Safari

iOS版Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」は、ブロックしたい要素を指定(タップ)してブロック可能!

最近よく使ってるWEBサービスに、コンテンツを見にくくするような広告が表示されるようになりました。こんな時PCブラウザだと、広告ブロック拡張を使って広告が表示される部分を右クリックなどで指定して、簡単にブロック(非表示化)できるのですが… 「iOS版Safariだと、そうはいかないなぁ〜」なんて思ってたら…できました!私が使ってるSafariの広告ブロック拡張アプリ「1Blocker」を使えば、PCブラウザと同じように、簡単にブロックしたい部分を指定してブロックできます!

…と言う事で、今回はこの1Blockerの「ブロックしたい部分を指定してブロックする」機能について、簡単にブログの記事を書こうと思います!( ´ ▽ ` )ノ


1. ブロック手順


今回手順を書くに当たって使用したのは、私が長年使ってる写真共有サービス「フォト蔵」のページです。最近このスクリーンショットの様に、フォト蔵のカメラ買い取りサービスの広告が表示されるようになりました。今回はこちらをブロックします。

モバイル版フォト蔵ページのスクリーンショット↓
(※実際スクリーンショットを撮影したページは、こちら
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 1

まずはSafariの下側のツールバーの共有&拡張機能ボタンをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 3(Appエクステンション)

…すると、以下のような画面が表示されるので、この画面一番上の『ACTIONS』欄の『Hide Element(要素を隠す)』部分をタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 5

…すると、以下のような広告が全て表示された状態の元ページが表示されるので、ここでブロックしたい部分をタップします。

なおこの画面だと画面下部にも広告が表示されますが、それはこの広告ブロック拡張か、もしくは別の広告ブロック拡張ですでにブロックされてる要素(一番上のスクショに表示されてない)なので、今回は無視します。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 6(ブロックしたい要素を選択)

ブロックしたい部分をタップすると、以下のように指定する範囲が赤線で仕切られた状態になります。この時もし指定されてる範囲が自分が思ってるより狭かったら、画面下の『Expand(広げる)』ボタンを、逆に広かったら『Narrow(狭める)』ボタンをタップすることで、指定範囲を調節できます。今回はこれで良かったので、良ければ右上の『Save』ボタンをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 8(ブロックしたい要素を選択)

…すると、以下のようなSave完了アラートが表示されます。この時もし他にもブロックしたい要素があれば『Hide Another Element(他の要素を隠す)』をタップ、無ければ『Return to Safari』をタップすれば、指定した部分がブロックされた元ページが表示されます。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 9(ブロックしたい要素を選択)

指定した部分がブロックされたフォト蔵ページ↓
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 13(ブロック済み)

上のスクリーンショットとブロック前のスクリーンショットを比較する画像も作ったので、以下に掲載しておきます。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 15(ブロック前と後の比較)

ちなみに今回のように特定のページで要素を指定してブロックした場合、指定したページだけでなく、その指定したサイト全体でブロックが実行されます。その点は、PCブラウザの広告ブロック拡張と同じです。


2. ブロックした部分は、解除・編集・削除が可能!


広告をブロックしてみたものの、表示が崩れたり、見たい部分が見れなくなってしまうなんて事も起こりうると思います。そう言った場合、ブロックした部分を再度表示(ブロック解除)したり、ブロック部分の編集・削除も可能です!( ´ ▽ ` )ノ

そう言った設定変更は、アプリの方で行います。アプリの『Hide Page Elements』をタップします。

なおこのアプリは基本無料で利用できますが、無料で利用できるのは、沢山あるブロック項目の中の1つのみです。2つ以上利用する場合は、アプリ内課金で課金(2017年7月19日現在、600円)する必要があります。
(あとひょっとしたらこの『Hide Page Elements』のある『Configurable』欄は、課金しないと使えなかったかも…しれません。(^^; )

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 11

『Hide Page Elements』をタップすると、以下のような画面が表示されます。この時ブロックした部分をブロック解除する場合は、スイッチボタンで無効に切り替えます。一方ブロックした部分を編集または削除する場合は、編集または削除したい項目を左側に押し込みスワイプするとメニューが表示されるので、いずれかをタップします。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 12(ブロックした要素の管理画面)

押し込みスワイプしたところ↓
Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 19(指定した部分は編集・削除も可能)

上の画像で『Edit(編集)』メニューをタップすると、以下のような画面が表示されます。編集画面では、指定した部分(CSS)の編集やこのブロック・フィルターを適用する範囲(全てのサイトか特定のドメインか等)適用サイトのドメイン(URL)を追加することができるようです。

Safariの広告ブロック拡張「1Blocker」:ブロックしたい場所を指定してブロック可能! - 20(指定したブロック部分の編集)


【関連リンク】
1Blocker 公式サイト
1Blocker:iTunes App Store

【関連記事】
iOS 9 Safariの「広告ブロック機能」は64bit CPU端末のみ使用可能! : Kyu3’s Blog

macOS Sierraにアップデートしたら起こった不具合(Vivaldi、Opera、Firefox、Safari)

これまで数回 Mac OS X のメジャーアップデートをしてきましたが、その間、特に不具合が起こった印象がなかったので、今回「Mac OS X」改め「macOS」のメジャーアップデート「macOS Sierra」も、リリースと同時にアップデートしました!

macOS Sierra 10.12:このMacについて - 2
macOS Sierra 10.12:このMacについて - 2 posted by (C)kyu3

ところが今回は、結構面倒な不具合がいくつか発生!しかも一番よく使う WEBブラウザ(以下『ブラウザ』と表記)で発生するので、今なお少し苦労しています。(ಠ ὡ ಠ )むむむ

…と言うことで、今回は macOS Sierra にアップデートして起こった不具合に関して、ブログの記事を書こうと思います。


a. フルスクリーンモード中に新しいウィンドウ開くと、ウィンドウの表示がおかしくなる!


今回起こった不具合の中で、一番大変だったのが、この不具合!私が Mac にインストールしてる全ての ブラウザ(Vivaldi 1.5、Opera 40、Firefox 49、Safari 10、※Vivaldi のみ正式版でなく Snapshot)で、発生しました。

具体的な症状としては、以下の通りです。いずれもフルスクリーンモード(※OS のフルスクリーンモード)中に、新しいウィンドウ(またはプライベート・ウィンドウ)を開くと、発生します。

  1. フルスクリーンモード中に新しいウィンドウ開くと、開いたウィンドウが元のウィンドウに重なった様に表示される!(※Vivaldi、Opera、Firefox で発生)
  2. フルスクリーンモード中に新しいウィンドウ開くと、新しいウィンドウがフルスクリーンモードで普通に開くものの、元のウィンドウが真っ黒になってしまう!(※Vivaldi のみ発生)
  3. 上記の『1』・『2』で、それぞれのブラウザでフルスクリーンモードを解除しデスクトップモードにすると、ウィンドウ上部がおかしくなる!(※Vivaldi と Opera で発生)
  4. 普通のウィンドウでフルスクリーンモード中に新しいウィンドウ開くと、ウィンドウでなく新しいタブが、同一ウィンドウ内に開かれる。しかし普通のウィンドウでフルスクリーンモード中プライベートウィンドウを開くと、問題なくプライベートウィンドウが、フルスクリーンモードで開かれる。(※Safari のみ発生)

『2』の状態の時のミッションコントロールのスクリーンショット(Vivaldi)↓
Vivaldi 1.5.609.8:macOS Sierraのフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くと挙動がおかしい - 2
Vivaldi 1.5.609.8:macOS Sierraのフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くと挙動がおかしい - 2 posted by (C)kyu3

『2』の状態で、2つのウィンドウを重ねて表示する「Split View」機能を使った時のスクリーンショット(Vivaldi)↓
Vivaldi 1.5.609.8:macOS Sierraのフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くと挙動がおかしい - 3
Vivaldi 1.5.609.8:macOS Sierraのフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くと挙動がおかしい - 3 posted by (C)kyu3

『3』のスクリーンショット(Opera)↓
Opera 40:macOS Sierraでフルスクリーンモード中、新しいウィンドウ開くと、ウィンドウが重なって表示される不具合! - 7
Opera 40:macOS Sierraでフルスクリーンモード中、新しいウィンドウ開くと、ウィンドウが重なって表示される不具合! - 7 posted by (C)kyu3

なおこれらの問題は、システム環境設定アプリの『Dock』の欄の『書類を開くときは、タブで開く』の項目を、『手動』に切り替えれば、問題なくフルスクリーンモードで新しいウィンドウを開くことができるようになります!ただし Firefox のみ、この設定変更をしても、問題は解消されませんでした。

macOS SIerra 10.12のシステム環境設定「Dock」の項目 - 3(書類を開くときはタブで開く、手動)
macOS SIerra 10.12のシステム環境設定「Dock」の項目 - 3(書類を開くときはタブで開く、手動) posted by (C)kyu3

最後に余談ですが、これらの問題は症状や設定項目から考えても、macOS Sierra の新機能「タブ」に関連してるものと思われます。

macOS Sierra の概要:Apple 公式HP・・・ページ最下部に「タブ」の説明あり。


b. HTML 5動画の再生が終わると、タブがクラッシュする!


次に困った不具合が、この不具合。YouTube や Twitter、Vimeo などの "HTML 5動画"(※埋め込み動画も含む)の再生が終わると、タブがクラッシュすると言うものです。

YouTube 動画が再生し終わって、タブがクラッシュしたところ(Vivaldi)↓
Vivaldi 1.5.609.8:macOS SierraでYouTube再生リストで動画を再生してると…
Vivaldi 1.5.609.8:macOS SierraでYouTube再生リストで動画を再生してると… posted by (C)kyu3

これらの不具合は、私のメイン WEBブラウザである Vivaldi と Opera で発生しました。ちなみに Firefox と Safari では、発生しませんでした。あと Vivaldi では、全ての YouTube 動画で発生した訳ではなく、特定の動画のみ(?)で、タブがクラッシュしました。具体的には、以下のリンク先の動画です。

Vivaldi がクラッシュした動画とその動画が埋め込まれてるページ↓

なおこの不具合、Opera の方は、すでに先日リリースされた正式版で解消されています。

Opera Stable update for macOS 10.12 Users:Opera Desktopチームの公式ブログ・・・不具合解消に関する公式ブログの記事(※表記は英語)。

一方 Vivaldi の方は、Snapshot(開発途上版)の方では、解消されています。しかし正式版ではまだなので、YouTube 動画に関しては、動画プレーヤーを HTML 5 から Flash Player に切り替える拡張を使うことで、クラッシュを避けることができます。

Snapshot 1.5.618.8 - Drag tabs between windows and performance improvements:Vivaldi 公式ブログ・・・この不具合が解消された Snapshot リリースに関する記事(※表記は英語)。
Disable Youtube™ HTML5 Player:Chrome ウェブストア・・・YouTube の動画の再生を HTML 5 から Flash Player に切り替える拡張の1つ。


c. フルスクリーンモードで HTML 5動画を全画面表示しても全画面にならず、WEB表示領域のみの全画面になる!


この不具合は、Opera のみで発生しています。Opera をフルクリーンモードで使用中、YouTube や Twitter、Vimeo などの "HTML 5動画"(※埋め込み動画も含む)を全画面表示すると、なぜか全画面表示にならず、"WEB表示領域のみ"の全画面になります。

Opera でフルスクリーンモード中に YouTube 動画を全画面表示したところ↓
Opera 40:いくつかの動画サイトでフルスクリーン動画がタブ内フルスクリーンになる…不具合? - 2(YouTube)
Opera 40:いくつかの動画サイトでフルスクリーン動画がタブ内フルスクリーンになる…不具合? - 2(YouTube) posted by (C)kyu3

ただこれは、あくまで"フルスクリーンモードの時のみ"です。デスクトップモードの場合は、動画が全画面表示になります。ただしデスクトップモードのまま全画面表示に変わる方式ではなく、Safari 風にフルスクリーンモードに移行しつつ、全画面表示になる方式です。

なお YouTube 動画に関しては、上記『b』の最後の方に書いた「動画プレーヤーを HTML 5 から Flash Player に切り替える拡張」を使うことで、フルスクリーンモードでも普通の全画面表示に切り替えることが可能です。

Disable Youtube™ HTML5 Player:Chrome ウェブストア・・・YouTube の動画の再生を HTML 5 から Flash Player に切り替える Chrome拡張の1つ。Opera で Chrome拡張を使うには、Opera拡張「Download Chrome Extension」が必要。
「YouTube Flash」で検索:Opera アドオン・・・Opera拡張配布サイトで「YouTube Flash」で検索した結果。YouTube の動画再生を HTML 5 から Flash Player に切り替える拡張が、複数ヒットしました。


【関連リンク】

【追記(2016年10月14日)】:Vivaldi でフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くと、設定変更後も、たまに妙な開き方をすることが…(^^;


『a』のフルスクリーンモードで新しいウィンドウ開くとおかしくなる問題、システム環境設定の『Dock』の欄の『書類を開くときは、タブで開く』の項目を『手動』に切り替えることで、起きなくなることはなるのですが… Vivaldi だとたまに、妙な形でウィンドウが開くことがありした。以下の画像の様に新しいウィンドウが元のウィンドウの下半分に重なるように表示されたり、右側半分に重なるように表示されたりしました。(^_^;

元のウィンドウの下半分に表示されたケース↓
Vivaldi 1.5.626.8:macOS SIerraフルスクリーンモード問題、システム環境設定のDockの設定を変更したら問題解消!? - 7(…とは言え、時々起こる不具合…)
Vivaldi 1.5.626.8:macOS SIerraフルスクリーンモード問題、システム環境設定のDockの設定を変更したら問題解消!? - 7(…とは言え、時々起こる不具合…) posted by (C)kyu3

元のウィンドウの右側に表示されたケース↓
macOS SierraでVivaldi:フルスクリーンモード中、新しいプライベートウィンドウ開いたら…
macOS SierraでVivaldi:フルスクリーンモード中、新しいプライベートウィンドウ開いたら… posted by (C)kyu3

いずれもウィンドウ左上のフルスクリーンモード・ボタン(緑色のボタン)をクリックすることで、普通のフルスクリーンモード・ウィンドウに切り替わるので、特に困ってると言う訳ではないのですが…できたらこれも、解消して欲しいなぁ〜と。

ちなみにどちらもフルスクリーンモード中の普通のウィンドウからプライベートウィンドウを開いた時発生したので、ひょっとしたらフルスクリーンモード中の普通のウィンドウからプライベートウィンドウ(あるいはその逆のプライベートウィンドウから普通のウィンドウ)を開いた時に、発生しやすいのではないかと…。

iOS 9 Safariの「広告ブロック機能」は64bit CPU端末のみ使用可能!

昨日(9/17)iOS 9がリリースされ、早速アップデートして使ってるのですが、iOS 9の中で気になってた機能の1つが、Safariに搭載された「広告ブロック機能」。広告が消えるだけでなく、読み込みも早くなり、通信費節約にもなるとの事で、是非使ってみたいと思っていたのですが… 残念ながら、この機能に対応する端末が限定される事(私の使用してるiPhone "5c"は"非対応")が、アップデート後に分かりました!(´;ω;`)ブワッ

特に事前にAppleからアナウンスされたり、メディア等で報じられる事もなかったので、iOS 9にアップデート後、期間限定で無料配布(※今は有料)されていた「Crystal」と言うアプリ(※Safariの『広告ブロック機能』は、特定のアプリをインストールする事で有効にできる仕組み)を、インストールしようとしました。しかしいざ『入手』ボタンをタップすると、「このiPhone(5c)は互換性がありません」と表示され、インストールできませんでした。

iOS 9:Safariに広告ブロック機能追加するアプリ、5cは対象外、5s以降!? - 3
iOS 9:Safariに広告ブロック機能追加するアプリ、5cは対象外、5s以降!? - 3 posted by (C)kyu3

Twitter検索してみると、同じく「インストールできない」と言ってる方が何人かいて、『iPhone 4S』・『5』でインストールできないのは分かりました。しかし最初何でこれらの端末でインストールできないのか、分かりませんでした。

次に「互換性」と言う欄がApp Storeの各アプリのページの下の方にある事に気付き、それが「対応(アプリが利用できる)端末」である事が分かりました。それによると、Safariの「広告ブロック機能」アプリが対応している端末は、以下の通り。
  • iPhone は "5s以降"
  • iPad は ”Air(初代)以降"
  • iPad Mini は "Mini 2以降"
  • iPod Touch は "第6世代以降"
  • iPad Pro も 対応

iOS 9:Safariに広告ブロック機能追加するアプリ、5cは対象外、5s以降!? - 4
iOS 9:Safariに広告ブロック機能追加するアプリ、5cは対象外、5s以降!? - 4 posted by (C)kyu3

ちなみに上のスクリーンショットは「Crystal」のページの『互換性』欄を撮影したものですが、他のSafari広告ブロック機能追加アプリも、調べた限り全て対応端末の条件は同じでした。

iOS 9:Safari用コンテンツブロッカー対応アプリ一覧(広告非表示):Macお宝鑑定団 blog

最後に対応端末が限定されている理由についてですが、「Crystal」のFAQページで知る事ができました。

FAQ — Crystal・・・内容は全て英語。当該部分は『Why is Crystal only available for 64-bit devices?

それによると「Appleがパフォーマンス上の理由から、この機能を64bit CPU端末に限定しているApple only allow content blockers to be made available for 64-bit devices. ・・・中略・・・this is for performance reasons.(※訳はあくまで意訳)との事。ちなみに上記のFAQページにもリンクが貼られていますが、この事を記述したAppleのドキュメントは下記。

【Safari 9.0】Content Blocking Safari Extensions:Apple Developer・・・当該部分は『Note』に記述あり。

長年、広告ブロック機能をPCやMacのブラウザで利用してきた私としては、何とも納得しがたい理由なんですが…。率直に言って、広告ブロック機能にそんなにCPUパワーが必要だとは、思えないので…( ˘ω˘ ;)

…とは言え、Appleの事なので、おそらくこの仕様(64bit CPUのみ対応)を変更する事は、まず無いんじゃないかと…思います。(´;ω;`)ブワッ


【関連リンク】
iOS 9の新機能:Apple
カテゴリー
記事検索
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)
ギャラリー
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!
  • iOS版Opera MiniがAndroid版と同じUIに刷新!ニュースアプリ化して、WEBブラウザとしての使い勝手が悪化!