音楽

骨伝導ヘッドホン「AfterShokz Aeropex」レビュー(追記あり)

骨伝導ヘッドホン「AfterShokz Aeropex」を購入して数ヶ月経ったので、レビュー記事を書こうと思います。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 1:想像以上に分厚かった箱
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 1:想像以上に分厚かった箱 posted by (C)kyu3

なお今回は最初にまだ骨伝導ヘッドホンを体感したことがない人向けに、簡単な骨伝導の仕組みとメリット・デメリットの紹介を行い、次に他の骨伝導ヘッドホンとの比較、最後にその他細かい点や裏技的使い方について書こう思います。なので、すでに骨伝導ヘッドホンを使ったことがあり「Aeropex」のレビューのみが読みたい方は『4』からお読み下さい。

【目次】
  1. 骨伝導で音が聞こえる仕組み
  2. 骨伝導で実際どう聞こえるか?音質は?
  3. 骨伝導で使いやすい場面や状況
  4. 他の骨伝導ヘッドホンとの比較
  5. 操作性について
  6. 充電について
  7. その他(音漏れと日本語アナウンス)
  8. 裏技

1. 骨伝導で音が聞こえる仕組み


骨伝導」で音が聞こえる仕組みを簡単に説明すると、空気の振動である音が耳の中の鼓膜(※.下の画像で言うと「4」)に伝わり、いくつかの器官を経て「蝸牛」と呼ばれるカタツムリの殻の様な形の器官(※.下の画像で言うと「10」)に到達します。そこから脳に情報が伝達され音として認識されるのですが、骨を伝って蝸牛に振動が到達しても、それが音として認識されます。それが骨伝導の仕組みです。

Ear-anatomy
Image by Iain(CC BY-SA 3.0

例えば耳の穴を完全に塞いだとしても、外の音が全く聞こえなくなる訳ではないでしょう。それは骨などを伝って振動が蝸牛に伝わっているからです。

ちなみに仕組みに関しては以下のページで分かりやすくまとめられているので、もう少し詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい。

【骨伝導について】骨伝導ヘッドホン・イヤホンなど:ゴールデンダンスオンラインショップ
骨伝導とは?その仕組みと音質、安全性について:補聴器専門店プロショップ大塚(認定補聴器技能者運営)


2. 骨伝導で実際どう聞こえるか?音質は?


次に上記の仕組みで実際どう聞こえのるか?と言う点について。普通のイヤホン・ヘッドホンと違って耳を塞いでいないでの、使用中でも周りの音はほとんど変わらず聞こえます。それに加えて音楽やラジオなどの音が聞こえるので、まるで脳の中だけで音が再生されてる感じです。もし漫画やドラマなどで登場する「テレパシー」が実際使えたとしたら、こんな感じで相手の声(音)が聞こえるのではないかと思います。

音質についてですが、骨伝導はそもそも高音質にするのが難しいそうです。そのため普通のイヤホン・ヘッドホンと比べると、骨伝導ヘッドホンは音質的には少し物足りない感じがします。今回紹介する「AfterShokz Aeropex」は骨伝導ヘッドホンの中では音質がかなり良く、普通のイヤホン・ヘッドホンと比べても音質的に特に不満はありませんが、それでも高音質のイヤホンと比べると、臨場感にやや欠ける感じがします。

Headphones
Photo by flattop341CC BY 2.0

あと骨伝導ヘッドホンだと、音量があまり大きくは出せないそうです。今回紹介する「AfterShokz Aeropex」は骨伝導ヘッドホンの中では割りと大きな音で聞けますが、私が試した他の骨伝導ヘッドホンだと、あまり大きな音は出せませんでした。なお音量に関しては裏技的なやり方もあるので、興味があれば下記『8』の「裏技」を見てみて下さい。


3. 骨伝導で使いやすい場面や状況


骨伝導ヘッドホンのメリットと言えば、何と言っても「周りの音が聞こえること」でしょう。使用中も使用してない時とほとんど変わらず、周りの音が聞こえます。そのため夜道や車通りが多い道などでは、周りの状況が音でも把握できるので、安全に移動することができます。また職場や自宅などでは周りの人と会話しながら音楽等が聞けるので、円滑なコミニケーションが図れるでしょう。

しかし「周りの音が聞こえる」と言うことは、必ずしも良いことばかりではありません。例えば車通りの多い道では車の走行音は結構うるさいので、それが影響して骨伝導ヘッドホンの音が聞こえづらくなります。ただこの場合でも音楽を聞いてる場合は、必ずしも音を一音一音正確に聞く必要はないので、あまり気にならないかもしれません。しかしラジオで誰かが喋ってるのを聞いたり誰かと通話ししてる場合は、聞き取りづらいこともあるでしょう。

このように骨伝導は使いやすい場面や状況が多少限定されます。なので実際購入する前に、自分がどう言う場面や状況で何に使いたいのかを、一度考えた方が良いと思います。

ちなみに「電車やバスで通勤・通学する際に使いたい」と考える方もいるかもしれませんが、電車やバスの車内は想像してる以上にうるさいので、骨伝導は向いてないです。それでも「どうしても周りの音が聞こえる状態で音楽等を楽しみたい」と言う方は「AirPods Pro」を始めとするマイクで集音して周りの音も聞こえるイヤホン・ヘッドホンがいくつか出ているので、そちらを買った方が良いと思います。

Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想 : Kyu3’s Blog
ソニーのノイキャン&外音取り込み機能付きワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー(追記あり) : Kyu3’s Blog


4. 他の骨伝導ヘッドホンとの比較


今回購入前に「AfterShokz Aeropex」を含め、4つの骨伝導ヘッドホンを試しました。試したのは同じ AfterShokz の製品「AfterShokz Air」と「Titanium」、そして Amazon でも売ってた1万7千円くらいする中国メーカー(※.メーカー名を忘れてしまいました)の製品です。

ちなみに試した場所は名古屋市内にある「ヨドバシカメラ マルチメディア名古屋松坂屋店」です。現在はどうか分かりませんが、私が行った時は上記の4製品が全て試聴可能でした。なお AfterShokz の製品はそれなりに知名度も人気もあるので、主要都市の主要駅前等にある大きな家電量販店に行けば、たぶん置いてて試聴できるのではと思います。

実際試した感想ですが、この4つの製品の中では「AfterShokz Aeropex」が一番良かったです。音質、特に音の明瞭さは他製品の数段上と言う感じでした。加えて他製品では5〜10分聞いたあとヘッドホンを外すと、ヘッドホンの振動部が触れていた部分(耳とモミアゲの間)が少しジンジンしましたが、「AfterShokz Aeropex」はそれがまったくありませんでした。ちなみに購入後2・3時間連続で聞き続けたこともありますが、その時もジンジンすることはありませんでした。

Aeropex の音を出す振動部分↓↓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 21:マイク穴と見られる部分
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 21:マイク穴と見られる部分 posted by (C)kyu3

ちなみに装着感に関して言うと「AfterShokz Aeropex」と「Air」はほとんど差は感じませんでしたが、それでも「Aeropex」の方が良かったです。


5. 操作性について


次に Aeropex の操作性についてですが、正直 操作性はあまり良くありません。音量以外の操作は、基本的に左側に付いてる「マルチボタン」1つで行うのですが、このボタンが少し押しにくいうえ、割り当てられてる操作を覚えなくてはならず、それがちょっと面倒です。

ちなみにマルチボタンに割り当てられてる機能と操作方法は、以下の通りです。

  • 「音楽再生 / 一時停止」→ マルチボタン 1回押す
  • 「次の曲にスキップ」→ 音楽再生中にマルチボタンを連続 2回押す
  • 「前の曲にスキップ」→ 音楽再生中にマルチボタンを連続 3回押す
  • 「電話に出る」→ マルチボタン 1回押す
  • 「電話を切る」→ マルチボタン 1回押す
  • 「現在の通話を切って2つ目の着信に出る」→ 通話中にマルチボタンを 2秒間長押し
  • 「通話を拒否する」→ 着信時にマルチボタンを 2秒間長押し
  • 「音声ダイヤル」→ マルチボタンを 2秒間長押し
  • 「最後に発信した番号にリダイヤル」 → 音楽停止中にマルチボタンを 連続2押す

マルチボタン↓↓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 22:マルチボタン
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 22:マルチボタン posted by (C)kyu3

ただ実際上記の機能を全て使う訳ではないので、必ずしも全部の操作方法を覚える必要はないでしょう。しかし意図せず他の機能が実行されることもあるので、ある程度覚えておいた方が良いかとは思います。ちなみに私はこれまで2回ほど誤って「リダイヤル」を実行してしまい、焦りました。

あと音量ボタンは『+』(プラス)ボタンが電源ボタンを兼ねています。こちらに割り当てられてる機能と操作方法は、以下の通りです。

  • 「音量上げる」→『+』ボタンを 1回押す
  • 「音量上げる」→『-』ボタンを 1回押す
  • 「電源オン」→『+』ボタンを 2秒間長押し
  • 「電源オフ」→『+』ボタンを 3秒間長押し
  • 「ミュート」→ 通話中に『+』と『-』ボタンを約 2秒間長押し
  • 「イコライザー切り替え」→ 音楽再生中に『+』と『-』ボタンを約 3秒間長押し
  • 「バッテリ残量チェック」→ 音楽静止時に『+』か『-』ボタンのいずれかを 1回押す

音量調整ボタンと電源コネクタ↓↓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 23:電源兼音量調整ボタンと充電コネクタ
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 23:電源兼音量調整ボタンと充電コネクタ posted by (C)kyu3

ちなみにこの音量ボタンも右耳の後ろ側になる部分にあって押しづらいので、私は Aeropex の操作はほとんどスマホで行っています。


6. 充電について


次に充電について。 Aeropex はこれ以前に発売された AfterShokz の製品「AfterShokz Air」や「Titanium」と違って MicroUSB ケーブルでなく、独自方式の充電ケーブルで充電する必要があります。

付属してる独自方式の充電ケーブル↓↓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 13:専用の充電コード
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 13:専用の充電コード posted by (C)kyu3

骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 17:本体(充電中)
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 17:本体(充電中) posted by (C)kyu3

このケーブルは接続部分に磁石が入っていて、接続や取り外しが簡単にできます。また水分が付いてないかを検出する機能もあるので、使い勝手自体は結構良いと思います。しかし外出先で充電したい場合はこのケーブルも持って行く必要があるので、その点はちょっと面倒かもしれません。ちなみにこのケーブルは、Amazon で単体で販売されています。

Aeropex Charging Data Cable:Amazon.co.jp



あと仕様ではバッテリー駆動時間が「8時間」、満充電にかかる時間が「2時間」となっていますが、だいたい仕様通りだと思います。


7. その他(音漏れと日本語アナウンス)


次に上記で触れていない細かな点について2つほど。まず「音漏れ」に関してですが、Aeropex を買う前に店員さんに付けてもらって試したのですが、ほとんど気になりませんでした。相手の耳がくっつくくらい近づいたり、あるいは振動する部分に触れるようなことがあればそれなりに音が聞こえるかもしれませんが。音漏れは普通のイヤホンとほとんど変わらないと思います。

次に「音声アナウンス」に関して。Aeropex は電源オンオフや Bluetooth 接続完了など、様々な操作で日本語の音声アナウンスが流れます。日本語で接続完了や操作内容が分かると言うのは、分かりやすくて良いと思います。ただ音声案内の音質や声が、あまり良くないのが少し気になります。

2016-366-23 Please Speak Into the Microphone (24465293462)
Photo by cogdogblogCC BY 2.0


8. 裏技


最後にちょっとした裏技的使い方について。上記の通り骨伝導ヘッドホンは周りの音に影響を受けるので、うるさい場所だと聞きづらいです。しかしそれに対処する方法もあるにはあります。それは耳の中に指など何かを入れることです。これによって外からの音を一定程度遮断したうえ、耳の中で骨伝導ヘッドホンの音が反響する(?)のか、それなりに大きな音で聞くことができます。ちなみにこのため用と思われる少しサイケデリックな耳栓が、製品に付属しています。

付属品の耳栓↓↓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 19:付属のちょっとけばけばしい色の耳栓
骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」 - 19:付属のちょっとけばけばしい色の耳栓 posted by (C)kyu3

ただしこの方法で聞こえる音は、かなりこもった音になります。そのため一時的対処法としてこのやり方をするのは良いと思いますが、長時間このやり方をするのはお薦めしません。それにそもそも耳に何か入れた状態で長時間聞くのなら、普通のイヤホンを使った方が良いと思いますし。

ちなみに冬場だとイヤーマフなどの耳あてを一緒に使用しても、音を少し大きくすることができます。この場合はこもった音にはならないので、結構お薦めです。

「耳あて」で検索:Amazon.co.jp



【関連リンク】
AfterShokz Aeropex 公式ページ

【関連記事】
音が良く作りや使い勝手も良いHarman Kardonのワイヤレスイヤホン「FLY BT」レビュー : Kyu3’s Blog
Appleストア名古屋栄でAirPods Proを試してみた感想 : Kyu3’s Blog
タグ「イヤホン」 : Kyu3’s Blog・・・上記以外のイヤホン関連の記事が見られます。


【追記(2020年11月27日)】


AfterShokz の日本語公式 Twitter アカウントで知ったのですが、Aeropex の後ろ側のネックバンド部分がひと回り小さくなった製品が発表されていました。もし普通の Aeropex だとバンド部分が大き過ぎると感じるのであれば、こちらの製品にしてみてはいかがでしょう?



【関連リンク】
AfterShokz Aeropex Play 公式ページ


【追記 その2(2020年12月1日)】


『PC Watch』の記事で知ったのですが、AfterShokz が12月10日から 2021個限定で福袋を販売するそうです。価格は 2万210円で、2個骨伝導ヘッドホンが入っていて、必ず1個は Aeropex が入ってるとのこと。もし購入を検討してる人がいたら、こちらを購入してみてはいかがでしょう?

AFTERSHOKZ GIFT BOX 2021 ニューイヤー福袋キャンペーン:AfterShokzJP・・・公式ページの福袋販売ページ。


【関連リンク】
AfterShokz、骨伝導ヘッドホンが2個入った福袋:PC Watch

iPhoneでダウンロードしたはずのポッドキャストや音楽がダウンロードしてないと表示される不具合の解消法

最近 iPhone で事前にダウンロードしておいたはずのポッドキャスト番組が、なぜか以下のスクショのように「ダウンロードされてない」と表示される不具合がちょくちょく起きます。今回はその解消法について、記事を書こうと思います。

Podcastアプリの「今すぐ聴く」
Podcastアプリの「今すぐ聴く」 posted by (C)kyu3

解消法自体は、すごく簡単です!iPhone X 以降であれば画面したスワイプ、「8」以前または最新の「SE」であれば、ホームボタンを2階連続で押して表示される App スイッチャーでアプリを上スワイプして終了 → 再起動するだけです。すると再びダウンロード済みになると思います。

原因に関しては、たぶんアプリがダウンロードしたデータの読み込みに失敗してるのではないかと私は思います。

ちなみにポッドキャスト番組「ワンボタンの声」でも、この問題が取り上げられていました。そこではミュージックアプリでも起こるとのこと。私自身もそうなった事がありましたが、これも確か App スイッチャーで終了 → 再起動で元に戻ったように思います。

しかしパーソナリティーの山村さんによると、iCloud にダウンロードしたデータでそうなった時確認したところ、空き容量も変化していたそうなので、iCloud Drive(※. iPhone の場合は「ファイル」アプリ)を使ったファイルのやり取りの場合は、この方法はうまくいかないのかもしれません。

1934回iPhoneも自販機で買える時代は来るだろうか:Apple News Radio ワンボタンの声・・・この件については27分〜)
1935回Macのシステムが変わろうとCPUが変わろうとスピリッツは同じはず:Apple News Radio ワンボタンの声・・・この件については24分44秒〜)




【関連記事】
iOS12.2から起こるBluetoothイヤホン・ヘッドホン使用時にミュージックアプリ以外が操作不能になる不具合の対処法(追記あり) : Kyu3’s Blog・・・「ワンボタンの声」1934回でも取り上げてる不具合に関する記事。
iPhone内の楽曲が「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され聞けなくなる不具合の対処法 : Kyu3’s Blog
iPhoneのPodcastアプリで聴けるお薦めポッドキャスト番組15選 : Kyu3’s Blog

最近良いなと思った曲(2020年6月):「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」「3AM」「Everything」「Twenty Five Miles」

最近知って良いなと思った曲を紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

1. AmPm の「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」と「3AM」


最初に紹介するのは、謎の覆面日本人アーティストAmPm」(アムパム)の曲。彼ら自体は「2018年に Spotify で最も再生回数が多かった日本人アーティスト」として話題になった時に知り、以後定期的に聞いていたのですが、ふとまた聞きたくなって調べて知ったのが今回の2曲more feat. DedachiKenta & FUNTYME3AM。この曲に限らず、AmPm の曲はどれも心地よい曲ばかりですが、それに加えて PV も個性的!






【関連リンク】
AmPm(アムパム)公式ページ・・・各種 SNS へはこちらのページにリンクがあります。
AmPm 公式 YouTube チャンネル
AmPm の Spotify 公式ページ
AmPm の Apple Music 公式ページ


2. Superfruit の「Everything」


次に紹介する曲はSuperfruit」(スーパーフルーツ)Everything。この曲はたまたま入ったお店の BGM でかかっていて良い曲だなと思ったので、Shazam を起動し、ゲットしました。男性2人の声のハモりがとても心地良い楽曲です。





ちなみに今回調べたところ、YouTube の彼らの公式チャンネルのトップページには、2年前に日本を訪れた時に作られたと見られる動画が、掲載されていました。以下の動画がそれなのですが、興味のある方は見てみてはいかがでしょう?(*^^*)



【関連リンク】
Superfruit Official Site
スーパーフルーツ:ソニーミュージック オフィシャルサイト
SUPERFRUIT の YouTube 公式チャンネル


3. Edwin Starr の「Twenty Five Miles」


最後に紹介するのはEdwin Starr」(エドウィン・スター)Twenty Five Miles。この曲は Netflix のオリジナルドラマ「セックス・エデュケーション」のシーズン2で知りました。

セックス・エデュケーション:Netflix

このドラマ、内容は私的にはまぁまぁと言ったところですが、BGM の選曲がすごく良いです。以前ブログ記事でも曲を紹介しましたが、最新のシーズン2でも数曲良いなと思える曲に出会えました。その中で一番良かったのが、この「Twenty Five Miles」。すごくノリが良いですし、何よりこの曲がかかる場面にすごくマッチしていました。





ちなみに Edwin Starr は1960〜70年代に活躍したアメリカのソウル・シンガー。彼の一番有名な曲は、ベトナム戦争の反戦歌としても知られる「War」(邦題は『黒い戦争』)です。たぶんこの曲は曲名は知らなくても、多くの人がテレビや映画等で聞いたことがあると思います。





【関連リンク】
エドウィン・スター:ソウル&ファンク大辞典
エドウィン・スター:Wikipedia

【関連記事】
Netflixオリジナルドラマで知って良いなと思った曲 5選 : Kyu3’s Blog
昨年(2017年)知って良いなと思った曲『Classic』『Down』『Fell It Still』ほか : Kyu3’s Blog

iPhone内の楽曲が「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され聞けなくなる不具合の対処法

iPhone のミュージックアプリを開いて音楽を聞こうとしたところ、いくつかの楽曲で「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され、聞けなくなる不具合が発生しました!今回はこの問題の対処法について、記事を書こうと思います。

表示されたアラート↓
iOS13の不具合?:ミュージックアプリで特定の楽曲がこのアラート出て聞けない
iOS13の不具合?:ミュージックアプリで特定の楽曲がこのアラート出て聞けない posted by (C)kyu3

1. iPhone 内の楽曲全削除 → Mac との同期で解消!


この問題に関し他にもいくつか解消法が Twitter やネットで書かれていますが、今回はあくまで私が試して解消した方法について書こうと思います。やり方は簡単!iPhone 内の楽曲を一旦全削除し、Mac と同期するだけです。これで私の場合、聞けなくなっていた楽曲もすべて聴けるようになりました。(*^^*)

ただし注意点がいくつか。当然のことながらこのやり方は、Mac に事前に iPhone 内の楽曲がバックアップされていなければなりません。また試してないので正確なところは分かりませんが、Windows PC の iTuens でもたぶん大丈夫だと思います。

あと私の場合ずっと iPhone と Mac の楽曲データの同期は「オートフィル(手動)」に設定していました。なので最初「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され聞けなくなった曲だけを削除して、Mac に繋いで「オートフィル」で同期を実行し、問題の楽曲だけを戻そうと考えました。しかし調べたところかなりの楽曲が「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示されたので、一旦 iPhone 内の楽曲をすべて削除してから「オートフィル」で同期したところ、かなりの楽曲が追加されませんでした。おそらく追加されなかった楽曲は「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示されるものだったのではと思われます。

そこでまた iPhone 内の楽曲をすべて削除し、同期方法を自動同期に変更してミュージックライブラリ全体の同期を実行しましたが、これでもなぜかかなりの楽曲が追加されませんでした。

そこで仕方なくまた iPhone 内の楽曲をすべて削除し、今度は「ビデオを含める」のオプションを外してミュージックライブラリ全体の自動同期を実行したところ、すべての楽曲が同期(iPhone 内に復活)できました!

macOS CatalinaのFinder:iPhoneとの同期中のミュージック関連の設定項目 - 2
macOS CatalinaのFinder:iPhoneとの同期中のミュージック関連の設定項目 - 2 posted by (C)kyu3

ちなみに私の使用環境は、iOS が 13.1.2、Mac が macOS Catalina 15.0 です。なので、Mac の iPhone 関連の同期設定および実行は、Finder アプリで行いました


2. どの楽曲がこうなるかは不明 & 今年4月頃から発生?


あとこの問題について調べて分かったことについて、以下に補足しておきます。この問題に関して Twitter 検索したところ、他にも同様の問題をツイートしてる方が多数いました。CD から取り込んだものがなったり、 iTunes Store で購入した曲でもこの問題が発生してる方もいるようなので、どの楽曲がこうなるのかは不明です。

「この曲は現在、この国または地域では入手できません」でTwitter検索




また Apple サポートコミュニティ(※Apple ユーザーが利用できる掲示板)内を検索してみたところ、こちらにも同様の書き込みが多数見られました。こちらを見ても、どの楽曲がなるかは本当不明です。

「この曲は現在、この国または地域では入手できません」で Apple サポートコミュニティ内を Google 検索

CDから登録していた曲が聞けなくなった:Apple コミュニティ
グレーになっていて再生できない:Apple コミュニティ
以前聴くことができていた曲が、この曲は現在、この国または地域では入手できません:Apple コミュニティ
ipodで「この曲は現在、この国または地域では入手できません。」と表示されるのはなぜですか?:Apple コミュニティ
「この曲は現在、この国または地域では再生できません。」急にApple Musicで曲が聴けなくなりました:Apple コミュニティ

あとちょうど今は iPhone の iOS も Mac の macOS も新しい OS がリリースされたばかり。しかも両方とも不具合が多いので、てっきりこれらが原因なのかと思っていましたが、Twitter 検索の結果や Apple サポートコミュニティのページ検索結果などを見ると、OS がリリースされる数ヶ月前から問題の発生を訴えてる方がいるので、OS のアップデートとは関係ないのではと思われます。

ちなみにもっとも古い書き込みは両方とも今年(2019年)4月になっているので、この問題は4月頃から発生しているようです。

この曲は現在、この国または地域では入手できません:Apple コミュニティ・・・この問題に関しもっとも古いと思われる書き込み。

この問題に関しもっとも古いと思われるツイート↓



【関連リンク】
「この曲は現在、この国または地域では入手できません」でTwitter検索
「この曲は現在、この国または地域では入手できません」で Apple サポートコミュニティ内を Google 検索
macOS CatalinaでiPhoneとiPadを直接同期する方法:iPhone Mania
macOS 10.15 CatalinaではFinderのサイドバーに表示する項目で「CD、DVD、およびiOSデバイス」を有効にしておかないとiPhoneやiPadがFinderに表示されないので注意を:Appleちゃんねる

【関連記事】
iPhoneミュージックアプリの「最近追加した項目」が同期されない問題の解決法 : Kyu3’s Blog
iOS12.2から起こるBluetoothイヤホン・ヘッドホン使用時にミュージックアプリ以外が操作不能になる不具合の対処法(追記あり) : Kyu3’s Blog

【解決済み】iOS12.2から起こるBluetoothイヤホン・ヘッドホン使用時にミュージックアプリ以外が操作不能になる不具合の対処法(追記あり)

今回は、タイトル通り「iOS12.2から起こる Bluetooth イヤホン・ヘッドホン使用時にミュージックアプリ以外が操作不能になる不具合の(一時的な)対処法」について、書こうと思います。ちなみに今朝(2019年10月1日)リリースされた iOS 13.1.2 でも、この不具合が発生しました。
※. この不具合、どうやら iOS 13.6.1 で解消したようです。詳しくは「追記 その13」を参照して下さい。

具体的な症状・発生状況は、以下の通りです。
  1. ミュージックアプリ以外の音声系アプリ(※PodcastAccuRadio など)を利用してる時に起こる。
  2. 発生条件は謎。
  3. Bluetooth イヤホン(またはヘッドホン)の音量ボタンを使った操作ができなくなる。(※ただし音量スライダーだけは動く、「追記 その2」参照 ※音量調整はできる場合がある?「追記その3」を参照)
  4. ミュージックアプリ以外の音声系アプリを再生中に Bluetooth イヤホンの停止ボタン押すと、再生中の音声が停止するだけでなくミュージックアプリが起動し、ミュージックアプリの音楽が再生される。
  5. ミュージックアプリ以外の音声系アプリを再生してても、ロック画面にコントローラー(※再生・停止や音量調整などが行われるメニュー)が表示されない。
  6. この不具合が発生していても、端末側(※iPhone の音量調節ボタンなど)での操作はできる
  7. ミュージックアプリを起動してない状態でこの不具合が発生し、Bluetooth イヤホンの停止ボタンを押すとミュージックアプリの音楽が再生されるが、アプリスイッチャーを見ると起動してるアプリにミュージックアプリが存在しない。
  8. ロック画面にコントローラーが表示されていても、時間が経つと消えてしまう場合がある(※「追記 その6」を参照)
「4」「5」で書いた状況の再現動画↓


あと補足ですが、この不具合、必ずしも Blutooth イヤホン(またはヘッドホン)使用時に起きると言う訳ではありません。使用しなくても発生しますが、上記の「6」で書いた通り不具合発生中も端末側では操作できるので、たぶんほとんどの人は気づかないのだと思います。

それと iOS 12.2 の頃は割りと頻繁に起きていたのですが、徐々に起きる頻度が減っていましたが、残念ながら最新の iOS 13.1.2 でまた頻度が増えてるようです。結構頻繁にこの不具合が起きています。‪(´;ω;`)ウッ…‬

根本的な解決は Apple がこの OS の不具合を解消しないといけませんが、一応一時的な対処法(※正常に戻す方法)は、何度か試すうちに分かりました。それは「アプリの再起動」です。iPhone X 以降の端末は画面の下側からスワイプしてホーム画面を表示する手前で指を止めて「App スイッチャー」の状態にし、終了したいアプリのサムネイルを上にスワイプしてから、再度ホーム画面からアプリを起動します。一方 iPhone 8 以前の端末は「App スイッチャー」の状態にするやり方は異なります(※こちらはホームボタンをダブルクリック)が、それ以外はまったく同じです。

iPhone、iPad、iPod touch で App を切り替える:Apple サポート
iPhone、iPad、iPod touch で App を強制終了する方法:Apple サポート

ちなみにアプリの再起動をすると、今のところ100% 問題が解消している(※ただしまた起こりますが…)ので、もし一時的でも何とかしたい方は、このやり方を試してみてはいかがでしょう?


【関連リンク】
アップデート後、イヤホンに付属のリモコンの動作がおかしくなりました:Apple コミュニティ
1751回Podcastを超えて起動するMusicのなぞ:Apple News Radio ワンボタンの声・・・Apple 情報系人気ポッドキャストでこの問題が取り上げられてる回。なお当該箇所は 20分〜 です。

【関連記事】
ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー:数ヶ月使わなかったので売ってしまいました! : Kyu3’s Blog
ソニーのノイキャン&外音取り込み機能付きワイヤレスイヤホン「WI-SP600N」レビュー(追記あり) : Kyu3’s Blog
無料で色んなジャンルの音楽が聞けるアプリ&WEBサービス「AccuRadio」がお薦め♪ : Kyu3’s Blog
iPhoneミュージックアプリの「最近追加した項目」が同期されない問題の解決法 : Kyu3’s Blog
iPhoneのPodcastアプリで聴けるお薦め番組15選 : Kyu3’s Blog


【追記(2019年10月7日)】


この問題について、Apple 公式のサポート専用 Twitter アカウント(※注:対応は英語のみ)にリプを送ったところ、DM でやり取りすることとなりました。Apple の開発者の人たちがこの問題を把握してるかどうかは分かりませんが、少なくとも今回対応してくれたサポートの人は、この問題を把握してないようでした。


ただ一応これで Apple の方に不具合報告を遅れたので、Apple 側も何らかの対処をしてくれるとは思います。上記でも書きましたが、iOS 13.1.2 だと結構な頻度で起きるようになったので、できるだけ早く解消してくれたらなと思います。


【関連リンク】
Apple Support:Twitter・・・Apple 公式のサポート専用 Twitter アカウント。


【追記 その2(2019年10月13日)】


この不具合が発生してる時の様子を撮影しようとしていて気づいたのですが、上記の通りこの不具合発生中、Bluetooth イヤホン(またはヘッドホン)の音量ボタンを操作しても音量の調節はできませんが、それぞれ使用してるアプリの再生中のメニューの音量調整スライダー部分だけは、動くことが分かりました。

Podcast アプリの再生中番組の音量調整スライダー↓
iOS 13のPodcastアプリ:再生中の番組(音量スライダー)- 2
iOS 13のPodcastアプリ:再生中の番組(音量スライダー)- 2 posted by (C)kyu3

なので、上記の「具体的な症状・発生状況」の欄に、このことを追記しました。


【追記 その3(2019年10月13日)】


まず上記本文の「4」「5」の状況を撮影した動画を YouTube にアップしたので、本文に追加しました。

Bluetoothイヤホン使用時にミュージックアプリ以外の操作がおかしくなる不具合:YouTube

それとこの動画を撮影する過程で気づいたのですが、「追記 その2」で「Bluetooth イヤホン(またはヘッドホン)の音量調整ボタンで、この不具合発生時に各アプリの現在再生中の表示の音量スライダーだけ動かす事ができる」と書きましたが、これは間違いでした。音量も変更できました。なので、上記本文に訂正線を追加しました。

ただこの件に関して補足しておくと、以前(iOS 12の時)はこの不具合発生時、音量も音量スライダーも動かす(変更する)事はできませんでした。


【追記 その4(2019年10月14日)】


書き忘れた事があったので追記します。この不具合が発生してる時ミュージックアプリをアプリスイッチャーで強制終了し、ミュージックアプリが起動していない状態で Bluetooth イヤホンの再生・停止ボタンを押してみました。当然上記のように再生している音声系アプリの再生が止まり、ミュージックアプリの音楽が再生されたのですが、この時アプリスイッチャーを表示したところ、起動してるアプリの一覧にミュージックアプリはありませんでした。

つまりアプリスイッチャーを見る限りは、ミュージックアプリは起動していない事になります。しかしミュージックアプリの音楽は再生しており、かつロック画面にもミュージックアプリのコントローラーが表示されていました(本当この不具合、謎の挙動が多い!)。

なので、このことを上記の「具体的な症状・発生状況」の欄に追記しました。


【追記 その5(2019年10月16日)】


人気の Apple 情報系ポッドキャスト「ワンボタンの声」でこの問題が取り上げてる回のリンクを、上記本文に追加しました。ちなみにこの話題が話されてるのは、20分〜 です。

1751回Podcastを超えて起動するMusicのなぞ:Apple News Radio ワンボタンの声


【追記 その6(2019年10月27日)】


人気の Apple 情報系ポッドキャスト「ワンボタンの声」で、この不具合に関する私のツイートと私のこのブログ記事が取り上げられました。また番組パーソナリティーの やまむらさんもコメンテーターの halu スミーレさんも、この不具合に遭遇してるとのこと。しかも halu スミーレさんは iPhone 11 を使ってるそうなので、やはりこの問題は特定の端末で起こるのではなく、OS の不具合だと思います。

ちなみにその話題が話されてるのは、27分50秒〜 です。

1832回iPhone11のガラスは硬いかどうか:Apple News Radio ワンボタンの声・・・取り上げられた放送回。

取り上げられたツイート↓


あと番組で やまむらさんが「古いバグが放置されてるのでは?」と指摘していましたが、Enagdget に Apple の元エンジニアの人が Apple の不具合対応について Mac 関連のニュースサイトに寄稿したと言う文章に関する記事が、掲載されていました。それによると やまむらさんの指摘通り、Apple では古いバグが放置されてしまう場合があるとのこと。

iOS 13とmacOS Catalinaはなぜバグが多いのか。元アップルエンジニアが語る6つの理由:Engadget

■回帰は修正されるが、古いバグは無視される
エンジニアが正常に機能している機能を誤って壊した場合は、それは回帰(regression)と呼ばれ、修正されることが求められる。しかしバグレポートを提出し、それが以前のバージョンにも存在するとQAエンジニアが判断すると「回帰ではない」古いバグとされる。その修正のために、誰も割り当てられることはない。

※. 上記リンク先記事から引用

なのでこの不具合も、この「古いバグ」に割り当てられてしまい、ずっと放置されてしまってるのではと…(^^;

それとこれは以前は起こってなかったと思うのですが、最新の iOS 13.1.3 でまたこの不具合に関連する新たな現象に遭遇しました。それは昨日と今日起きた現象なのですが、iPhone に Bluetooth イヤホンを接続し、Podcast アプリでポッドキャスト番組の視聴を行っていた時のこと。ロック画面にコントローラーが表示されているのを確認したのち、しばらく聞いていたのですが、再度ロック画面を表示したところ、Podcast アプリのコントローラーが消えていました。Σ(°Д°;) えっ!?

また Podcast アプリのコントローラーではなく、その前に聞いてたミュージックアプリのコントローラーが表示されていたこともありました。

一応両方ともアプリを再起動したらまたコントローラーが表示されましたが、本当この不具合、早く直って欲しいなと改めて思いました。(^^;;


【関連リンク】
1832回iPhone11のガラスは硬いかどうか:Apple News Radio ワンボタンの声
iOS 13とmacOS Catalinaはなぜバグが多いのか。元アップルエンジニアが語る6つの理由:Engadget


【追記 その7(2019年10月28日)】


「追記 その6」でポッドキャスト番組『ワンボタンの声』のコメンテーターの方の名前が間違ってたので、訂正しました。


【追記 その8(2019年11月7日)】


この問題を Apple 報告後にリリースされた iOS 13.2 にアップデートしたところ、2日ほどこの問題が起きませんでした。なので「ひょっとして解消された?」なんて思ったのですが、3日目にこの問題が発生してしまいました!(^_^; う〜むぅ

他にも起こると言う方が複数おられるので、やはりまだ解消していないのだと思います。

13.2 でも起こったと言ってた方↓

1837回iOS13.2公開でいろいろ不具合なおってると有難い:Apple News Radio ワンボタンの声・・・Apple 情報系ポッドキャスト「ワンボタンの声」の最新回でも、またこの問題が取り上げられました。当該箇所は 18分 50秒〜。ちなみに視聴者の方のお便りで取り上げられたのですが、その方が使用されてたのが iPhone 7 と iPhone 11 とのことでした。なのでやはり特定の端末で起きる問題ではないようです。


【追記 その9(2019年12月5日)】


この問題がまた「Apple News Radio ワンボタンの声」で取り上げられました。それによると iPod Touch を使用してる方も、この問題が起きるとのこと。そして Podcast アプリを使用してる時にこの問題が発生してる際、音声の出力先の確認を行うと、その画面では再生してるアプリがミュージックアプリになっているとのこと。

1849回iPhoneではBASIC開発アプリを使ってゲームも作れる: Apple News Radio ワンボタンの声・・・上記のコメントが取り上げられた回。なお当該箇所は 21分 17秒〜 です。

また番組パーソナリティーの 1人の Halu さんによると、Halu さんの場合は Lightning 接続で車のオーディオと接続してるそうなのですが、それでも起こるとのこと(※. この件について Halu さんから直接リプ頂いたので、詳しくは「追記その10」を参照)。


【追記 その10(2019年12月6日)】


上記の「追記 その9」で紹介した「ワンボタンの声」の Halu さんの事例について、Halu さん本人から詳しい情報を Twitter 経由で教えてもらいました。以下にそのツイートを掲載しておきます。読むと分かると思いますが、Halu さん自身もおっしゃってますが、このブログで私が書いてる症例と少し異なるようです。


ここで気になったのが、Halu さんが「Carplay 対応社を借りた際、この現象が起きなかった」と言っている点。これまでこのブログに書いた現象が起きてると言うツイートや情報は沢山見てきたのですが、その中で AirPods などの Apple 純正イヤホンや Beats 製品※. Apple の子会社なので)などを使用中にこの現象が起きたと言ってる人を見た事がありません。

もし仮に純正イヤホン等ではこの問題が起きないのであれば、Apple の開発者の人がこの問題を純正イヤホンで確認 → 不具合発生しない → お蔵入り…と言う流れになってて、なかなか修正されない可能性もあるのではと。 (^_^;

もし AirPods などの Apple 純正イヤホンや Beats 製品、そして Carplay 対応の車でもこの問題が起きたと言う方がいたら、是非コメント等で教えてもらえると嬉しいです。


【関連リンク】
「ワンボタンの声」の Halu さんの Twitter アカウント


【追記 その11(2020年2月9日)】


この問題、AirPods や Beats 製品で起きたと言うツイート等を見たことがなかったので、ひょっとして「AirPods や Beats 製品は起きない → Apple の不具合テストする人はこれら使ってて不具合再現しない → 不具合放置」と言う経緯で解消しないのかな…なんて風にも思っていたのですが、@hts1837 さんによると「 AirPods(第2世代)」や「AirPods Pro」、「BeatsX」でもこの問題が起きるとのこと。なので、Apple 製品だから起きないと言うことではないようです。


ちなみに最新の iOS 13.3.1 でも、私の環境(iPhone 8)では、相変わらずこの問題が発生しています。


【追記 その12(2020年3月4日)】


本文で使用していた動画を置き換えました。撮影中ミスらないように慎重に操作していたので、あまりにゆっくりとした動画になってしまい、見るのがちょっとツライなと感じてたので。ちなみに以前アップした動画を倍速にしました。(^^;


【追記 その13(2020年9月3日)】


この不具合、iOS 13.6.1 で解消されたようですiOS 13.6.1(あるいはその前の 13.6 からかもしれませんが…)にアップデート後、まったく起こらなくなりました。現在最新は 13.7 ですが、13.7 でも起きていません

アップデートの詳細にこれに関する記載は特にありませんが、他にも「13.6.1 にアップデート後起きなくなった」と言う方がおられるので、たぶん解消したのではないかと。

iOS 13 のアップデートについて:Apple サポート・・・iOS 13.6 および 13.6.1 および 13.7 の詳細について書かれています。
Apple、「iOS 13.6.1」「iPadOS 13.6.1」を公開 ~不要ファイルが自動削除されない問題などを修正:窓の杜


ちなみにこれに伴ってなのかどうかは分かりませんが、iOS 自体の仕様が変更されています。以前はオーディオコントローラーがロック画面に表示されていない状態で Bluetooth イヤホン等の再生ボタンを押すとミュージックアプリが起動していましたが、これが起動しなくなりました

最後になりましたが、この不具合、ほんと解決されるまでに長かったなと。記事タイトルにもありますが、この不具合が起きるようになったのは iOS 12.2 のアップデートから。iOS 12.2 がリリースされたのが 2019年3月25日なので、約1年半かかったことになります。

iOS 12.2 のセキュリティコンテンツについて:Apple サポート

この間私はまずこの問題をサポートフォーラムに書き、次に Apple 公式サポートアカウントにツイートし、リプや DM で英語で散々やり取りし、結局フィードバックページを案内され、英語と日本語両方で詳細を伝えたり、あとティム・クックCEO やフィル・シラー(今はフェロー)の公式Twitter にリプを送ったりもしました。しかし解消せず。結果的に解消したことは解消した?ものの、正式にアナウンスされてる訳ではないので、それが本当に解消したのかたまたまこのバージョンだと再現しないのかも分からず…。未だ何とも複雑な心境です。(^^;


【追記 その14(2020年9月8日)】


この問題がポッドキャスト「Apple News Radio ワンボタンの声」で再び取り上げられました!パーソナリティの山村さんが iOS 13.6.1 以前のバージョンから iOS 13.7 にアップデートしたところ、この問題が起きなくなったそうです。また山村さんは iOS 14 のベータ版も試してるとのことですが、そちらでもこの問題は起きていないとのこと。

1965回iPhone版純正Podcastアプリの問題がついに解決へ:Apple News Radio ワンボタンの声
1965回iPhone版純正Podcastアプリの問題がついに解決へ:‎Apple News Radio ワンボタンの声(Apple Podcast)

なので、番組ラストで告知されている今月(2020年9月)のテーマ『念願がかなった話』、私にとってはまさにこの問題から解放されたことが、まさに『念願がかなった話』だなぁ〜なんて思いました。(*^^*)

小牧市長のレイプ告発記事

小牧市長の女性への性暴力(レイプ)200人以上の職員のパワハラ放置に抗議します!
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その4
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
  • 2020年に見た映像作品(ドラマ・映画・アニメほか)ベスト10
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)