VR

Huluのお薦め作品(2019年7月):「レヴェリー 仮想世界の交渉人」「TIMELESS タイムレス」

今回は Hulu で見たお薦め作品について、記事を書こうと思います。

1. レヴェリー 仮想世界の交渉人


まず最初に紹介する作品は『レヴェリー 仮想世界の交渉人』。ユーザーが思い描いた仮想世界(ヴァーチャル空間、VR)で、ユーザーが望む体験ができる仮想世界体験システム「レヴェリー」。しかしシステム側がユーザーを仮想世界から現実世界に連れ戻すことはできず、ユーザーが自分の意思で仮想世界から戻らないと言けないと言う飛んでも仕様のため、仮想世界に留まり続ける人が次々と現れ、問題となります。そこで主人公の悲しい過去を背負った元・交渉人の女性が、仮想世界からユーザーを現実世界に連れて帰ると言うストーリー。

「主人公が仮想世界(ヴァーチャル空間)に留まり続ける人たちを現実世界に連れ戻す」と言うコンセプト自体は悪くないと思うのですが、上記の「ユーザーが自分の意思で戻らない限り戻れない」と言う飛んでも仕様や、このシステムを体験するには謎の生物みたいなチップ(?)を血管に注射し、それが脳に到達して寄生するかのように脳に取り付く必要があるなど、このドラマのタイトルともなってる「レヴェリー」と言うシステムがあまりにリアリティのない非現実的システムで無理があるため、「SF」としてはかなりイマイチな作品だと思います。(^^;

しかし私個人としては割りと好きな作品でした。と言うのも、主人公がユーザーが仮想世界に留まり続ける理由を仮想世界に入ってユーザーと直接話したり、現実世界で調査したりして、最終的にはユーザーを説得して現実世界に連れ戻す(事件を解決する)と言う個々のストーリーは、私の好きな「一話完結ミステリー」と同じ。なので、ちょっと変わった「一話完結ミステリー」として見るなら、それなりに楽しめる作品だと思います。

ただやはり「レヴェリー」のあまりにリアリティのない非現実的システムなところが良くなかったのか、人気はあまりなかったようで、最終話は続きがありそうな感じで終わっていますが、ドラマ自体はシーズン1で終了とあいなりました。

【悲報】サラ・シャヒ主演『レヴェリー 仮想世界の交渉人』が打ち切りへ・・・:海外ドラマboard

ちなみにこのドラマ、1話は約43分で日本語吹き替えありです。

最後にもう一言。上記本文を書き終わってふっと思ったのですが、システム側でユーザーを現実に連れ戻す事ができない「レヴェリー」の設定、考えてみたらこれができるのであればそもそも交渉人なんて必要ない訳で…。そう考えるとこの無理がある設定も、ある意味しょうがないかなのかなと。いずれにせよ「痛し痒し」ですが。(^^;



【関連リンク】
ドラマ『レヴェリー』公式 Twitter
ドラマ『レヴェリー』公式 Facebook
Reverie (TV series):Wikipedia
Reverie (TV Series 2018– ):IMDb


2. TIMELESS タイムレス


次に紹介する作品は『TIMELESS タイムレス』。いわゆるタイムマシーンもの(タイムトラベルもの)で、大企業とアメリカ政府が密かに開発していたタイムマシーンが完成したものの、元スパイをしていた男性のグループに開発者ごと盗まれ、過去に逃げられてしまいます。そんな彼らを追うため、そして彼らに歴史を変えさせないため、タイムマシーン開発者の1人と軍人、そして女性歴史学者の3人が、予備のタイムマシーンを使ってタイムトラベルを繰り返します。さらに物語の途中から謎の組織の存在が浮上してきて…と言うストーリーです。

上記の『レヴェリー』ほどではないですが、この作品もリアリティと言う点で言えば「CPUで通信」と言った謎の言葉が登場するなど、違和感を覚える点がチラホラありました。しかしそう言うこと言い出すとタイムマシーン自体がそもそも謎技術によって作られた謎製品なので、その辺はフィクションとして気に留めないようにして見ていました。(^^;

ドラマとしての出来は悪くないと思います。よくあるタイムマシーンものだと悪いやつが歴史を書き換えようとするも主人公らによって食い止められると言う展開ですが、このドラマだと主人公らが食い止めようとするも食い止めきれず、歴史が次々と部分的に書き換えられていきます。時に全然違う人が実行した事になっていたり、現代にいたはずの人物がいなくなってしまったり等々。こう言う展開は結構個性的だなと思いました。

またタイムトラベルする先がアメリカ近現代史の有名な事件や人物が登場する日時場所なので、アメリカ近現代史に興味のある方にもお薦めです。私が一番面白いと感じた人物は『老人と海』などで知られるアメリカ文学の巨匠、アーネスト・ヘミングウェイ。かなりお茶目な人物として描かれていますが、実際こんな人物だったのかなと。あと『脱出王』の異名を持つマジシャン、ハリー・フーディーニ。彼もなかなか印象的な人物でした。(*^^*)

ちなみにこのドラマ、『レヴェリー』と違ってシーズン2も制作さられましたが、残念ながらシーズン2で打ち切られたそうです。ただしその後2部構成のファイナルエピソードがの制作が決定。英語版Wikipedia によると昨年(2018年)12月放送されたようです。

またまたカムバック! 2度打ち切られた『タイムレス』、2部構成のファイナルエピソードで終了へ!:海外ドラマNAVI
Timeless (TV series):Wikipedia

なお2019年7月現在、Hulu で配信されてるのはシーズン1(全16話)のみ。1話は約43分で、日本語吹き替えありです。



【関連リンク】
Timeless:NBC.com・・・制作局の公式ページ(※.英語)。
TIMELESS タイムレス:ソニー・ピクチャーズ・・・DVD販売用の番組公式ページ。
タイムレス:メ~テレ(名古屋テレビ)・・・地上波局の番組公式ページ。各話ごとの内容は、このページが一番分かりやすいと思います。
ドラマ『Timeless』公式Twitter
ドラマ『Timeless』公式Instagram
ドラマ『Timeless』公式Facebook
タイムレス (ドラマ):Wikipedia
Timeless (TV Series 2016–2018):IMDb

志段味古墳群を見に行くならアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」がお薦め!

名古屋市守山区に最近整備が進められた「志段味(しだみ)古墳群」を先日見に行って来たのですが、その際この古墳群観光用アプリ「Go!Go!しだみ古墳群」が結構役に立ったので、今回このアプリについて記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

‎Go!Go!しだみ古墳群:iTunes App Store
Go!Go!しだみ古墳群:Google Play

1. 便利な地図機能


このアプリで一番便利だったのは、何と言っても地図機能でした。観光用のアプリとしては当たり前の機能ですが、自分の場所と各古墳等の場所が分かりやすく表示されるので、観光にはとても便利だと思います。このためだけでも、インストールした方が良いかと。

地図機能のスクリーンショット↓
(※.青い丸が現在地です。)
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 7:古墳マップ
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 7:古墳マップ posted by (C)kyu3

iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 8:古墳マップ
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 8:古墳マップ posted by (C)kyu3

強いて不満点を挙げるとすると、一般的な地図アプリの様に端末がどちらを向いているのか(いわゆる進行方向)が、このアプリの地図機能では分からないこと。特に古墳群のある辺りの大半が住宅街なので、パッと見どちらに進めば良いかどちらの方向に古墳があるのかが分かりづらく、この点がアップデート解消されたら良いなと思います。


2. 臨場感ある VR・AR 体験


もう1つ良いなと思ったのは「VR」・「AR」機能。このアプリには2種類の VR・AR 機能が備わっているのですが、そのうち特定の場所でしか使えない VR・AR 機能があり、それが結構良かったです。

VR 機能の方は、古墳が作られた当時その場所に立っていたらどう見えるかを再現したもので、どちらも実際の風景を見ながら VR 画面を見られるので、とても臨場感がありました。

東谷山山頂の尾張戸(おわりべ)神社境内にある展望台周辺で見られる VR 映像↓
(※.実際現地で見る時は"横向き"の方がお薦めです)


尾張戸神社境内にある展望台↓
尾張戸神社の展望台 - 1
尾張戸神社の展望台 - 1 posted by (C)kyu3

しだみ古墳群ミュージアム「SHIDAMU(しだみゅー)」近くで見られる VR 映像↓
(※.こちらも実際現地で見る時は"横向き"の方がお薦めです)


4月1日にオープンしたばかりの「SHIDAMU(しだみゅー)」↓
しだみ古墳群ミュージアム「SHIDAMU(しだみゅー)」:建物外観 - 8
しだみ古墳群ミュージアム「SHIDAMU(しだみゅー)」:建物外観 - 8 posted by (C)kyu3

AR 機能の方は、2つあるうちの「志段味大塚古墳」の方を体験したのですが、墳頂部に実際どのように埋葬されていたかが分かり、これも臨場感があって良かったです。なおこちらの方は光の加減などの環境条件の影響を受けるので、多少映像が乱れます。

志段味大塚古墳 墳頂部で見られる AR 映像↓


志段味大塚古墳↓
志段味大塚古墳 - 4
志段味大塚古墳 - 4 posted by (C)kyu3

ちなみにメニューの「どこでも VR・AR」にあるものは、特定の場所でなくても使えるので、興味のある方は自宅などで試してみてはいかがでしょう?

どこでも VR・AR↓
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 54:どこでもVR・AR
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 54:どこでもVR・AR posted by (C)kyu3

東谷山白鳥古墳 石室の VR 映像↓


東谷山白鳥古墳↓
志段味古墳群:東谷山白鳥古墳(白鳥1号墳) - 6
志段味古墳群:東谷山白鳥古墳(白鳥1号墳) - 6 posted by (C)kyu3


3. 位置情報を使ったゲーム


最後に紹介するのは「ゲーム」機能。私はゲームがあまり好きではないのでやらなかったのですが、このアプリには位置情報を使って現地で遊べるゲーム機能が備わっています。興味のある方は、こちらもやってみてはいかがでしょう?

起動直後に表示されるゲーム画面↓
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 46:しだみクエスト
iOSアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」 - 46:しだみクエスト posted by (C)kyu3

実際のプレイ画面を投稿してるツイート↓




【関連リンク】
【新着情報】"歴史の里 しだみ古墳群"を丸ごと楽しめるアプリ「Go!Go!しだみ古墳群」リリース:株式会社ジーン・・・開発会社のリリース告知ページ。
歴史の里 しだみ古墳群・・・志段味古墳群の公式HP。
志段味古墳群:なごやの文化財
しだみ古墳群 歴史の里 公式マスコットキャラ「しだみこちゃん」の公式Twitter
志段味古墳群:Wikipedia
タグ「志段味古墳群」:フォト蔵・・・志段味古墳群の写真をまとめたタグ。
「しだみクエスト」でTwitter検索

VR ZONEの「VRマリオカート」に大興奮!!

先日エアポートウォーク名古屋に言ったところ、3階のゲームコーナーの一角に、様々なVRゲームが体験できる「VR ZONE」が出来ていたので覗いたところ、以前からやりたいと思っていたマリオカートのVR版「マリオカート アーケードグランプリ VR」が設置されていたので、体験してみました!

マリオカート アーケードグランプリ VR:VR ZONE SHINJUKU・・・VR ZONE新宿店の同ゲームに関するページ。
VR ZONE エアポートウォークがオープン!:バンダイナムコ

まさに実際マリオカートのゲームの中に入って運転してるようで、大興奮!!体験時間中、ずっと叫びっぱなしで、めっちゃ楽しかったでぇ〜す♪ (>ω<)/ うほぉ〜!!!

このゲームのPR動画↓


実際プレイしてるところを撮影しているゲームのPR動画↓
(※. 実際この動画の女性くらい、興奮するかと!^^ )


VR ZONE エアポートウォークの入り口↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 1:入り口
VR ZONEエアポートウォーク No - 1:入り口 posted by (C)kyu3

座席型コントローラー↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 10:マリオカート用の席
VR ZONEエアポートウォーク No - 10:マリオカート用の席 posted by (C)kyu3

ゲームの説明と注意書き↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 9:マリオカートの説明
VR ZONEエアポートウォーク No - 9:マリオカートの説明 posted by (C)kyu3

ゲーム時間は約8分間で、料金は1回千円だったので、最初「ちょっと高いかなぁ…」なんて思いましたが、体験したら大満足でしたぁ〜!!もしエアポートウォーク名古屋に行かれる方いたら、是非体験してみて下さい!!めっちゃお薦めです♪ (*^^*)/

ちなみにこのゲームで用いられる頭にかぶるVR用HMD(ヘッドマウンド・デイィスプレイ)は、HTC社の「VIVE」です。目の部分が空いた白いマスクのようなカバーを付けてから、装着します。

HTC VIVE↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 3:HTC Vive
VR ZONEエアポートウォーク No - 3:HTC Vive posted by (C)kyu3

そして手の甲の部分には、この「トラッカー」と呼ばれる手の場所を認識するための装置を付けます。これを付けることでゲーム上のキャラクターの手と自分の手の動きが合わさるので、ゲーム内に登場するアイテムを手を伸ばしてゲットしたり、投げると言う動作が可能になります。

VIVEトラッカー↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 4:HTC Viveトラッカー
VR ZONEエアポートウォーク No - 4:HTC Viveトラッカー posted by (C)kyu3

あと実際のマリオカートのゲームとの違いを挙げると、以下の4点…でしょうか。
  1. ブレーキを踏んでも完全に止まる訳ではなく、減速するだけ
  2. アイテムをぶつけられても、くるくる回転することはなく、完全に停止する訳ではない
  3. バナナも前に投げれる(※ただし自分で踏んでしまうと、自分の車がスリップする)。
  4. プレイできるのは1つのコースで、1周分のみ。仮に上位でゴールしても、次のコースがプレイできる訳ではない。
なお13歳未満の方はプレイできないので、注意して下さい。それとVR体験をすると車酔いに似た、いわゆる「VR酔い」が起こることがあります。お店の方に聞いたのですが、特にこのゲームは起きやすいとのこと。実際私も体験後、かなり長い間(数時間?)影響が感じられました。

VR酔いの症状・原因、開発者向けの対策を紹介:Mogura VR・・・「VR酔い」の解説とその対策に関する記事。

エアポートウォークだと同じ階にフードコートがあり、「ゲームで遊んだ後食事」あるいは「食事してからゲーム…」と言う方も多いかと思います。なので、もしこのゲームを体験される場合は、一応「VR酔い」も考慮に入れておいた方が良いかと… 思います。(^^;

最後にVR ZONE エアポートウォークには、マリオカートの他に、ガンダムの手の平の上に乗ってザクとの戦闘等々を間近で見られる(?)ガンダムVR ダイバ強襲や、廃墟となった病院を脱出するホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)、高所で子猫を救出する(?)極限度胸試し 高所恐怖SHOWもあります。どれも1回千円とのこと。

プレイできるゲームの案内↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 5:体験できるゲーム
VR ZONEエアポートウォーク No - 5:体験できるゲーム posted by (C)kyu3

ガンダムの…手の部分!?↓
VR ZONEエアポートウォーク No - 12:ガンダムの手の平の上体験用の器具
VR ZONEエアポートウォーク No - 12:ガンダムの手の平の上体験用の器具 posted by (C)kyu3


【関連リンク】
マリオカート アーケードグランプリ VR:VR ZONE SHINJUKU
VR ZONE エアポートウォークがオープン!:バンダイナムコ・・・お店の案内ページ。

【関連記事】
名駅ビル群のお薦め撮影スポット(グローバルゲート、ノリタケの森、エアポートウォーク名古屋) : Kyu3’s Blog


【追記(2018年2月13日)】


「マリオカート アーケードグランプリ VR」で用いられるHMDなどの道具類の情報を、追記しました。


【関連リンク】
HTC VIVE
Vive Tracker

iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その4:VR編

今年(2017年)の秋にリリースされる『iOS 11』の目玉機能「ARKit」(※iPhoneやiPad用の"AR"を使ったアプリを作れる仕組み)に関する記事をまた書こうと思います。今回は前々々回の『実用的な活用事例』と前々回の『ゲーム編』、前回の『ゲーム以外のエンターテイメント活用事例』に続いて4回目、『VR編』です。( ´ ▽ ` )ノ

【情報収集に利用してるページ】
『#ARKit』で検索:Twitter
『#MadeWithARKit』で検索:Twitter
『ARKit』で検索:YouTube


"AR"Kit なのに"VR"!?


『VR編』と聞いて「"AR"Kit なのに、"VR" なの?!」と違和感を感じる人もいるかもしれないので、まずはその説明を。

私も最初驚きました!「"AR"Kit」と言うくらいなので、てっきりできるのは『AR』(現実上にあたかもそのものが存在するかのにように、CGで作った映像を表示する)だけかと思っていました。下の動画は、AppleのイベントでARKitが発表された直後の割りと早い段階(動画がアップロードされたのは、イベントの約1週間後)に発表されたARKitで作られた映像なのですが、これでも奥行きがあるので「すごいなぁ〜!」と感じたのですが、それでもできるのはここまで(現実上にあたかも存在するかのようにCGを表示する)だと思っていました。



しかしその後しばらくして、それは間違いだと分かりました!現実上のあたかも存在するかのように表示するだけでなく、実際にその世界に入って移動できる(VR)も、ARKitを使って作れることを知ったからです。Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ


ただ考えてみたら当たり前の話で、『AR』も『VR』も現実にあたかも存在するかのようにCGを表示する点は同じ。それが現実世界に物体として存在してるかのように見せるのが『AR』、ユーザーの目の前にあるありとあらゆるもの(空間全体)をCGで構築したものが『VR』だからです。

ただこう言ったVRを体験するには、ハコスコやサムスンの「Gear VR」のようなスマートフォンを入れて使うゴーグルでも良いですが、それ専用のゴーグルがあった方が、装着の手間が少なく、装着感も良いでしょう。実際Appleも、装着型デバイスを製作しているようです。Appleが取得した特許に関して、ニュースになっていました。

アップル、ARヘッドセットに関連する特許取得:Mogura VR


またiPhone 8が発表されると見られる9月12日のイベント(※日本時間は9月13日)で、「ARメガネ」が発表されるのでは?と言う噂も。

Appleの「ARメガネ」がなんと新型iPhoneイベントで同時発表?:ギズモード・ジャパン

上記の特許やイベントで発表されると言う噂があるのはいずれもAR用みたいですが、今後VR用のヘッドセットも、リリースされるかもしれません。

…と言うことで、前置きが少し長くなってしまいましたが、以下はARKitを使ったVRの活用事例です。まずは実用的事例から。


1. 建築前や建築中に、建物の完成したイメージがリアルに分かる!


ARKitのVR的活用で、一番実用的だろうなと思うのは、この建築前や建築中の建物の完成したイメージを、リアルに(あたかも実際建物の中にいるように)体感できることでしょう!これは建物の建築を注文した人だけでなく、設計者や建築業者の人にとっても、有用だと思います。(*^^*)









2. 気分転換に最適!w


ARKitのVR体験は、気分転換にも最適かもしれません!仕事で疲れた時や家でのんびりとくつろぐ際、周りの景色を一変させることで、よりリラックス効果を高められるかも…しれません。(*^^*)



またサッカーが好きなら、仕事場から一気にスタジアムに移動すれば、とても良い気分転換ができるかもしれません。さらにこれがライブ映像なら、映像体験としても素晴らしいものとなるでしょう!



さらに一気にリフレッシュするために、机の前からスカイダイビング…なんて活用法も♪ (*^^*)ww



3. 映画やドラマの中の世界をリアルに体験!


ここからは、エンターテイメント的活用事例です。上記でドラえもんの「どこでもドア」を用いた事例を紹介しましたが、その他にも映画やドラマの世界に入れるような体験ができるVR作品が、いくつか公開されています。これもファンにとっては、たまらない体験となるのではと。(*^^*)






ちなみに一応補足しておくと、上の動画の最初の方は、映画『エイリアン』に登場する宇宙船の中(エイリアンに乗っ取られてる)を再現したもの。2番めは、イギリスの人気SFドラマ『ドクター・フー』に登場する電話ボックス型の次元超越時空移動装置「ターディス」を再現したもの。3番めは、動画の説明欄に特に記載はありませんでしたが、おそらく映画『ジュラシック・パーク』を再現したもの…だと思います。(*^^*)


4. どこでも美術鑑賞ができる!


以下の動画で紹介されてるVRアートは、ARKitを使って作られてるそうです。このようにVRを使って行われるアート作品の展覧会が、これからは当たり前のように行われるようになるかもしれません。(*^^*)

Using Apple's ARKit, This Company Built Inside-Out Tracking for a VR Headset:Road to VR



こう言ったVRのアート展覧会は、アーティストにとっても展覧会を行う側にとっても、メリットがあるでしょう。例えば元の作品が物理的に作られたものであった場合、移動にはどうしても制限がでてきますが、VRの場合はデジタルデータなので、どこにでも容易に持ち運ぶことができます。もちろん設置も実際に設置する場合と比べれば、はるかに容易でしょう。

また持ち運ぶ際に作品が破損したりするリスクもありません。さらには複数会場で同時に開催することも可能でしょう。そうなるとアーティストや主催者側にとってはリスクが少なく、かつ収益増が期待できるかもしれません。



5. その他


ここでは、上記で紹介しきれなかったVR作品を紹介。ちなみに最初の2つは、ベータ版iOS 11のマップアプリに備わっているFlyover(空中から見下ろす視点で様々な街の建物を紹介する機能)の「VRモード」です。正式に採用されるかどうかはまだ分かりませんが、これも面白そう♪ (*^^*)

iOS 11に知られざる新機能が…。地図がVR化してゴジラ目線で街を見下ろせる:ギズモード・ジャパン
iOS11のマップに「VRモード」、世界を自分の足で散策可能:iPhone Mania














iOS 11のリリース間近!あとサポート端末について


上記でも少し触れましたが、来週9月12日(※日本時間だと9月13日)に、Appleが製品発表イベントを開催します!ここでは、iPhone 8や新しいApple Watch(…あとARメガネも?)などが、発表されると見られています。

【速報】Apple秋の製品発表イベントは9月12日に開催決定。スティーブ・ジョブズ・シアターで噂のiPhone 8お披露目か? | ギズモード・ジャパン
Apple Special Eventは9月12日に決定、新型iPhoneを発表か:ASCII.jp

例年通りだと、イベントの後しばらくしてから、iOSの最新版がリリースされていると思うので、iOS 11の発表ももうすぐです!!(*^^*)ワクワク

…と言うことで、他の記事にも書いていますが、最後にARKitのサポート端末(対応端末)について。Macお宝鑑定団の記事によると、ARKitをサポートしてるのは、iPhoneは「6s・6s Plus以降」iPadは「iPad Pro以降(A9チップ以上が必要)」とのこと。サポート端末が限定されているので、ARKitを使ったARアプリ(またはVRアプリ)を体験したい方は、注意して下さい。

Apple、iOS 11やmacOS High Sierraの詳細技術を公開(制限事項含む):Macお宝鑑定団 blog


【関連リンク】
ARKitができる事、できない事:Qiita・・・ARKitに関して、日本語で詳しくまとめられています。
アップルの「ARKit」を徹底解説、技術よりも戦略がすごい(西田宗千佳):Engadget 日本版
Apple ARKitの可能性を感じさせるGIF動画13選:TechCrunch Japan
ARKit 関連の最新情報まとめ:iPhone Mania
AppleのARkitベースのARアプリをプレビューしてきた―iOS 11公開で一挙巨大市場に:TechCrunch Japan
iOS 11に知られざる新機能が…。地図がVR化してゴジラ目線で街を見下ろせる:ギズモード・ジャパン
iOS11のマップに「VRモード」、世界を自分の足で散策可能:iPhone Mania
Appleの「ARメガネ製品」はiPhoneや3Dカメラを利用する?:ギズモード・ジャパン

【関連記事】
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その1:実用的事例 : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その2:ゲーム編 : Kyu3’s Blog
iOS 11「ARKit」の活用事例とそこから感じたこと その3:ゲーム以外のエンターテイメント : Kyu3’s Blog

ゲオ春日井インター店で「PlayStation VR」の販売開始!

国道19号沿いにあるゲオ(Geo)春日井インター店で、PlayStation VR」の販売が開始されてました!

ゲオ、PSVR販売店を33店拡大 全国65店で展開:Mogura VR

ゲオ春日井インター店:Playstation VR(PSVR)の販売開始! - 1
ゲオ春日井インター店:Playstation VR(PSVR)の販売開始! - 1 posted by (C)kyu3

ゲオ春日井インター店:Playstation VR(PSVR)の販売開始! - 2
ゲオ春日井インター店:Playstation VR(PSVR)の販売開始! - 2 posted by (C)kyu3

8月末(8/26・27)には、無料体験会も行われるようです!(*^^*)

PSVRで遊んでみよう!体験会情報・地域別まとめ(2017年6月以降):Mogura VR




【関連リンク】
PlayStation VR
ゲオ、PSVR販売店を33店拡大 全国65店で展開:Mogura VR
PSVRで遊んでみよう!体験会情報・地域別まとめ(2017年6月以降):Mogura VR
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Macのお薦めユーティリティアプリ5選
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • NetflixとHuluのお薦め作品(2019年11月):「マインドハンター」「僕と生きる人生」「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」
  • Amazonプライムのお薦め作品(2019年10月):「ファミリーマン」「シェイクスピア&ハサウェイの事件簿」
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)