今回も Netflix で2020年12月現在配信中のドラマを2つ紹介します。

1. クイーンズ・ギャンビット


最初に初回する作品は、とにかく評価が高いので紹介します。Netflix オリジナルで世界的にヒットしてるドラマクイーンズ・ギャンビット

あらすじを簡単に書くと、舞台は1960年代のアメリカ。事故で孤児となった主人公のエリザベスは、孤児院に行くことになります。そこでチェスに出会い才能が開花。薬物やアルコール依存に苦しみつつも、チェスの世界でのし上がって行くと言う話です。

良く出来た作品だとは思いましたが、正直私は「ものすごく面白かった」訳ではありませんでした。見終わった時の感想は「とても映画的だな」と。普通ドラマだともう少し主人公の心理描写を細かく描かれると思うのですが、その点は割りとあっさり。あと人気ドラマだと続編が制作されることが多いので、それ前提でいくつか謎を残しつつ終わることがほとんどですが、このドラマは公開されてる全7話で終わる「リミテッドシリーズ」。それもあってか伏線もきちんと解消され、とても綺麗に終わります。なので映画的だと感じました。

あと個人的にすごく気になったのは、チェスを打ってるシーン。あの駒の動きはちゃんとしたチェスの試合になってるのかが、すごく気になりました。そしたらこの点について解説している動画の一部を Twitter で上げてる方がいたのでそれを見たのですが、どうやら過去の有名な対局の場面がチェスシーンで再現されてるようです。


となると、チェスのシーンは本当すごいなと思います。セリフやしぐさ、表情などの演技は多少正否に幅があるでしょうが、過去の対局の再現となると、絶対に間違いが許されない。駒の置き場所を完璧に覚えておく必要があるでしょうから。

ドラマの予告編↓↓
(※. 動画の長さは2分31秒です)


ちなみにアメリカでの話ですが、このドラマの配信後、チェス盤の売上げが大幅に伸びたそうです。私もちょっとチェスがやってみたくなりました。

Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」の影響でチェスブーム到来か:映画.com

原作小説↓↓






【関連リンク】
クイーンズ・ギャンビット:Netflix
Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」の影響でチェスブーム到来か:映画.com
「クイーンズ・ギャンビット」超話題3つの理由 | 今見るべきネット配信番組:東洋経済オンライン
世界中で大ヒット!ネットフリックス『クイーンズ・ギャンビット』の魅力とは!?:Safari Online


2. スウェディッシュ・ディックス


もう1つ紹介する作品は、アメリカでスウェーデン人コンビが活躍すると言うちょっと変わったコメディードラマスウェディッシュ・ディックス

あらすじを簡単に書くと、元・スタントマンの私立探偵イングマールと元・売れっ子DJのアクセルが、ひょんなことから出会って、一緒に探偵稼業をしていくと言う話。そしてシーズン1はイングマールが抱えるトラウマ、親友であり同じスタントマンだった男性の死の真相を探っていくと言う話でもあります。ちなみにこのドラマ、現在シーズン2まで配信されています。

私が見たのは現時点でシーズン2の第8話までですが、見た感想としては、シーズン1はちょっとクセのある作品だなと感じました。一方シーズン2ではイングマールがすっかり優しくなり、シーズン1までのクセがなくなって、オーソドックスなコメディ・ドラマになった感じ。そしてコメディー的にはシーズン1・2ともに割りとベタな展開が多く、正直「めちゃめちゃ面白い」と言う訳ではないですが、誰が見てもそれなりに楽しめる作品ではあると思います。

あと個人的には主役の2人よりも、最近何かと話題のキアヌ・リーブスが演じる、イングマールのトラウマとなってる死亡したスタントマン(テックス)の少しとぼけた感じが面白かったです。

ドラマの予告編↓↓
(※. 動画の長さは2分1秒です)


ちなみにこのドラマ、現在 Amazon プライムビデオでもシーズン2まで配信されています。

スウェディッシュ・ディックス:Amazon プライムビデオ







【関連リンク】
スウェディッシュ・ディックス:Netflix
『マトリックス4』米公開が前倒し、2021年クリスマスに登場:THE RIVER
「サイバーパンク2077」,キアヌ・リーブスさんが出演するPV第3弾“No Limits”の日本語吹替版が公開:4Gamer
『ビルとテッドの時空旅行』キアヌ・リーブス&アレックス・ウィンターの未公開インタビューが到着:THE RIVER