昨年末(2015年12月)、これまで4年間契約してきたソフトバンクから、au へと『MNP』しました。今回はその『MNP』で体験したことなどを、簡単にまとめようと思います。
ソフトバンクからauへMNP

1. 事前にソフトバンクに電話して、予約番号を得た方が良い!

MNP には移行元(私の場合は、ソフトバンク)から"予約番号"をもらい、それを移行先(私の場合は、au)に伝える必要があります。これは電話一本でできるのですが、例えば移行先のお店や家電量販店などから電話するのではなく、事前に電話したうえで、契約移行した方が良いかと。と言うのも、特に土日だとなかなか窓口に電話が繋がりませんし、繋がった後も、質問や引き止めの提案等々で、30分くらい話をしなければならないので。

ちなみに予約番号は、入手後"15日間"有効なので、新たな移行先と契約する数日前に番号を入手しておけば、スムーズに移行できるかと。

ソフトバンクから他社へ変更する場合:ソフトバンク


2. 「auスマートパス」や「ビデオパス」は、スマホやタブレットの専用サイトでオプション無効化可能。

今回私は MNP によるポイントに目がくらみ、家電量販店で MNP 契約したのですが、その際 「auスマートパス」や「ビデオパス」などの余分なオプションを、契約させられました。ただこれらは、翌日以降であれば、スマホやタブレットの専用サイトから解約できるので、日付けが変わったらすぐに解約しました。

各種コンテンツ(auスマートパス、ビデオパス等)の加入・退会のお手続きについて:auお客さまサポート


3. 「Apple Care +」の解約は、店頭のみ。

上記の『auスマートパス』と『ビデオパス』に加え、今回家電量販店では『Apple Care +』の契約も行わされたのですが、残念ながらこれはネットで解約できず、翌日以降 auショップなどの"店頭でのみ"、解約できるとのこと。と言うことで、私は近所の auショップで解約してきました。

AppleCare+:au
AppleCare + for iPhone:Apple

ちなみに解約自体は、店頭ですぐにできます。


4. 「通信の最適化」を無効にするには『157』電話。ただし「データチャージオプション」も無効になる。

今回ソフトバンクから au へと MNP した理由の1つが、通信会社が『通信の最適化』と称して行っている、この"データ改ざん"でした。ソフトバンクはなぜかこれに頑なにこだわっており(あと自己正当化しており)、解除に応じないそうです。

ソフトバンク、「通信の最適化」は『正当業務行為』。解除不可:Engadget Japanese

…と言うことで、au へと MNP した訳ですが。しかし au も解除に関し、妙な"制約"を設けています。解除自体は、下記説明ページに書かれてる通り、au の総合案内ダイヤル『157』に電話をするだけで行えるのですが、対応してくれたサポートセンターの方によると「『通信の最適化』を無効にすると、『データチャージ・オプション』も無効になる」とのこと!

LTEプラン:au・・・ページ下部の『ご注意』の欄に記述あり。
データチャージ:au

『データチャージ・オプション』とは、要は「データ通信量の上限を超えた場合に受ける通信制限を受けないように、追加で一定の通信量分を購入する」サービス。しかしこれを無効にする意味が分かりません!なぜなら『通信の最適化』を無効にすると言うことは、その分(データがきちんと圧縮されてるなら)「通信量が増える」訳ですから、それだけ au にとっては『データチャージ・オプション』を売れるチャンスが増える訳で…。それをできないようにすると言うことは、自ら商機を失うことになり、はっきり言って「馬鹿げてる!!」としか言い様がありません!


5. 端末買い取りは「au Wallet」での支払い!ソフトバンクのような毎月の通信料削減はできない。

古い端末の買い取り(下取り)方法に関してですが、方法自体は au もソフトバンクと同じで、専用の回収キットに入れて送る(※郵便局のレターパック、送料無料)だけなのですが、支払い方法がソフトバンクのような毎月の通信料から差し引く方式でなく、au 独自の決済サービス『au WALLET』のポイントのみとのこと!

下取りプログラム:au

…なので、『au WALLET』の契約も、家電量販店でさせられました。

『au WALLET』自体は、要はデビットカードやクレジットカードと同じで、コンビニやネットショップ(Amazon や iTunes Store)等で使え毎月の通信料金でチャージもできるので、それなりに便利なものの、私はソフトバンクと同じように毎月の通信料から差し引く方式の方が、良かったなぁ〜と…。

ちなみに au ショップの店員さんによると「『au WALLET』は、高速の料金所では使えない!」とのこと。あと下記のサイトによると、"ガソリンスタンド"や"有料放送の視聴料"の支払いにも、使えないそうです。

カードが届いたけど使えない:au WALLET


6. SIMロック解除でサポートが受けられないのは、"他社製SIM"を用いた時のみ!あと一部 au 関連のサービスに制限ある場合も…

今回購入した『iPhone 6s』は、SIMロック解除の対象機種となってるので、SIMロック解除後のサポートについて、au の総合案内ダイヤル(『157』)で質問したところ、開口一番に言われたのがこの言葉「SIMロック解除は、受け付けない!」でした。しかし「2015年5月以降に発売される端末は、SIMロック解除に応じることが義務付けられており、 かつ au も公式HP で『応じる』旨を発表してるので、それ(受け付けない)はできないでしょう?」と言ったら、「上司に聞いてくる」と言ってしばらく待たされたあと、続きの説明をしてくれました(※テレサポの人は、どうやら「SIMロック解除に応じるな!」と言われてるようです)。( ˘ω˘ ;)

それによると「SIMロック解除しても基本的に、その端末も通信サービスもサポート対象だけど、他社製SIM を使った通信に関しては、動作は保証しない」とのこと。あと HP によると「『auスマートパス』などのサービスやアプリの利用が、制限される場合がある」とのこと。

SIMロック解除のご利用手続きについて:auお客さまサポート
SIMロック解除のお手続き:auお客さまサポート・・・具体的な説明あり
SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧:auお客さまサポート


【関連リンク】
iPhone 6sで「SIMロック解除」すると何が起こる? 格安SIMで一部機能が使えない恐れも:日経トレンディネット

【関連記事】
Kyu3's LOG : iPhone 4S 購入時・購入後、あれこれ。
Kyu3's LOG : iPhone 4S から 5c に移行!