Flash

VivaldiでFlash Playerが機能しない時の対処法(追記あり)

Twitterで『Vivaldi』と検索していると、最近よく「(特定のサイトで)Flash Playerが機能しない!」と言うツイートを見かけます。そこで今回はその対処法(Flash Playerを有効にする方法)について、記事にする事にしました!( ´ ▽ ` )ノ

1. Flash Playerは別途ダウンロードが必要!


まず最初に、Chromeと違ってVivaldiは、Flash Playerがソフトに同梱されている訳ではないので、Flash Playerを使うには、別途インストールする必要があります。インストールの仕方に関しては、下記の公式ヘルプが参考になると思います。
(※すでにインストールされてる場合は、この章は読む必要ないので、次の章から読んで下さい。)

Installing a Flash Player in Vivaldi:Vivaldi公式ヘルプ・・・本文は英語です。

一応以下にもやり方を書いておくと、
  1. Flash Playerダウンロードページへ移動
  2. 使用しているOSを選択
  3. 『Opera and Chromium – PPAPI』を選択
  4. ダウンロード後、インストールを実行

ちなみにVivaldiが使用するFlash Playerは、OperaなどのChromiumベースのブラウザと同じもの(VivaldiもChromiumベース)なので、Operaなどがインストールされている場合は、改めてダウンロードする必要はありません。

Flash Playerのダウンロードページ↓
Flash Playerのダウンロードページ
Flash Playerのダウンロードページ posted by (C)kyu3


2. Flash Playerを有効にするには、サイトごとに有効に切り替えることが必要!


VivaldiのFlash Playerに関する設定は、[ウェブページ >プラグイン]にあります。以前はこの設定で『常に有効』を選択していると、どのサイトでも問題なくFlash Playerが使えていたのですが、数ヶ月前のアップデートから(?)、『常に有効』にしていても、いくつかのサイトではそのままだと有効にされなくなったようです。
(※.バージョン2.0以降から、サイトごとの設定がアプリ終了ごとにリセットされるようになりました。それを無効にする方法に関しては「追記その2」と「追記その3」を参照。)

Vivaldi環境設定のFlash Player関連の項目↓
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashに関する設定
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashに関する設定 posted by (C)kyu3

理由はVivaldi…ではなく、"脱Flash Player"の流れから、Vivaldiがベースに使ってる「Chromium」が、Flash Playerをサイトごとに設定しないと有効にならない仕様に変わったからのようです。

Google、ChromeにおけるFlash終了への対応発表:マイナビニュース・・・ChromeもChromiumがベースになっています。


3. サイトごとにFlash Playerを有効にする方法


前置きが少し長くなってしまいましたが… ここからが本題!Vivaldiの場合、サイトごとにFlash Playerを常に有効にするには、"2つ"の方法があります。

  1. 有効にしたいサイトを表示して「サイトの設定」で『常に許可』に設定する
  2. 「vivaldi://settings/content/flash」で、URLを入力して設定する

まず『1』の「サイトの設定」ですが、これはアドレスバーの左端部分をクリックすると、表示されます。

Vivaldiの「サイトの設定」↓
Vivaldi 1.14.1047.3:サイトの設定
Vivaldi 1.14.1047.3:サイトの設定 posted by (C)kyu3

これの『Flash』の欄のプルダウンメニューをクリックし『このサイトでは常に許可』を選択すると、このサイトでは常にFlash Playerが有効になります。

「サイトの設定」でFlashを常に許可(有効)↓
Vivaldi 1.14.1047.3:サイトの設定でFlashを常に有効 - 2
Vivaldi 1.14.1047.3:サイトの設定でFlashを常に有効 - 2 posted by (C)kyu3

次に『2』の「vivaldi://settings/content/flash」ですが、こちらはChromiumの方の設定だと思われます。基本的にVivaldiの設定は環境設定で行いますが、Chromiumの設定も一部使用できるものがあり、こちらを使って設定することもできます。アドレスバーに「vivaldi://settings/content/flash」を入力し、Enterキーなどで実行(※「vivaldi://se…」を実行したらVivaldiの普通の設定画面が表示される場合は、『1』のポップアップ下部の「サイトの設定」をクリック→表示されるページ上部の「← URL」をクリック→「Flash」を選択すると表示されます)すると、以下のような設定画面が表示されます。

「vivaldi://settings/content/flash」を表示したところ↓
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面 posted by (C)kyu3

こちらの設定画面では、URLを追加することで、追加したURLのページでFlash Playerを常に有効にできます。やり方は簡単!『許可』の欄の『追加』ボタンをクリックした後、有効にしたいページのURLを例のように入力(※「https://vivaldi.com/」の場合、「[*.]vivaldi.com」)。そして『追加』ボタンをクリックするだけです。

「vivaldi://settings/content/flash」の追加ボタン↓
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面 - 3
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面 - 3 posted by (C)kyu3

Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面 - 6(URLでサイトを追加)
Vivaldi 1.14.1047.3:Flashを常に有効するサイトをまとめて設定できる設定画面 - 6(URLでサイトを追加) posted by (C)kyu3


【関連リンク】
Installing a Flash Player in Vivaldi:Vivaldi公式ヘルプ

【関連記事】
Vivaldi 1.9で起こる主な日本語関連の不具合と対処法、対応状況(※全て修正済み) : Kyu3’s Blog


【追記(2017年12月28日)】


この記事を書いた時点では、上記『3 - 2』の「vivaldi://settings/content/flash」をアドレスバーに直打ちでFlash関連のChromiumの設定画面が表示されたのですが、なぜか今試してみたら表示されなかったので、その場合の対処法(「サイトの設定」ボタンクリックからの移動方法)について、追記しました。


【追記 その2(2018年9月28日)】


この記事の主旨とは少し異なりますが… 先日Vivaldi正式版2.0がリリースされてから、この記事へのアクセスが大幅に増えたので、一応追記。

Vivaldi 2.0から、ベースに使用してる「Chromium」の影響で、サイトごとに設定したFlash Playerの許可設定が、毎回アプリ終了ごとにリセットされるようになりました。ちなみに同じく「Chromium」をベースにしているGoogle Chromeも、数週間前にリリースされたバージョン69から、同様にFlash Playerの許可設定が終了後にリセットされるようになっています。(^^;

Google、Chrome 69でFlash廃止へ向けた取り組みを前進:マイナビニュース
「Chrome 69」安定版、10周年でパスワード自動生成など多数の新機能:ITmedia NEWS
グーグル「Chrome 69」リリースは9月、Flash終了へのさらなる対応など:CNET Japan

この対処法(?)ですが、「Flags」(※.通常の設定画面には表示されない設定画面)の『Enable Ephemeral Flash Permissions』(※.面倒な人は「vivaldi://flags/#enable-ephemeral-flash-permission」をコピーしてアドレスバーにペースト→実行)の項目の設定を『Disabled』に変更すると、毎回リセットされる設定が無効になり、終了後もFlash Playerの許可設定が保存されるようになります!( ´ ▽ ` )ノ
(※. 最新のスナップショット2.2.1360.4で、同項目が削除されました。詳しくは「追記その3」を参照!)

当該設定を『Dlsabled』(無効)にしたところ↓
Vivaldi 2.1.1317.4:Flash有効を終了後も持続させるFlags設定 - 2
Vivaldi 2.1.1317.4:Flash有効を終了後も持続させるFlags設定 - 2 posted by (C)kyu3

ちなみにGoogle Chromeでも同様に、この設定(※.Chromeの場合は「chrome://flags/」)を『Disabled』に変更すると、終了後もFlash Playerの許可設定が保存されるようになります。

【Google Chrome完全ガイド】Google ChromeでFlash Playerを有効にしてコンテンツを再生する:@IT


【関連リンク】
DefaultPluginsSettingについて:Vivaldi公式フォーラム
Vivaldi 安定版2.0 リリースのお知らせ:Vivaldiブラウザー日本語公式ブログ


【追記 その3(2018年11月11日)】


@hisamin_yurisky さんのツイートで知ったのですが、Vivaldiの最新スナップショット(2.2.1360.4)のFlags設定から、Flash Playerの許可設定が終了後にリセットされるのを無効にする設定項目(『Enable Ephemeral Flash Permissions』)が、なくなっていました!(´;ω;`) うぅ…


Flagsで「Flash」と検索しても何もヒットせず…↓
Vivaldi 2.2.1360.4:Flashの許可設定リセット止める項目が無くなる… - 2
Vivaldi 2.2.1360.4:Flashの許可設定リセット止める項目が無くなる… - 2 posted by (C)kyu3

@hisamin_yurisky さんによるとChromeでも同様の設定項目がなくなってるみたいなので、Vivaldiのベースとなってる「Chromium」のアップデートによるものと思われます。なので、今後は終了→再起動のたびに、毎回アドレスバー左端をクリックして表示される「サイトの設定」から、Flash Playerを有効にする必要があります。

「サイトの設定」でFlash Playerを有効にする手順↓
Vivaldi 2.2.1360.4:サイトごとの設定でFlashを許可 - 2
Vivaldi 2.2.1360.4:サイトごとの設定でFlashを許可 - 2 posted by (C)kyu3


【関連リンク】
Vivaldiブラウザースナップショット 2.2.1350.4 リリース:Vivaldiブラウザー日本語公式ブログ・・・記事タイトルは「2.2.1350.4」となっていますが「2.2.1360.4」の誤りです。なお変更ログの一番下に『Chromiumを71.0.3578.27に更新』とあるので、Chromiumが更新されたのは間違いありません。
Better Widevine (EME) support for Linux – Vivaldi Browser snapshot 1360.4:Vivaldi公式ブログ

Flash Playerアップデート時に「DashboardClientを終了して!」と表示された時の対処法

Flash Player:アップデート時「DashboardClient を終了して下さい」と表示される! - 2
Flash Player:アップデート時「DashboardClient を終了して下さい」と表示される! - 2 posted by (C)kyu3

先日 Flash Player の最新版が公開されたので、アップデートしようとしたところ、上の画像のように「DashboardClient を終了して下さい」と表示され、とても苦戦しました。結局アップデートは実行できたのですが… 今回はこの Flash Player アップデート(またはインストール)時に「DashboardClient を終了して」と表示された時の対処法について、記事を書こうと思います。


1. アクティビティモニタで「Dashboard」を終了すれば、アップデートできる??

『DashboardClient 終了』で検索したところ、「アクティビティモニタで DashboardClient を終了できる」とあったので、早速アクティビティモニタを起動し、右上の検索欄に『dash…』と入力したところ、「Dashboard」と言う項目はあるのですが、「DashboardClient」と言う項目はありませんでした(ちなみに私の OS は、10.9 Mavericks です)。

アクティビティモニタで「Dashboard」を強制終了
アクティビティモニタで「Dashboard」を強制終了 posted by (C)kyu3

「Mavericks になって、名前が変わったのかなぁ?」と思い、とりあえずこの『Dashboard』を"強制終了"してみたところ、この項目は消えることなく、表示されたままでした。…しかし、試しにアップデートを再度実行してみたところ、完了させることができました!ヽ(゜▽゜)ノ

ただどうもちょっと不安だったので、記事を書く前に、試しに最新版を上書きインストールしてみたところ、同じように「DashboardClient を終了して!」と表示されたので、上記と同じやり方(アクティビティモニタで「Dashboard」を強制終了)を実行してみたところ、今度は何度やっても、インストールが完了できませんでした。_ノ乙(、ン、;)_ …


2. ターミナルで「Dock」を再起動すれば、「DashboardClient」は終了する!?

Flash Player のアップデート完了後、Dashboard ウィジェット(WEBクリップ)のコンテンツが表示されないものがあったので、ターミナルを起動し、『killall Dock』と入力・実行して、「Dock」を再起動(※「Dashboard」は「Dock」アプリの機能の一部なので)させたところ、元通り表示されるようになりました。そこで上書きインストールは諦(あき)らめ、このやり方で「Dock」を再起動させたところ、アクティビティモニタから『Dashboard』と言う項目が消えていました!

Mac OSX:Dockをターミナルで再起動したところ、「Dashboard」の項目が消えた!
Mac OSX:Dockをターミナルで再起動したところ、「Dashboard」の項目が消えた! posted by (C)kyu3

そこで再度、上書きインストールを実行したところ、無事インストールを完了することができました!ヽ(*´∀`)ノ


3. 結論と注意点

…と言うことで、結論としては、Flash Playerアップデート時に「DashboardClientを終了して!」と表示された場合、以下の事を実行すれば良いと思います OKです!
  1. 「DashboardClientを終了して!」と表示されたら、ターミナルを起動。
  2. ターミナルで『killall Dock』コマンドを実行(『killall Dock』と入力→Enter)し、「Dock」を再起動。
  3. 再度 Flash Player のアップデートを実行。
これで、アップデートを完了させることができると思います できます。(*^^*)

なお注意点としては、『2』のターミナルで「Dock」を再起動した後、『3』の実行前に Dashboard を表示すると、アクティビティモニタにまた『Dashboard』の項目が復活するので、おそらくアップデートが実行できなくなると思います(その時は、再度『1』から実行)。なので、「Dock」の再起動後に、Dashboard を表示しないようにして下さい。

それにしても… 最初にアップデートした時、アクティビティモニタで『Dashboard』の項目を強制終了してアップデートが完了できたのは、"たまたま"だったのだろうか?それとも"アップデート"はこのやり方でできるけど、"インストール"はできない??とても気になります。 _ノ乙(、ン、;)_ …


追記(2014/2/5):

Flash Playerのアップデーターが配布されたので、早速上記のやり方(「Dock」をターミナルで再起動)を試したところ、無事アップデートを完了することができました!!

・・・と言うことで、本文の一部を修正しました。ヽ(゜▽゜)ノ
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • 豊田市も自治体情報配信用のTwitterアカウントの運用開始!
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 「モバイルSuica」の残高が更新されない問題の対処法
  • 山下しずおが予定価格漏洩の隠蔽を指示!?「小牧市政をかえる会」がリーク文書を全文公開!(小牧市こども未来館・子育て包括支援センター官製談合問題)
  • 山下しずおが予定価格漏洩の隠蔽を指示!?「小牧市政をかえる会」がリーク文書を全文公開!(小牧市こども未来館・子育て包括支援センター官製談合問題)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)
  • 独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)