春日井の山でヤマドリに追いかけられた話(追記あり)

東海自然歩道からの帰路、山を下っていると、道路沿いの斜面から動物の気配がしました。そちらを見てみると、離れた所にキジがいました。後で調べて分かったのですが、「ヤマドリ」(※. 地域分類で言うと「キタヤマドリ)と言う種類のキジでした。

山で付いてきたヤマドリ(キタヤマドリ) - 1
山で付いてきたヤマドリ(キタヤマドリ) - 1 posted by (C)kyu3

山で付いてきたヤマドリ(キタヤマドリ) - 3
山で付いてきたヤマドリ(キタヤマドリ) - 3 posted by (C)kyu3

これまでの経験から「キジは基本的に警戒心が強く、人間の存在を確認したらすぐに逃げる」と思っていたので、離れた所から観察しつつ、スマホで写真や動画を撮影しました。

「さて、そろそろ帰ろう」とその場を離れましたが、その時 妙なことに気づきました。このキジ、逃げるどころかなぜか私と同じ方向に歩いているのです。距離は離れたままでしたが、まるで平行移動してるかのように、同じ方向に歩き続けていました。

「ひょっとして付いてきてる?」と思った私は、2・3度歩いては止まるを繰り返しました。するとキジは私が歩きだすと歩き出し、止まるとその場で止まるのでした。「このキジ、付いてきてる!」と私は確信しました。

ただ不思議でなりませんでした。キジは警戒心が強いのに、一体なぜ?人間に興味があるのか?あるいは昔人に飼われていて、エサがもらえると思ったのか??

真相は分かりませんが、とりあえずどこまで近づけるか試してみることにしました。ただまっすぐキジの方へ向かうとさすがに逃げると思ったので、平行移動してるキジに対し徐々に近づくように、歩く向きを徐々にキジ側に寄せて行きました。

その結果、一番近づいた時に撮影した動画が以下の動画です。距離にして 70 〜 80cm くらいでしょうか。スマホを持って手を伸ばせばギリギリ、スマホの先で触れられるくらいの距離まで近づけました。



近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 8
近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 8 posted by (C)kyu3

これ以上近づくとスッと離れたので、手が届かない距離が境界線だったのでしょう。

それにしても、まるで着物の柄のようなとても綺麗な模様のキジでした。特に警戒してる様子もなく、動画に写ってるようにポーポー言いながら、繰り返し地面を突いていました。

近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 3
近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 3 posted by (C)kyu3

近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 5
近づいても逃げなかったヤマドリ(キタヤマドリ) - 5 posted by (C)kyu3

ひとしきり観察しスマホで写真や動画も撮影したので、別れを告げてその場を立ち去りましたが、何とこのキジ、その後も付いてきました!

道路を歩くヤマドリ(キタヤマドリ)
道路を歩くヤマドリ(キタヤマドリ) posted by (C)kyu3

ただ私は道路を歩く必要があったので、付いてきて車に轢かれたりしたら嫌だなと思い、できるだけ体を大きく見せて、軽く奇声を上げて追いかけて山に戻そうと試みました。しかし向こうは特に怖がる様子もなく…。一応私が近づけば離れるのですが、離れるとまた付いて来ました。



2・3度追いかける行為を繰り返すと、何とか道路を出て山に入ったので、そのタイミングで今度はダッシュで一気に道路を下りました。走りながら振り返ると、何とこのキジ、山の中をダッシュで追いかけて来ていました!!ww

ただ見えなくなるくらい距離が離れると、さすがにあきらめたのか、付いて来ていませんでしたが。

それにしても、なぜこのキジはそこまで付いて来たかったのか?そんなにも人間に興味があったのか?あるいは付いて行けば、また人間と一緒に暮らせると思ったのか??真相は謎です。


街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑
柴田 佳秀
日本文芸社
2019-05-18





【関連リンク】
ヤマドリ:日本の鳥百科 サントリーの愛鳥活動
ヤマドリ:Wikipedia
キタヤマドリとは:コトバンク
キジ科 キタヤマドリ:ナンでも図鑑 (動物偏)

【関連記事】
弥勒山で出会った鳥(追記あり) : Kyu3’s Blog
鳥の名前を調べるのにサントリーの「日本の鳥百科」がお薦め! : Kyu3’s Blog
タグ「鳥」 : Kyu3’s Blog・・・上記以外の「鳥」関連の記事が見られます。


【追記(2020年10月8日)】


その後 Twitter で、同じ場所でヤマドリに出会ったと言う方とやりとりしました。どうやらその方が出会われたヤマドリは、私が出会ったヤマドリと同じ個体のようでした。

また色々調べてみたら、どうやらヤマドリの中には、人間に付いてくる個体がいるようです。全部が全部そうではないでしょうが、人間に強い興味を持っている個体もいるようです。

以下の動画は、茨城県の筑波山で撮影された動画とのことですが、やはり山歩きをしていたら付いてきたそうです。



弥勒山で出会った鳥(追記あり)

最近 春日井東部にある春日井市内で最も高い山「弥勒山」にたまに行くのですが、今回はその弥勒山で出会った鳥について記事を書こうと思います。(*^^*)

【目次】
  1. 日本最小のキツツキ「コゲラ」
  2. 鮮やかな緑の「アオゲラ」
  3. 人に興味ある?「ヤマガラ」
  4. 目白押しの由来?ラブラブな「メジロ」
  5. 急降下する「トビ(トンビ)」

1. 日本最小のキツツキ「コゲラ」


最初に紹介するのは日本に生息する一番小さいキツツキ「コゲラ」。だいたいいつも頂上付近で見かけます。

弥勒山山頂付近にいたコゲラ - 4
弥勒山山頂付近にいたコゲラ - 4 posted by (C)kyu3

弥勒山の山頂にいたコゲラ - 6
弥勒山の山頂にいたコゲラ - 6 posted by (C)kyu3

スズメくらいの大きさで、結構せわしなく動きます。警戒心も結構強く、近くにはあまり寄ってきません。木の上に垂直に止まり、木を上下に周るように移動したりします。以下の動画では木に止まって虫を食べてる様子や、コゲラの鳴き声が聞けます。



木にしがみつく力が強く、木から頭を下にして顔を出した時は、ちょっと驚きました。

弥勒山の山頂にいたコゲラ - 1:木の下側から顔を出した所
弥勒山の山頂にいたコゲラ - 1:木の下側から顔を出した所 posted by (C)kyu3

ちなみに近所の公園でも1度見かけたことがあります。


2. 鮮やかな緑の「アオゲラ」


次に紹介する鳥は、コゲラと同じキツツキ類の「アオゲラ」。こちらはまだ1度しか出会ったことがないのですが、登山道を歩いていると目の端にある木に鳩くらいの大きさの鳥が止まるのが目に入りました。そこでデジカメを使って遠くに止まってるその鳥を撮影したところ、アオゲラだと分かりました。

弥勒山にいたアオゲラ - 2
弥勒山にいたアオゲラ - 2 posted by (C)kyu3

弥勒山にいたアオゲラ - 7
弥勒山にいたアオゲラ - 7 posted by (C)kyu3

上の写真だとシルエット状で分かりづらいので、以下に別の方が撮影した写真を掲載しておきます。こんな風に実際は鮮やかな赤色と緑色の鳥です。

Picus awokera
Photo by AlpsdakeCC BY-SA

ちなみに名前の由来は「緑色」は古来日本で現在の「青色」として分類されていることから、「青いケラ」(※.『ケラ』はキツツキの古名)→「アオゲラ」となったそうです。

ちなみに「キツツキ」と言うと木を突いて穴を開けることで知られていますが、以下のリンク先ページによると、その理由は木の中にいる昆虫を追い出して捕まえて食べるためや巣穴を作るためなどだそうです。また虫を捕まえるために木に穴を開けたり皮をはいだりすることは、ほとんど虫に侵された木でしかしないそうで、「林業にとっては益鳥」なのだそうです。

【日本の鳥百科】アオゲラ:サントリーの愛鳥活動


3. 人に興味ある?「ヤマガラ」


次に紹介する鳥は「ヤマガラ」です。こちらもコゲラと同様、山頂でよく見かけます。
※. ヤマガラについて追記しました!興味ある方は「追記 その2」を読んでみて下さい。

弥勒山山頂にいたヤマガラ - 2
弥勒山山頂にいたヤマガラ - 2 posted by (C)kyu3

弥勒山山頂にいたヤマガラ - 3
弥勒山山頂にいたヤマガラ - 3 posted by (C)kyu3

大きさもコゲラと同じくらい。ただこちらは結構警戒心が弱い…と言うか、人に興味があるようで、山頂で休んでいると見に来たり?します(※.実際 人慣れする鳥のようです)。また山頂にエサ場が作られてるのですが、そこに置かれてるエサをよく食べています。

弥勒山山頂のエサ場のエサを食べに来たと見られるヤマガラ↓↓
Sittiparus varius (eating seed s3)
Photo by AlpsdakeCC BY-SA


4. 目白押しの由来?ラブラブな「メジロ」


次に紹介するのは、白いアイリングが特徴のウグイス色の鳥「メジロ」。近所の公園他の山など、結構色んなところで見かけます。この写真を撮影した時は弥勒山の中伏くらいだったのですが、「つがい」と見られる2羽のメジロが、とてもラブラブと言う感じで、木の上でイチャイチャしていました。(*^^*)

弥勒山にいたラブラブなメジロのつがい - 5
弥勒山にいたラブラブなメジロのつがい - 5 posted by (C)kyu3

弥勒山にいたラブラブなメジロのつがい - 4
弥勒山にいたラブラブなメジロのつがい - 4 posted by (C)kyu3

ちなみに「目白押し」の語源は、こんな感じでお互い押し合うようにぴったりと枝に並ぶメジロの習性から来ているそうです。

目白押し(めじろおし):語源由来辞典


5. 急降下する「トビ(トンビ)」


最後に紹介するのは、弥勒山上空をたまに飛んでる「トビ(トンビ)」。この地域では近所でもたまに山沿いで見かけます。それなりに大きな鳥ですが、たまにカラスなどの他の鳥に追い立てられたりしてるので、「猛禽類 = 鳥で最強」と言う訳ではないようです。(^^;

弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 21
弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 21 posted by (C)kyu3

弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 22
弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 22 posted by (C)kyu3

そんなトビですが、飛行技術はすごかったです。以前弥勒山山頂から優雅に飛行してるさまを撮影していたのですが、くるっと踵を返したかと思うと、突如真下に向かって急降下!

弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 19:急滑降
弥勒山山頂から撮影した滑空するトンビ(トビ) - 19:急滑降 posted by (C)kyu3

ちょうど真下に獲物がいたのか、それとも飛行訓練や遊びのつもりでそれをしたのかは分かりませんが、よくこんな飛び方ができるなと驚きました。ちなみに動画も撮影したので、興味のある方は見てみて下さい。ちなみに真下に急降下するところは、動画の最後の方です。



なお上記以外にも、色んな鳥が弥勒山には生息しています。私が見たことがあるのは「ツバメ」や「ヒヨドリ」、「カラス」などです。「ウグイス」はそこら中で声が聞こえますが、まだ見たことがありませんが…(^^;

もし弥勒山に生息する鳥(や動物・昆虫等)に興味のある方は、以下のリンク先ページを見てみてはいかがでしょう?またもし弥勒山に興味がある方は、以下の「追記」にあるリンク先ページを御覧ください。

Category:Animals of Mount Miroku:Wikimedia Commons・・・鳥を含め、弥勒山で撮影されたとされる様々な動物や昆虫などの写真がまとめられてるページ。


見わけがすぐつく 野鳥図鑑
成美堂出版
2020-04-23


街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑
柴田 佳秀
日本文芸社
2019-05-18



【関連リンク】
春日井三山 ―ミニ縦走気分が味わえる、人気の三山―:日本山岳会
緑色なのに「青信号」と呼ぶのはなぜ? - 大学教授に聞いてみた:マイナビニュース
キツツキ科:Wikipedia
【日本の鳥百科】アオゲラ:サントリーの愛鳥活動
【日本の鳥百科】ヤマガラ:サントリーの愛鳥活動
目白押し(めじろおし):語源由来辞典
Category:Animals of Mount Miroku:Wikimedia Commons・・・鳥を含め、弥勒山で撮影されたとされる様々な動物や昆虫などの写真がまとめられてるページ。

【関連記事】
鳥の名前を調べるのにサントリーの「日本の鳥百科」がお薦め! : Kyu3’s Blog
最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その1 : Kyu3’s Blog
最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2 : Kyu3’s Blog
タグ「鳥」 : Kyu3’s Blog・・・上記以外の「鳥」関連の記事が見られます。


【追記(2020年8月22日)】


弥勒山について記事を書いたので、興味がある方は見てみて下さい。

30分で登れて眺めが素晴らしい春日井東部の「弥勒山」 : Kyu3’s Blog


【追記 その2(2020年10月16日)】


ヤマガラについて追記します。私自身がコツを掴んだのか、ヤマガラが私に慣れて警戒しなくなったのか、かなり近づけるようになりました!

弥勒山の山頂の餌置き場にやって来たヤマガラ - 8
弥勒山の山頂の餌置き場にやって来たヤマガラ - 8 posted by (C)kyu3



あとこの時は100円ショップで買ったインコなど用の鳥の餌を持って行ったのですが、Twitter で教えてもらった情報によると、クルミやピーナッツの方が好物なのだそうです。なので、今度行く時にはそれらを持って行こうと思います。(*^^*)

ちなみにヤマガラが普段食べてる好物は、エゴノキの実だそうです。

エゴノキの実を好み、秋にはくちばしでたたいて穴をあけ、中身を食べている姿をよく見かけます。

※. サントリーの愛鳥活動 日本の鳥百科の「ヤマガラ」のページより引用。


【関連リンク】
No.24 ヤマガラとエゴノキの実:NPO法人 日本パークレンジャー協会

最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2

今回も最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物について、記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ
(※. 以前書いた同様の記事へのリンクはこちら

【目次】
  1. 白くて愛らしいゾウムシ!?
  2. ヤドカリみたいな生物!?
  3. 謎の緑色の幼虫!?
  4. 幸せの?青い鳥

1. 白くて愛らしいゾウムシ!?


先日夜「何かいる!?」と思って見てみたところ、見つけたのがこの生物。「シロコブゾウムシ」と思われます。

白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 12
白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 12 posted by (C)kyu3

大きさはだいたい3cmくらいだったでしょうか。とても愛らしい姿で、捕まえて手に乗せて観察してみたところ、愛嬌振りまくようにちょこまかと手の上を移動してました。(*^^*)

白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 20
白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 20 posted by (C)kyu3

白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 16
白くて愛らしいゾウムシ(シロコブゾウムシ?) - 16 posted by (C)kyu3

2. ヤドカリみたいな生物!?


こちらは近所にある「ふれあいの森」で見つけたのですが、木の手すり部分で別の昆虫を撮影していたところ、手すりの上を5mmくらいの小さなものが動いてるのに気づきました。よく見てみると、まるでヤドカリみたいに土塊(?)を背負っていました。

小さいヤドカリの様なクサカゲロウの幼虫? - 3
小さいヤドカリの様なクサカゲロウの幼虫? - 3 posted by (C)kyu3

小さいヤドカリの様なクサカゲロウの幼虫? - 7
小さいヤドカリの様なクサカゲロウの幼虫? - 7 posted by (C)kyu3

色々調べたところ、似たような昆虫について書いてるブログ記事を見つけました。どうやらこれはクサカゲロウ」の幼虫のようです。

クサカゲロウ類の幼虫(捕食):我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

クサカゲロウの1種↓↓
FFH Beuster - Florfliege
Photo by Ragnar1904CC BY-SA

「カゲロウの幼虫」と言うと「ウスバカゲロウ」の幼虫である「蟻地獄(アリジゴク)」が有名なので、てっきり他のカゲロウも地面の下に潜るようなものなのかと思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

ウスバカゲロウ(アリジゴク):昆虫エクスプローラ

ちなみに背負ってた土塊を指先でつまんだところ一部取れたのですが、どうやらヤドカリみたいに中に入れる訳ではなく、単にカモフラージュするために背負ってるようです。


3. 謎の緑色の幼虫!?


こちらも上記の"ヤドカリみたいな生物"と同じく「ふれあいの森」の手すりで見つけたのですが、アップで見ると非常に愛嬌のある緑色の生物。これもこの時初めて見ました。何かの幼虫だろうとは思ったのですが、すぐには分からず。

ふれあいの森にいたクワキヨコバイの幼虫? - 5
ふれあいの森にいたクワキヨコバイの幼虫? - 5 posted by (C)kyu3

ふれあいの森にいたクワキヨコバイの幼虫? - 7
ふれあいの森にいたクワキヨコバイの幼虫? - 7 posted by (C)kyu3

その後Twitter で教えてもらった情報などから調べたところ、どうやら「クワキヨコバイ」と言う小さなセミみたいな昆虫の幼虫のようです。ただ以下のリンク先ブログに貼られている写真と比べると微妙な差異があるので、ひょっとしたら別のヨコバイかもしれませんが…(^^;

クワキヨコバイ:虫ナビ
クワキヨコバイの仲間:東京23区内の虫 2

先日大山川沿い撮影した別の種類のヨコバイ「オオヨコバイ」↓↓
オオヨコバイ - 3
オオヨコバイ - 3 posted by (C)kyu3

でも愛嬌のある顔立ちで、すごく気に入りました。大きさはだいたい数ミリです。


4. 幸せの?青い鳥


最後に今回も鳥を紹介したいと思ったので、この鳥を紹介。Twitter では何度かつぶやいたのですが、今年(2020年)の3月頃から、桃花台中央公園やその隣りの商業施設「ピエスタ」などで見かけるようになりました。

割りと人懐っこい鳥で、最初「あれ?青い鳥がいる!?」とこちらが驚いて見ていると向こうから近づいて来ました。気になって調べたところイソヒヨドリと言う、本来海岸や大河沿いの崖地などに生息している鳥でした。

ピエスタにいたイソヒヨドリ↓↓
ピエスタにいたイソヒヨドリ
ピエスタにいたイソヒヨドリ posted by (C)kyu3

中央公園の柵に留まるイソヒヨドリ↓↓
桃花台中央公園にいたイソヒヨドリ
桃花台中央公園にいたイソヒヨドリ posted by (C)kyu3

鮮やかな青色だけでなく胸から下のオレンジ色も特徴的なこの鳥。近年都市部へも進出してるそうです。好奇心旺盛なのと人への警戒心が薄い?のか、割りと人に慣れるようです。

頻々と目撃される幸せの青い鳥。イソヒヨドリが都市・内陸に大進出しています:日本気象協会 tenki.jp

あとこちらは他の方が撮影した動画ですが、鳴き声もとても綺麗でした♪ (*^^*)



上記でも書いたようにもともと崖地などに住んでるそうですが、ひょっとしたら彼らに桃花台のこのマンション群が「崖」のように見えてるのかも…しれません。(*^^*)

スカイステージ33と県営篠岡住宅
スカイステージ33と県営篠岡住宅 posted by (C)kyu3


図解 なんかへんな生きもの
ぬまがさ ワタリ
光文社
2018-01-12





【関連リンク】
シロコブゾウムシ:昆虫エクスプローラ
クサカゲロウ類の幼虫(捕食):我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)
ウスバカゲロウ(アリジゴク):昆虫エクスプローラ
小牧ふれあいの森を歩く:しぶーの・わーるど
kyu3さんのタグ「ふれあいの森」:フォト蔵・・・ふれあいの森で撮影した写真が見られます。
Category:Animals of Fureai no Mori (Komaki):Wikimedia Commons・・・ふれあいの森に生息する生物の写真がまとめられてるページ。
【日本の鳥百科】イソヒヨドリ:サントリーの愛鳥活動
頻々と目撃される幸せの青い鳥。イソヒヨドリが都市・内陸に大進出しています:日本気象協会 tenki.jp

【関連記事】
最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 : Kyu3’s Blog
小牧市東部にアライグマが生息(追記あり) : Kyu3’s Blog
鳥の名前を調べるのにサントリーの「日本の鳥百科」がお薦め! : Kyu3’s Blog
タグ「昆虫」 : Kyu3’s Blog・・・上記を含め昆虫関連の記事が見られます。

最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その1

今回は最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物について、記事を書こうと思います。( ´ ▽ ` )ノ

【目次】
  1. でっかいヒナ鳥!?
  2. 触ると「きしめん」みたいになる生物!?
  3. 真っ黒いコガネムシ!?
  4. オレンジ色のハエ!?

1. でっかいヒナ鳥!?


先日近所で見かけたこの鳥。全然見たことない鳥だったのですが、どう見てもヒナっぽい。ただそれなりの大きさがあって、鳩ほどではないけれど、スズメの倍くらい大きい。と言うことで、この辺りに住んでる鳥で思い当たる名前で検索してみたところ、どうやらヒヨドリのヒナでした!

ヒヨドリの雛、拾わないで:散歩するなべさん
ヒヨドリの子育てから・・・:女性ライフサイクル研究所

1羽だけでいたヒヨドリのヒナ - 3
1羽だけでいたヒヨドリのヒナ - 3 posted by (C)kyu3

1羽だけでいたヒヨドリのヒナ - 6
1羽だけでいたヒヨドリのヒナ - 6 posted by (C)kyu3

動画も撮ったので以下に掲載。1羽だけで木の上でピーピー鳴いてました。巣立ちしたばかりのヒヨドリのようで、あまり警戒心がないのが気になりましたが、これから無事に育ってくれると良いなと思いました。(*^^*)




2. 触ると「きしめん」みたいになる生物!?


これまで人生で1度だけ見たことがあった、頭の先がイカリの様になってるミミズの様な生物「コウガイビル」。それを再び見る事ができました。しかも同じ日に別の場所で2度も!

オオミスジコウガイビル  - 2
オオミスジコウガイビル - 2 posted by (C)kyu3

今回見たのは「オオミスジコウガイビル」と言う種類で、1mくらいの大きさがありました!

オオミスジコウガイビル  - 6
オオミスジコウガイビル - 6 posted by (C)kyu3

勇気を持って触ってみたのですが、てっきりミミズの様に弾力があるのかと思ったら、指で押したら「きしめん」みたいにペチャンコに…。しかも粘着物質が体中に付いてて、触った指先がベチョベチョでした…(((;゚Д゚)))



ちなみにこのコウガイビル、ミミズやナメクジ、カタツムリなどを食べるそうなのですが、一体どうやってそれらを探してるのか、気になります。目も耳も鼻もないみたいですし。行き当たりバッタリなのか、それとも何か別の方法で探してるのか?それにそもそも世界をどう認識してるのかも気になります。


3. 真っ黒いコガネムシ!?


コガネムシ」と言うと緑色の綺麗な昆虫を思い浮かべると思いますが、先日歩いていたら真っ黒いコガネムシを見つけました!

オオクロコガネ - 1
オオクロコガネ - 1 posted by (C)kyu3

オオクロコガネ - 3
オオクロコガネ - 3 posted by (C)kyu3

初めて見たので驚いて調べてみたのですが、日本に数種類いるようですが、どうやらその中の「オオクロコガネ」と言う種類みたいです。珍しいなぁ〜と思っていたら、今度は別の場所でも目撃しました!

飛び立つ直前のオオクロコガネ - 2
飛び立つ直前のオオクロコガネ - 2 posted by (C)kyu3

一応生息範囲に「本州」は含まれているのですが、ひょっとしたら南西側がメインで、それが温暖化の影響で徐々にこちら側にも生息範囲を広げてるのかな?なんて風に思いました。


4. オレンジ色のハエ!?


最後に紹介する生物は、近所にある「ふれあいの森」の木の手すりにいました!これまで見た事がないオレンジ色のハエ!!

木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 2
木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 2 posted by (C)kyu3

木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 3
木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 3 posted by (C)kyu3

木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 9
木の手すりにいたオレンジ色の小さなハエ!? - 9 posted by (C)kyu3

たぶん「シマバエ」の1種だと思うのですが、こんなにも鮮やかなオレンジ色のハエがこの世にいるとは、思いもしませんでした。(^^;


図解 なんかへんな生きもの
ぬまがさ ワタリ
光文社
2018-01-12





【関連リンク】
ヒヨドリの雛、拾わないで:散歩するなべさん
ヒヨドリの子育てから・・・:女性ライフサイクル研究所
オオクロコガネ(大黒黄金虫):自然観察雑記帳
シマバエ図鑑:岐阜聖徳学園大学
小牧ふれあいの森を歩く:しぶーの・わーるど
Category:Animals of Fureai no Mori (Komaki):Wikimedia Commons・・・ふれあいの森に生息する生物の写真がまとめられてるページ。

【関連記事】
鳥の名前を調べるのにサントリーの「日本の鳥百科」がお薦め! : Kyu3’s Blog
アリに襲われるセマダラコガネ : Kyu3’s Blog
タグ「昆虫」 : Kyu3’s Blog・・・上記を含め昆虫関連の記事が見られます。
小牧市東部にアライグマが生息 : Kyu3’s Blog


【追記(2020年8月1日)】


また同じ内容の記事を書いたので、興味のある方見てみて下さい。またこれに伴い、タイトルを一部変更しました。

最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その2 : Kyu3’s Blog

鳥の名前を調べるのにサントリーの「日本の鳥百科」がお薦め!

キャノンのコンデジ「SX730HS」を買って2年ほど使ってるのですが、最近ふっと鳥を撮り始めたら、高倍率ズームなのもあって近づかなくても良いので、結構撮れました。しかし撮ってみたは良いものの、鳥の名前が分からない事が多く…(^^;

最初鳥の特徴などを検索ワードにして検索したり、撮った写真を画像検索サービスにアップロードして類似の写真から調べるなどしていたのですが、結局分からない事が多かったです。

しかしその過程で知ったサントリーのサイト「サントリーの愛鳥活動」の「日本の鳥百科」が鳥の名前を調べるのにかなり便利だったので、今回紹介します!

日本の鳥百科:サントリーの愛鳥活動

サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 1:トップ
サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 1:トップ posted by (C)kyu3

利用方法は簡単です!まず画面を下にスクロールさせていくと検索窓の下に「特徴で探そう!」と言うのがあるので、この部分をタップします。

サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 2:検索窓
サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 2:検索窓 posted by (C)kyu3

すると、以下のように体の大きさや色などの条件が選べるので、合致した部分をタップします。ちなみに体の大きさ以外の項目は、複数選択可能です。

サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 3:特徴で探す
サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 3:特徴で探す posted by (C)kyu3

そして選択後、スクロールして表示される『検索』ボタンをタップすると、該当する鳥の一覧がイラスト付きで表示されます。

サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 4:検索結果の一覧表示
サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 4:検索結果の一覧表示 posted by (C)kyu3

さらに詳しく知りたい場合は、それぞれのイラストをタップします。するとその鳥の詳しい情報を知る事ができます。例えば上の画像の中で「イソヒヨドリ」をタップすると、以下のページが表示されます。

【日本の鳥百科】イソヒヨドリ:サントリーの愛鳥活動

サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 5:イソヒヨドリ
サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」- 5:イソヒヨドリ posted by (C)kyu3

ちなみにこの「日本の鳥百科」では、鳴き声から鳥を探す事もできます。何度か試してみましたが、こちらはちょっと難易度高そうでした。(^^;

あと余談ですが、検索サービスの画像検索もいくつか試してみましたが、その中では Bing の画像検索が、鳥の判別に関しては割りと精度が高かったです。


見わけがすぐつく 野鳥図鑑
成美堂出版
2020-04-23


街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑
柴田 佳秀
日本文芸社
2019-05-18



【関連リンク】
日本の鳥百科:サントリーの愛鳥活動

小牧市長のレイプ告発記事

小牧市長が女性からレイプで告発され「身の潔白は証明しない」「裁判は負けるからしない」と市長職に居座り事に抗議します!
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • Vivaldiがスピードダイヤルにゲームを追加!その名も「Vivaldia」!!(追記あり)
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
  • 最近近所で見かけた珍しい生き物・奇妙な生き物 その3
管理者のプロフィール
Twitterアイコン名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

プロフィール(Profile)