Opera

OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)

先月 Opera がリリースを予告していたゲーマー向けの PCブラウザ「Opera GX」を、世界最大のゲーム見本市「E3」で、正式発表しました!


Opera GX 公式ページ
Opera opens early access to Opera GX, the world’s first gaming browser - Blog:Opera Desktopチーム公式ブログ

通常のPC版Operaには搭載されていない GX 独自の機能は、以下の通りです。
  • メモリとCPUの使用の上限設定(リミッター)。
  • サイドバーにゲームストリーミングサービス「Twitch」との連携機能。
  • ゲームに関する様々な情報を表示する専用タブ。
  • サウンド・エフェクト機能。
  • UI カラーの変更機能。
  • UI カラーと発光色を変えれる Razer社製品「Razer Chroma」シリーズとの連携サポート。
  • 独自UI と独自テーマ。
  • ゲーム上に動画をオーバーレイ表示する機能(?)。
なおこのうち最後の「ゲーム上に動画をオーバーレイ表示する機能」(※.動画のビデオポップアウト機能とは別の様です)に関しては、後日機能が追加されるようです。この機能だけ公式ページに『Soon(近いうちに)』と書かれていたので。

それと重要なことですが、この「Opera GX」は現在 "Windows版のみ"です(※.おそらく Mac版と Linux版は出ないと思います)。公式フォーラムの GX のカテゴリを見てみると結構不具合も出てるようなので、まだベータ版と言うよりもアルファ版と言った感じでしょうか。なお正式版のリリースは今年(2019年)後半を予定しているそうです。

カテゴリ「Opera GX」:Opera公式フォーラム
 └「Opera GX」に関するトピックがまとめられてるカテゴリ(※.英語)。
Opera、ゲーマー向けに設計した新ブラウザー「Opera GX」を発表 ~早期アクセスを開始:窓の杜
 └ 正式版のリリース時期について書かれてる「窓の杜」の記事。

あと日本語の GX関連記事と上記の公式Twitterアカウントで添付されてる以外の公式動画を、以下に掲載しておきます。

Opera、ゲーミング向けWebブラウザ「Opera GX」公開 CPU・メモリ制限機能を搭載:ITmedia NEWS
OperaがTwitchを統合したゲーミングブラウザを公開:TechCrunch Japan
Operaがゲーミングウェブブラウザ「Opera GX」を発表!メモリ・CPUの制限機能などゲームPC環境に特化:Game*Spark



最後に感想を少し。今回リリースされたのが Windows版のみだったので私自身はまだこの製品を試せてませんが、「ゲーマー向け」と言うコンセプトはすごく良いと思います。特にマーケティング的に。世界的にゲームがこれだけ人気になっていますし、ゲーム配信も人気があります。さらに「eスポーツ」として学校でも部活や授業に取り入れられる動きなどから考えても「ゲーマー向け」と銘打った製品を作りアピールすることは、すごく理にかなってると思います。

またこれは以前 Opera が「Opera Neon」と言うコンセプト・ブラウザをリリースした時思ったのですが、今ある PCブラウザのほとんどは"汎用的"なものばかりだと思います。しかしそれは必ずしも世間一般の多くの人に利用しやすいものかと言うと、そうではないと思います。やはり使用状況や利用しているサービスごとに特化した PCブラウザの方が、多くの人にとっては利用しやすいのではないでしょうか?例えば PCブラウザでよくゲームをする・観る人にとっては、この「Opera GX」の様なある程度それらに特化したブラウザの方が、汎用的なものより使い勝手は良いと思います。

ただ私自身ゲームをまったくやらないので、今回「Opera GX」に搭載された機能のうち「メモリとCPUのリミッター」に関しては、本当にゲームのプレイに役に立つのかどうかよく分かりません。むしろ逆効果なのではとさえ思えてしまいます。例えばゲームをプレイしているタブ等にメモリやCPU能力をより多く割り当てれると言うのであれば役に立つと思えますが、それを抑える機能と言うのがどう役に立つのか、全然ピンと来ていません。

…とは言え、素晴らしいコンセプトでデザイン的にも結構好きですし、今後の展開が気になるので、これからも情報を追っていきたいと思っています。


【関連リンク】
Opera GX 公式ページ
Opera opens early access to Opera GX, the world’s first gaming browser - Blog:Opera Desktopチーム公式ブログ
カテゴリ「Opera GX」:Opera公式フォーラム
Opera公式Twitter

【関連記事】
Operaがゲーマー向けPCブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!(追記あり) : Kyu3’s Blog
Operaが新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」を発表!今後の展開に期待♪ : Kyu3’s Blog
OperaがPC用ブラウザの新スタンダード目指したコードネーム「R3(Reborn 3)」を発表!(追記あり) : Kyu3’s Blog


【追記(2019年6月13日)】


「Opera GX」を実際使用された方のツイートを中心に「Opera GX」に関するツイートまとめを作りました。興味があれば、見てみて下さい。

Opera GXの感想ツイートまとめ:Togetter

あと実際動作してるところを撮影した英語のレビュー動画を見つけたので、以下に掲載しておきます。



それと上記のまとめを作る過程で気づいたのですが、「Opera GX」は公式サイトでも「ゲーミング・ブラウザ」と表現されてるので、てっきりこのブラウザでゲームをするのがしやすいように作られたブラウザなのかと思ってました。しかし何人かがツイートで「『Opera GX』はゲームをするためのブラウザではなく、ゲームをしてる時に便利なブラウザ」と言う指摘をしていて、思わず腑に落ちました!確かにそうだなと。

そのような視点(ゲームをしてる時に便利)で見ると「Opera GX」のメモリとCPU使用量の制限機能は、ゲームアプリの動作を妨げるのを抑制する働きをするのに有効でしょうし、ビデオポップアップもゲームをしながら別の動画(※.参考にするためのレビュー動画等)が見られるので、これも役に立つでしょうし。

あと興味深かったのが、何人かの絵描きさんがこのブラウザに反応していたこと。絵描きさんの場合使用するのはゲームアプリではなく絵を描く用のアプリですが、やはりこの場合も「Opera GX」のメモリとCPU使用量の制限機能を使ってお絵描きアプリの動作に影響が出ないようにしていたり、絵を描きながらビデオポップアップで別の動画を見たりされてるようでした。

これらから考えて「Opera GX」は単にゲームをやるため(ゲームと一緒に使うため)のブラウザと言うのではなく、何か別の作業を行う時に一緒に使うのが便利なブラウザと言えるのではないでしょうか?そう考えると、この機能は是非普通の PC用Opera も搭載したら良いのではと思います。何らかの作業を別のアプリでしながら、ブラウザでも作業をする(WEB閲覧や動画視聴等々)と言うのはよくあることですし、とても汎用性のある機能だと思うので。


【追記 その2(2019年6月14日)】


「Opera GX」のメモリとCPUの使用制限機能に関するより詳しい説明が、PC Watch の記事に掲載されてました。それによると「メモリ(RAM)リミッター」は、設定によって以下のように動作するとのこと。

メモリやCPU使用量を制限できる“ゲーミングブラウザ”「Opera GX」:PC Watch

「RAMリミッター」は、ブラウザがどれだけメモリを使用できるかを設定できる。ストリーミングを行なっていたり、クラウドのファイルを開いたりする場合は、体験を重視するため設定値よりわずかに超える場合があるが、設定されたメモリ量以下にとどまるよう試みる。一方ハードリミットを設定した場合、いかなる条件下でも設定値以上は超えないとしている。

 「CPU リミッター」はCPU使用量を制限するもので、残ったリソースをゲームに回すことができる。


メモリやCPU使用量を制限できる“ゲーミングブラウザ”「Opera GX」:PC Watch』より引用。

また上記の引用で『残ったリソースをゲームに回すことができる』とあったり、『Opera GXを立ち上げたままでも、快適にゲームプレイできることを目標としている』と書かれていたことから、やはり Opera もこのブラウザでゲームが快適にできることを目指してるのではなく、別のゲームアプリを快適に動作するためこのような制限機能を搭載したんだなと思い、あらためて公式ブログのリリース記事を読んでみたところ、やはりその様な記載がありました。

Opera opens early access to Opera GX, the world’s first gaming browser - Blog:Opera Desktopチーム公式ブログ

We introduced this feature because running a game might require a lot of effort from your machine, even more so if you are streaming while you play. We found that many gamers often shut down their browsers in order to not slow down their gaming experience. Thanks to GX Control, games can run more smoothly without requiring you to compromise on what you do on the Web.

(上記の Google翻訳:この機能を導入したのは、ゲームを実行するためにはあなたのマシンから多大な労力が必要になる可能性があるためです。 私たちは、多くのゲーマーが彼らのゲーム体験を遅くしないために彼らのブラウザをしばしばシャットダウンすることを発見しました。 GX Controlのおかげで、Web上での作業に妥協することなく、 ゲームをよりスムーズに実行できます。

Opera opens early access to Opera GX, the world’s first gaming browser - Blog | Opera Desktop』より引用。

あとメモリやCPUの使用量を抑える事ができると言うことは、低スペックの PC の方が役立つのではと。ハイエンドPC だとメモリも沢山積んでる人も多いでしょうし、CPU の処理能力も高いでしょうから、ブラウザがメモリや CPU を多く使用したとしても、ゲームなどの他のアプリに影響が出にくいでしょうし。

なので、PCスペックに余裕の少ない環境で、ゲームに限らず他のアプリと同時にブラウザを使用してる方に、「Opera GX」はより役に立つと思います。


【追記 その3(2019年6月15日)】


「Opera GX」の公式HP に掲載されてる機能の中で、唯一『後日搭載予定』とされてる「Video Over Game」と言う機能。説明を読む限りだと既存の Opera にも搭載されてるビデオポップアウト機能と同じではないかと思い、公式フォーラムでビデオポップアウト機能との違いについて質問したところ、開発者の方から直接返信をもらえました。

What's the difference about "Video Over Game" and "Video Popout"?:Opera forums

それによると機能の詳細は分からないものの、開発者の方たちとって今のビデオポップアップ機能は自分たちが想定していたほど便利なものではないそうで、「Video Over Game」はビデオポップアウトよりも簡単に YouTube や Twitch などの動画をゲーム上に表示できるようにしたものなのだそうです。


【追記 その4(2019年6月21日)】


YouTube で「Opera GX」のインストールからファースト・インプレッションまでを録画した動画を中国の方がアップしていたので、以下に掲載しておきます。ひと通り機能を試してて、実際どう言う機能があるのかやどう動作するのかがとても分かりやすいので、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?




【追記 その5(2019年6月24日)】


Twitter で『Opera GX』と検索してて気づいたのですが、使用されてる方の情報によると、どうやら「Opera GX」はサイドバーと拡張機能バーが統合されてるようで、サイドバーの下側にサイドバー拡張が表示されるようになってるとのこと。



なお現在最新の PC版Opera Stable(バージョン60)では、これらは別々となっています。しかし今後 PC版Opera の方も、これらが統合される可能性が高いのではないかと。



【関連リンク】
『Opera GX lang:ja』で Twitter検索・・・「lang:ja」はTwitterで日本語検索する時に付与する検索コマンドいるです。


【追記 その6(2019年6月25日)】


「Opera GX」の更新があったようだったのですが、公式ブログに記事が上がってなかったので調べたところ、公式フォーラムの方にトピックが作られてました。

Opera GX - Update Released:Opera forums

まだあくまでアルファ版と言うことで、こう言う形にしたのではと思われます。なのでもし更新履歴が知りたい場合、しばらくは公式フォーラムを見る必要があるかと。


【関連リンク】
カテゴリ「Opera GX」:Opera forums
Opera デスクトップチーム公式ブログ

Operaがゲーマー向けPCブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!(追記あり)

Vivaldi が先日リリースしたバージョン 2.5でゲーマー向け機能を搭載(「Razer Chroma」をサポート)したから?と言う訳ではないでしょうが、今世界的に人気が非常に高い PCゲーム。そのユーザー向けに特化したPCブラウザ「Opera GX」のリリースを、Opera が予告していました。
※.「Opera GX」が正式にリリースされました!詳しくは別記事の方に書いたので、そちらを御覧ください。


どんな機能が搭載されるかまでは発表されていないので分かりませんが、早期利用者向けのメール登録ページのイメージ画像を見る限りだと、タブバーの左端にゲームコントローラーらしいアイコンがあり、サイドバー上部にスピードメーターっぽいアイコンも見られる事から、何らかの機能が搭載されるのは間違いないようです。

Opera GX - Gaming Browser:Opera・・・メール登録ページ。

Operaがゲーマー向けブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!? - 2
Operaがゲーマー向けブラウザ「Opera GX」のリリースを予告!? - 2 posted by (C)kyu3

またイメージ画像の上にマウスオーバーすると表示されるバーを動かしたところ、UI の色が変更されました。なので、UI の色を自由に変えれる機能の搭載や、Vivaldi と同じく「Razer Chroma」がサポートされる可能性もあるのではと。

色を変更してるところ↓



【関連リンク】
Opera GX - Gaming Browser:Opera
Sign up to get early access to Opera GX, Opera’s first gaming browser:Opera Desktopチーム公式ブログ
Razer Chroma公式ページ
「Vivaldi」v2.5が正式公開 ~Webブラウザーとしては初めて“Razer Chroma”に対応:窓の杜

【関連記事】
OperaがPC用ブラウザの新スタンダード目指したコードネーム「R3(Reborn 3)」を発表!(追記あり) : Kyu3’s Blog
Operaが新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」を発表!今後の展開に期待♪ : Kyu3’s Blog


【追記(2019年5月29日)】


Opera GXのカテゴリが公式フォーラムに作成されていたので、以下にリンクを掲載しておきます。


【関連リンク】
カテゴリ「Opera GX」:Opera forums


【追記 その2(2019年6月8日)】


Opera GX に関する追加アナウンスがありました!Opera 公式Twitterアカウントによると、Opera GX は来週(6/11)から行われる世界最大のゲーム見本市「E3」で、正式にリリースされるようです。なお時間は現地時間だと思いますが、6月11日午前8時。日本時間だと6月12日の午前0時に発表されるようです。



【関連リンク】
Opera 公式Twitter
E3 公式サイト


【追記 その3(2019年6月12日)】


今朝未明、予告どおり「Opera GX」が正式発表されました!この件について別記事にまとめたので、詳しくはそちらの記事(※.下にリンクあり)をご覧下さい。

OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース! : Kyu3’s Blog

OperaがPC用ブラウザの新スタンダード目指したコードネーム「R3(Reborn 3)」を発表!(追記あり)

昨年(2018年)春は新しいモバイルブラウザ「Opera Touch」と、PC版Operaの新機能を発表するイベント「R2」が開催されましたが、今年も「R3」と題した同様のイベントが開催されるようです。Opera公式Twitterアカウントでアナウンスしてました!(*^^*)
※今回はイベントは行われず、製品発表だけでした!…と言うことで、詳しいことは「追記 その2」を参照!

Opera公式アカウントのツイート↓

The R3 is coming | Opera browser for computers・・・上記のツイートに含まれるリンク先ページ。

イベント告知ページには『The New Stadard』と書かれてる事から、また大きな新機能か、もしくは新しいブラウザの製品の発表があるのかも…しれません。(*^^*) ワクワク

ちなみに2017年1月にも「R〇〇」とは題してなかったと思いますが、製品発表会が行われ、その時はコンセプトブラウザの「Opera Neon」が発表されています。

Operaが新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」を発表!今後の展開に期待♪ : Kyu3’s Blog

個人的にはすごく好みのブラウザで、できたら普通のPC版Operaと合わせて開発を続けて欲しかったのですが、残念ながらバージョンアップも1度もされることなく、開発終了してしまいました。(^^;

しかしオーナー企業の中国企業連合の気が変わって、開発続けて良いことになって復活してくれたら良いなぁ〜と…少し期待しています。(*^^*)

なお今回の「R3」イベント、開催日時はまだ発表されてないため分かりませんが、前回の「R2」の時はイベント告知から約2周間後にイベントが開催されているので、今回も2周間後くらい(2月中旬?)に開催されるのではと。もし気になる方は、イベント公式ページにメール登録する欄があるので、そこに登録してみてはいかがでしょう?


【関連リンク】
The R3 is coming | Opera browser for computers・・・イベント公式ページ。
R3: The New Standard of Browsing is coming:Operaデスクトップチーム公式ブログ・・・このイベントに関するブログ記事。
Opera公式Twitterアカウント
Opera Touch:Opera・・・昨年発表されたOperaの新しいモバイルブラウザ

【関連記事】
Operaがイベントでモバイルブラウザ「Opera Touch」とPC用ブラウザの新しい機能を発表!(追記あり) : Kyu3’s Blog
Operaが新しいコンセプトブラウザ「Opera Neon」を発表!今後の展開に期待♪ : Kyu3’s Blog
iOS版Opera Miniは近い将来開発終了?日本を含めほとんどの国のApp Storeで配信終了へ!?(追記あり) : Kyu3’s Blog


【追記(2019年2月6日)】


このイベントに関する公式ブログの記事を見つけたので、上の関連リンクに追加しました。


【追記 その2(2019年2月14日)】


予想通り発表は2月中旬でしたが、今回はイベントはなく、ただ製品の発表だけだったようです。…と言うことで、まずこの記事のタイトルを「Operaが今年(2019年)も春にイベント開催!」から変更しました。(^^;

…で、今日発表されたのはPC用の新しいOpera Developer(開発者向け)で、コードネームが「R3」とされるものです!



The Opera R3 browser (R3) developer with new design and Crypto Wallet:Operaデスクトップチーム公式ブログ

おもな変更点としては「デザインの変更」と「スクリーンショット撮影や簡易設定機能のボタンがアドレスバーに移動」と言ったところでしょうか。

ちなみに「Web 3.0(Dapps)」のサポートと「Android版Operaと連携した仮想通貨(暗号通貨)ウォレット機能」に関しては、すでに昨年秋にリリースされたOpera Developer 59にも実装されていることから、あらためてその機能を紹介したと言うところでしょうか?

Opera developer 59 with built-in crypto wallet access:Operaデスクトップチーム公式ブログ

なお正式版にこれらの変更や機能追加がなされるのは、まだ少し時間がかかりますが、それでも今年の春の間には、これら採用されるのは間違いないと思います。(*^^*)


【関連リンク】
The R3 is coming | Opera browser for computers・・・コードネーム「R3」に関する特別ページ。
The Opera R3 browser (R3) developer with new design and Crypto Wallet:Operaデスクトップチーム公式ブログ


【追記 その2(2019年2月18日)】


先日発表されたOpera Developer「R3」を分かりやすく説明してる記事が「窓の杜」にアップされてたので、以下に掲載しておきます。


【関連リンク】
「Opera R3」が開発者向けにリリース ~新しいデザインをテスト:窓の杜


【追記 その3(2019年4月9日)】


コードネーム「R3(Reborn 3)」の正式版であるOpera Stable 60(※.そのまえは「58」だったので「59」はスキップされたようです)が、リリースされました!(*^^*)/


Opera introduces Reborn 3, the first desktop browser with Web 3, faster VPN and ad blocker:Opera Desktopチーム公式ブログ

主な変更点は上記「追記その2」にある窓の杜の記事を読んでもらえば分かると思いますが、簡単に挙げると以下の4つでしょうか。
  1. デザインの変更
  2. 仮想通貨ウォレット機能のサポート(※要・Android版Opera
  3. スクリーンショット撮影機能のボタンがサイドバーからアドレスバーURL表示欄に移動
  4. 簡単設定のボタンがスピードダイヤルからアドレスバー右端に移動
ちなみに「3」のスクリーンショット撮影機能の移動に伴い(?)、これまでアドレスバーのURL表示欄内に表示されてた拡張のボタン(※例えば「AutoPagerize」や「Install Chrome Extensions」等)が、他の拡張と同じようにアドレスバーの右側に表示されるようになりました。

Opera 60のアドレスバー右側↓
「Reborn 3」ことOpera 60 No - 9:新しくなったアドレスバー
「Reborn 3」ことOpera 60 No - 9:新しくなったアドレスバー posted by (C)kyu3

あと今回の最新版リリースに関しては、PRにもかなり力を入れてるようで、コンセプトを紹介するページ(※英語)も作成されてました。その中の動画が結構カッコよかったので、以下に掲載しておきます。興味がある方は、見てみて下さい。(*^^*)

Opera "Escape" - set in a future controlled by technology:Opera・・・コンセプト紹介ページ。

Escape | A Sci-fi short film by Opera from Operabrowser on Vimeo.

最後にこの正式版リリースに伴い、この記事のタイトルを一部変更しました。


【追記 その4(2019年4月10日)】


Opera 60に関する記事がCNETに掲載されていたので、以下に掲載しておきます。


【関連リンク】
「Opera 60」公開、仮想通貨ウォレットを統合:CNET Japan


【追記 その5(2019年4月12日)】


Opera 60正式版リリースに関して書かれた記事を他にも複数見つけたので、以下に掲載しておきます。


【関連リンク】
暗号通貨ウォレットを統合 ~“Reborn 3”デザインをまとった「Opera 60」が正式公開:窓の杜
OperaがDapps対応の仮想通貨ウォレット搭載ブラウザをローンチ:CRYPTO TIMES
オペラがイーサリアムウォレットをデスクトップ版ブラウザに追加:コインデスク・ジャパン

独特の操作性とPC版Operaとの連携が特徴のモバイルブラウザ「Opera Touch」iOS版レビュー(追記あり)

今年(2018年)の4月のイベントで発表されたOpera社の新しいモバイルブラウザ「Opera Touch」のiOS版がリリースされたので、今回はそのレビュー記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

1. 「ファースト・アクション・ボタン」による独特の操作性


このブラウザの最大の特徴は、何と言っても画面下に表示されるこの「Fast Action Button(ファースト・アクション・ボタン)」(以下『FAB』と表記)でしょう。この丸いボタンをタップしてそのまま指を置いておくとメニューが表示され、画面をタップしたまま指を動かすことで、様々な機能やタブの切り替えなどが行なえます。

「FAB」のキャプチャ動画↓


上のキャプチャ動画だと指は写っていませんが、実際指を"アイコン"(例えば「←」や「x」)や"タブ"(各サイトの丸いファビコン)に移動させると、そのアイコンの機能名やタブで表示してるページのサムネイルが表示され、指を離すとその機能が実行されたりタブが表示されたりします。

この機能、正直慣れるのに少し時間がかかると思います。「使い勝手が良いか?」と言われると微妙。いくつかの機能や開いてるタブへの移動はSafariよりも早く行えますが、逆にSafariよりも手間がかかると感じる機能もあり…。またよく使う機能(例えば私の場合「共有」メニューを表示する機能)がFABメニューの中にないと、結局別の形で機能を実行することとなり、その場合結局Safariよりも手間がかかったりするので。(^^;

最新版(1.0.3)のFABメニュー↓
Opera Touch 1.0.3:FABメニューの説明
Opera Touch 1.0.3:FABメニューの説明 posted by (C)kyu3

ハンバーガーメニュー↓
(※. FABメニューにない機能は、こちらから実行することになります。)
Opera Touch 1.0.3のハンバーガーメニュー
Opera Touch 1.0.3のハンバーガーメニュー posted by (C)kyu3

ちなみにコツとしては、指をアイコンやタブに移動させ機能名やサムネイルが表示された後、すぐに指を離すのではなく、一瞬間(ま)を置いてから指を離すと、うまく操作できると思います。あと「3D Touch」をオンにしている方が、若干操作しやすいように感じられました。おそらく指を画面に押し込んでメニューを表示→機能を実行すると言う感覚で操作した方が、この機能を感覚的に理解しやすいからではないかと。

あと指をFABに置いてすぐ離す(※.要は普通のタップ)と、ホーム画面が現れます。こちらの使い勝手は、正直イマイチ。

ホーム画面↓
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 1(トップサイト)
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 1(トップサイト) posted by (C)kyu3

Chromeの"新しいタブ"と同じ様に、できるだけユーザーに手を煩わせないように、何もしないでも「トップサイト」によく見るサイトが追加されます。このやり方は合理的だとは思いますが、追加されるのはあくまでそのサイトのトップレベルURLのページ。なので、例えば私の場合「Yahoo!ニュース」のトピックス一覧ページをよく見るのですが、そちらのページのURLは『 https://news.yahoo.co.jp/topics 』です。しかしトップサイトに追加されるのはトップレベルなので、Yahoo!ニュースのトップページ(URLは『 https://news.yahoo.co.jp/ 』)が追加されてしまいます。

また普段よく見ないサイトでも、アクセスする時はすぐにアクセスできるようにしたいサイトもあると思います。例えば地震情報のページとか。なので、私はどうもこのトップサイトのような方式は、好きになれません。(^^;

一応そう言う人向けに(?)簡易ブックマーク機能(「スター付き」)も用意されていますが、トップサイトの下に表示されるので、ちょっとアクセスしにくいです。ちなみにこの「スター付き」に追加するには、右上のハンバーガーメニューの『☆』マークを、追加したいページでタップします。こちらはトップレベルでなく、見ているサイトのURLがそのまま追加されます。


2. Safariよりも広いページの表示範囲


iOS版のOpera Touchがリリースされた時、メディアの記事ではやたらと「大画面端末で操作しやすい!」と書いてる記事が見られました。

「iPhone XS Max」の大画面に特にお勧め──「Opera Touch」ブラウザのiOS版登場:ITmedia Mobile
大型化の時代ゆえのありがたみ。片手操作が楽しいブラウザ「Opera Touch」がiOS向けに登場:ギズモード・ジャパン
大画面でも操作しやすい!老舗ウェブブラウザOperaから『Opera Touch』がリリース:カミアプ

しかし私はこの意見には疑問です。と言うのも、自分が使いたい機能やよく使う機能が全てFABにあれば、そう言えなくもないと思いますが、現状そう言う人はほとんどいないでしょう。そうなると右上のメニューにアクセスせざるを得ず、むしろ大画面端末だと操作しにくいのではと思うので。

逆に私は小さい画面の端末の方がメリットがあると思います。と言うのもOpera Touchは、SafariよりもWEBページの表示範囲が少し広いので、より多くのコンテンツを表示することができます。これは大画面端末よりも小さい端末の方が、メリットだと感じることでしょうから。

Opera TouchとSafariの表示範囲比較↓
(※. アドレスバー表示時)
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 4
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 4 posted by (C)kyu3

Opera TouchとSafariの表示範囲比較↓
(※. 画面をスクロールさせ、UIを消してる状態)
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 2
Opera TouchとSafariの全画面表示比較 - 2 posted by (C)kyu3

いずれにせよ、Safariよりも表示範囲が広い点は、Opera Touchの特徴の1つと言えると思います。なので「とにかく1行でも1ピクセルでも、ページの表示範囲を広くしたい!」と言う、いわゆる"表示領域絶対主義"な人には、お薦めと言えるかもしれません。


3. 「My Flow」などのPC版Operaとの連携機能


Opera Touchには、PC版Operaとの連携機能が搭載されています。メールアドレスの追加もアカウント作成も必要なく、QRコードを使って接続できる点は、優れてるなと思います。(*^^*)

連携の仕方は以下の通りです。
  1. PC版Operaの設定画面で「My Flow」を有効。
  2. 新しいサイドバーに「My Flow」アイコンが表示されるので、それをクリック(※. 新しいサイドバーをウィンドウ端に常時固定表示してない場合は、スピードダイヤル画面に表示されます)。
  3. 「My Flow」の接続案内画面が表示されるので、案内に従ってQRコードを表示。
  4. Opera Touchの設定画面か、ホーム画面左スワイプで表示される「My Flow」画面で『コンピュータに接続』をタップ。
  5. Opera Touchで『QRコードをスキャン』をタップ。
  6. Opera TouchのQRコードリーダー機能を使って、PC版Operaの画面に表示されるQRコードを読み込む。
一応接続設定画面に分かりやすい解説も表示されるので「接続の仕方が分からない」と言う方はいないでしょうが、実際接続してる様子を含むレビュー動画をインドのTech系メディア「Tech2」がアップしていたので、以下に掲載しておきます。なおこちらは初期のAndroid版とPC版Operaとの接続の様子を撮影しているので、PC版のサイドバーに表示される画面が若干異なりますが、やり方は変わりません。



接続が完了すると、いわゆる「あとで見る」系サービスの「My Flow」が利用できるようになるほか、PC版Operaの 最近開いたタブ 最近使用したタブ(に表示されてるWEBページ)がホーム画面の最上部に、PC版Operaで現在開いてるタブ一覧がOpera Touchのタブ一覧画面の最下部に表示されます。なおホーム画面の表記では『最近 "閉じた" タブ』となっていますが、これは『最近 "開いた" タブ』の誤訳です。

ホーム画面のPC版Operaで 『最近 "開いた" タブ』『最近 "使用した" タブ』↓
Opera Touch;PC版と接続時のホーム画面 - 3(画面上に「最近開いたタブ」)
Opera Touch;PC版と接続時のホーム画面 - 3(画面上に「最近開いたタブ」) posted by (C)kyu3

タブ一覧画面のPC版Operaで開いてるタブ一覧↓
Opera Touch;PC版接続時のタブ一覧下にPCで今開いてるタブ - 3
Opera Touch;PC版接続時のタブ一覧下にPCで今開いてるタブ - 3 posted by (C)kyu3

「My Flow」の使い勝手は、正直これもイマイチ。と言うのも、ページを追加(送信)するのは非常に楽なのですが、まずOpera TouchとPC版以外でこの機能を使ったり、追加したページを見ることはできません。例えば私は長年「Pocket」と言う「あとで見る」系のサービスを使っていますが、これだとOpera Touchだけでなく、SafariやTwitterなど、他のアプリからもページを追加することができます。また専用アプリに加え、どのブラウザでも、サイトにアクセスしてログインすれば、追加したページを見ることができます。なので比較すると「Pocket」の方がどうしても良いと感じてしまいます。

また追加したページの表示方法も「Pocket」のようなリスト表示でなく、個々の追加したページの表示方式が結構上下の幅がある方式なので、数が多いと見にくくなるでしょう。さらにPC版でタブ内表示すると、なぜか右端に偏ってしまうのも残念なところ…(^_^;

Opera Touchで「My Flow」を表示↓
Opera Touch 1.0.3:My Flow
Opera Touch 1.0.3:My Flow posted by (C)kyu3

PC版Operaで「My Flow」をタブ内表示↓
PC版Operaで「My Flow」を表示 - 3:全画面
PC版Operaで「My Flow」を表示 - 3:全画面 posted by (C)kyu3

ただ1つ興味深いのは、この機能はページのURLを追加できるだけでなく、テキストも追加できること。一応改行も反映される(※. PC版Operaでは『Enter』キー押すと改行でなく追加されてしまうので注意)ので、ToDoリストとして使えるかもしれません。

「My Flow」に追加されたテキスト↓
Opera Touch:My FlowをToDoリストとして使う - 2
Opera Touch:My FlowをToDoリストとして使う - 2 posted by (C)kyu3


4. その他の機能とTips、将来的可能性


最後に上記の機能以外について、いくつか書いておこうと思います。まず広告ブロック機能等について。Opera Touchには広告ブロック機能と仮想通貨マイニング・スクリプトのブロック機能が搭載されていますが、初期状態では広告ブロック機能はオフになっているので、注意して下さい。もし利用したい場合は、手動で設定でオンにする必要があります。

広告ブロック等の設定画面↓
Opera Touchの設定画面:全般
Opera Touchの設定画面:全般 posted by (C)kyu3

次に公式HPでもApp Storeの説明欄に搭載が謳われている「音声検索」機能は、現在最新のver.1.0.4にも搭載されていません。Andoid版のみです。あとこれはFAQページに記載されていますが「ページ内検索」も、現在はAndroid版のみです。
※.「音声検索」「ページ内検索」ともに最新のVer.1.3.1に搭載されています!詳しくは追記その2を参照

Page view:Opera Touchの公式ヘルプページ・・・当該ページ(※英語)

なお公式フォーラムでこれらの機能搭載について質問したところ、ページ内検索は「すぐに搭載予定」、一方音声検索は「搭載予定だけど、時期は明言できない」とのこと。

Will "Voice Search" and "Find text in page" features be supported?:Opera公式フォーラム・・・当該トピック(※英語)

次にTips(ちょっとしたお役立ち情報)ですが、ホーム画面のスクロール位置は、ある程度の間保持されるみたいなので、例えば私みたいにトップサイトが肌に合わず、簡易ブックマークの「スター付き」をメインに使いたいと場合は、「スター付き」のところまでスクロールさせておくとしばらくこの状態が保持されるので、試してみてはいかがでしょう?ちなみに再起動したり長い時間経ってから使用する(?)と、元のホーム画面最上部の位置まで戻ってしまいますが…(^^;

スター付き↓
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 2(お気に入り)
Opera Touch:PC版と未接続時のホーム画面 - 2(お気に入り) posted by (C)kyu3

それと「My Flow」の画面は、実は「flow.opera.com」と言うURLのページを表示しています。なので、サイドバー表示の場合はURLが表示されないので駄目ですが、サイドバーを常時固定せずスピードダイヤルの横に表示して使用すると、上記の画像のようにタブ内表示されるので、その際URLをコピー(※ブックマークボタンが非表示となっているので)し、『スピードダイヤルに追加』などのメニューから追加すると、スピードダイヤルに登録することもできます。

最後に「My Flow」の将来的可能性に関して。実はiOS版リリース直後、ひょっとしたら一部のユーザーだけかもしれませんが、Opera TouchとPC版Operaの「My Flow」の投稿欄に"アップロードボタン"が表示されていました。この矢印ボタンをクリックすると画像のアップロードが、PC版Operaの方でできました。

iOS版Opera Touchリリース直後の「My Flow」に表示されたアップロードボタンとアップロードできた画像↓
Opera「My Flow」は将来的に画像のアップロードに対応?
Opera「My Flow」は将来的に画像のアップロードに対応? posted by (C)kyu3

ただ上の画像のように、アップロードできた画像はなぜかモザイクがかかった状態。さらにOpera Touchの「My Flow」には表示されず、Opera Touchの「My Flow」に表示されていた矢印ボタンをタップしても、何も起きませんでした。ちなみに現行のOpera TouchおよびPC版Operaの「My Flow」には、矢印ボタンは表示されなくなりました。

しかし何らかの原因で連携の接続が切れた時に「My Flow」に表示された画面に『10MBのファイルが送信できる』と書かれていたので、将来的にはファイルのやり取りも「My Flow」で可能になるかもしれません。そうなると、色々活用の幅が広がる…かもしれません。(*^^*)

接続が切れた時に表示された画面↓
Opera Touch:接続失敗時(?)に出た通知に「10MBまでファイルアップロード可能」と言う表記? - 3
Opera Touch:接続失敗時(?)に出た通知に「10MBまでファイルアップロード可能」と言う表記? - 3 posted by (C)kyu3

I can't upload and download images in My Flow:Opera公式フォーラム・・・この件について公式フォーラムに書いた問い合わせ(※英語)。どうやらモデレーター(※フォーラム管理者、Opera社の社員ではない)の方も、この機能を知らなかったようです。


5. 総評


最後に総評ですが、Safariなど他のブラウザと比べて使い勝手が良い機能もあるものの、まだまだ機能不足だったり、改善の余地があるところも多く、正直点数をつけるとすると100満点で言えば「65点」くらいかなと。(^^;

今後に期待する点としては、ページ表示領域が広いのはメリットあると思うので、是非リーダーモードを搭載して欲しいなと思います。またAndroid版を試した時「音声検索」がかなり使い勝手良いなと感じたので、早くこの機能が搭載されると良いなと。
※.「音声検索」「ページ内検索」ともに最新のVer.1.3.1に搭載されています!詳しくは追記その2を参照

あと「My Flow」がiOSの「App Extension」(共有拡張機能?)に対応してくれると、他のブラウザやアプリなどから「My Flow」が利用できるようになるので良いなと思います。ファイルのアップロードに関しては、実際試してみないと何とも言えないなぁ〜と言う感じです。

それと上記でも書きましたが、私は「トップサイト」がどうも肌に合わないので、これを非表示にできるようになると良いなと思います。またFABで使える機能のカスタマイズができたら良いなと。これは公式フォーラムの要望にも書いたのですが、『戻る』機能はスワイプ操作でできるので要らないと思いますし、それより『共有』ボタンの方がよく使うので、『戻る』機能の所にあったら便利だなと思います。(*^^*)

I want to select the menu of Fast Action Button!:Opera公式フォーラム・・・上記の公式フォーラムへの要望(※英語)


【関連リンク】
Opera Touch公式HP
‎Opera Touch:App Store
Opera Touch:Opera Help・・・公式ヘルプページ(※英語)
iOS版Opera Touch:Opera公式フォーラム・・・公式フォーラムの同製品関連カテゴリ(※英語)
Opera introduces Opera Touch and challenges Safari on iPhone:Operaモバイルチーム公式ブログ・・・リリース案内記事

【関連記事】
Operaがイベントでモバイルブラウザ「Opera Touch」とPC用ブラウザの新しい機能を発表!(追記あり) : Kyu3’s Blog
iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化! : Kyu3’s Blog


【追記(2018年10月31日)】


上記の『3』のPC版Operaとの連携機能のところで紹介した、連携中ホーム画面最上部に表示される『最近 "閉じた" タブ』の誤訳をフォーラムで報告したところ、この欄に表示されるのは『最近 "開いた" タブ』と言うより『最近 "使用した" タブ』と言うことが分かりました。

Japanese Mistranslation in Home page:Opera公式フォーラム

厳密に言うと『最近 "開いた" タブ』でも間違ってはいないでしょうが、『最近 "開いた" タブ』だと「最近使用したタブ」と言う意味にも取れますし、『新しいタブを作成して、そこで開いたページ』とも取れるので、的確では無いのではないかと。(^_^;

そのため本文の一部を修正しました。ちなみに英語版だとこの欄は『Recent tabs from Computer』となっています。


【追記 その2(2019年1月25日)】


昨日(2019年1月24日)リリースされた最新バージョン1.3.1で、待望の「音声検索」機能が搭載されました!あとiPad版も出ました。(*^^*)


それと「ページ内検索」機能も、このバージョンに搭載されてました!バージョン履歴を確認したところ、昨年(2018年)11月にリリースされたバージョン1.1.0で搭載されたようです。

ページ内検索機能↓
Opera Touch 1.3.1:ページ内検索 - 4
Opera Touch 1.3.1:ページ内検索 - 4 posted by (C)kyu3

ちなみにOpera Touchの「音声検索」機能は、iOS版ChromeやMicrosoft Edgeの「音声検索」機能と異なり、iOSに備わってる「音声入力」機能を使用するようで、その機能を有効にしていないと使用できませんでした。

iOSの「音声入力」機能をオンにするよう求めるアラート↓
Opera Touch 1.3.1:音声入力機能が追加 - 1(iOSの音声入力をオンにしないと使えない)
Opera Touch 1.3.1:音声入力機能が追加 - 1(iOSの音声入力をオンにしないと使えない) posted by (C)kyu3

実際「音声検索」機能を使用してるところ↓
Opera Touch 1.3.1:音声入力機能が追加 - 3(音声入力実行)
Opera Touch 1.3.1:音声入力機能が追加 - 3(音声入力実行) posted by (C)kyu3

ちなみにiOSの「音声入力」機能は、設定アプリの[一般 >キーボード]に設定項目があります。( ´ ▽ ` )ノ

iOS12の「音声入力」機能の設定項目↓
iOS 12:音声入力の設定
iOS 12:音声入力の設定 posted by (C)kyu3


【関連リンク】
Opera Touch with Private Mode for iOS and Android, also available on iPad:Operaモバイルチーム公式ブログ・・・最新の1.3.1のリリース記事です。

OperaとVivaldiでサッカーW杯を楽しむ方法

サッカー・ワールドカップ・ロシア大会が始まって、はや数週間。今大会は「NHK」と「Tver」の専用サイトとアプリで各試合がストリーミング配信(あと見逃し配信やハイライト配信)されるようになり、非常に視聴しやすい大会となってます!そんなワールドカップの配信およびワールドカップのサイトなどをOperaやVivaldiで楽しむ方法について、今回は記事を書こうと思います!( ´ ▽ ` )ノ

1. Operaのビデオポップアウトだと「ながら」視聴が快適!


Operaは2年前から動画をポップアップ表示する「ビデオポップアウト」機能を搭載していますが、今回の大会でライブストリーミングを行ってる「NHK」と「Tver」ともに、この機能を使用することができました

2018 FIFA ワールドカップ:NHKスポーツオンライン
2018 FIFA ワールドカップ:Tver

なので、例えば他のタブでTwitterをしつつライブストリーミングを視聴したり、あるいは他のアプリで作業していても同じデスクトップで作業してる限りは動画が最前面に表示されるので、他のアプリで作業しながらライブストリーミングを視聴することができます!(>ω<)/

(※注:以下ライブストリーミングのスクショは、すべてモザイクがかかっています。)

TweetDeckでTwitterをしつつ、ビデオポップアウトでライブストリーミングを視聴↓
Opera 53:ビデオポップアウトでTweetDeck開きながらワールドカップを視聴!
Opera 53:ビデオポップアウトでTweetDeck開きながらワールドカップを視聴! posted by (C)kyu3

写真アプリで写真を編集しつつ、ビデオポップアウトでライブストリーミングを視聴↓
写真アプリで写真編集しつつ、Operaのビデオポップアウトでワールドカップを視聴!
写真アプリで写真編集しつつ、Operaのビデオポップアウトでワールドカップを視聴! posted by (C)kyu3

ちなみに「NHK」と「Tver」の動画再生に関する注意点ですが、視聴するには広告ブロック機能および広告ブロック拡張をオフにしないといけないのに加え、たまにそうしなくてもOKな時があるのがよく分からないのですが、サードパーティーCookieを認める設定にしていないと視聴できない時がありました(Opera・Vivaldiともに)!ちなみに『サードパーティーCookie』に関する説明は、以下のリンク先ページを参照して下さい。

サードパーティクッキーって何だっけ? 今さら聞けないHTTP Cookieのキホン:Web担当者Forum
サードパーティCookieを禁止する:Firefoxヘルプ

なので、もし広告ブロック機能(および拡張)をオフにしてても動画が見られない場合は、こちらの設定を変更してみてはいかがでしょう?

あとOperaもVivaldiも「サードパーティーCookieの設定がどこにあるか分からない」と言う場合は、両方とも設定画面に検索窓が用意されてるので、そこに『Cookie』と入力すると設定が表示されます。

Vivaldiの設定画面で『Cookie』と入力↓
Vivaldi 1.16:サードパーティーCookieの設定
Vivaldi 1.16:サードパーティーCookieの設定 posted by (C)kyu3


2. Vivaldiのタブタイリングで2つの試合や複数のカメラを同時視聴可能!


グループリーグ終盤になると2つの試合が同時に行われるようになり、1つの試合を見てても他会場がきになることがありますが、Vivaldiのタブタイリング機能を使えば、2試合同時に見ることもできます!!(*^^*)

左右に「NHK」と「Tver」の異なる試合の映像を同時表示した場合↓
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 3(左右並び)
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 3(左右並び) posted by (C)kyu3

上下に「NHK」と「Tver」の異なる試合の映像を同時を表示した場合↓
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 6(上下表示、UI非表示)
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 6(上下表示、UI非表示) posted by (C)kyu3

さらに今回「NHK」のライブストリーミングの場合、マルチアングルで様々な視点や複数のアングルを同時に見る機能もあります。この機能の説明は、以下のページおよびページ先の動画を参照して下さい。

【2018 FIFA ワールドカップ】便利な使い方:NHKスポーツオンライン

この機能をVivaldiのタブタイリング機能と組み合わせて使うことで、同じ試合を異なるアングルで同時に楽しむこともできます

「NHK」ライブストリーミングの異なるアングルの映像を上下に表示↓
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 9(マルチアングル同時視聴)
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 9(マルチアングル同時視聴) posted by (C)kyu3

「NHK」ライブストリーミングの普通の試合映像とマルチアングル映像を左右に表示↓
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 7(マルチアングル同時視聴)
Vivaldi:タブタイリングで2つのワールドカップ動画を同時視聴! - 7(マルチアングル同時視聴) posted by (C)kyu3

ちなみにVivaldiの最新の安定版1.15(※2018年6月28日時点)では、残念ながらまだこのタブタイリング機能で表示してるページの幅を調整できませんが、スナップショット(ベータ版)の方では可能になってます!

Vivaldi最新スナップショットで、タブタイリングの表示幅が変更可能に!? : Kyu3’s Blog


3. WEBパネルでワールドカップ情報をチェック!


最後にVivaldiの人気機能「WEBパネル」を使う事でも、ワールドカップをより楽しめるようになると思います。例えば試合の日程や時間をチェックしたり、試合中選手のプロフィールを参照したりするのにも活用できると思いますし、動画のちら見やテキスト実況などをチェックすると言う使い方もできるでしょうから。(*^^*)

以下で紹介するのは、これらに適してると思われるサイトをピックアップしたものです。


a. 2018 FIFAワールドカップ ロシア:サッカーキング

Vivaldi WEBパネル:サッカーキングのワールドカップ特集 - 1
Vivaldi WEBパネル:サッカーキングのワールドカップ特集 - 1 posted by (C)kyu3


b. 2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会-サッカー:朝日新聞デジタル

Vivaldi WEBパネル:朝日新聞iのワールドカップ特集 - 4
Vivaldi WEBパネル:朝日新聞iのワールドカップ特集 - 4 posted by (C)kyu3


c. ロシアワールドカップ特集:スポーツナビ

Vivaldi WEBパネル:Sportsnaviのワールドカップ特集 - 1
Vivaldi WEBパネル:Sportsnaviのワールドカップ特集 - 1 posted by (C)kyu3


d. FIFAワールドカップ:Tver(※動画も視聴可能!)

Vivaldi WEBパネル:Tverは動画の視聴も可能! - 1
Vivaldi WEBパネル:Tverは動画の視聴も可能! - 1 posted by (C)kyu3


e. 2018 FIFA ワールドカップ:NHKスポーツオンライン(※テキスト実況)

Vivaldi WEBパネル:NHKワールドカップのライブ配信ページ - 1(テキスト実況)
Vivaldi WEBパネル:NHKワールドカップのライブ配信ページ - 1(テキスト実況) posted by (C)kyu3

ちなみにOperaでもVivaldiのWEBパネル機能とほぼ同じ機能を再現できる拡張機能があるので、Operaでもこう言う機能が使いたいと言う方は、以下のリンク先の拡張機能(「Web Panel」)をインストールしてみてはいかがでしょう?

Web Panel:Opera公式拡張配布サイト


【関連リンク】
2018 FIFA ワールドカップ:NHKスポーツオンライン
2018 FIFA ワールドカップ:Tver

【関連記事】
ワールドカップのストリーミング動画配信ページを知る方法 : Kyu3’s Blog
Opera 37レビュー:動画のポップアップ、広告ブロック、ほか : Kyu3’s Blog
Vivaldiのお薦め機能:空間ナビゲーション、ニックネーム、タブタイリング : Kyu3’s Blog
Vivaldi最新スナップショットで、タブタイリングの表示幅が変更可能に!? : Kyu3’s Blog
Vivaldi WEBパネルのお薦め活用法 : Kyu3’s Blog


【追記(2018年7月2日)】


「Tver」だとWEBパネルで動画視聴可能だったので、「3」のお薦めサイトに追加しました。(*^^*)


【追記 その2(2018年7月3日)】


VivaldiのWEBパネル機能に関して追記。先の追記でも書いた通り、Vivaldi WEBパネルで「Tver」の動画(およびライブ中継も)を見ることはできますが、「NHK」は残念ながら見ることができない…かと思っていたのですが、違ってました!(^^;

今回「NHK」はワールドカップ専用サイトで、2つのライブ配信を行っています。1つはネット専用。もう1つはテレビ放送と同じ映像と音声を同時配信するものなのですが、テレビと同時配信する方は、Vivaldi WEBパネルでも見ることができました!(*^^*)

【2018 FIFAワールドカップ】放送同時配信:NHKスポーツオンライン

Vivaldi WEBパネル:NHKワールドカップ放送同時配信はライブ動画も視聴可能! - 1
Vivaldi WEBパネル:NHKワールドカップ放送同時配信はライブ動画も視聴可能! - 1 posted by (C)kyu3

カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • OperaがE3でゲーマー向けブラウザ「Opera GX」をリリース!(追記あり)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • ドラマに使えそうな木曽川沿いの絵になる景色(岐阜県各務原市)
  • AmazonプライムとHuluのお薦め作品(2019年6月):「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」「カメラを止めるな!」
  • AmazonプライムとHuluのお薦め作品(2019年6月):「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」「カメラを止めるな!」
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
  • これまで観た中でお薦めのシットコム 5選
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)