromeのデフォルト言語(例えば私の場合は日本語)以外のページを表示した場合、ページ最上部に専用のツールバーが表示され、検索するかどうかを尋ねてきます。そこで「翻訳」ボタンを押すと、そのページがデフォルト言語に翻訳されます。またデフォルト言語のページを表示している時、このエクステンションのボタンを押すと、別の言語に翻訳する事もできます。あと翻訳結果のページでは、マウスオーバーした文章の翻訳前の文章が表示されます。

以下の画像は、こちらのリンク先記事を翻訳したところです。

翻訳前↓
Chromeエクステンション:Google Translate

翻訳後↓
Chromeエクステンション:Google Translate(日本語)

率直に言って、使い勝手はちょっと・・・イマイチ。…と言うのも、デフォルト言語(日本語)以外のページを表示した場合、必ず翻訳用のツールバーが表示されるからです。オプション設定がなく、"手動"にする事ができません。
また動作がまだ少し不安定で、たまに翻訳する言語がおかしくなる時があります。例えば私が体験したのは、表示したページの本文は英語だったのですが、通常その時「日本語に翻訳しますか?」と表示されるはずなのに、なぜか「アイスランド語に翻訳しますか?」と言う風に表示された時があります。

ちなみに翻訳結果ですが、以前に比べてGoogle翻訳はかなり精度が上がっているので、"ギリギリ実用的なレベル"だと思います。
またエクステンション公式配布ページでは、うまく動作しません。本文は英語でもツールバーは表示されず、ボタンを押すと「英語に翻訳しますか?」と毎回表示されます。そこでドロップダウンメニューで日本語を選択しようとしても、デフォルト言語はその欄に表示されないようで、日本語を選択する事ができません。

Bubble Translate- 公式配布ページ
ASCII.jpの記事で紹介されていたのでインストール。翻訳に利用しているのは、上記のGoogle Translateと同じく「Google翻訳」。Google Translaeteと同じくデフォルト言語以外を使用しているページが表示された場合、自動的にデフォルト言語に翻訳してくれる機能があります。
ちなみに翻訳時の状態はGoogle Translateと同じで、ページ最上部にツールバーが表示されます。

しかしこのエクステンションはGoogle Translateと異なり、"手動"に切り替える事ができます。また専用ツールバーのドロップダウン・メニューに日本語の選択肢が表示されるので、誤った言語が選択されても、翻訳言語を日本語に切り替える事もできます。
なので、それらの点だけでも、こちらのエクステンションの方がGoogle Translateより実用的だと思います。

上記の2点以外にも、このエクステンションにはGoogle Translateに搭載されていない機能がいくつかあります。
  • 選択状態のテキストを自動(または手動)で、予め指定した言語に翻訳する事ができる。
  • 選択状態のテキストを自動翻訳するためのキーボードショートカットを設定できる。
  • ポップアップ内にテキストを入力(またはペースト)する事で瞬時に翻訳結果を表示する、「リアルタイム翻訳」機能がある。
ちなみに選択状態のテキストを自動翻訳する機能では、訳文を表示する"ポップアップの背景"と"訳文のテキスト"の色を、自由に変更する事ができます。
またキーボードショートカットは、「Ctrl」・「Shift」・「Alt」の組み合わせで設定でき、いずれかのボタンを押した状態でテキストを選択した時、翻訳が表示されるようにできます。つまり何も押さずテキストを選択した場合は、訳は表示されません。

WEBページ内のテキストを選択して自動翻訳したところ↓
Chromeエクステンション:Bubble Translate(拡大)

残念ながらバグがあるようで、選択範囲の冒頭部分「Chrome is ・・・・project」の部分が、選択されていないようになってしまいました。他でも試しましたが、やはり冒頭部分が選択されていないようになってしまいました。ただし翻訳は実行されています

ボタンクリックで表示されるメニューの中から「Real-time」を選択。その後表示されるテキストエリアに英文を入力し、テキストを日本語に翻訳したところ。↓
Chromeエクステンション:Bubble Translate(拡大)


[ 検索エクステンション ]

QuickSearch- 公式配布ページ
小さな検索ボックスをポップアップで表示するエクステンション。複数の検索エンジンを利用でき、『Custmize』ボタンを押す事で検索エンジンの追加や削除、予め登録されている検索エンジンの編集ができます。

Chromeエクステンション:Quick Search(拡大)

ちなみに検索エンジンの追加(または編集)は、追加したい検索エンジンの検索結果ページのURLが理解できれば、簡単にできると思います。

GooglePreview- 公式配布ページ
Googleの検索結果に各ページのサムネイル画像を表示するエクステンション。

Chromeエクステンション:GooglePreview


FAVICON.- 公式配布ページ
ロシアの大手検索サービス「Yandex」と同じように、Googleの検索結果に各ページのファビコンを表示するエクステンション。スクリーンショットに利用したのは「google.co.jp」です。

Chomeエクステンション:FAVICON(Google Chrome)

上記の「GooglePreview」と異なり、現時点ではgoogle.com」では使えません(ファビコンが表示されません)でした。ただしファビコンを表示する隙間は開きます。
最初このエクステンションをインストールした時「google.com」でも表示された(?)ように思うので、「google.com」の仕様が変更されたのか、あるいはエクステンションのバグなのか、表示されない理由は分かりません。

Wikipedia Companion - 公式配布サイト
ボタンクリックで表示されるポップアップで、Wikipedia の記事を検索・表示できるエクステンション。デフォルトの設定は"英語版 Wikipedia"が対象となっていますが、オプション設定画面で「日本語」を選択すると、"日本語版"の方を検索・表示できます。

Chromeエクステンション:Wikipedia Companion(拡大画像)

上の画像は日本語版 Wikipedia の「Google Chrome」の記事を表示したところですが、記事の本文の方は小見出しごとに表示・非表示できるようになっており、見たい見出しの部分をクリックすると、内容が表示されます。

Chromeエクステンション:Wikipedia Companion(拡大画像)

作者は考えたうえで見出しを閉じるようにしたのだと思うのですが、私としては全て表示される方が使いやすいなと思いました。なので正直、あまり使いやすいとは思いません。
ただこれさえ気にならなければ、とても素晴らしいエクステンションだと思います。

ちなみにもう1つ、まったく同じ機能を実現するエクステンション(「Wikipedia Chromium Edition」)がありますが、こちらも Wikipedia の検索・表示方法は同じです。ただしこちらには Facebook に投稿(?)する機能があります。

Search This Site - 公式配布ページ
現在表示されているWEBページがあるWEBサイト全体を対象にした、Google検索が実行できるエクステンション。例えば上記のこのエクステンションの公式配布ページで使った場合、テキストエリアに入力された語句で、「https://chrome.google.com/」下のURLの全てのWEBページを対象とした Google 検索が実行され、その結果が新規タブに表示されます。

Chromeエクステンション:Search This Site(拡大)

なおポップアップ内の検索ボックスの下に表示されるリンクは、このエクステンション作者のページのようです。


AutoPatchWork- 公式配布ページ
例えばGoogleの検索結果ページのように「1・2・3... >>次のページ」と言った具合に、複数ページにまたがって情報や内容が表示されるページを表示した時に、そのページの下に連続して次のページをどんどん表示するエクステンション。スクロールし続けるだけで複数ページにまたがった情報や内容を見る事ができるので、とても便利です♪:yes:

以下の画像は、Googleで「GoogleChrome」と検索したページにこのエクステンションを適用したところを撮影した、スクリーンショットです。中央の棒線より上が、本来で言う"1ページ目"(最初に検索結果として表示されるページ)に当たる部分、下が本来"2ページ目"に当たる部分です。

Chromeエクステンション:AutoPatchWork(Google)

設定できる項目は下記の通りです。
  • 自動で適用するか手動で適用するか。
  • 適用したページのリンクを新しいタブで開くか否か。
  • フレームを使ったページの場合、適用しないようにするかどうか。
  • 続きのページを表示する時のスタイル。
  • 指定したページ※1では、機能しないようにする。
※1.URLを登録。

ちなみに自動的に適用するよう設定した場合は、適用している時にアドレスバーの右端に、緑色の四角いアイコンが表示されます。また手動に設定した場合、適用できるページが表示されると、アドレスバーの右端に灰色の四角いアイコンが表示され、それをクリックすると適用されます。
また今回「検索エクステンション」として紹介しましたが、検索ページだけで使える訳ではありません。例えばこちらのニュース記事でも使う事ができます。

PS:
余談ですがOperaやFirefoxでも、上記の「AutoPatchWork」エクステンションと同じ機能を使えるようにするJavaScriptやアドオンがあります。
あと前回と前々回のChromeエクステンションレビュー記事にも掲載しましたが、Chromeエクステンションを沢山紹介している記事を、今回も下記に掲載しておきます。

Chromeで使えるエクステンション厳選25本!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/482/482116/

とりあえず今すぐ使えるChromeエクステンション、11種類ご紹介(TechCrunch JAPAN)
http://jp.techcrunch.com/archives/2009120511-chrome-extensions-for-starters/

マウスジェスチャーも可能、Chrome Extensionsを使ってみた(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/news/200911/26/chrome.html

米Lifehackerオススメ、GoogleChrome拡張機能18選(ライフハッカー日本版)
http://www.lifehacker.jp/2009/12/lifehackergooglechrome18.html

Google Chrome 拡張機能47個まとめ Google Chromeを壊してまで厳選(WEBマーケティング ブログ)
http://web-marketing.zako.org/web-tools/best-google-chrome-extensions.html

「Google Chrome」の拡張機能--便利な機能の数々を紹介:スペシャルレポート(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20405557,00.htm

追記:
『検索エクステンション』の欄に、「Wikipedia Companion」のレビューを追加しました。

追記:
『検索エクステンション』の欄に、「Search This Site」のレビューを追加しました。
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!